福岡、カメルーン人FWジョン・マリが期限付き移籍満了で退団「どこへ行ってもアビスパのサポーター」

2022.01.07 22:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は7日、元U-20カメルーン代表FWジョン・マリ(28)の期限付き移籍期間満了を発表した。

ジョン・マリは、ブリーラム・ユナイテッド、バンコク・クリスチャン・カレッジ、クラビー、プラチュワップとタイのクラブや、ヴォイヴォディナ(セルビア)、ルダル・ヴェレニエ(スロベニア)と渡り歩くと、中国の梅州客家、深圳でプレー。2021シーズンに福岡へ期限付き移籍で加入した。

アフリカ人選手特有の並外れた身体能力を持つジョン・マリは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで2試合2得点、天皇杯で1試合に出場した。

期限付き移籍期間が満了を迎えたジョン・マリは、クラブを通じてコメントしている。

「アビスパのファン・サポーターの皆さんに感謝の思いを伝えたいです。タフなシーズンを共に戦ってくれました。ピッチ内外において、皆さんはをいつも我々をハッピーにしてくれました」

「互いに手を取り合いながら、一緒に戦うことが出来ました。 自分への愛情とサポートに深く感謝しています。この先決して忘れることはないでしょう」

「これからどこへ行ってもアビスパのサポーターであり続けます。そして皆さんのことをいつも愛しています。ありがとう」


関連ニュース
thumb

10人名古屋が福岡から逃げ切り勝利、今季初の3連勝飾る【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、名古屋グランパスvsアビスパ福岡が25日に豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が勝利した 前節は清水エスパルスを相手にアウェイで2-1と勝ち切った13位の名古屋。試合終了間際に劇的な勝ち越しゴールを決めた相馬が、2試合ぶりの先発入りを果たしている。 対する10位福岡は前節、横浜F・マリノスをホームに迎え、1-0の完封勝利。今季2度目の連勝を狙う今節は、7試合ぶりの先発となった金森が左サイドハーフの位置に入った。 立ち上がりは両チームともに攻めあぐね、チャンスを作れず。それでもホームの名古屋は13分、相馬のパスをボックス手前左で受けた仙頭が右足を振り抜きチャンスを演出。シュートは枠の左に外れた。 静かな展開が続く中、名古屋が意外な形で先制する。15分、敵陣右サイド深くで獲得したFKの場面でキッカーのマテウスが低い弾道のクロスを供給すると、ゴール前にポジショニングしていた中谷に当たって、ゴール左に決まった。 先制を許した福岡は19分、自陣からのロングボールにボックス手前中央でルキアンが競り合い、敵陣中央にこぼれたところを、前が拾って右足のミドルシュート。しかし、これは枠の上に外れる。 その後は、両チームともに思うようにボールを前線へ運べず。すると、41分には展開を揺るがす大きな場面が生まれる。自陣中央での競り合いで、名古屋のチアゴが空中のボールに対して足裏を見せてチャレンジ。これが相手選手のヒザ付近に当たり、VARの結果、退場処分を下された。 前半のうちに数的優位となり、なんとしても追いつきたい福岡。試合を折り返した50分には、左サイドのコンビネーションから攻撃を展開し、前の縦パスを受けた北島がボックス手前から右足を振り抜くが、相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならない。 さらに、アウェイチームは65分にもシュートチャンスを作る。敵陣右サイド浅い位置でボールを受けたジョルディ・クルークスがドリブルで深くまで侵入し、クロスを供給。中央の山岸が頭で合わせるも、シュートは枠の左に大きく逸れる。 後半に入ってからは防戦一方となっている10人の名古屋。しかし、81分にセットプレーからゴールに迫る。左CKの場面でキッカーの相馬がゴール前に鋭いクロスを入れると、これに中谷が頭で合わせたが、惜しくも枠の右に外れる。 その後も攻めるアウェイチームに対して守るホームチームという構図で試合は進行。しかし、終盤に福岡が決定機を作る。89分、左サイドの巧みなパスワークから、ボックス手前左でボールを受けた前がアーリークロスを供給。ゴール前の空中戦で強さ見せたフアンマがこれに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴールとなってしまう。 試合は結局1-0のままタイムアップを迎え、先制した名古屋が10人になりながらも、逃げ切り勝ち。今季初の3連勝を飾った。 名古屋グランパス 1-0 アビスパ福岡 【名古屋グランパス】 中谷進ノ介(前15) 2022.05.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

走り切った福岡、クルークスのゴールで横浜FMから21年ぶりの白星【明治安田J1第14節】

明治安田J1第14節、アビスパ福岡vs横浜F・マリノスが21日にベスト電器スタジアムで行われ、1-0で福岡が勝利した。 14位の福岡(勝ち点14)と3位の横浜FM(勝ち点25)の一戦。福岡は5得点した5月初めのFC東京戦以降、ここ2試合は1分け1敗でいずれも無得点と、再び白星から遠ざかっている。 一方の横浜FMは、ACL帰りの3試合で2勝1分け。前節は宮市のJ初ゴールなどで前半で3点のリードを得ていたが、後半にユンカーのハットトリックを許し、勝ち星を逃す結果となった。 そんな両チームの一戦は、ホームの福岡が最初のシュートを放つ。3分、田中が右サイドから上げたクロスの跳ね返りにクルークスが反応。ボックス手前からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の右に外れた。 早々にひやりとさせられた横浜FM。前節からスタメンを7人変更した中で、後半だけで3失点した守備陣は小池龍太を除いて全員入れ替えており、今節は守備も注目すべき要点となる。 だが、14分には左サイドバックの永戸が前嶋に簡単に突破され、クロスから田中のボレーシュートを許すシーンが。ここは相手が精度を欠いて事なきを得たものの、やや押され気味の立ち上がりとなった。 それでも16分、アンデルソン・ロペスがボックス手前からのシュートでGKを強襲。19分には仲川が得意のカットインから右足のシュートを放つなど、アウェイチームが徐々に盛り返していく。 24分には再びアンデルソン・ロペス。マルコス・ジュニオールの針の穴を通すようなスルーパスをボックス左で受け、その流れのままシュートへ。だが、ここはGKとの距離が近く、体に当たってはじき返された。 リーグトップの得点力を誇る横浜FMと、最少失点の福岡らしい見応えのある攻防が繰り広げられる中、前半半ばにはホームの福岡がひと噛み、田中が左サイドから右足で上げたクロスをボックス右のフアンマが折り返し、前がフィニッシュ。見事な連携だったが、シュートは右ポストに。トリコロールは致命傷を避けられた。 0-0で迎えた後半立ち上がりはオープンな展開に。50分過ぎからはクロスの応酬で、目まぐるしい攻防が繰り広げられる。 そのせめぎ合いに終止符を打ったのは福岡だった。58分、敵陣左サイドでスローインからリスタートした福岡は、志知のスローインをボックス角の山岸が頭で後方へ逸らす。これにフアンマが反応し、ボックス右のスペースへラストパス。走り込んだクルークスが左足で丁寧に流し込み、先制点を決めた。 失点前から攻撃がやや停滞していた横浜FMは、66分に仲川を下げて宮市を投入。しかし、なかなか好転には向かわず、その後もマルコス・ジュニオールを下げてレオ・セアラをピッチへ送る。 そんな中、横浜FMはアンデルソン・ロペスがボールのないところで福岡DF宮と小競り合いを起こし一発退場に。マークに付いていた宮に背中を押されたことへの苛立ちで相手の足を蹴ってしまったようで、報復行為とみなされレッドカードが提示された。 これで大きく優勢に傾いた福岡は、89分にはルキアンのヘディングシュートがクロスバーに直撃。一方、苦しい展開となった横浜FMも最後まで諦めず、90分にはエドゥアルドがミドルシュートを放つが、GK村上のファインセーブに遭う。 後半アディショナルタイムは、アンデルソン・ロペスの退場の際にVAR確認で時間を使ったため10分と長尺に。その中で横浜FMは最後まで同点への気迫を保っていたが、CKで生まれた混戦で途中出場のレオ・セアラのシュートがポストに嫌われるなど、最後はツキに見放される形で試合終了。 鉄壁で虎の子の1点を守り切った福岡が白星を挙げ、横浜FM戦では実に21年ぶりの勝利を収めた。 2022.05.21 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:福岡vs横浜FM】堅守の福岡の策は? 横浜FMは失意のドローから立ち直れ

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 19:00キックオフ アビスパ福岡(12位/15pt) vs 横浜F・マリノス(3位/25pt) [ベスト電器スタジアム] ◆堅守を見せてゼロに抑えられるか【アビスパ福岡】 前節は川崎フロンターレを相手にアウェイで0-2と敗戦した福岡。5試合ぶりの敗戦となったが、やはりトップ陣との差を感じさせられることとなった。 ただ、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではFC東京を相手に0-0のゴールレスドロー。プレーオフステージに駒を進めたことはチームの自信となったはずだ。 今シーズンの福岡は堅守が売りに。一方で、横浜FMの攻撃陣をどう抑えるかがカギとなる。 しっかりと守備を構築しながらもセットプレーで川崎Fに敗れているだけに、今節はそこも含めてどう守るのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:前嶋洋太、奈良竜樹、ドウグラス・グロリ、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也 FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也 監督:長谷部茂利 ◆失意のドローから立ち直れ【横浜F・マリノス】 ミッドウィークに行われた浦和レッズ戦では、前半だけで圧巻の3ゴール。しっかりと崩しての3得点に沸き、どんな試合になるかと思いきや、後半は高い最終ラインの裏を突かれるなどキャスパー・ユンカーにハットトリックを許し、3-3のドローに終わった。 圧倒した前半から見れば、ショックの大きなドローとなるだろう。勝ち点2を落としたと言わざるを得ないが、前を向くしかない。 前半の出来は完璧と言っても良い状況。左サイドから崩しての3点とチームのウィークポイントをしっかりと機能させたと言える。 今節に向けては下を向かないことが重要。自分たちの良い部分を信じ、今節も前半から圧倒していけるのかに注目がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.21 14:42 Sat
twitterfacebook
thumb

PO進出の8チームが決定! 前回王者の名古屋も突破、京都と対戦《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。 Aグループでは、第5節終了時点で鹿島とC大阪の突破が決定していた。最終節の注目は首位と2位の行方に絞られていたが、鹿島がG大阪に3発快勝を収めた一方、C大阪は大分と点の取り合いとなり、追いつかれる形で3-3のドロー決着。首位通過は鹿島となった。 ◆Aグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 Bグループは第5節までに4勝を挙げた広島が一抜けした状況で最終節を迎えた。勝てば自力での突破が決まる名古屋は、アウェイで徳島と対戦。立ち上がりの10分に吉田温紀のヘディングシュートで先制すると、前半のアディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から阿部にゴールが生まれ追加点。 このまま逃げ切った名古屋の2位通過が決定。3位で突破の可能性を残していた清水は無念にも敗退が決まったが、ホームで広島相手に2-1で勝利を収め、日本平に今季初白星を飾った。 ◆Bグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島 12pt/+8 2:名古屋グランパス 10pt/+2 3:清水エスパルス 8pt/-2 4:徳島ヴォルティス 4pt/-8 全チームに突破の可能性が残されていたCグループは、京都と札幌がそれぞれ首位と2位で通過した。第5節終了時点で3位につけていた京都は、アウェイで柏と対戦。互いに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えたこともあり、前半は見どころの少ない内容となったが、京都は後半から積極的に選手を入れ替える作戦に出る。 すると73分に荒木のアシストから大前のゴールが決まり、京都が先制。後半の途中投入された2人が活躍する見事な采配ぶりを見せたチョウ・キジェ監督の京都が、首位通過となった。また、札幌はホームで鳥栖と引き分けたものの、2位をキープする形でプレーオフへ進むこととなった。 ◆Cグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C. 10pt/-3 2:北海道コンサドーレ札幌 8pt/+2 3:柏レイソル 8pt/+1 4:サガン鳥栖 6pt/0 Dグループでは、引き分け以上で突破が決まる湘南がホームに磐田を迎え、池田のゴールで1-0の勝利。一方、首位で最終節を迎えた福岡が、敗退が決定済みのFC東京とゴールレスドローに終わったため、湘南が首位、福岡が2位という最終順位となった。 ◆Dグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 そして、準々決勝進出をかけたプレーオフの組み合わせは以下の通りに。ホーム&アウェー方式で6月4日と11日に行われる。 ★プレーオフステージ 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 京都サンガF.C. vs 名古屋グランパス 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪 2022.05.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南が首位でプレーオフステージへ! 2位は6年ぶりGS突破の福岡【ルヴァンカップ・グループD第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、D組も2試合が開催された。 勝ち点9で2位のアビスパ福岡はすでに敗退が決定済みで最下位に沈むFC東京とアウェイで対戦。前半は互いに堅い守備が際立つ展開となり、ゴールレスで終える。 引き分け以上で自力で突破が決まる福岡はルキアンやジョルディ・クルークスを送り込み、こじ開けにかかるが、FC東京も集中を切らさず、逆にゴールに迫り寄る。 シンプルなサイド攻撃やセットプレーを活路に相手のゴールに向かっていったFC東京だが、勝ち点1でも十分な福岡も守りでファイト。0-0のドローに終わった。 FC東京 0-0 アビスパ福岡 勝ち点9で首位に立つ湘南ベルマーレは勝ち点7で3位のジュビロ磐田とホームで対戦。突破に勝利が求められる磐田だが、シュートの形を作るのに苦しみ、湘南の積極性が際立つ展開となる。 その湘南もフィニッシュの精度が伴わず、0-0で折り返すが、54分に左サイドから町野が左足で上げたクロスに池田が右足ボレー。これが豪快にネットを揺らして、湘南が先制に成功する。 先にゴールを奪われ、厳しい展開に追い込まれた磐田は63分にファビアン・ゴンザレスがゴールに迫った場面もGK谷が阻止。その後もペースを握り続けた湘南が1-0の完封勝利を収めている。 湘南ベルマーレ 1-0 ジュビロ磐田 【湘南】 池田昌生(後9) 結果、勝ち点を「12」に伸ばした湘南は首位でプレーオフステージに勝ち進み、2年連続でグループステージ突破。勝ち点10の福岡は2位の座を守り、6年ぶりのグループステージ通過を決めた。 ◆順位表 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 2022.05.18 21:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly