「期待に添えず申し訳ありません」PAOK退団の香川真司がインスタで謝罪、12試合で1アシストに終わる

2021.12.23 11:49 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表MF香川真司(32)が、PAOKテッサロニキ退団後初めてインスタグラムを投稿した。香川は、セレッソ大阪でキャリアをスタート。その後、海を渡りユルゲン・クロップ監督(現:リバプール監督)の下、ドルトムントでブンデスリーガ連覇などに大きく貢献。マンチェスター・ユナイテッドでもプレーし、プレミアリーグ制覇を経験した。

その後ドルトムントへと復帰するも、以前のような活躍を見せられないでいると徐々に構想外に。ベシクタシュ、レアル・サラゴサと渡り歩くと、サラゴサでも構想外になり半年間浪人。2021年1月にPAOKへと加入していた。
大きな期待を寄せられてPAOKに加入した香川だったが、公式戦12試合の出場に終わり1アシスト。今シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグの予選で3試合に出場した他、ギリシャ・スーパーリーグの開幕戦にこそ出場したが、第2節からはメンバー外となっており、その後ベンチに座ったのは1度だけ。9月12日以降はピッチに立っていなかった。

PAOKからも正式に退団が発表された香川。新天地は未定だが、自身のインスタグラムで感謝の気持ちを綴り、謝罪した。

「PAOKのサポーター、選手、そして関係者の皆様へ」

「期待に添えず申し訳ありません。本当にありがとうございました。よろしくお願いします」

1 2

関連ニュース
thumb

「またJリーグでみれるの嬉しいよ」C大阪電撃復帰の香川真司は輝きを取り戻せるか!? 期待の一方でフィジカルを疑問視する声も「展開力はさすが」「運動量は減ったけど」

セレッソ大阪への復帰が決まった元日本代表MF香川真司。公開されたプレー集には期待と不安の入り混じった声が寄せられている。 1日、C大阪はシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となる。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムントへ移籍。以降はマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキ、シント=トロイデンと、欧州計6カ国でプレーしてきた。 ドイツやイングランドではタイトルを獲得してきた香川だったが、近年はパフォーマンスを上げることができず。ベルギーでも2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がない。 『DAZN』はシント=トロイデン在籍時のプレー集を公開。種々の多数の声が寄せられた。 「またJリーグでみれるの嬉しいよ」 「シャドーのような動きは厳しくなったかもしれないけど創造性溢れるプレーで司令塔として洗練されてますね。3月で34歳。まだまだこれから」 「昔から定評があった展開力はさすがの世界水準」 「ターンや味方へのロングパスの精度の高さが健在で、かつてのワクワク感が感じ取れました」 「普通に上手い、運動量は減ったけどセンスは抜群」 「キレはなくなったけど、相変わらずうまいよね」 「期待しすぎないのが、一番だと思う。確実に今いるセレッソの中盤のほうが躍動感があって、見ていて楽しい」 Jリーグ復帰を喜ぶ声はもちろんのこと、視野に広さやキック精度といったゲームを作る部分には多数の賛辞が。一方で、フィジカルベースは逆説で結び、疑問視する声も聞こえてくる。 一大決心の下で日本復帰を決意した香川。大きな注目を集めるなか、観衆を魅了するプレーを披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】12年半ぶりにJ復帰を決めた香川真司のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iOd9Ks3qMys";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ECLベスト8が決定! 堂安PSVにローマ、レスター、マルセイユ!

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のラウンド16が17日に全日程を終了。この結果、ベスト8が出揃った。 各グループの首位8チームと、プレーオフ突破チームで争われた今ラウンド。グループ首位通過チームではローマとフェイエノールトの2チームのみが突破を決めた。 また、ヨーロッパリーグ(EL)の3位敗退組でプレーオフを勝ち抜いたチームからはレスター・シティ、マルセイユの本命2チームが順当に突破を決めている。 日本人選手所属クラブではMF堂安律を擁するPSVがコペンハーゲンを破り、唯一準々決勝進出を決めた。ホームでの初戦を堂安のECL初ゴールなどで4-4のドローに持ち込むと、堂安がスタメン出場を飾った2ndレグでは堂安の1アシストの活躍もあり、敵地で4-0の大勝を飾り、2戦合計8-4で突破を決めた。 一方、DF菅原由勢を擁するAZはノルウェー王者ボデ/グリムトと2戦合計スコアで並び延長戦までもつれ込む激闘を演じたが、最終的に2戦合計3-4で敗退が決定した。同じくFW中村敬斗を擁するLASKリンツは、チェコの強豪スラビア・プラハに2戦合計5-7で敗れた。 なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は18日にスイスのニヨンで開催。今ラウンドからはフリードローとなり、同じ国のサッカー協会に属する同国勢対決も行われる。そして、準々決勝は4月7日に1stレグ、4月14日に2ndレグが開催される予定だ。 ◆ECLベスト8進出チーム マルセイユ(フランス) レスター・シティ(イングランド) PAOK(ギリシャ) ローマ(イタリア) PSV(オランダ) スラビア・プラハ(チェコ) ボデ/グリムト(ノルウェー) フェイエノールト(オランダ) ◆ECLラウンド16結果 マルセイユ 4-2 バーゼル レスター・シティ 3-2 スタッド・レンヌ PAOK 3-1 ヘント フィテッセ 1-2 ローマ PSV 8-4 コペンハーゲン スラビア・プラハ 7-5 LASKリンツ ボデ/グリムト 4-3 AZ パルチザン 3-8 フェイエノールト 2022.03.18 07:26 Fri
twitterfacebook
thumb

PAOKが戦力外の香川真司との契約解消を発表…

ギリシャのPAOKは18日、元日本代表MF香川真司(32)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 PAOKは声明にて「PAOK FCと香川真司は双方の合意により協力関係を終了することを決定した。我々は香川の今後の活躍を願っている」と発表。 2020年夏のサラゴサ退団後、今年1月にPAOKに移籍した香川。加入当初は短時間ながら出場機会を与えられていたが、3月半ば以降はベンチすら入れない状況に。 今季はシーズンが本格始動する前に行われた8月3日のヨーロッパカンファレンスリーグ予選で、およそ5カ月ぶりに公式戦に出場したものの、9月12日の国内リーグ開幕節のPASヤニナ戦を最後に再びベンチ外に。11月7日のパナシナイコス戦で2カ月ぶりにベンチ入りしたが出番はなかった。 なお、新天地の候補としては、古巣のセレッソ大阪やメジャーリーグサッカー(MLS)行きが報じられている。 2021.12.19 02:45 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、1月にPAOK退団へ…現地メディア報道

ギリシャのPAOKに所属する元日本代表MF香川真司(32)だが、1月の移籍市場に向けて退団交渉が行われているようだ。ギリシャ『Sport24』が報じている。 2020年夏のサラゴサ退団後、今年1月にPAOKに移籍した香川。加入当初は短時間ながら出場機会を与えられていたが、3月半ば以降はベンチすら入れない状況に。 今季はシーズンが本格始動する前に行われた8月3日のヨーロッパカンファレンスリーグ予選で、およそ5カ月ぶりに公式戦に出場したものの、9月12日の国内リーグ開幕節のPASヤニナ戦を最後に再びベンチ外に。11月7日のパナシナイコス戦で2カ月ぶりにベンチ入りしたが出番はなかった。 完全に戦力外扱いとなっており、クラブも半年後の契約満了を待たずして退団を容認する模様。行き先は古巣のセレッソ大阪と言われており、Jリーグの新シーズン開幕に向けても、1月の移籍が理想的な選択だ。 C大阪加入となれば、11年半ぶりの復帰となるが、果たして元日本代表MFの去就はいかに。MLS行きの可能性も指摘されている。 2021.12.18 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ラウンド16進出をかけたPO、セルティック古橋亨梧ら日本人4選手が参戦《ECL》

ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)・プレーオフの組み合わせ抽選会が13日に行われた。 今シーズンから新たに創設されたECL。チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ第3の大会として、国際舞台の裾野を広げることを狙いとして発足されることになった。 8グループに分かれて行われたグループステージでは、各グループ首位チームはラウンド16に進めるが、2位チームはそれぞれ、ヨーロッパリーグ(EL)をグループステージ3位で敗退したチームと対戦し、勝者がラウンド16への切符を手にするレギュレーションとなっている。 ELから回ってきたのは、マルセイユやレスター・シティといった実力者のほか、FW古橋亨梧の所属するセルティックや、MF堂安律擁するPSV、FW北川航也のラピド・ウィーンなど、日本人選手所属クラブも。ECLにグループステージから参加していたMF香川真司のPAOKも含めると、このプレーオフでは4人の日本人選手が登場することになる。 なお、グループGに関して、トッテナムの新型コロナウイルスのクラスター発生の影響により、最終節のトッテナムvsスタッド・レンヌが急遽開催延期となったため、2位が確定していない状況となっている。ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日、代替日が期日である12月31日までに確保できなかったとして、没収試合となる可能性が高いことを発表。その場合、規則上レンヌの3-0での勝利ということになり、トッテナムの敗退と、フィテッセの2位が決定する。 組み合わせの結果は以下の通り。プレーオフの1stレグは来年2月17日、2ndレグは2月24日に行われる。また、ラウンド16の組み合わせ抽選会は2月25日に予定されている。 ◆ECLプレーオフ組み合わせ マルセイユ vs カラバフ PSV vs マッカビ・テルアビブ フェネルバフチェ vs スラビア・プラハ ミッティラン vs PAOK レスター・シティ vs ラナース セルティック vs ボデ/グリムト スパルタ・プラハ vs パルチザン ラピド・ウィーン vs トッテナムorフィテッセ ◆ECL決勝トーナメント進出決定済みチーム LASKリンツ ヘント ローマ AZ フェイエノールト コペンハーゲン スタッド・レンヌ バーゼル 2021.12.13 23:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly