WEリーグ勢2チームが敗れる波乱! C大阪堺、メニーナらがベスト4進出、ベレーザは千葉Lに敗れて姉妹対決は実現せず《皇后杯》

2021.12.29 18:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
29日、第43回皇后杯準々決勝の4試合が各地で行われた。

アースケア敷島サッカー・ラグビー場では大会5連覇を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、リーグ戦での戦いに充実感を覚えるジェフユナイテッド市原・千葉レディースが対戦した。

ボールを握る日テレ・ベレーザに対して千葉レディースは守備の時間が長くなるも、粘り強く耐え続けて決定機を許さない。すると、42分に相手のミスから裏に抜け出した大澤春花が先制点を挙げて千葉レディースが試合を動かす。

後半に入っても良い守備から隙を突く攻撃で、72分にはクロスから藤代真帆が今季初得点で追加点を奪取。81分には今井裕里奈がミドルを決めると、守っても終盤の相手の猛攻をしのぎ切ってクリーンシートを達成。3-0の快勝で準決勝に駒を進めた。

サンガスタジアム by KYOCERAではなでしこリーグ1部のセレッソ大阪堺レディースがまたしてもWEリーグ勢を撃破した。

4回戦でノジマステラ神奈川相模原を2-3で下した堺レディースはアルビレックス新潟レディースと対戦。前半をゴールレスで折り返すと、69分にU-19女子日本代表の小山史乃観が値千金の決勝点を挙げ、1-0で金星を挙げた。

2020年はなでしこリーグで4位、林穂之香や北村菜々美ら主力が移籍で抜けた今季も3位と若い力が次々と台頭。チームの勢いは本物だ。一方の、新潟レディースは負傷明けの元なでしこジャパンの川村優理が71分に途中出場するも、8分後にピッチを後に。容体が心配される。

昨季準優勝の三菱重工浦和レッズレディースはヤンマースタジアム長居でサンフレッチェ広島レジーナと激突した。

優勢に試合を進めながらゴールが遠かったが、80分にようやく均衡を破る。柴田華絵の縦パスを菅澤優衣香が落とすと、猶本光がボックス手前右から左足の巻いたシュートを左隅にねじ込んだ。

後半のアディショナルタイムにも島田芽依のポストプレーからボックス右に抜け出した菅澤が追加点を挙げて勝負あり。浦和レディースが2-0と勝利を収め、リーグ戦の借りを返している。

同じくヤンマースタジアム長居では、4回戦でWEリーグ首位を走るINAC神戸レオネッサを破った日テレ・東京ヴェルディメニーナが大宮アルディージャVENTUSと対戦した。序盤から勢いに乗る日テレ・メニーナは、34分に中盤でこぼれ球を拾った土方麻椰がボックス手前から鋭いミドルシュートを左隅に決めて先制点を奪い、1点のリードで折り返した。

後半に入っても躍動感は衰えず、51分には中盤で相手のパスミスを拾った松永未夢が長い距離をドリブル。ボックス内で乗松瑠華に対応されたが、こぼれ球をトップチームデビューも果たしている大山愛笑が蹴り込んで追加点を奪う。さらに、6分後にも松永のドリブルから樋渡百花がネットを揺らして3点差とすると、80分にも土方のクロスに今度は松永が頭で合わせて大量リードを奪う。

守備でも大きな破綻を見せることなく4-0の完封勝ち。姉貴分の雪辱を果たすべく、日テレ・ベレーザを破った千葉レディースとの準決勝に駒を進めた。

◆皇后杯準々決勝
サンフレッチェ広島レジーナ 0- 2 三菱重工浦和レッズレディース
アルビレックス新潟レディース 0- 1 セレッソ大阪堺レディース
日テレ・東京ヴェルディベレーザ 0- 3 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
大宮アルディージャVENTUS 0- 4 日テレ・東京ヴェルディメニーナ


関連ニュース
thumb

宇津木が12年ぶり国内ゴール! 熊谷ではWE初のDOGSOも【WEリーグ第21節】

15日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第21節の3試合が各地で行われた。 味の素フィールド西が丘で行われた日テレ・東京ヴェルディベレーザvsマイナビ仙台レディースは、2-1でベレーザが勝利。宇津木瑠美がなでしこリーグ時代の2010年4月29日以来となる国内リーグでのゴールを決めている。 序盤からボールを保持するベレーザは池尻茉由のロングシュートでひやりとさせられたものの、主導権を握りながら8分に先制点を奪う。山本柚月の左サイド突破から相手を押し込み、二次攻撃を展開すると、藤野あおばの縦パスから追い越した清水梨紗が右サイドの深い位置からクロス。これが左のポストに当たってゴールに吸い込まれた。 リードして迎えた後半だったが、村松智子のバックパスが短くなり、古巣対戦となった宮澤ひなたに同点弾を許してしまう。以降は互いにゴールを奪えぬまま終盤を迎えると、勝負を決めたのは途中出場の元なでしこ戦士だった。 ベレーザは84分、清水の縦パスを受けた藤野がボックス右から右足のフィニッシュ。これはGKに阻まれるも、こぼれ球をいち早く反応した宇津木がすべり込みながら押し込んだ。 これが決勝点となり、ベレーザが2-1で勝利。ホーム最終戦を白星で飾っている。 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われたちふれASエルフェン埼玉vsジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、WEリーグで初となる退場者が出た。 12分にビルドアップのミスから祐村ひかるに先制点を献上した千葉レディースだったが、得意のセットプレーから逆転に成功。16分にはCKの二次攻撃から田中真理子のフリックを市瀬千里、23分には鴨川の完璧なFKクロスから田中真理子が沈めて前半を折り返した。 61分にも右CKからゾーンディフェンスの間に走り込んだ岸川奈津希が頭で合わせてリードを広げると、2分後には背後へ抜け出した千葉玲海菜が岸みのりのファウルを誘発。これが決定的な得点機会の阻止と判断され、岸にはレッドカードが提示された。 これで得たFKを鴨川が直接狙うと、クロスバーに当たった跳ね返りを城和怜奈が頭で押し込み、WEリーグ初ゴールを記録。大量点を奪った千葉レディースが4-1でエルフェン埼玉を退けている。 デンカビッグスワンスタジアムで開催されたアルビレックス新潟レディースvsサンフレッチェ広島レジーナは、両チームのトップスコアラーが本領を発揮。新潟レディースは道上彩花が、広島レジーナは上野真実がそれぞれ2得点を奪い、2-2の引き分けに終わった。 道上はこれでリーグ戦計8得点、上野は計10得点となり、得点ランキングトップに立つ三菱重工浦和レッズレディースの菅澤優衣香の12得点に迫っている。 ▽5月14日(土) AC長野パルセイロ・レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原 INAC神戸レオネッサ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽5月15日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2</span>-1 マイナビ仙台レディース アルビレックス新潟レディース 2-2 サンフレッチェ広島レジーナ ちふれASエルフェン埼玉 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース</span> WE ACTION DAY(今節試合なし) 大宮アルディージャVENTUS 2022.05.15 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

2度目のJ・WE共催となった新潟レディースvsベレーザはゴールレス、広島レジーナは2連勝【WEリーグ第20節】

8日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第20節の3試合が各地で行われた。 アルビレックス新潟レディースは日テレ・東京ヴェルディベレーザをデンカビッグスワンスタジアムに迎えた。この試合は4月23日のベレーザvs千葉レディースに次いで2度目のJ・WE共催となった。 開始直後から攻勢を仕掛けたベレーザは、1分にも満たない時間に植木理子がシュート。5分には藤野あおばが狙う。戦前の予想通り、ポゼッションの時間を高めると、28分には横へ横へと動かして右の深い位置から清水梨紗がクロス。こぼれを藤野が狙うもGK平尾知佳に阻まれた。 後半に入っても主導権を握るのはベレーザ。左ポケット最深部を取っての折り返しから藤野がシュートを放ち、直後には中里優もボックス内から狙う。 だが、新潟レディースも決死の守備を見せてゴールに鍵を掛けると、55分にはようやくチャンスを作り、クロスから滝川結女が立て続けに3本のシュートを放つ。 耐える時間が続くものの、新潟ディフェンス陣は集中を切らさない。藤野のチップキックはGK平尾の頭上を越えたが、なでしこ・WE通算100試合出場の茨木美都葉がゴールカバーに入ってクリアした。 終盤にゴール前で与えてしまったFKなども体を張ったブロックで耐え、最後までゴールを死守。得点こそ奪えなかったが、圧倒的に攻め込まれながらもゴールレスで耐え抜き、勝ち点1を獲得した。 サンフレッチェ広島レジーナはホームでちふれASエルフェン埼玉と対戦。3日前にINAC神戸レオネッサに初めて土を付けた勢いそのままに、この日も躍動感のあるプレーを披露する。 中嶋淑乃、木﨑あおい、谷口木乃実が絡み、トライアングルのパスで左サイドを崩すと、ボックス左を取った中嶋のクロスに上野真実が合わせて17分に先制点を挙げる。 4分後には右サイドからチャンスクリエイト。松原優菜のクロスは手前で引っ掛かるが、セカンドボールに自ら反応すると、左足で思い切りの良い一撃をニアに突き刺した。 80分には左サイドの高い位置でボールを奪い、素早く右へ展開すると、ボックス手前から立花葉が左足のミドルシュート。アメリカでのプレー経験もある立花がWEリーグ初ゴールを右隅に沈めた。 直後には左クロスから再び上野にゴールが生まれ、大量4点を奪取。守ってもクリーンシートを達成し、広島レジーナが連勝を飾っている。 INAC神戸レオネッサはアウェイでノジマステラと対戦。3-0で勝利を収め、WEリーグ初代女王の座についている。 ▽5月7日(土) マイナビ仙台レディース 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 三菱重工浦和レッズレディース</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロレディース 1</span>-0 大宮アルディージャVENTUS ▽5月8日(日) ノジマステラ神奈川相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 INAC神戸レオネッサ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島レジーナ 4</span>-0 ちふれASエルフェン埼玉 アルビレックス新潟レディース 0-0 日テレ・東京ヴェルディベレーザ WE ACTION DAY(今節試合なし) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2022.05.08 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

優勝王手のINAC神戸が17試合目で初黒星、広島レジーナに敗れ戴冠は持ち越し【WEリーグ第11節】

4日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第11節延期分の3試合が行われた。 引き分け以上で優勝が決まるINAC神戸レオネッサは、4月29日に顔を合わせたばかりのサンフレッチェ広島レジーナとアウェイで再戦した。 INAC神戸は先発の変更を阪口萌乃から西川彩華への1枚にとどめ、広島レジーナは5日前と同じ11人をスタメンで起用。3点のリードから1点差まで詰め寄られた前回対戦だが、この日も勢いは広島レジーナにあった。 7分にボックス右から守屋都弥がシュートを放ったINAC神戸に対し、広島レジーナは10分に中嶋淑乃、3分後に上野真実が立て続けのフィニッシュ。守備もはまって主導権を握ると、28分に先手を取る。 持ち上がった小川愛からの一本のパスで右の深い位置を取り、上野がダイレクトでクロス。大きな山なりのボールはクロスバーに当たり、跳ね返りを中嶋が流し込んでネットを揺らした。 つなぎの部分でミスが多く、前線に起点を作れないINAC神戸は前半シュート1本にとどまった。ビハインドの後半も疲労の影響か優勝へのプレッシャーか、ミスが目立ち、ボール保持のエリアは次第に前進するも、最後の局面で息が合わない。 逆に61分にはカウンターから2対4の数的不利を被るも、川島はるなのシュートはバーの上で救われるなどあわやの場面も見られた。 京川舞や浜野まいかといった前線の選手を投入するも最後まで1点が遠く、INAC神戸は今季初黒星を喫して優勝は次節以降にお預けとなった。 3連敗中の5位・日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイで最下位のノジマステラ神奈川相模原と対戦した。6分に藤野あおばの2試合連続ゴールで先制に成功すると、80分には菅野奏音が追加点を挙げてリードを広げ、2-0で快勝。4試合ぶりの白星を手にしている。 長野Uスタジアムでは9位・AC長野パルセイロ・レディースと4位・マイナビ仙台レディースが激突。50分にショートコーナーから奥津礼菜の今季2得点目が生まれると、これが決勝点となり、AC長野がリーグ戦再開後初勝利を飾った。 ▽2021年12月18日(土) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-1 大宮アルディージャVENTUS ▽2022年5月3日(火・祝) アルビレックス新潟レディース 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽2022年5月4日(水・祝) ノジマステラ神奈川相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島レジーナ 1</span>-0 INAC神戸レオネッサ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 1</span>-0 マイナビ仙台レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) ちふれASエルフェン埼玉 2022.05.04 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

史上初のJとWEの共催! ベレーザvs千葉Lは千葉が2-0からの大逆転勝利【WEリーグ第18節】

23日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第18節の2試合が各地で行われた。 史上初のJリーグとWEリーグの共同開催となった日テレ・東京ヴェルディベレーザvsジェフユナイテッド市原・千葉レディースの一戦は、千葉レディースが2-3で勝利を収めた。 味の素スタジアムで行われた一戦。デーゲームで行われた明治安田生命J2リーグ第11節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド千葉は1-1の引き分けに終わっていた。 その後に同会場で行われた試合は日テレベレーザが先行する。前半3分、相手のクリアが小さくなったところ、清水梨紗の浮き球のパスを植木理子がヘッドで合わせるが枠捉えられない。26分には、右サイドを仕掛けた清水がグラウンダーのパス。植木がボックス中央で受けて落とすと、最後は宇津木瑠美がシュートも、枠を捉えられない。 すると36分、右CKのクロスをボックス内でキープした山本柚月が落ち着いてシュート。前半を1点リードで終える。37分には木下桃香がドリブルで持ち込み、最後は落ち着いてDFをかわしてシュート。しかし、シュートは枠の左に外れる。 前半押していた日テレベレーザは49分にも追加点。パスを繋いで素早く攻めると、最後は藤野あおばがボックス内右からシュート。ニアサイドを抜いて2-0とする。 このまま日テレベレーザペースかと思われたが、千葉レディースが反撃。61分に後半から途中出場の大澤春花がカットインから、最後はリターンパスを受けてゴールを奪い1点を返すと、70分にはハーフウェイラインからドリブルで運んだ大澤がボックス手前正面からシュート。これが決まり同点に追いつく。 さらに80分にはボックス内で岸川奈津希がパスを受けグラウンダーのクロス。これを千葉玲海菜が合わせて逆転に成功。2-3で千葉レディースが勝利を収めた。 また、もう1試合はAC長野パルセイロ・レディースvs三菱重工浦和レッズレディースは2-3で浦和レディースが勝利した。 先手を奪ったのは浦和レディース。ボックス手前で横パスを安藤梢がダイレクトシュート。これがゴール右に突き刺さり、浦和レディースが先制する。 幸先良く先制点を奪った浦和だったが、22分に長野レディースが反撃。縦パスを受けた瀧澤千聖がドリブルで持ち出し、ボックス左からシュート。角度のない位置からのシュートが決まり同点に追いつく。 しかし28分、右CKからのクロスが流れると、菅澤優衣香が合わせると、そのままゴールに吸い込まれ浦和レディースが勝ち越しに成功。しかし、35分に長野レディースは肝付萌のグラウンダーのクロスがオウンゴールを誘発。2-2で前半を終える。 タイスコアで迎えた後半、浦和レディースは55分にスルーパスに抜け出した清家貴子が倒されてPKを獲得すると、清家が自らキッカーに。しかし、これをGK伊藤有里彩が読み切ってストップし、勝ち越しを許さない。 その後は互いにゴールを奪えず。2-2のまま終了かと思われたアディショナルタイム2分、浦和レディースは猶本光がゴール前にクロス。これを菅澤がヘッドで落とすと、GKが飛び出ており、最後は高橋はながダイビングヘッド。これが決まり、浦和レディースが2-3で勝利を収めた。 ◆WEリーグ第18節 ▽4月23日(土) AC長野パルセイロレディース 2-3 三菱重工浦和レッズレディース 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-3 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース ▽4月24日(日) マイナビ仙台レディース vs ちふれASエルフェン埼玉 サンフレッチェ広島レジーナ vs 大宮アルディージャVENTUS アルビレックス新潟レディース vs INAC神戸レオネッサ WE ACTION DAY(今節試合なし) ノジマステラ神奈川相模原 ◆順位表(第18節終了暫定) 勝ち点(試合数/勝/分/負/得失点) 1.INAC神戸レオネッサ 38(14/12/2/0/+20) 2.三菱重工浦和レッズレディース 29(15/9/2/4/+10) 3.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 29(17/8/5/4/+5) 4.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 26(16/8/2/6/+11) 5.マイナビ仙台レディース 22(14/6/4/4/+9) 6.大宮アルディージャVENTUS 18(16/3/9/4/-6) 7.アルビレックス新潟レディース 16(14/4/4/6/-5) 8.AC長野パルセイロ・レディース 13(15/3/4/8/-10) 9.サンフレッチェ広島レジーナ 12(14/3/3/8/-10) 10.ちふれASエルフェン埼玉 12(16/2/6/8/-12) 11.ノジマステラ神奈川相模原 11(15/2/5/8/-12) 2022.04.23 20:37 Sat
twitterfacebook
thumb

EL埼玉が三浦桃のWE初得点で今季2勝目! ベレーザは優勝遠のく痛い敗戦に【WEリーグ第17節】

17日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第17節の3試合が各地で行われた。 2位の日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。両チームともにボールを握るスタイルの中で、主導権を握ったのはベレーザ。だが、前半は相手の倍のシュートを放つも無得点に終わった。 エルフェン埼玉はベレーザの高いディフェンスラインの裏を突いてチャンスを創出する。すると、ゴールレスで迎えた50分、中盤でボールをカットした三浦桃がGKの位置を見て狙いすましたロングシュート。鮮やかな軌跡を描いてゴールに吸い込まれた。 首位追走のためには負けられないベレーザも直後から反撃を試みるが、村松智子や宇津木瑠美は決定機を決め切れずにタイムアップ。ベレーザは優勝が遠のく手痛い敗戦となり、エルフェン埼玉は今季2勝目を手にしている。 マイナビ仙台レディースはクラブ初となる東京でのホームゲームを味の素フィールド西が丘で開催。アルビレックス新潟レディースを迎え撃った。育成組織出身の18歳・猪瀨結子がWEデビューを飾り、白木星や宮澤ひなたらがミドルシュートでゴールに迫ったが、ボックス内で相手に脅威を与えるまでには至らない。 新潟レディースは児野楓香や園田悠奈がフィニッシュシーンを見せると、前半の終了間際にはセットプレーから三浦紗津紀のヘディングが右ポストを叩く。 ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのは新潟レディースだった。右クロスのこぼれ球を園田悠奈がワントラップからボレーで狙うと、ディフレクトしたボールが道上彩花の元へ転がる。エースがこれを冷静に蹴り込み、63分に先制点を挙げるとこれが決勝点に。 新潟レディースが2試合ぶりの白星を飾り、敗れた仙台レディースは初の連敗を喫している。 前節は三菱重工浦和レッズレディースとの"さいたまダービー"を制し、8試合ぶりの勝利を手にした大宮アルディージャVENTUSはホームでジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦。前日は大宮の男子チームが2-1で千葉を下しており、男女そろっての勝利にも期待がかかった。 ホームの声援を受けて攻め込む大宮VENTUSは、13分に今冬に東洋大学から加入したルーキー・林みのりのWEリーグ初ゴールで試合を動かす。内側のレーンに位置を取った有吉佐織が縦パスを入れると、ボックス右で髙橋美夕紀が石田菜々海を抜き去り、シュート性のクロス。GKが辛うじて触れるも、こぼれ球に反応した林が滑り込みながら押し込んだ。 林は39分にもカットインからボックス手前左で右足を振り抜き、右ポスト直撃のシュートを放つなど存在感を発揮。足をつって83分にピッチを札まで奮闘を続けた。 初の連勝が見え始めた大宮VENTUSだったが、86分に千葉レディースも意地を見せる。左CKを獲得すると、鴨川実歩のキックをファーで田中真理子が頭で折り返し、最後は岸川奈津希が得意のヘディングでネットを揺らして試合を振り出しに戻す。 以降は互いにゴールを奪えず、試合はそのままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。 16日に行われたINAC神戸レオネッサvsAC長野パルセイロレディースの一戦は、田中美南の4試合連続ゴールが決勝点となり、競り勝って無敗をキープ。バセドウ病から復帰し、およそ1年ぶりにピッチへ立った京川舞がアシストを記録している。 また、サンフレッチェ広島レジーナは上野真実の2ゴールでノジマステラ神奈川相模原に勝利。8試合ぶりの白星を飾っている。 ▽4月17日(日) マイナビ仙台レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 アルビレックス新潟レディース</span> 大宮アルディージャVENTUS 1-1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ちふれASエルフェン埼玉 1</span>-0 日テレ・東京ヴェルディベレーザ ▽4月16日(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 1</span>-0 AC長野パルセイロレディース ノジマステラ神奈川相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 サンフレッチェ広島レジーナ</span> WE ACTION DAY(今節試合なし) 三菱重工浦和レッズレディース 2022.04.17 16:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly