元ブラジル代表のルイス・ファビアーノが現役引退…セビージャではUEFAカップや国王杯を制覇

2021.12.12 15:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノ(41)が10日、自身のSNSを通じて引退を発表した。

母国のポンチ・プレッタでプロデビューしたルイス・ファビアーノは、レンヌ、サンパウロ、ポルトと渡り歩き、2005年夏にセビージャに加入。およそ6年在籍したセビージャでは、公式戦225試合に出場し104ゴールをマーク。2度のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝や、2度のコパ・デル・レイ制覇に貢献した。

その後、古巣のサンパウロに復帰し、2012年にはコパ・スダメリカーナで優勝。2013年8月に行われたコパ・スダメリカーナ王者とJリーグカップ王者が対戦するエキシビションマッチでは鹿島アントラーズと対戦したが、ルイス・ファビアーノは不参加だった。
また、キャリア晩年には天津天海に移籍し1年間中国でプレー。2018年2月にはヴァスコ・ダ・ガマに加入したが、1年で契約を解除。その後は現在に至るまで無所属の状態だった。

ブラジル代表では2003年6月のデビューから45試合に出場。初のワールドカップ出場となった2010年大会では3ゴールをマークしたが、準々決勝でオランダ代表に敗れた。

「時は来た。この4年間、私は自分の最も好きなこと、つまりサッカーに戻るために自分の体と懸命に戦ってきた。最後まで戦い続けたけど、痛みや状況を考えると、想像していたような復帰はできなかった」

「それでも時間が経ってみると、いろいろと考えさせられて、今ではすべてが起こるべくして起こったことだと思うようになったんだ」

関連ニュース
thumb

セビージャがマルセイユから指揮官サンパオリの教え子獲得! パプ・ゲイエを半年レンタル

セビージャは30日、マルセイユからセネガル代表MFパプ・ゲイエ(24)を買取オプションなしの半年ローンで獲得した旨を発表した。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したゲイエ。ワトフォード在籍歴も持つが、ル・アーヴルでのプロ入りからフランスが主戦場の守備的MFで、2020年夏からマルセイユでプレーしている。 同年夏のワトフォード入りからわずか17時間後のマルセイユ移籍を国際サッカー連盟(FIFA)に不正とされ、活動停止命令を受けもしたが、通算100試合の出場数が示すように加入1年目から主力を張る。 今季もここまで公式戦19試合に出場して1得点1アシストだったが、この冬のタイミングでスペイン挑戦を果たす運びに。ホルヘ・サンパオリ監督とはマルセイユ時代に共闘して以来の再会となる。 24日に24歳の誕生日を迎えたばかりのゲイエはクラブ公式メディアで「サンパオリとの話が大きかった。彼とは知っている仲だし、僕の資質もわかってくれている」と移籍の決め手を明かし、喜びを語った。 「セビージャに来られてとても幸せだし、誇りに思う。ファンのみんなさんとここでプレーするのが楽しみだ。この契約は間違いなく良いバースデープレゼントさ。この新しい冒険のスタートを切るのを楽しみにしている」 2023.01.31 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、トッテナムMFブライアン・ヒルを半年ローン! 古巣復帰に

セビージャは30日、トッテナムからU-21スペイン代表MFブライアン・ヒル(21)の半年レンタルを発表した。買取オプションなしでの加入となる。 セビージャアカデミー育ちのヒルは2019年にトップチーム昇格。レガネスや、エイバルでのローン移籍も経験して、2021年7月に元アルゼンチン代表エリック・ラメラと入れ替わる形でトッテナムに加入した。 だが、トッテナムでは思うように力を出せず、半シーズンでバレンシアにローン移籍。今季からトッテナムに戻ったが、プレミアリーグでは4試合の出番しかなく、古巣セビージャで再起を期す運びとなった。 ヒルはクラブの公式Twitchチャンネルで「セビージャは僕の成長を見てきたクラブ。幸せな時間を過ごした場所でもある。人生のクラブなんだ」と喜びを言葉にした。 「まさか戻ってくるとは思ってもいなかったし、エージェントから話を聞いた瞬間、『これ以上探すな』と言った。家族も僕も、彼らに対する愛情は信じられないほどのものだ」 今季のセビージャはラ・リーガでスタートに躓き、下位に低迷。昨年10月にフレン・ロペテギ監督からホルヘ・サンパオリ監督にスイッチして、13位に持ち直すなか、今冬の補強にも精を出している。 2023.01.31 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

イスコ、ウニオン・ベルリン移籍決定的に! 昨年12月にセビージャ退団

元スペイン代表MFイスコ(30)がウニオン・ベルリン移籍を決めたようだ。 2013年夏から9シーズンをレアル・マドリーで過ごした後、今季からセビージャ入りしたイスコ。マドリー時代に師事を仰いだフレン・ロペテギ監督を慕っての移籍だったが、昨年10月に監督交代が起こり、同年12月に2年契約を解消する形で退団が決まった。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、様々な国のクラブからアプローチを受ける1992年生まれのテクニシャンだが、ブンデスリーガ2位でクラブ初のチャンピオンズリーグ出場権獲得にまい進するウニオン・ベルリン行きを決断した模様だ。 イスコはデッドラインデイとなる31日にメディカルチェックを受ける見込み。ドイツ『スカイ』によると、契約は1年延長オプション付きの2024年までとなるものと推察される。 2023.01.31 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、セビージャからデンマーク代表MFデラネイをレンタル移籍で獲得

ホッフェンハイムは30日、セビージャに所属するデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(31)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 1年半ぶりのブンデスリーガ復帰となったデラネイは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでブンデスリーガに戻れることを嬉しく思います。ホッフェンハイムの一員として成功できるように、自分の役割を果たしたいと思っている」 コペンハーゲンの下部組織出身のデラネイは、ブレーメンやドルトムントでの活躍を経て2021年8月にセビージャへ加入。セビージャでは、度重なるケガに苦しめられたものの、在籍1年半で公式戦47試合2ゴール1アシストを記録していた。 また、72キャップを誇るデンマーク代表では、先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場。しかし、グループステージ初戦のチュニジア代表戦でヒザを負傷し、ハーフタイムで交代。そのままチームを離脱していた。 2023.01.31 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライアン・ヒルの古巣セビージャ復帰が迫る、半年間のレンタル移籍で合意か

トッテナムのスペイン代表FWブライアン・ヒル(21)はセビージャで半年間プレーすることとなりそうだ。 2021年夏にセビージャからトッテナムへと加入したB・ヒル。しかし、イングランドではまとまった出場機会を確保できず、昨冬にはバレンシアへ半年間のレンタル移籍が決まり、17試合に出場した。 昨夏の移籍市場でもバレンシアへの再レンタルを希望したが、最終的に破談。残留となったが、やはりアントニオ・コンテ監督の率いるチームでは今季もなかなか出番を得られず、ここまで公式戦先発は3試合のみと苦しんでいる。 今冬の移籍市場でも去就が注目されており、バレンシアやローマといったクラブからも関心が伝えられたが、スペイン『マルカ』はセビージャと半年間のレンタル移籍でクラブ間合意に至ったと報道。30日にもスペインへと渡り、正式に契約を交わす見込みだ。 『マルカ』が伝えるところによると、ホルヘ・サン・パオリ監督も「対戦相手として彼を知っているが、彼はウイングとしてチームに何かを与えてくれる選手だ」と新戦力の到着を歓迎。B・ヒルはアカデミーで育った古巣へと1年半ぶりに帰還し、再出発を図るようだ。 2023.01.30 17:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly