C・ロナウドの1G1Aでユナイテッドがバーンリーに完勝、年内最終戦を勝利で飾る《プレミアリーグ》

2021.12.31 07:11 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは30日、プレミアリーグ第20節でバーンリーと対戦し3-1で勝利した。

直近のニューカッスル戦を痛恨のドローで終えた7位ユナイテッドは、その試合からスタメンを6人変更。ラッシュフォードやブルーノ・フェルナンデス、ヴァランらに替えてサンチョやマティッチ、ワン=ビサカらをスタメンで起用した。

5試合勝利のない18位バーンリーに対し、ユナイテッドは開始早々の8分に先制する。ボックス右深くまで侵入したグリーンウッドのバックパスをC・ロナウドがボックス手前で受けると、ややトラップが大きくなったところを近くにいたマクトミネイがダイレクトシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。
幸先良く先制したユナイテッドは、27分にもボックス左から侵入したサンチョがカットインから相手GKのタイミングをずらしたシュートを放つと、ベン・ミーにディフレクトしたボールがゴール右隅に吸い込まれた。

さらに35分には、サンチョの横パスをボックス手前に走り込んだマクトミネイがダイレクトシュート。相手GKが弾いたボールが左ポストに当たると、こぼれ球をC・ロナウドが押し込み、3点目を奪った。

ユナイテッドは直後の38分にレノンのゴールで1点を返されたが、2点のリードで前半を終えた。

後半も主導権を握るユナイテッドは、50分に流れるようなパス回しからボックス右のグリーンウッドに決定機が訪れたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれる。

一進一退の展開が続く中、ユナイテッドにアクシデント発生。66分、右足を痛めたバイリーがピッチに座り込み、即座に交代。ヴァランが緊急投入された。

その後、攻撃的な選手を入れ替えるバーンリーに対し、ユナイテッドは80分にダロト、93分にフレッジを投入し試合を締めにかかる。

結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。年内最終戦を白星で飾ったユナイテッドはリーグ6戦無敗で2021年を締めくくった。


関連ニュース
thumb

ユナイテッド退団のC・ロナウド、中東クラブからオファーか

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対して、サウジアラビアのアル・ナスルがオファーを送ったようだ。 今夏に移籍騒動がありながら、チームに残留したロナウド。しかし、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、10月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っていた。 11月中旬にはイギリスのテレビ『TalkTV』のインタビューでクラブの内部批判を展開。これを受けて、クラブは「しかるべき措置の開始」を明らかにし、22日に契約解除を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後の去就に注目が集まるロナウドだが、アメリカ『CBC』はサウジアラビアのアル・ナスルが同選手にオファーを送ったと報道。7500万ドル(約104億円)もの年俸で3年契約が提示されているようだ。 また、『CBC』によれば、現在国内のライバルであるアル・ヒラルをはじめ中東の他のクラブもロナウド獲得に関心を寄せている中、アル・ナスルはすでに今夏から接触している模様。代理人との幅広い話し合いを通して、交渉は比較的進んでいると見られており、同選手の最終判断を待つ段階まで来ているようだ。 アル・ナスルはこれまで9度のサウジ・プロフェッショナルリーグ優勝を誇る国内の強豪クラブ。しかし、ロナウドは以前よりチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーに対して高いモチベーションを持っていると伝えられており、ヨーロッパ以外でのプレーが実現する可能性はそこまで高くないかもしれない。 2022.11.27 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

カゼミロ、C・ロナウド退団に悲しみも「幸運を祈る」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のマンチェスター・ユナイテッド退団に同僚のブラジル代表MFカゼミロが発言した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアでは予想される結末として事実上の解雇が大半を占め、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも負けず劣らずの話題を呼んだなか、レアル・マドリー時代からの戦友であるカゼミロもその件にコメント。いちチームメイトとして惜しむ声を上げつつ、エールも送った。 「彼とはメッセージをやり取りしていない。でも、クリスティアーノは経験豊富な選手で、自分のキャリアにとって何が良いのものなのかをわかっているはず。もちろん、悲しい。特にマンチェスターでは歴史上最高の選手の1人を巡る話なわけだから。いち友人として、僕らは今後の幸運を祈るだけ。フットボール面がすべてうまく行くのを願っている。僕らと対戦するときを除いてね」 2022.11.27 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

FW補強必須のユナイテッド、補強リストにデパイ…当事者間も接触か

マンチェスター・ユナイテッドの補強リストにバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)が入っている模様だ。 その情報はドイツ『スカイ』のレポーターを務めるフロリアン・プレッテンベルク氏からのもの。エリク・テン・ハグ監督にデパイをユナイテッドに連れ戻す構想があるといい、すべての当事者間で接触もあるようだ。 そんなデパイだが、バルセロナとは契約最終年で、FWロベルト・レヴァンドフスキの加入にケガも重なって浮いた存在に。財政的に厳しいバルセロナはサラリーを削減したく、契約の解消さえもありうる状況だという。 デパイは2015年夏から1シーズン半にわたってユナイテッドでプレーしたが、鳴かず飛ばずに終わった過去。造反のFWクリスティアーノ・ロナウドと袂を分かち、ストライカー補強が急務なユナイテッドだが、いかに。 なお、渦中のデパイは先日、来たる1月に移籍を果たす可能性について「この先がどうなるかはわからない。今はW杯に集中していて、それ以外のことは何も」と話している。 2022.11.26 19:01 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドは新天地で2試合の出場停止…ユナイテッド退団も昨季エバートン戦での不適切行為が対象に

マンチェスター・ユナイテッドを退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新天地で2試合の出場停止を余儀なくされることになった。 イングランドサッカー協会(FA)は23日、エバートンファンの少年の手を叩き、スマートフォンを破壊したとされる一件で同選手に2試合の出場停止と5万ポンド(約830万円)の罰金処分を科した。 「クリスティアーノ・ロナウドは2試合の出場停止処分を受け、5万ポンドの罰金を科され、今後のFA規則E3違反の行為について警告された」 「フォワードは、2022年4月9日土曜日のマンチェスター・ユナイテッドFCとエバートンFCのプレミアリーグ戦の終了ホイッスル後の彼の行動が不適切であることを認めた」 「独立した規制委員会は、その後の公聴会で彼の行為が不適切かつ暴力的であると判断し、これらの制裁を課した」 ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を怒りに任せて叩き落とし、その場を去っていた。 この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され大事に。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。 なお、今回の出場停止処分はロナウドが、どの国の新しいクラブに移籍した場合にも適用されるが、カタール・ワールドカップへの影響はない。 2022.11.24 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドと袂を分かったユナイテッド、28.6億円をセーブか…違約金発生せず

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の退団を発表したマンチェスター・ユナイテッドだが、違約金なしで袂を分かったようだ。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸して今季に入ったC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアで予想される結末として事実上の解雇が大半を占めるなか、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、違約金は発生せず、両者はクラブでの選手の歴史を尊重してクリーンな解決だけを望み、現在進行形のしがらみなく、決別のときを迎えた模様だ。 また、問題のインタビューでC・ロナウドから「敬意なし」と言われたテン・ハグ監督も取締役会とともにこの決定を即座に承認。ユナイテッドは今季残りの年俸分およそ1700万ポンド(約28億6000万円)を節約したという。 なお、C・ロナウドとユナイテッドの契約は1年延長オプションを除くと、今季限りだった。 2022.11.23 19:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly