【ラ・リーガ第19節プレビュー】新年初戦&前半戦最終戦! 久保建英が古巣バルサに挑む

2022.01.02 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021年ラストマッチとなった第18節ではセビージャ、バルセロナを除く上位陣がいずれも勝ち点を取りこぼす波乱の一節となった。

その後、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、バルセロナ、セビージャといった上位陣が延期分や前倒し開催の試合を消化した結果、1試合消化が多いものの、2位以下に8ポイント差を付けたレアル・マドリーが首位で2022年を迎えることになった。

短いウィンターブレイクを経て臨む2022年初戦にして前半戦最終戦となる今節では、オミクロン株の猛威によって休暇明けの多くの選手に新型コロナウイルス感染が確認されている点が大きな懸念材料となっている。それでも、後半戦に繋がる白熱の戦いを期待したいところだ。

その2022年プリメーラ初戦では、MF久保建英、FWファルカオが共に古巣に挑むマジョルカvsバルセロナ、アトレティコvsラージョの2試合に注目したい。

現在、15位のマジョルカ(勝ち点20)は前節、FWホルヘ・モリーナにプリメーラ最年長ハットトリックを許し、1-4で大敗。今季初めてフル出場を飾った久保は1点目の起点となるなど上々のパフォーマンスを見せたが、消化不良の形で2021年を終えることになった。古巣対戦で新年をスタートする久保だが、現在チーム内には多くのコロナ陽性者を抱えており、チームが感染者を公表していないため、起用できる状態なのかは不明。仮に、起用可能な場合は先日のアトレティコ戦のように決定的な仕事を期待したい。

一方、バルセロナ(勝ち点28)はセビージャとの延期分で数的優位を得ながらも1-1のドローで終え、4位浮上のチャンスを逃して7位で2021年の戦いを終了した。ここまでの補強によってDFダニエウ・アウベス、FWフェラン・トーレスを新たにスカッドに加えて巻き返しを図る中、新年初戦では是が非でも勝ち点3がほしいところだ。しかし、対戦相手のマジョルカ以上にコロナウイルスの影響に晒されるチームは、DFジョルディ・アルバやMFガビ、FWデンベレら10人ほどの陽性者を出しており、数人の負傷者を含め、多くの主力を欠く中で敵地に乗り込むことになる。

5位のアトレティコ(勝ち点29)と、4位のラージョ(勝ち点29)の対戦は、トップ4を懸けたマドリード自治州ダービーとなる。前節、グラナダに逆転負けのアトレティコはシメオネ体制ワーストを更新する泥沼の4連敗で2021年を最悪な形で終えた。リーグ連覇に早くも赤色に近い黄色信号が灯る中、新年初戦では5戦ぶりの白星を目指す。ただ、このダービーに向けてはシメオネ監督のほか、MFコケ、MFエクトル・エレーラ、FWグリーズマン、FWフェリックスの主力選手のコロナ陽性が確認されており、陰性と認められない場合、より厳しい戦いを強いられるはずだ。

一方、昇格組ながらトップ4争いに絡むラージョではMFコメサーニャやGKディミトリエフスキ、リーグアシスト王のMFオスカル・トレホらの活躍が印象的だが、今回の一戦ではラ・リーガでは古巣初対戦となるファルカオに要注目だ。コンディションの問題もあり、フル稼働は難しい状況だが、ここまで10戦5ゴールとその決定力は健在。また、バルセロナ戦、レアル・マドリー戦とビッグマッチでゴールを挙げており、古巣相手の初ゴールも大いに期待できるはずだ。

2021年首位ターンのレアル・マドリー(勝ち点46)は、16位のヘタフェ(勝ち点15)との自治州ダービーで2022年の戦いをスタートする。年末の数試合ではコロナ陽性者が続出した中、しぶとく勝ち点を取り切ったが、年明けも引き続きコロナ禍に見舞われる。同時期に離脱した数選手は復帰できる見込みだが、代わって守護神クルトワ、FWヴィニシウス、FWヨビッチら数選手が休暇明けで陽性が確認されており、今節欠場の可能性がある。仮に、クルトワ、ヴィニシウスが間に合わない場合、直近2勝3分けの5戦無敗とキケ・フローレス新体制で復調気配の相手に苦戦必至か。
その他の上位陣では2位のセビージャ(勝ち点38)が19位のカディス(勝ち点14)、3位のベティス(勝ち点33)が14位のセルタ(勝ち点20)、6位のレアル・ソシエダ(勝ち点29)が18位のアラベス(勝ち点15)と、いずれも格下と対戦する。

その中で前エイバル指揮官メンディリバルを新監督に据えたアラベスと、ソシエダのバスク自治州ダービーは好勝負が期待される。

《ラ・リーガ第19節》
▽12/31(金)
バレンシア 1-2 エスパニョール

▽1/2(日)
《22:00》
ヘタフェ vs レアル・マドリー
《24:15》
アトレティコ・マドリー vs ラージョ
エルチェ vs グラナダ
《26:30》
ベティス vs セルタ
アラベス vs レアル・ソシエダ
《29:00》
マジョルカ vs バルセロナ

▽1/3(月)
《27:00》
ビジャレアル vs レバンテ
《29:00》
オサスナ vs アスレティック・ビルバオ
《29:15》
カディス vs セビージャ


関連ニュース
thumb

残留か、移籍か…今夏注目のルベン・ネヴェス「誰にでも夢がある」

ポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(25)がウォルバーハンプトンでの不透明な将来を認めた。 ポルトでキャリアを始めてから将来をしょく望され、2017年夏に満を持してウォルバーハンプトンでプレミアリーグを挑戦を果たしたネヴェス。今やウォルバーハンプトンの司令塔に君臨し、今季も軸を張り続けた。 だが、移籍の噂はあとを絶えず、今夏の去就も注目の的に。ウォルバーハンプトンとの契約を2024年夏まで残すが、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドのほか、国外からもバルセロナの関心が取り沙汰される。 ウォルバーハンプトンも移籍金次第で売却の可能性があるといわれるなか、渦中のルベン・ネヴェスが22日に行われたプレミアリーグ最終節のリバプール戦後、イギリス『The Athletic』で去就に言及した。 「フットボールがどんなもので、人生がどんなものかは誰もが知るところ。僕らのキャリアは本当に短い。そのなかで、巡ったチャンスを生かしていかないといけないんだ」 「もちろん、誰にでも夢というものがある。短い時間のなかで、そういった夢に向かって生きていかないとならない。何が起こるか見てみよう。今はあまり多く語れない」 2022.05.24 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキはすでに心ここにあらず? 代理人が明かす「クラブからは尊敬を感じない」

退団が噂されているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、すでに決意は固まっているようだ。 バイエルンとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍が噂されているレヴァンドフスキ。特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに3200万ユーロのオファーを送ったとも言われている。また、チャビ・エルナンデス監督も「オプションのひとつ」とコメントするなど、目の離せない状況が続いている。 そんな中、代理人であるビニ・ザハビ氏もドイツ『ビルト』のインタビューで注目のコメントを残した。れレヴァンドフスキは、すでにバイエルンから心は離れているようだ。 「もちろん、ロベルトは2023年まで契約があるため、もう1年引き留めることは可能だ。しかし、私はそれを勧めない」 「ロベルトも私も、ここでは誰もお金のことは気にしていない。彼はここ数カ月間、クラブの責任者たちから尊敬されていると感じることができていないのだ。それが真実だ」 「バイエルンはレヴァンドフスキという選手ではなく、ロベルトという人間を失ったのだ」 また、バイエルン側から契約延長のオファーがあったという噂については、「それはない」と否定している。 2022.05.23 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

昨年11月にバルサ復帰のダニ・アウベス、契約延長は? 「僕はまだクラブを手助けできる」

バルセロナのブラジル代表DFダニエウ・アウベス(39)が自身の去就に考えを述べた。 昨年9月にサンパウロを退団し、同年11月に約5年半ぶりのバルセロナ復帰を果たしたダニ・アウベス。リーグ規定の最低年俸での契約とも伝えられ、クラブ愛のこもったものとなった。 加入後は公式戦16試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。プレー面での貢献もさることながら、クラブの最年長選手として、若手主体のチャビ・エルナンデス体制における精神的支柱を担った。 ただ、そんなダニ・アウベスの現行契約は今季まで。クラブ側は延長オプションを行使する意向であると伝えられているが、去就は不透明のままだ。 ダニ・アウベスは22日に行われたラ・リーガ最終節のビジャレアル戦後、自身の将来に対する質問に回答。現状では未知数であると語ったものの、バルセロナでのプレー続行に意欲を見せた。 「最後の試合かどうかはわからない。未来は未知数で、僕は今を生きるだけだよ。このエンブレムの下にできるだけいたいと思うよ。僕がどうしたいか、みんなは知っている。僕はまだこれからもクラブに貢献し、手助けをすることができるんだ。僕次第では、とっくの昔に終わっているストーリーだったけど、これからも戦い続けたいね」 2022.05.23 17:28 Mon
twitterfacebook
thumb

最終節で敗れたバルサ、チャビ監督「多くのことを変えなければいけない」と今季を反省

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、シーズン最終戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 22日、ラ・リーガの最終節が行われ、バルセロナはビジャレアルをホームに迎えた。 すでに2位を決めていたバルセロナ。試合は41分にアルフォンソ・ペドラサのゴールで先制を許すと、55分にはモイ・ゴメスが追加点。0-2で敗れた。 シーズン開幕はロナルド・クーマン監督の下で迎え、結果が出ずに監督交代。バルセロナらしさも失いつつあった中で、チームを立て直したチャビ監督。最後まで不安定な戦いをしながらも2位でシーズンを終えたことを振り返った。 「チームは強い精神力を見せてくれた。11月からは順位に切迫感があり、シーズンが重くのしかかってきた」 「今は休んで、頭を切り離し、来年のことを考える時期が来た」 「前半はアルフォンソ・ペドラサのゴールなど、幾つかミスがあった。良いプレーもできたが、エラーもいくつかあった」 「チャンピオンズリーグの出場権、スーペル・コパの出場権を獲得することで、悲惨なシーズンを救うことができた。ネガティブなシーズンではない」 「我々は2位にとどまり、どこからやってきたかをポジティブに評価し、来シーズンの将来について考える必要がある」 一方で、今シーズンは良くない部分がたくさん出たなか、選手の整理などを含めて今オフはやることが多いバルセロナ。チャビ監督も、今後のためにしっかりとチームを変えるために動かなければいけないとした。 「現場よりも重要な事務作業がやってくる。我々は多くのことを変えなければいけない。サッカーよりも重要な事務作業だ」 「サッカーは終わり、リーグ戦は終わり、我々は壊滅的だったかもしれないシーズンを救った。そして、とても悲しいかもしれなかったシーズンを救った」 「評価が下され、状況を変える必要がある。現実を隠すことはできない。そして、ソシオへはよりリターンが少なかった。これを変えなければいけない。それが可能であることを教えてくれている」 「11月には達成できなかったと思われる幾つかの問題をカバーするため、多大な努力を払った。我々はバルサであり、それを変えなければいけない」 「自分自身をとてもよく強化する必要がある。そうでなければ、我々は競争で勝つことはできない。ジョルディ、マテウは「できる」と私に教えてくれた。我々はできると考えている」 2022.05.23 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナにシャットアウト勝利のビジャレアルがECL出場権獲得《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節、バルセロナvsビジャレアルが22日に行われ、0-2でビジャレアルが勝利した。 前節ヘタフェ戦をゴールレスドローで終えたものの2位を確定させているバルセロナ(勝ち点73)と、7位に与えられるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権を狙う7位ビジャレアル(勝ち点56)の一戦。 8位アスレティック・ビルバオが1ポイント差で迫る中、勝利すれば自力での出場権獲得となるビジャレアルがフラットな[4-4-2]のブロックを敷いて構える中、立ち上がりからバルセロナが押し込む展開で推移した。 しかし、攻めあぐねる状況が続くと、41分にビジャレアルが先制する。パレホのスルーパスでボックス内に侵入したペドラサがシュートを決めきった。 失点したバルセロナは45分、フェラン・トーレスのボレーがGKルジを強襲するも、1点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半もバルセロナが押し込む展開で推移したが、55分にビジャレアルがリードを広げる。アダマ・トラオレのクリアミスをボックス中央で拾ったモイ・ゴメスがシュートを蹴り込んだ。 2点を追う展開となったバルセロナはファティとデンベレを投入。73分にはダニエウ・アウベスのミドルシュートでGKを強襲したものの、終盤にかけてはビジャレアルの堅守を崩せず。 ビジャレアルが7位を死守し、ECL出場権を得ている。 2022.05.23 06:54 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly