元イングランド代表ベッカムが花火を背景に新年のメッセージを投稿、溺愛の娘や妻とのキスショットも

2022.01.03 21:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が新年のメッセージを公開し、家族への感謝を綴っている。

これまでに家族総出でのクリスマスショットやヴィクトリア夫人とのデート時の様子などを、自身のインスタグラムに投稿してきたベッカム氏。新年のメッセージも溺愛している娘のハーパー・セブンさんとともに撮影された。

打ち上がる花火を背景に「Happy New Year」というメッセージ付きの動画を投稿。さらには、妻・ヴィクトリアさんとのキスショットや3人の息子のスーツ姿など、これまでの家族写真を多数公開し、新年のあいさつと感謝の言葉を綴っている。

「あけましておめでとうございます。私が最も感謝している人々からの特別な瞬間、ヴィクトリア、ブルックリン、ロメオ、クルース、ハーパー・セブン。愛してる」

昨年のクリスマスの様子を含めて10枚の家族写真をまとめたベッカム氏。写真の内容やこれまでのメッセージからも、いかに家族を大切にしているかが伺えるだろう。



1 2

関連ニュース
thumb

スーツ姿のベッカムが至高のボールコントロール、代わらぬ妙技に感嘆の声

フォーマルな着こなしによる元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏のテクニックがピックアップされている。 2日に47歳の誕生日を迎えるデイビッド・ベッカム氏。イギリス『デイリー・メール』によれば4月30日にロンドンのフィッツロビアにて、両親やヴィクトリア夫人や一足早い誕生日を祝ったとのことだ。 ベッカム氏は現在、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの共同オーナーとして活躍している。2012-13シーズン後に現役を引退して9年が経過し、ユニフォームやスパイクから革靴やスーツ姿へと変貌を遂げても、技術に変わりはないようだ。『ESPN』は2021年夏に撮影されたと思われるベッカム氏のプレー動画を紹介している。 フレームの外からやってくる強めのパスを、ベッカム氏は革靴で難なくコントロール。パスはやや自身の後ろへずれてしまっているが、アウトサイドで背中にクッションさせるというテクニックで勢いを殺し、リフティングの後にパサーへ返している。 フォーマルな姿で見せるテクニックは、ユニフォーム姿とは異なった趣を感じさせる。ファンからも「すべてのスーツのストレッチをチェックする方法だ」、「もう靴ではなく足なんじゃないかな」、「クラスは永遠」など、絶賛する声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベッカムがスーツ姿でも超絶トラップ&一足早い47歳の誕生日パーティー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cc8lN-VJ9CW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cc8lN-VJ9CW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cc8lN-VJ9CW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <iframe allowfullscreen frameborder="0" width="698" height="573" scrolling="no" id="molvideoplayer" title="MailOnline Embed Player" src="https://www.dailymail.co.uk/embed/video/2674829.html"></iframe> 2022.05.01 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカムが妻ヴィクトリアのバースデーを祝福!夕焼けの砂浜ショットに「彼女は何てラッキーなんだ」

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏(46)が妻ヴィクトリアさんの48歳の誕生日を祝った。 現役時からサッカー界きってのイケメンとして知られ、引退後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの共同オーナーとして活躍しているベッカム氏。私生活では、1999年にアイドルグループ“スパイス・ガールズ”のメンバーであったヴィクトリアさんと結婚。三男一女を擁し、2021年の7月には結婚22周年を迎え、サッカー界きってのおしどり夫婦としても知られている。 現在はファッションブランドなども手掛け、公私ともに活躍するヴィクトリアさんだが、17日に48歳の誕生日を迎えると、夫のデイビッドがインスタグラムで祝福の言葉を贈った。 デイビッドは「最も素晴らしい妻であり母親でありビジネスウーマンの君に、誕生日おめでとう。君にふさわしい、素晴らしい一日を過ごして欲しい!僕たちは皆、君をとても愛している」と子供たちも含めた家族全員のアカウントとハッシュタグを並べている。 また、夕焼けの砂浜で焚火を燃やし、ロマンチックな雰囲気でキスを交わす愛情いっぱいの写真を添えており、その様子にはファンも「映画のようだ」、「彼女は何てラッキーなんだ」、「こんな男になりたい」、「美しいね」とコメントしている。 4月にはベッカム家の長男ブルックリン (23)の結婚式が行われたばかり。2人は今なお良好な関係を築いているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ベッカムとヴィクトリアさんが夕焼けの砂浜でキスを交わすロマンチックな1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CcdGxJULAvr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CcdGxJULAvr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CcdGxJULAvr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">David Beckham(@davidbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.18 21:19 Mon
twitterfacebook
thumb

「私はやっぱりデイビッドが一番」長男ブルックリンの結婚式に集合したベッカム家の男4人衆が大反響!「こんなにタキシードが似合う家族はいない」

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の長男ブルックリン・ベッカム(23)が9日、フロリダで婚約者の女優ニコラ・ペルツさん(27)と挙式した。 現役時代には“貴公子”とも呼ばれたベッカム氏と元スパイスガールズで妻のヴィクトリアさんの長男であるブルックリン。過去には『キック・アス』などで知られる若手ハリウッド女優のクロエ・グレース・モレッツ(25)とも交際していた。 ブルックリンはその後、2017年にアメリカで行われたコーチェラ・フェスティバルという野外音楽祭でニコラさんと出会い、2019年末から交際をスタート。ニコラさんは、2014年公開の『トランスフォーマー/ロストエイジ』でメインヒロイン役として脚光を浴びていたほか、父親は実業家として知られるネルソン・ペルツ氏。ブルックリンの両親であるデイビッド&ヴィクトリアよりも資産を持っている億万長者ということでセレブ同士のカップルだということでも話題となった。 2人は2020年夏に婚約していたが、ついに挙式。式にはもちろんベッカム一家も集結したなか、ブルックリンが11日にインスタグラムを更新し、「The Boys」と題して父デイビッド、長男ブルックリン、次男ロメオ、三男クルスと男だけの集合写真を投稿した。 4人は全員タキシードを着用し、英国紳士ぶりを発揮。そのゴージャスな様子には、ファンも大興奮の様子で「ハンサム!」、「最高の写真だ!」、「ゴージャスファミリー!」、「こんなにタキシードが似合う家族はいない」と絶賛。中には「私はやっぱりデイビッドが一番」と勝手に推しを発表する人まで現れた。 “貴公子”ベッカムがおじいちゃんになる日も近づいているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】ベッカム家のイケメン4人がタキシード姿で勢揃い!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CcMXzbTrZvg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CcMXzbTrZvg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CcMXzbTrZvg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">@brooklynbeckhamがシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.11 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランド代表指揮官、W杯でウクライナとの対戦の可能性に「非常に感情的なものになる」、プレミアの日程問題にも言及

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 イングランドは抽選の結果、グループBに入り、アメリカ代表とイラン代表と同居。また、もう1チームはヨーロッパのプレーオフ勝利チームとなり、ウェールズ代表、スコットランド代表、ウクライナ代表のいずれかとなる。 FIFAランキングだけを見れば、最も楽な相手と組むこととなったイングランド。サウスゲイト監督は、ウクライナと対戦する可能性があることについ言及。また、そうでない場合もイギリス内での対戦となるため、違った意味合いがある組み合わせだとした。 「その試合は、誰であっても非常に感情的なものになるだろう。我々は皆、ウクライナに対する考えがどこにあるかを理解しており、彼らがプレーできるかどうかさえ確認する必要がある」 「もちろん、それがイギリスのチームの1つである場合は、最近のトーナメントでも経験した。彼らとは唯一無二の試合になる」 また、対戦経験がないイラン、そしてW杯では初めて対戦するアメリカにも言及した。 「我々はイラン、そしてアメリカと(W杯で)対戦したことがない。グレッグ・バーホルター(アメリカ代表監督)と最近会い、良いやり取りをしていた」 「これは、いくつかの関係がランキング以外にも潜在的にトリッキーであると考えられるグループの1つだ。常に危険だ」 また、今年は冬開催となり、シーズン真っ只中でのW杯を迎えることになる。プレミアリーグは11月13日まで開催され、イングランド代表は初戦のイラン代表戦は11月21日に開催される。 国際サッカー連盟(FIFA)のルールでは、最初の試合の5日前にはカタール入りする必要がある中、サウスゲイト監督はスケジュールについても言及した。 「早く移動することは理にかなっている。最初の2日間は多くのことができない。選手たちはまだ回復途中だ」 「そうでなければ、最初の2日間のトレーニングを失うことになる。ケガや体力面のチェックに時間をかける。それがカギとなるだろう」 「スタートが遅ければ1日か2日しか違わないだろうが。その上で本当に組織として完成させる必要があると理解している。そのため、最初の試合を欠場する選手が何人か出るかもしれない」 2022.04.02 18:43 Sat
twitterfacebook
thumb

56年ぶりのW杯優勝を目指すイングランド、サウスゲイト監督も自信 「我々は一貫したパフォーマンスを発揮してきた」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)への自信を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 1966年に母国開催されたW杯で優勝して以降、タイトルから遠ざかっているイングランドだが、2018年のロシアW杯でベスト4に進出すると、昨夏に開催されたユーロ2020では準優勝を達成。さらに、今冬に開催されるカタールW杯に向けた欧州予選でも8勝2分けの成績を収め、無敗での本大会出場が決定した。チームにはプレミアリーグで活躍する選手がずらりと並んでおり、大会優勝候補の1つとして数えられている。 サウスゲイト監督もチームの完成度には自信を示しており、完璧なパフォーマンスを披露すれば56年ぶりのW杯優勝も可能だとコメント。試合では守備的な相手と対峙するケースが増えるだろうとしつつ、それもプラスに考える必要があると強調した。 「チームには『準決勝まで進めば、決勝に行ける』と話していて、(ユーロでは)その通りになった。そして『決勝まで行けば勝てる』とも話したよ。それは明らかだ」 「そのためには、限りなく完璧に近づかなければならない。カタールに行くときだけでなく、その前から正しいコンディションで臨む必要があるだろう。そのためにも、我々は毎日一緒に仕事をしなければならない」 「3、4年の間、我々は一貫したパフォーマンスを発揮してきたと思う。カタールW杯で、優勝できるチームの一つであることは間違いないね」 「我々は間違いなく尊敬に値するチームだ。そして他のチームにとって、対戦が楽しみではないチームだとも思う。しかし、それは諸刃の剣のようなものであり、チームによっては我々に対して異なる準備をしてくるだろう」 「しかし、そのなかには我々を恐れるあまり、より多くのプレーを許してくれるところがあるかもしれない。だから、我々の立場からすると本当に重要なのは、異なる準備をしてきた相手に対して自分たちがどのように感じるかだ」 2022.04.01 15:26 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly