「真面目にやってるからこそ面白い」名古屋DF吉田豊が主審にパスする珍場面に再脚光「気持ちはわかる」

2021.12.28 20:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグの公式ツイッターが2021シーズンで起きた珍しい場面をピックアップ。名古屋グランパスのDF吉田豊が主審にパスしてしまう場面が改めて注目を浴びた。

この珍シーンが生まれたのは、4月3日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節の名古屋グランパスvs FC東京の一戦。ゴールレスで迎えた63分に笑いが生まれる。

敵陣左サイドのボックス付近でボールを奪った吉田は、相手からのプレッシャーをいなし、近くにいた味方へと一旦預ける。しかし、パスの先は味方ではなく西村雄一主審。もちろんパスは受けられず、ボールはそのままタッチラインを割っていた。

スタンドからは思わず笑いがこぼれたシーン。SNS上のファンも「可愛さの極み」、「めっちゃ笑える」、「真面目にやってるからこそ面白い」、「気持ちはわかる(笑)」と吉田に同情していた。

なお、吉田は勘違いの理由について「パンツとソックスの色が同じだったので…」と試合後の会見で明かしていた。

1 2

関連ニュース
thumb

マテウス弾で逃げ切った名古屋が5戦ぶりの白星、柏は痛恨の3連敗【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、柏レイソルvs名古屋グランパスが6日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でアウェイの名古屋が勝利を収めた。 前節は鹿島アントラーズに1-2で敗れた6位の柏。この試合の当日に正守護神を務めていたGKキム・スンギュのアル・シャバブ(サウジアラビア)への移籍も発表された中、連敗脱出を懸けた一戦では武藤が1トップの位置で今季初先発となった。 対して、12位の名古屋は前節、湘南ベルマーレを相手にゴールレスドローに終わり、4戦勝利なし。体調不良によって急遽欠場となっていた藤井も今節は先発復帰し、久々の白星を目指す。 立ち上がりからゴールに迫ったのはアウェイの名古屋。4分にカウンターの流れからマテウス・カストロがボックス右にスルーパスを送ると、これに森下が反応し、中央へグラウンダーのクロスを供給。走り込んだマテウスが左足のダイレクトシュートで合わせ、ゴール左に決めた。 幸先よく先制に成功した名古屋はセットプレーから再びチャンスを作る。7分、敵陣中央でのFKの場面でキッカーはマテウス・カストロ。左足で放たれた強烈なシュートは相手GKに弾かれ、惜しくも右のゴールポストを叩いた。 1点を追うアウェイの柏は18分にシュートシーン。マテウス・サヴィオのパスをボックス左手前で受けた武藤が、カットインから右足を振り抜く。しかし、これは相手GKのファインセーブに遭い、ゴールとはならない。 追加点を狙うアウェイチームは32分、カウンターの流れからボールを持ち上がったマテウスがボックス左にスルーパス。抜け出した柿谷が1対1の局面を迎えたが、相手GKの股間を狙ったシュートはGKに処理された。 前半はあまりチャンスを作れなかった柏だが、試合を折り返した47分には惜しいシーンを作る。右サイドの浅い位置から大南が右足のクロスを入れると、ボックス内は混戦に。最後はこぼれ球を拾った武藤が後方に落とし、マテウス・サヴィオが右足のダイレクトシュートを放つが、枠の左に逸れた。 さらに勢いを強めたいホームチームは61分に武藤に代えて細谷を投入。チームのトップスコアラーをピッチに送り出し、同点弾を狙う。 後半以降は相手にペースを握られていた名古屋だが、72分に縦に速い攻撃から決定機。相馬が長い距離を持ち運び、ボックス手前中央のマテウス・カストロに繋ぐ。マテウス・カストロが素早く右にはたくと、抜け出した石田がボックス右から右足のシュート。しかし、これは相手DFの決死のブロックに遭う。 81分には柏にこの試合最大のチャンスが到来。右サイドでのパス交換からマテウス・サヴィオがボックス右にスルーパスを送り、抜け出した細谷が相手DFに身体を当てられながら右足を振り抜いたが、シュートは枠の左に外れた。 その後は名古屋が集中した守備を見せ、必死に食らいつくホームチームにチャンスを作らせず。0-1のまま試合終了を迎え、5試合ぶりの勝利を収めた。一方の柏は今季初の3連敗となった。 柏レイソル 0-1 名古屋グランパス 【名古屋】 マテウス・カストロ(前4) 2022.07.06 21:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン必見の再現度!? 選手たちが普段使用するグランパスのチームバスが「トミカ」で発売

チームを愛する者であれば、手に入れたいアイテムではないだろうか。 名古屋グランパスは6日、選手たちが普段使用しているチームバスが、子どもから大人まで大人気の「トミカ」として発売されることを発表した。 このチームバスは、ホームゲームはもちろんのこと、アウェイゲームの移動車として選手が使用しているオフィシャルチームバスを細かい部分まで忠実に再現されている。 側面にはグランパスのロゴが入っており、背面にもグランパスの文字が。選手たちが戦いの場へ向かうときに使用するものを手にすることができる。 価格は1000円(税込)、サイズは高さ約3.cm×縦約2.cm×横約7.5cmとなっている。 7月8日(金)の12時から「名古屋グランパスWEB SHOP」で販売。10日(日)からは「クラブグランパス」、「豊田スタジアム オフィシャルショップ売店」でも販売される。なお、スタジアム、クラブグランパスでの販売は1会計で4個までと制限されるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】細部まで忠実に再現されたグランパスのチームバス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> オリジナル <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%88%E3%83%9F%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#トミカ</a><br>「チームバス」発売<a href="https://t.co/B9floaWZVk">https://t.co/B9floaWZVk</a> <a href="https://t.co/gN6uJyxDum">pic.twitter.com/gN6uJyxDum</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1544513967648690178?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージのキックオフ時間&テレビ放送、ネット配信が決定

5日、JリーグはYBCルヴァンカップ・プライムステージのキックオフ時間とテレビ放送を発表した。 6月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 6月29日に行われたオープンドローの結果、前回王者の名古屋は浦和と対戦が決まり、昨シーズンのカップ戦王者同士の対決に。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 また、Jリーグで苦しむ神戸は福岡と、J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 キックオフ時間は浦和vs名古屋が19時半、残りの3カードは第1戦も第2戦も19時キックオフに。また、テレビではフジテレビNEXT、フジテレビONE、フジテレビTWO、スカパー!で放送される他、インターネットでは、FOD、SPOOX、スカパー!番組配信で放送される。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 【第1戦】 8月3日 《19:00》 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡 [ノエビアスタジアム神戸] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス [エディオンスタジアム広島] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 【第2戦】 8月10日 《19:00》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [等々力陸上競技場] テレビ:フジテレビONE インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [ニッパツ三ツ沢球技場] テレビ:フジテレビTWO インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 浦和レッズ vs 名古屋グランパス [埼玉スタジアム2002] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 2022.07.05 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

湘南は名古屋とゴールレスドロー、好調・町野は不発で最終盤に負傷交代…【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、湘南ベルマーレvs名古屋グランパスが2日にレモンガススタジアム平塚で行われ、ゴールレスドローに終わった。 湘南は前節アウェイで京都サンガF.C.を下し、今季2度目の2連勝を達成。3試合連続でスタメンに変更はなく、今節はウクライナ支援を目的とした黄色ベースの3rdユニフォームを着用して臨んだ。 対する名古屋は前節、鹿島アントラーズに追い付いてのドローで勝ち点「1」を得た。ただ、勝利からは3試合遠ざかっており、この間ゴールも3試合でわずかに「1」。得点力不足も囁かれる現状だが、スタメンには内田宅哉とチアゴが起用され、ここまで14試合に先発出場していた藤井はベンチからも外れた。 試合は上向き調子の湘南が序盤から好機を作る。田中の浮き球に反応した瀬川がアクロバティックなジャンピングボレーを放ち、ロング、ショートのカウンターからも好機を演出。15分には敵陣で相手のパスミスを誘発し、好調の町野がペナルティアーク内から左足で狙った。 ラインをやや低めに設定して構える名古屋は、攻撃に転じても柿谷やマテウス・カストロが孤立気味に。飲水タイム明けにはボール保持の時間も増やし、相馬がカットインから右足で狙うが、単発の攻撃に終わってしまう。 湘南は32分、再びのショートカウンターを仕掛け、左クロスからゴール正面でフリーとなった町野が合わせる。だが、バウンドのタイミングが合わなかったか、左足のシュートはクロスバーを越えた。 ゴールレスで迎えた後半は互いにボックス外からシュートシーンが増加。名古屋は相馬やレオ・シルバがミドルを放てば、湘南はFKの流れから石原が続けざまに狙った。名古屋は65分にこそ内田宅哉のクロスから柿谷がヘディングで合わせるも、その後もマテウスの直接FKなど、外からのフィニッシュが目立った。 その中で湘南は79分に田中の横パスを受けたタリクがボックス手前からコンパクトに右足を振り抜くと、シャープな一撃が左のポストを直撃。残り10分を切って相手ボックス内にボールが入るようになったホームチームに対し、89分には名古屋がカウンターに転じて稲垣のミドルが枠を捉える。 後半のアディショナルタイムには瀬川がゴールに迫った湘南だったが、最後まで互いにゴールを奪えずにゴールレスのままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合うこととなった。湘南にとってはチアゴのタックルを受け、左足首を押さえて最終盤に負傷交代した町野の様子が気がかりだ。 湘南ベルマーレ 0-0 名古屋グランパス 2022.07.02 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:湘南vs名古屋】好調・町野修斗に牽引される湘南、名古屋との“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(16位/19pt) vs 名古屋グランパス(11位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 前節は京都サンガF.C.とアウェイで対戦し、0-1で勝利。後半戦初戦を白星スタートを切るとともに、今季2度目の連勝を飾った。 直近5試合で4勝1敗と一気に勝ち点を稼いだ湘南。まだプレーオフ圏にいるが、ここから一気にジャンプアップするだけの準備は整った。 この4勝を呼び込んだのは町野修斗。4試合で6ゴールを奪う活躍を見せており、チームの起爆剤となっている。 決して巧いタイプの選手ではないが、訪れたチャンスをしっかりとモノにする力を持っており、かつてギラヴァンツ北九州時代に見せていた特徴を発揮し出している。 チャンスの数が多いとは言えない中で、決定率を上げることは大きなポイント。今節も町野の躍動に期待がかかる。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、畑大雅 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 出場停止:米本拓司 ◆不安定さ拭えず、必勝の一戦【名古屋グランパス】 前節は上位の鹿島アントラーズをホームに迎えた中、1-1のドローに終わった。 なかなか調子が出ないチームは新たにストライカーを補強。まだ出場はできないが、得点力が明らかに課題のチームの起爆剤になるかは今後の注目だ。 そこまで良い流れを作りたいなか、今節は森下龍矢が出場停止。名古屋の特徴であるサイド攻撃の右翼を欠いてしまうこととなった。 縦に仕掛けられる選手がいないだけに、今節は左変調になる可能性もある状況。その中で、チームが混乱しなければ良い。 湘南のアグレッシブさを前に押し込まれれば一気にやられる可能性もあり、負ければ順位は抜かれる状況。負けてはいけない一戦だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:武田洋平 DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:内田宅哉、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 出場停止:森下龍矢 2022.07.02 16:34 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly