元バイエルンのラフィーニャがグレミオからサンパウロに移籍

2021.12.21 18:59 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンパウロは20日、元ブラジル代表DFラフィーニャ(36)を獲得したことを発表した。契約は2022年1月から1年間となる。

かつて2011年から2019年まで在籍したバイエルンで、ブンデスリーガ7連覇やチャンピオンズリーグ(CL)、クラブ・ワールドカップ(CWC)など数々のタイトルを獲得したラフィーニャ。その後はフラメンゴに加入し15年ぶりに母国へ。途中加入ながらブラジレイロ・セリエAで20試合6アシスト、コパ・リベルタドーレスで7試合1アシストを記録し、二冠に貢献した。

2020年も引き続きフラメンゴでスタートし、レコパ・スダメリカーナとスーペルコパ・ド・ブラジルで優勝したが、夏にオリンピアコスから声がかかり欧州再上陸。チャンピオンズリーグのグループステージ全試合に出場するなどしたが、年越しを境に徐々に出場機会が減少し、1月末に行われたスーパー・リーグのPAOK戦を最後にベンチ外が続いた。

そして、今夏に契約を解除しフリーでグレミオへ。グレミオではブラジレイロ・セリエAで30試合7ゴールを記録したが、チームは17位で2部降格の憂き目に。

ラフィーニャにとってブラジルで4クラブ目となるサンパウロは、2021シーズンは13位となり、来季の南米カップ戦の出場権は得られなかった。

関連ニュース
thumb

アーセナル今夏の補強第1号は19歳のブラジル人ウインガー? サンパウロの才能を獲得へ

ミケル・アルテタ監督の下、若手選手が躍動し、6シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指しているアーセナル。今夏も若手選手を獲得するようだ。 イギリス『フットボール・ロンドン』によると、サンパウロに所属するFWマルキーニョス(19)と今夏最初の契約を結んだようだ。『GOAL』のジャーナリストであるチャールズ・ワッツ氏によれば、300万ポンド(約4億7500万円)を支払うとのことだ。 マルキーニョスは、サンパウロで育ち、2021年7月にファーストチームに昇格。ここまで公式戦39試合に出場し4ゴール3アシストを記録している。 左右のウイングでプレーできる若手アタッカーで、右を得意としており、カットインして中央に入ってのプレーも可能とのことだ。 アーセナルは当時ブラジル4部のイトゥアーノに所属していたFWガブリエウ・マルティネッリを2019年7月に獲得。ケガなどもあった中、順調に成長し、今シーズンは公式戦34試合で5ゴール6アシストを記録。ブラジル代表にも選出されるまでに成長した過去がある。 すでにU-16、U-17のブラジル代表でプレー経験のあるマルキーニョスにも、マルティネッリと同じ将来が期待されており、再び若き才能がチームに加わることになるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルが獲得に近づいているサンパウロFWマルキーニョス(19)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="aEtA5I5IopQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「カッとなった」盗撮していた相手ファンのスマホを叩き壊したFWが謝罪「心からお詫びしたい」

サンパウロのアルゼンチン人FWジョナタン・カレリが自身の行いを謝罪した。 サンパウロは3日、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)の決勝戦2ndレグでパウメイラスとアウェイで対戦。ホームでの1stレグを3-1と勝利していたものの、0-4の大敗を喫してしまい、優勝を逃した。 そして、試合後に事件が起きる。スタジアムを後にするサンパウロの選手たちだったが、パウメイラスのユニフォームを着た少年がスマートフォンでその様子を撮影。すると、それに気が付いたカレリがいきなりスマホを叩き落し、怒りの形相で指を差した。 ブラジル『UOL』によると、撮影していたのはパウメイラスのU-15チームの選手であるフェリペ・ゴトーであり、カレリの行為には非難が集中。そのカレリは試合後に自身のインスタグラムのストーリーズを更新し謝罪した。 「昨日のスタジアムでの出来事について、少年に心からお詫びしたい。カッとなった瞬間だったが、あってはならないことだ。携帯電話の弁償をしたい」 <span class="paragraph-title">【動画】スマホが突然宙を舞う…フェリペ・ゴトーが撮影していた実際の映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">O vídeo original do celular do garoto torcedor do Palmeiras. Momento em que o atacante Calleri, do São Paulo, passa e dá um tapa para derrubar o aparelho. <a href="https://t.co/ot7NVNfKtn">pic.twitter.com/ot7NVNfKtn</a></p>&mdash; Planeta do Futebol (@futebol_info) <a href="https://twitter.com/futebol_info/status/1510820747761041414?ref_src=twsrc%5Etfw">April 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.05 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表のルイス・ファビアーノが現役引退…セビージャではUEFAカップや国王杯を制覇

元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノ(41)が10日、自身のSNSを通じて引退を発表した。 母国のポンチ・プレッタでプロデビューしたルイス・ファビアーノは、レンヌ、サンパウロ、ポルトと渡り歩き、2005年夏にセビージャに加入。およそ6年在籍したセビージャでは、公式戦225試合に出場し104ゴールをマーク。2度のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝や、2度のコパ・デル・レイ制覇に貢献した。 その後、古巣のサンパウロに復帰し、2012年にはコパ・スダメリカーナで優勝。2013年8月に行われたコパ・スダメリカーナ王者とJリーグカップ王者が対戦するエキシビションマッチでは鹿島アントラーズと対戦したが、ルイス・ファビアーノは不参加だった。 また、キャリア晩年には天津天海に移籍し1年間中国でプレー。2018年2月にはヴァスコ・ダ・ガマに加入したが、1年で契約を解除。その後は現在に至るまで無所属の状態だった。 ブラジル代表では2003年6月のデビューから45試合に出場。初のワールドカップ出場となった2010年大会では3ゴールをマークしたが、準々決勝でオランダ代表に敗れた。 「時は来た。この4年間、私は自分の最も好きなこと、つまりサッカーに戻るために自分の体と懸命に戦ってきた。最後まで戦い続けたけど、痛みや状況を考えると、想像していたような復帰はできなかった」 「それでも時間が経ってみると、いろいろと考えさせられて、今ではすべてが起こるべくして起こったことだと思うようになったんだ」 2021.12.12 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナがダニエウ・アウベスの加入合意を発表!約5年半ぶりにリーガの舞台へ

バルセロナは12日、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)の加入合意を発表した。契約期間は今季終了までとなる。 バイーアでプロキャリアをスタート後、セビージャで台頭したダニエウ・アウベスは、バルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)を渡り歩き、2019年夏に母国のサンパウロへ移籍。 サンパウロでは、主戦場の右サイドバックだけでなくトップ下など中盤でプレーすると公式戦通算95試合に出場し9ゴール14アシストを記録。また、今夏はオーバーエイジとして東京オリンピックにも参加。見事に金メダルを獲得に貢献した。 しかし、サンパウロは9月16日にダニエウ・アウベスとの間に金銭トラブルがあることを発表すると、未払いとなっていた給与問題をクラブ側が解決できず、翌日に契約解除を発表。 実績十分なスターだけに、国内外からのオファーもあったようだが、自身のインスタグラムで今年いっぱいのフリーを宣言。しかし、経営難などでごたごたが続き、威厳も失いつつある古巣バルセロナにラブコールを送ったことで今回の移籍が実現した。 なおダニエウ・アウベスは、2008年から8年間在籍しバルセロナで公式戦通算391試合に出場し、21得点102アシストを記録。ラ・リーガ6回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ3回など多くのタイトルを獲得した。 <span class="paragraph-title">【動画】ダニエウ・アウベスがバルサで決めたゴールTO10!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHM0hSSFh2USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.11.13 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

サンパウロ、新指揮官にロジェリオ・セニ氏を招へい! 4年ぶりの2度目の就任

サンパウロは14日(現地時間13日)、ブラジル人指揮官ロジェリオ・セニ氏(48)を新監督に招へいした。契約は今季終了までとなる。 サンパウロは、25試合を消化したカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)で13位に沈んでおり、12日(現地時間11日)に行われたクイアバ戦もゴールレスドロー。直近5試合勝利がなく、降格圏の17位バイーアとは3ポイント差を付けられている。 そんな中、14日(現地時間13日)にエルナン・クレスポ監督(46)と双方合意の下で契約を解除したことを発表していた。 GKの世界最多ゴール数記録(131得点)を持つ元ブラジル代表GKのセニ氏は、2015年に現役引退。2017年1月から古巣サンパウロで監督業を始めると、以降はフォルタレーザ、クルゼイロの指揮官を歴任。2020年11月からフラメンゴで指揮を執っていたが、今年7月に成績不振を理由に解任されていた。 なお、セニ氏はすでにチームに合流しており、15日(現地時間14日)に行われるカンピオナート・ブラジレイロ第26節のセアラ戦から指揮を執るとのことだ。 2021.10.15 00:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly