【2021-22ブンデス前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はレヴァンドフスキ

2022.01.05 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10連覇を目指すバイエルンが2年連続ヘルプストマイスターに輝いた。対抗と見られた2位ドルトムントは不安定な戦いが続いて9ポイント差を付けられ、後半戦も王者バイエルンを脅かすには至らなそうな情勢だ。

◆健在レヴァンドフスキが19ゴール~バイエルン~
若き智将ナーゲルスマン監督を招へいしたバイエルンが14勝1分け2敗と例年通りの圧巻の成績で首位ターンとした。そのバイエルンを牽引したのは昨季ブンデスリーガ記録の41ゴールをマークしたFWレヴァンドフスキ。今季も試合数より多い19ゴールを挙げ、流石の決定力を示している。コロナ関連や負傷によりMFキミッヒやMFゴレツカら中盤の主力選手が離脱していたこともあったが、それらをものともせず首位を快走している。

◆ローゼ監督就任も不安定さは変わらず~ドルトムント~
ボルシアMGからローゼ監督を引き抜き、期待の高かったドルトムントだが、昨季同様に不安定な戦いぶりに変化はなかった。FWサンチョの代役として獲得したFWマレンはフィットせず、FWハーランドの約2カ月に渡る離脱も痛かった。そして何よりコンディションの整わないDFフンメルスが軸の守備陣の脆弱ぶりが厳しく、つまらない失点を重ねてしまった。

◆CL敗退組~ライプツィヒ&ヴォルフスブルク~
監督を引き抜かれたライプツィヒとヴォルフスブルクは共に厳しいシーズン前半戦となってしまった。ナーゲルスマン監督をバイエルンに引き抜かれ、ザルツブルクのマーシュ監督を迎えたライプツィヒだったが、9位と低迷。MFザビッツアー、DFウパメカノの流出も痛く、戦力ダウンは否めなかった。

フランクフルトに旅立ったグラスナー監督の後釜にファン・ボメル監督を迎えたヴォルフスブルクは開幕4連勝スタートと最高の船出としたものの、そこから失速。10月下旬には成績不振により早々と解任となった。新指揮官に昨季までブレーメンを率いていたコーフェルト監督を招へいするも、公式戦3連勝スタートの後、泥沼の7連敗で13位と負の連鎖が止まらなかった。

◆奥川、伊藤が活躍、鎌田、長谷部、遠藤航、原口は及第点、浅野と遠藤渓太は落第~8人の日本人~
Getty Images


8人が挑戦している今季のブンデスリーガ前半戦ではビーレフェルト2季目のMF奥川と海外初挑戦のシュツットガルトMF伊藤の活躍が目立った。

奥川は残留できれば御の字のチーム力であるビーレフェルトで5ゴールを記録。目に見える結果を残して存在感を示している。また、伊藤はケガ人が続出したチームの中で最終ライン、左サイドと本職のボランチ以外を器用にこなし、チームの助けとなった。

フランクフルトのMF鎌田とMF長谷部に関しては昨季ほどの活躍とは言えないものの、チームの主軸として計算できる働きを見せている。シャドーの一角として先発を続ける鎌田に関してはゴール数が1と物足りなかったが、パフォーマンス自体は及第点。1月に38歳となる長谷部に関しては出場機会が少なかったが、例年尻上がりにパフォーマンスを上げていく傾向にあるため後半戦に期待したい。

昨季ブンデスリーガのデュエル勝率1位となったシュツットガルトのMF遠藤はキャプテンを務め、チームをまとめる存在に。ケガ人が多く厳しい戦いが続いているが、下位に低迷するチームの中で何とか踏ん張っている印象だ。

ハノーファーで結果を残し、個人昇格したウニオン・ベルリンのMF原口はレギュラーとして泥臭いプレーを続けた。ハードワークが要求されるチームスタイルの中で原口の運動量が生き、攻守に貢献している。

一方で落第はチームメートのMF遠藤渓太。昨季、完全移籍を勝ち取ったものの全く出場機会を得られなかった。3季ぶりにドイツに戻ってきたボーフムのFW浅野はチーム力の関係から守備に追われるエクスキューズはあるものの、ノーゴールに終わったことで落第とした。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

昨季ブンデス記録の41ゴールを量産したレヴァンドフスキは今季も健在だ。前半戦を終えて19ゴールと昨季のゴール数に迫るペースで得点を重ねている。彼が健在なうちはバイエルンの王朝時代に終わりが訪れることはないだろう。

★最優秀監督
◆ユリアン・ナーゲルスマン(バイエルン)
Getty Images

バイエルンの戦力を考慮すれば首位ターンは当然と見る向きもあるが、自身と年齢が変わらないスター選手たちを掌握するには確かな手腕が必要なのは明白。それを乗り越えた時点でナーゲルスマン監督の優秀さを再確認できたと言えるだろう。

【期待以上】
★チーム
◆フライブルク
Getty Images

決して資金面で恵まれているわけではなく、堅実な経営で知られるフライブルクが前半戦を終えて4位と躍進した。とりわけ失点数はバイエルンと並んでリーグ最少の16と鉄壁を誇った。[4-4-2]と[3-4-3]をうまく併用するシュトライヒ監督が植え付けた組織力を武器に前半戦のサプライズチームとなった。

★選手
◆FWヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)
Getty Images

イタリア代表歴のあるグリフォがフライブルクの攻撃を牽引した。フライブルクの中で数少ないボールを運べる選手で、アタッキングサードで違いを生み出すことができる。4ゴール7アシストを記録し、好調のチームを牽引した。

【期待外れ】
★チーム
◆ライプツィヒ
Getty Images

ナーゲルスマン監督を引き抜かれ、ウパメカノとザビッツァーの両主力が引き抜かれたため、戦力ダウンは否めなかったが、それを差し引いても前半戦を終えて9位は低調過ぎる結果だった。ザルツブルクから招へいしたマーシュ監督は期待に応えられず、12月に解任となった。

★選手
◆FWアンドレ・シウバ(ライプツィヒ)
Getty Images

フランクフルトで28ゴールを挙げ、満を持してライプツィヒに移籍したアンドレ・シウバ。ライプツィヒのエースとして活躍が見込まれたが、前半戦を終えて僅か5ゴールと大きく期待を裏切っている。

関連ニュース
thumb

バイエルンがデ・リフトと個人間合意か、残すはクラブ間合意のみ

バイエルンがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)と個人間合意したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。同メディアによれば残すはクラブ間合意のみとのことだ。 チェルシーも獲得に高い関心を示すデ・リフトの移籍金に関し、ユベントスは8000万ユーロ(約113億5000万円)を設定している。 2019年夏にはユベントスとの争奪戦で敗れたバイエルンだったが、今回はそのユベントスからデ・リフトを迎え入れることになりそうだ。 なお、この取り引きが成功すればバイエルンが2019年夏にDFリュカ・エルナンデスをアトレティコ・マドリーから獲得する際に支払った8000万ユーロと並ぶクラブ史上最高額での契約になるとのことだ。 2022.07.05 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがフランス代表DFパヴァールに関心? バイエルンでの序列低下は確実か

チェルシーがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に関心を寄せているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 フランス代表として2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したパヴァールは、翌年夏にシュツットガルトからバイエルンに加入。この3年間は主力としてプレーしており、2021-22シーズンも公式戦36試合に出場した。しかし、クラブは今夏アヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を獲得。安泰かに思われていたその座も揺らぐことになった。 サッカージャーナリストのフロリアン・プレテンバーグ氏によると、チェルシーがパヴァールを高く評価するポイントはユーティリティ性とのこと。バイエルンでは本職とする右サイドバックのほか、1列上のサイドハーフやセンターバックをこなしており、まさしく現在のチェルシーが求めている人材のようだ。 チェルシーはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーらセンターバックの主力2選手が契約満了で退団となり、中央と右サイドバックを兼務する主将のセサル・アスピリクエタも未だ去就が不透明。トーマス・トゥヘル監督にとって、最も理想的な解決策がパヴァールとみられている。 なお、パヴァールに対しては、アトレティコ・マドリーとユベントスも関心を寄せているとのことだ。 2022.07.05 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデ・リフト獲得に関心、選手本人もドイツ行きを希望か

バイエルンがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)獲得に関心を示しているようだ。 2019年夏にアヤックスからユベントスへ加入したデ・リフトは、加入初年度からポジションを得ると、ここまで公式戦117試合で8ゴール3アシストの成績を記録。ただし、2021-22シーズンのセリエAでは6試合でベンチスタートとなるなど、アヤックス時代ほど絶対的な地位を築いているわけではない。 デ・リフトに対してはかねてよりチェルシーが高い関心を示しており、ユベントス側も金額次第では売却に応じる姿勢を見せていたことからクラブ間で交渉が行われていた。しかし、ドイツ『キッカー』ら複数メディアの報道によると、バイエルンも獲得レースに参戦する構えのようだ。 バイエルンは昨夏にオーストリア代表DFダビド・アラバ、元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが退団し、今夏にはドイツ代表DFニクラス・ジューレもドルトムントへ移籍。センターバックが手薄となっていることから、オランダ代表の俊英をターゲットに定めたと伝えられている。 一方で、ユベントスはデ・リフトに最低でも8000万ユーロ(約113億5000万円)の移籍金を設定しているが、バイエルン側に要求を満たす金額を支払う準備ができているかは現時点で不明だという。 デ・リフト本人はミュンヘン行きを望んでおり、実現すればすでにセネガル代表FWサディオ・マネ、モロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ、オランダ代表MFライアン・グラフェンベルフを獲得しているバイエルンにとって、これ以上ないビッグサマーとなるだろう。 2022.07.05 10:53 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがバイエルン行き噂の17歳逸材MFと契約延長!

パリ・サンジェルマン(PSG)は4日、U-18フランス代表MFアイマン・カリ(17)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年にヴィルジュイフからPSGの下部組織に加入したカリは、2019年にU-17チームに昇格。現在はU-19チームで主力を担う右利きのセントラルMFだ。 パスやポジショニング、判断力とまだまだ粗削りなものの、同胞MFエンゴロ・カンテを彷彿とさせる機動力、相手の密集をかい潜るターンや繊細なボールタッチを武器に、ボックス・トゥ・ボックスMFとしてすでに高い評価を集めている。 ここ最近ではバイエルン行きの可能性が高いと報じられていたが、クラブサイドの熱心な説得もあって、今回の契約延長に至ったようだ。 2022.07.04 22:34 Mon
twitterfacebook
thumb

ダンフリースは移籍濃厚から一転インテル残留へ? 現在までに正式オファーはなしか

インテル退団が囁かれてきたオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)は、徐々に残留の線が濃くなっているようだ。 ダンフリースは昨夏に母国のPSVからインテルへと加入し、公式戦45試合5得点7アシストを記録。序盤戦こそやや苦戦も、チームにフィットし始めた秋以降は右ウィングバックの主力としてプレーし、スーペル・コッパ、コッパ・イタリアの制覇にも大きく貢献した。 しかし、インテルの財政難は依然として深刻であり、何人かの主力選手の売却を検討。ダンフリースもバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドなどへの売却を進めていると伝えられてきたが、移籍濃厚とみられてきた風向きは徐々に変化しているようだ。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ダンフリースに対する複数クラブからの関心は確かに存在するものの、インテルは未だ正式オファーの提示を受けていないとのことだ。 クラブとしては、ダンフリースを売りに出しているものの、選手本人は引き続きインテルでのプレーを希望しており、シモーネ・インザーギ監督も残留させたい意向とのこと。インテル残留の可能性が高まったと考えられている。 インテルはカリアリから右サイドバックを主戦場とするU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の獲得が近づいており、5日にもメディカルチェックを受ける予定。当初、ベッラノーバはダンフリースの後釜として加入するのではないかとみられていたが、ダンフリースの状況が変化していることから、現在では両選手による定位置争いも視野に入れた補強と目されているようだ。 2022.07.04 18:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly