東京Vが長島裕明氏のコーチ就任を発表、今季は北九州でコーチを務める「大変光栄であり感謝しています」

2021.12.21 14:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは21日、ギラヴァンツ北九州でコーチを務めていた長島裕明氏(54)がコーチに就任することを発表した。

長島氏はFC東京の下部組織やモンテディオ山形のコーチを歴任すると、2013年には徳島ヴォルティスでヘッドコーチに就任。2016年は監督を務めていた。

その後はFC岐阜でヘッドコーチに就任すると、2019年は松本山雅FCのコーチに就任。2020年からはギラヴァンツ北九州のコーチを務めていた。

長島氏は両クラブを通じてコメントしている。

◆東京ヴェルディ
「来季よりコーチを務めさせていただきます長島です。伝統あるクラブからお声掛けいただき、大変光栄であり感謝しています」

「クラブに貢献出来るように堀監督のもと、スタッフ、選手、そしてサポーターの皆様と力をあわせて頑張ります!よろしくお願いいたします!!」

◆ギラヴァンツ北九州
「ギラヴァンツ北九州に関わる全ての皆様、シーズンお疲れ様でした。今季でクラブを離れることになりました。J1昇格を目標にしていたにもかかわらず残留すら出来なかったこと、大変申し訳なく思っています。本当にすいませんでした。そんな僕達に対してどんな時も最後まで熱く応援して下さったことに大変感謝しています」

「2年という短い期間でしたが、お陰様で大好きなfootballに集中でき、充実した日々を過ごすことが出来ました。北九州で過ごした日々を忘れることなく、この経験を今後の指導者人生に生かして成長した姿をお見せすることこそが皆様への恩返しだと思っています。誠にありがとうごございました。これから先もギラヴァンツ北九州を宜しくお願い致します」

関連ニュース
thumb

東京Vの梶川諒太に第一子誕生! 「家族、チームのため、より一層責任を持って…」

東京ヴェルディは4日、前日の3日にMF梶川諒太(33)に第一子となる長男が生まれたことを報告した。 梶川はクラブ公式サイトを通じて、第一子誕生の喜びを語っている。 「昨日(7/3)の試合のアップ中に、無事第一子が産まれました。僕が立ち会うことができないなか、元気な赤ちゃんを産んでくれたこと、本当に妻に感謝したいと思います」 「試合後みんなに伝えて、あのような写真を撮ろうと言ってくれた仲間にも感謝しています。家族のため、チームのために、より一層責任を持って邁進していきます!」 今シーズン、徳島ヴォルティスから完全移籍に移行して再び東京Vの正式な一員となった梶川は、ここまでの明治安田生命J2リーグで全試合に先発出場。DF平智弘に代わって多くの試合でゲームキャプテンを務めながら、1ゴールに加えリーグ2位の7アシストを記録する、中盤の絶対的な司令塔だ。 なお、長男が誕生した当日に行われた第24節のFC琉球戦は2-1の逆転勝利を飾り、試合後のロッカールームでは盟友であるMF小池純輝を含め、チームメイトが“緑の小さな巨人”を抱きかかえる揺りかごダンスを模倣した記念写真も撮影していた。 <span class="paragraph-title">【画像】試合後のロッカールームでチームメイトが祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">写真の意図はこうゆうことです<br>カジおめでとう <a href="https://t.co/RP70reFbe6">https://t.co/RP70reFbe6</a> <a href="https://t.co/pb8sJ7KYcg">pic.twitter.com/pb8sJ7KYcg</a></p>&mdash; 加藤弘堅/KokenKato (@koken0403) <a href="https://twitter.com/koken0403/status/1543807725054083073?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.07.04 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

東京本拠地とするFC東京、東京V、町田、ベレーザの選手が“七夕”の巨人vsヤクルトで同時に始球式参加!

サッカー界と野球界の壮大なコラボが実現する。 7月7日、東京ドームで行われるプロ野球の読売ジャイアンツvs東京ヤクルトスワローズ。七夕でもあるこの日に、東京を本拠地とする2球団が対戦するわけだが、始球式にサッカー界の東京のチームが集結する。 東京を本拠地とするJリーグチームは、FC東京、東京ヴェルディ、FC町田ゼルビアの3チーム、そしてWEリーグには日テレ・東京ヴェルディベレーザの1チームがあるが、それぞれ1選手が同日の始球式に参加する。 FC東京からは、元日本代表DF森重真人、東京Vからは小池純輝、町田からはMF平戸太貴が参加。日テレ・ベレーザからは元なでしこジャパンのDF岩清水梓が参加。普段投げる姿を見ることがない4選手に注目が集まる。 4選手はそれぞれ意気込みを語っている。 ◆森重真人(FC東京) 「プロ野球の始球式という貴重な経験の場をいただき感謝しています。いつもは腕でボールを扱うことがほとんどありませんが、楽しみながらストライクを狙っていきたいと思います!」 ◆小池純輝(東京ヴェルディ) 「東京ドームで始球式が出来ることに感激しています。当日までにしっかり肩を作りキャッチしてくださる方まで投げ切ることが目標です。そして野球経験者の親族、友人に思いっきり自慢したいと思います(笑)」 ◆平戸太貴(FC町田ゼルビア) 「今回、初めて始球式をするということでこのような経験は誰もができることではないですし、僕自身思いっきり楽しんでいい球を投げられるように頑張ります!」」 ◆岩清水 梓(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 「始球式は私の夢のひとつでした。今日、また一つ夢を叶えることができてとても光栄です」 「サッカーかソフトボールの道かを悩んだぐらいですので、しっかりキャッチャーまでボールを届かせたいと思います!」 なお、この日の始球式には、競泳でオリンピックで4つの金メダルを獲得した北島康介氏、卓球で3度のオリンピックに出場し、リオ五輪では男子シングルスで銅メダル、東京五輪では混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼氏、男子プロバスケットボールリーグのBリーグで東京を本拠地とするアルバルク東京の安藤周人、サンロッカーズ渋谷のベンドラメ礼生も参加する。 2022.07.04 09:10 Mon
twitterfacebook
thumb

東京VのMF藤本寛也がポルトガル1部ジル・ヴィセンテに完全移籍「またまだ上があると思うと楽しみ」…すでに58試合に出場

ポルトガルのジル・ヴィセンテは3日、東京ヴェルディのMF藤本寛也(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年夏までの3年契約となるとのことだ。 藤本は東京Vの下部組織出身で、2018年2月にトップチームに昇格。公式戦50試合で4ゴール5アシストを記録していた。 世代別の日本代表を経験していた中、2020年8月にジル・ヴィセンテにレンタル移籍。2シーズンで公式戦58試合に出場し4ゴール4アシストを記録。チームの主軸として2021-22シーズンもリーグ戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 なお、チームは5位でフィニッシュし、新シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選3回戦から登場し、勝ち上がればヨーロッパの舞台でプレーすることとなる。 2年間の活躍が認められて完全移籍となった藤本は、東京Vを通じて感謝のコメントを残している。 「完全移籍することになりました。まずは長い間本当にありがとうございました」 「僕は小学6年生の時にジュニアに入ってから約9年半、東京ヴェルディで過ごしてきました」 「ヴェルディに入る前、セレクションを受け合格の連絡をもらいましたが、当時山梨にいたということもあり、入るかどうか、通うかどうか迷っていました。その時に背中を押してくれた両親、クラブの関係者の皆さんがいたからこそヴェルディでサッカーすることができ、成長させてもらい今の自分があると思っています。これ以上の選択はなかったなと思います」 「あっという間に時間は過ぎましたが、振り返ってみると、子供の時の自分が想像できなかった過程を今まで歩んできていると思います」 「その中で自分はたくさんの人達と出会い、その人達のサポート、助けがあって現在があると思ってます。助けてもらってばっかりの自分が弱いと思うし、今度は自分が与える側になりたいです。たくさんの方々に本当に感謝しています」 「ヨーロッパでプレーし2年が経ちますが、行かなきゃ分からなかったこと感じられないものがあると思います。自分より高い基準が自分の周りの環境にあり、それに追いつくようにし、色々なことを得られていると思います。もっと上のものをを得られるようにしたいですし、またまだ上があると思うと楽しみな自分がいます」 「今回の移籍でヴェルディを離れることになりますが、ジュニアに入った時から見ていた『ヴェルディから世界へ』という言葉を自分が体現できてることはとても嬉しいです。次は自分が、子供達の目標となれるように頑張っていきたいです」 「最後になりますがヴェルディに入ることができ、そしてヴェルディで過ごすことができ、とても幸せでした。改めて自分に携わってくれた皆様、本当にありがとうございました」 「好きな場所を離れるのは寂しいですが、覚悟、責任を持って頑張ってきます。本当にありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【動画】ジル・ヴィセンテでの藤本のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Preparados para mais episódios da série &quot; 2022.07.03 22:36 Sun
twitterfacebook
thumb

東京Vが琉球に逆転勝利! 新井&佐藤凌が1G1Aの共演【明治安田J2第24節】

明治安田生命J2リーグ第24節、東京ヴェルディvsFC琉球が3日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で逆転勝利した。 いずれも先月に監督交代に踏み切った14位の東京Vと、最下位の琉球による一戦。 前節、ジェフユナイテッド千葉に1-3で敗戦し、城福新体制で初黒星を喫した東京Vはバウンスバックの白星を、ナチョ・フェルナンデス新体制の初陣でFC町田ゼルビアに0-1で敗れリーグ4連敗の琉球は新体制初勝利、8戦ぶりの白星を目指した。 試合はいきなり早い時間帯に動く。2分、相手のスローインの流れからボールを奪った琉球が右サイドで繋いでボックス手前右の清武へ縦パスを通す。その清武からの低いクロスにゴール前で反応したケルヴィンが、DF2枚に囲まれながらも左足のシュートを流し込み、今季初ゴールとした。 前節に続き開始早々の失点となった東京Vは、自陣に[4-4-2]の守備ブロックを築くアウェイチームに対し、インサイドを取るサイドバック、大外に張って果敢に仕掛けるウイングを起点に内と外を織り交ぜた攻めでチャンスを窺う。その形からバスケス・バイロン、新井らが際どいシュートを放つ。 一方、相手を引き込んでのロングカウンターで虎視眈々と追加点を狙う琉球。前がかりな相手に対して、幾度か数的同数の鋭いカウンターを繰り出す。30分には相手FKを撥ね返した流れから背後に飛び出した中野が梶川からGKへの短いバックパスをかっさらい、ボックス内で一対一のビッグチャンス。だが、ここは飛び出したGKマテウスのビッグセーブに阻まれる。 チャンスは作りながらも最後の精度を欠くホームチームだが、前半終了間際に追いつく。42分、右サイドの梶川から逆サイドでフリーの新井へサイドチェンジが繋がる。ボックス付近の新井はカットインから相手を抜き切らずに右足インスウィングの柔らかなクロスを入れると、ゴール前にタイミング良く走り込んだ佐藤凌我がゴール右隅へヘディングシュートを流し込んだ。 1-1で折り返した試合は、立ち上がりこそ前半同様に琉球が勢いを持って入ったが、時間の経過と共に東京Vが押し込んでいく。 河村の投入で[4-3-3]から[4-4-2]に並びを変えると、新井を起点とした左サイドの攻めから幾度も際どいクロスを供給。75分には波状攻撃からボックス手前左の深澤が入れた高精度のクロスをゴール前の河村がダイビングヘッド。だが、枠の右隅を捉えたシュートはGK田口のビッグセーブにはじき出される。 琉球の粘りの守備もあり1-1のイーブンが続く中、互いに交代カードを切って決勝点を目指す。すると、83分には佐藤凌の中央突破の流れから小池のカウンタープレスで奪い返したボールを、佐藤凌がボックス左の新井に展開。ここで新井は左斜め45度からの完璧な右足シュートをファーポストに突き刺した。 その後、琉球の決死の反撃を身体を張った守備で撥ね返し続けた東京Vが、2-1のまま試合をクローズ。新井と佐藤凌の1ゴール1アシストによる共演で琉球を逆転で退け、千葉戦敗戦からのバウンスバックに成功した。一方、敗れた琉球は5連敗となった。 ◆第24節 ▽7月3日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-1 FC琉球 ▽7月2日(土) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> FC町田ゼルビア 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ベガルタ仙台</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 栃木SC</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 3</span>-2 ジェフユナイテッド千葉 ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2022.07.03 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「毎度カッコよすぎ」「期待を超えてくる」東京Vがカーキとブラックの3rdユニフォームを発表!ロゴはゴールドで統一

東京ヴェルディは1日、2022シーズンの3rdユニフォームデザインを発表した。 1stユニフォームと2ndユニフォームのコンセプト「VICTORY SHINE」の3作目となる今ユニフォームは「UNITE AS 1 EDITION」。ファミリーの力をひとつにして前へ進むという東京Vのシーズンスローガン「UNITE AS 1」の元、パートナー・ホームタウンとの共創により生まれたデザインになっている。 カーキとブラックで、シックでエレガントな東京のライフスタイルを演出。ホームタウン7市区との団結・輝きを表現した7つのダイヤボーダーが採用され、パートナーロゴは2020年以来となるゴールドで統一。襟元と袖口はヴェルディグリーンとパイオニアゴールドのグラデーションリブになっている。 1stユニフォーム、2ndユニフォームのデザインもファン・サポーターからは好評だったが、今回も「毎度カッコよすぎ」、「期待を超えてくる」、「とてもCOOL」、「かっこいい」といった声が寄せられている。 選手たちは明治安田生命J2リーグ第30節のV・ファーレン長崎戦(8月6日)、第32節ヴァンフォーレ甲府戦(8月21日)、第35節ザスパクサツ群馬戦(9月10日)の3試合で着用。販売数量はフィールドプレイヤーが限定500着、GKが限定80着となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】色味がクールすぎ!東京ヴェルディの 2022シーズン3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfdwp9vPL8k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfdwp9vPL8k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfdwp9vPL8k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">東京ヴェルディ(@tokyo_verdy)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.01 22:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly