【2021-22セリエA前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はブロゾビッチ

2022.01.06 18:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前半戦を終えて首位に立ったのは昨季王者インテルとなった。コンテ監督の退任、昨季MVPのFWルカク退団で戦力低下が予想されたが、それらを覆しての首位ターンとなった。

◆S・インザーギ監督の確かな手腕~インテル~
昨季スクデット獲得の立役者だったコンテ監督の退任に伴い、ラツィオで好結果を収め続けていたS・インザーギ監督の招へいを決断したインテルだったが、これが吉と出た。コンテ監督同様にラツィオ時代から愛用していた3バックシステムを採用し、大幅な戦術変更がなかった点も奏功した格好だ。また、ルカクの代役として補強されたベテランFWジェコの活躍もチーム力の維持に貢献。ミランから加入したMFチャルハノールもすんなりとチームにフィットし、首位ターンに相応しい穴のないチームに仕上がった。

◆インテル同様にチーム力維持~ミラン~
インテルに続いたのはミランとなった。ミランもインテル同様に開幕前は主力の移籍があり不安があったが、代役がきっちりと穴を埋めた。とりわけ守護神ドンナルンマの代わりに迎えられたGKメニャンが大当たりで戦力低下を免れた。司令塔チャルハノールの代役に関してもMFブラヒム・ディアスが一本立ちしたことで補い、チーム力を維持して見せた。8季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ敗退に終わったが、セリエAでは安定した戦いを続けた。

◆スパレッティ監督の手腕~ナポリ~
主力の流出、新戦力加入の少なかったナポリが、ミラノ勢に続いた。その立役者はガットゥーゾ前監督の退任に伴い、招へいされたスパレッティ監督。手慣れの指揮官はガットゥーゾ前監督の作り上げたチームをベースにしつつ、大きな戦術変更を行わなかった。そんな中で輝きを放ったのがMFファビアン・ルイスとMFジエリンスキ。共にゲームメークを担うだけでなく積極的にゴールを狙いに行き、前半戦を終えてそれぞれ5ゴールを記録。攻撃的なスタイルで結果、内容ともに申し分ない前半戦を過ごした。

◆CL敗退もセリエAでは上位維持~アタランタ~
6季目となったガスペリーニ監督の下、3季連続でCL出場を果たしたプロビンチャの雄アタランタが4位でシーズンを折り返した。惜しくもCLでは決勝トーナメント進出は果たせなかったが、セリエAでは順調に勝ち点を積み重ねた。守護神ゴッリーニ、ディフェンスリーダーだったロメロが移籍したが、代わって加入のGKムッソ、DFデミラルがしっかりと穴を埋め、チーム力を維持している。

◆アッレグリ復帰も深刻な得点力不足~ユベントス~
ピルロ監督の解任に伴い、アッレグリ監督を3季ぶりに呼び戻したユベントスだったが、低調な試合が続いた。堅守こそ取り戻した感はあるものの、昨季までの得点源だったFWロナウドの退団もあって深刻な得点力不足に陥った。何とか5位でシーズンを折り返したが、1月でのストライカー獲得は急務な状態だ。

◆モウリーニョ招へいも改革半ば~ローマ~
かつてインテルで3冠を成し遂げたモウリーニョ監督を迎えたローマは、昨季同様に上位勢相手にことごとく敗れて波に乗れなかった。唯一アタランタには快勝としたものの、それ以外の強豪には敗戦。勝負弱さを露呈したが、後半戦でかつてのモウリーニョ監督率いるチームのような勝負強さを手に入れることはできるか。

◆サッリ招へいも戦術浸透は先~ラツィオ~
S・インザーギ監督のインテル監督就任に伴い、サッリ監督を招へいしたラツィオもローマ同様に不安定な戦いが続いた。サッリ監督の好む[4-3-3]への変更に戸惑いがあるのか試合によってはハマることもあったが、相手の守備を崩せず何もできないこともしばしばで、両極端の試合が続いている。後半戦では戦術の浸透により上昇気流に乗りたい。

◆レギュラーキープもチームは低迷~サンプドリアDF吉田~
昨季は9位フィニッシュのチームの中で主力センターバックとして存在感を示した吉田。加入3季目となる今季はダヴェルサ新監督の下、引き続きレギュラーをキープしているが、チームは低迷。吉田自身は奮闘しているものの、課題は山積だ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)
Getty Images

ファビアン・ルイスと迷ったが、首位ターンを決めたインテルからブロゾビッチを選出。前半戦全試合で先発し、オーガナイザーとして確実な仕事を果たした。地味ながらも味方へ的確な配球を行うことで両脇のチャルハノール、バレッラが生き生きとプレーすることができていた。

★最優秀監督
◆シモーネ・インザーギ(インテル)
Getty Images

コンテ監督が作り上げたチームをうまく引き継ぎ、前半戦首位ターンとしたインテルのS・インザーギ監督を選出。自身の我を出し過ぎず、スター選手たちを気持ちよくプレーさせることに専念している様子。うまい舵取りを見せている。

【期待以上】
★チーム
◆インテル
Getty Images

王者インテルが14勝4分け1敗の圧巻の成績で前半戦を終えた。主砲ルカクやDFハキミが移籍した中でこの成績は上々。後半戦も駆け抜けることはできるか。

★選手
FWエディン・ジェコ(インテル)
Getty Images

ローマで斜陽のキャリアを送りかけていた35歳がインテルでもう一花咲かせにかかっている。8ゴール4アシストを記録し、相棒のラウタロと共にゴールを重ねている。

【期待外れ】
★チーム
◆ユベントス
Getty Images

アッレグリ監督の復帰で復権は濃厚かに思われたが、そう甘くはなかった。守備の立て直しを図るのに精いっぱいで攻撃に手が回らず、深刻な得点力不足に陥ってしまった。

★選手
◆FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)
Getty Images

ユーロで活躍し、ユベントスでも同様の活躍を期待していたが、ケガなどもあり思うような結果を残せず。前半戦は1ゴールと寂しい結果に。

関連ニュース
thumb

インテルがドルトムントDFアカンジに関心? CB補強候補の3番手か

インテルがボルシア・ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(26)に関心を寄せているようだ。 2018年1月から在籍するドルトムントでは主力のセンターバックとしてプレーするアカンジ。だが、2023年6月までとなっている現行契約を延長しないつもりであることが明らかとなっている。 そんな事情からか、多くのクラブがアカンジの獲得を検討しているとみられており、最近ではユベントスからの関心が伝えられていたが、この度インテルも獲得レースに加わったとのことだ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、インテルはセンターバック補強のトップターゲットとして、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)ら2選手の獲得を目指しているとのこと。しかし、いずれかの交渉が不調に終わった場合の3番手の候補として、スイス代表の26歳をリストアップしている模様だ。 インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが現実味を帯びてきており、オランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)にも退団の噂が。仮に両選手ともクラブを去るのであれば、アカンジも本腰を入れて交渉に乗り出す可能性は十分に高いと考えられている。 2022.07.05 14:21 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWサトリアーノがエンポリにレンタル

インテルは4日、ウルグアイ代表FWマルティン・サトリアーノ(21)が今シーズン終了までエンポリにレンタル移籍することを発表した。 母国屈指の名門ナシオナルから2020年1月にインテルのプリマヴェーラに加入したサトリアーノは、187cmの本格派のストライカー。2021-22シーズン開幕前のプレシーズンの時期に好アピールを見せ、セリエA開幕節のジェノア戦でトップチームデビューを飾ると、途中出場ながらリーグ戦4試合に出場。 しかし、よりトップレベルでプレー機会を与えたいクラブの方針により、サトリアーノは今冬にフランスのスタッド・ブレストへレンタル移籍。ブレストではリーグ・アン15試合に出場し4ゴールとまずまずのパフォーマンスを見せていた。 2022.07.05 07:06 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルの20歳FWエスポージトがアンデルレヒトに買取OP付のレンタル移籍

アンデルレヒトは4日、インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は1年間で、買い取りオプションが付いている。 ブレシアのアカデミーからインテルのアカデミーに加入したエスポージトは、順調に昇格し、2019年7月にファーストチームに昇格した。 その後、SPAL、ベネツィア、バーゼルとレンタル移籍を経験。バーゼルでは公式戦34試合で7ゴール9アシストを記録するなど、結果を残していた。 インテルのファーストチームでも15試合に出場し1ゴールを決めているエスポージトは、世代別のイタイリア代表でも活躍。新天地をベルギーの強豪に選んだ。 「今シーズン、アンデルレヒトでプレーできることにとても興奮している。このクラブ、特に若い才能を育てる方法について、良いことしか聞いていない。加入できてとても嬉しい」 「シーズンに向けた準備の早い段階でグループに入ることで、一緒にシーズンのスタートに備えることがでる」 2022.07.04 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ダンフリースは移籍濃厚から一転インテル残留へ? 現在までに正式オファーはなしか

インテル退団が囁かれてきたオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)は、徐々に残留の線が濃くなっているようだ。 ダンフリースは昨夏に母国のPSVからインテルへと加入し、公式戦45試合5得点7アシストを記録。序盤戦こそやや苦戦も、チームにフィットし始めた秋以降は右ウィングバックの主力としてプレーし、スーペル・コッパ、コッパ・イタリアの制覇にも大きく貢献した。 しかし、インテルの財政難は依然として深刻であり、何人かの主力選手の売却を検討。ダンフリースもバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドなどへの売却を進めていると伝えられてきたが、移籍濃厚とみられてきた風向きは徐々に変化しているようだ。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ダンフリースに対する複数クラブからの関心は確かに存在するものの、インテルは未だ正式オファーの提示を受けていないとのことだ。 クラブとしては、ダンフリースを売りに出しているものの、選手本人は引き続きインテルでのプレーを希望しており、シモーネ・インザーギ監督も残留させたい意向とのこと。インテル残留の可能性が高まったと考えられている。 インテルはカリアリから右サイドバックを主戦場とするU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の獲得が近づいており、5日にもメディカルチェックを受ける予定。当初、ベッラノーバはダンフリースの後釜として加入するのではないかとみられていたが、ダンフリースの状況が変化していることから、現在では両選手による定位置争いも視野に入れた補強と目されているようだ。 2022.07.04 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏も移籍噂のラウタロ・マルティネス、インテル残留を明言「今年も一緒に」

今夏の去就が取り沙汰されていたアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(24)だが、チームに残留する意思を示した。 2018年7月にラシン・クラブからインテルへと加入したラウタロは、すぐさまその実力を発揮。ここまでの4シーズンで公式戦179試合に出場し74ゴール24アシストを記録している。 常に移籍の噂がついて回るラウタロだが、昨年10月に2026年夏までの契約延長を発表。クラブとの残り契約が4年ある状況となっている。 それでも、今夏の移籍市場では興味を持たれ、特にプレミアリーグのクラブが関心を示していた。 そのラウタロだが、インテルがインスタグラムに投稿した自身の写真に返信。今シーズンも一緒に戦うという意思を示した。 インテルは「シーズン開幕まであと1カ月余りであることを思い出しましたね」とラウタロの写真を使ってファンに呼びかけ。これに対し、「もうすぐですね。今年も一緒に」とラウタロがコメントで返信したのだ。 本人による明確な残留発言にファンも反応しているが、インテルが財政問題に直面していることは事実。選手の売却で6000万ユーロ(約84億5000万円)の利益を最低でもこの移籍市場で捻出しなければいけない。 ラウタロを売却するつもりはないものの、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの放出は決定的。チェルシーかパリ・サンジェルマン(PSG)になるのかは決まっていないが、7000万〜8000万ユーロ(約98億6000万〜112億7000万円)の価格になると見られている。 2022.07.04 10:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly