早くも手腕発揮のラングニック率いる新生ユナイテッドが白星発進! 伏兵フレッジがファインゴール!《プレミアリーグ》

2021.12.06 01:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが5日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。

ユナイテッド(勝ち点21)は前節、アーセナルとの接戦を3-2で競り勝ってキャリック暫定体制での有終の美を飾るリーグ4試合ぶりの白星を手にした。そして、現在トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するチームは、イギリスの労働許可証を取得したラルフ・ラングニック新監督の下、残りシーズンでの巻き返しを図る。

そのドイツ人指揮官の初陣となる今回のホームゲームでは11位のクリスタル・パレス(勝ち点16)と対戦。ラングニック監督はこの一戦でアーセナル戦と全く同じスタメンを採用した一方、コンディションの問題でベンチ外だったマティッチとワン=ビサカをベンチに復帰させている。

“プロフェッサー”の手腕に注目が集まった中、新生ユナイテッドは直近のアーセナル戦で垣間見せたハイプレスをキックオフ直後から敢行。立ち上がりは幾度か距離感やタイミングのズレによってザハやベンテケにプレスを外されて背走される場面があったが、時間の経過と共に相手のボール回しにアジャストして相手を嵌めていく。

そして、ショートカウンターの形から背後を狙うラッシュフォードやクリスティアーノ・ロナウドが良い形で抜け出しを見せると、押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースをブルーノ・フェルナンデス、2セントラルMFが効果的に使いながらサイドを起点に際どい場面を創出していく。

23分にはサンチョのマイナスの折り返しに反応したフレッジがペナルティアーク付近で左足を豪快に振るが、枠を捉えたシュートは相手DFのブロックに遭う。さらに、26分にはボックス内でのC・ロナウドの丁寧な落としからB・フェルナンデスが右足のシュートを枠の左へ飛ばすが、これはGKグアイタの好守に阻まれる。

前半半ばから終盤にかけてもハイプレスと縦に速い攻めによってユナイテッドが、躍動感のあるプレーでオールド・トラッフォードを沸かせる。だが、攻守両面の連動性が光る一方、攻撃の最後の局面ではC・ロナウドを筆頭になかなかシュートが枠に飛ばない。前半アディショナルタイムには右サイド深くからカットインしたダロトがボックス内に侵入して左足を振り抜くが、これも枠の左に外れた。

短い準備期間の中で見違えるようにスタイル変更を遂げたユナイテッドだったが、最後の仕上げだけがうまくいかずに0-0のスコアのまま後半に突入。

ユナイテッドは前半同様のアグレッシブなアプローチを見せるが、過密日程による運動量の低下と、パレスのハーフタイムの修正によって前半のように良い形でショートカウンターを仕掛けられない。また、マイボール時は相手の粘り強い守備を前に一工夫が足りず、前半以上に攻撃が停滞してしまう。

これを受け、ラングニック監督は62分にサンチョを下げてグリーンウッドを最初のカードとして切る。68分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのテレスが鋭いシュートを放つが、これは惜しくも枠に嫌われる。

逆に、75分には相手のセットプレーからトムキンスがボックス左で折り返したボールをファーでドフリーのアイェウにワンタッチで合せられるが、このシュートは枠の左に外れて事なきを得た。

その後、ラッシュフォードを下げて今季初出場のエランガを投入したユナイテッドは、伏兵が見事なフィニッシュで貴重な先制点をもたらす。77分、C・ロナウドのポストプレーから右サイドに展開したボールを受けたダロトがボックス内のグリーンウッドの足元へ斜めのパスを差し込むと、うまくDFを背負いながらキープしたグリーンウッドからの丁寧な落としを、フレッジが利き足とは逆の右足でダイレクトシュート。美しい弧を描いたこのシュートがゴール左隅に決まった。

これまで幾度となく右足のシュートをふかしてきたブラジル代表MFのファインゴールで先制に成功したユナイテッドは、ここからゲームをコントロールしながら逃げ切り態勢に入る。

オリーズやエゼといった曲者アタッカーを投入して前がかる相手に対して、頭部の接触プレーで流血しながらも気迫を見せるマグワイアを中心に最後まで身体を張った守備で応戦。

そして、このまま1-0のスコアで逃げ切った新生ユナイテッドが、攻撃面では課題を残したものの、前体制から見違えるような守備や躍動感を見せる会心の勝利を挙げ、ラングニック新監督の初陣を飾った。

関連ニュース
thumb

ラビオ獲得失敗のユナイテッド、ユベントスから逆オファーのマッケニーには関心なし

マンチェスター・ユナイテッドはユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(23)に関心を示さなかったようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 昨季のプレミアリーグを6位と不本意な成績で終えたユナイテッドは、新たにエリク・テン・ハグ監督を迎えチームの刷新に着手。ここまでDFタイレル・マラシアやDFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンを獲得しているが、トップターゲットとして早くから交渉を重ねてきたバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング獲得は暗礁に乗り上げるなど、思うような強化は果たせていない。 プレミアリーグ開幕から2連敗と、早くも危機に立たされるチームは中盤の補強を模索し続けており、ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)獲得に向けて移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)でクラブ間合意に至っていた。しかし、選手側が高額な年俸を要求したことで交渉はストップしており、現在は他の選択肢を検討している。 『テレグラフ』によると、ユベントスはラビオの代わりにマッケニーを提案したものの、ユナイテッド側は関心を示さなかったとのことだ。現在クラブはレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロに熱心であり、マッケニー獲得はプランにないと伝えられている。 マッケニーは2021年1月にユベントスへ加入すると、昨季は負傷がありながらも公式戦29試合に出場して4ゴールを記録。チームでは主力の1人としてプレーしているが、クラブはパリ・サンジェルマン(PSG)からアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス獲得に動いており、中盤の枠を空ける必要に迫られている。 2022.08.18 10:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがフェリックスに178億円オファーもアトレティコは拒否…契約解除条項は481億円

アトレティコ・マドリーは、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを拒否していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 ユナイテッドが興味を示していたのは、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(22)とのこと。1億3000万ユーロ(約178億6000万円)のオファーを出したとされている。 しかし、フェリックスを重要な戦力と捉えているアトレティコは当然拒否。ユナイテッド側にもそのことは伝えたとされた他、契約解除条項として3億5000万ユーロ(約481億円)が必要であることを伝えたとされている。 2019年7月にベンフィカから加入したフェリックスは、これまで公式戦112試合で29ゴール18アシストを記録。ケガなどもあり、加入当初に寄せられた期待ほどの結果は残せていないが、着実にチームの力になっている。 ディエゴ・シメオネ監督もチームにとって重要な戦力と捉えており、今シーズンは開幕戦のヘタフェ戦で3アシストを記録するなど、好スタートを切っている。 適応に苦労してきたフェリックスだが、今シーズンはしっかりと活躍できるチャンスと感じているとのこと。契約解除金を用意するとは考えにくく、今季もアトレティコで力を発揮することになりそうだ。 2022.08.18 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがレアルMFカゼミロ獲得に81.6億円を提示か? ラビオ獲得失敗もハードル上がるバックアッププラン

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の獲得が難しくなったマンチェスター・ユナイテッドだが、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロ(30)の獲得に切り替えた可能性があるようだ。 イギリス『テレグラフ』によると、中盤を補強したいユナイテッドは予てから獲得に動いていたラビオと条件面で合意ができなかったとのこと。振り出しに戻ってしまったとしている。 その代役として検討されているのがカゼミロ。5000万ポンド(約81億6500万円)の移籍金を支払うつもりのようだ。 カゼミロは2013年7月にサンパウロからマドリーに完全移籍。2014年7月にはポルトへ1年間のレンタル移籍に出されたが、復帰後はチムに欠かせない中盤の要としてプレーしている。 これまでマドリーでは公式戦336試合に出場し31ゴール29アシストを記録。アンカーとして中盤を支え、5度のチャンピオンズリーグ優勝や3度のラ・リーガ優勝など数々のタイトル獲得に貢献してきた。 カゼミロはマドリーと契約を3年間残しており、チームの要でもあるためラビオ以上に困難な案件になる可能性が高い。 しかし、フェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤の若手を着々と揃え、カゼミロをはじめとした、トニ・クロース、ルカ・モドリッチの中盤の世代交代を進めている状況でもある。 そのため、マドリーが条件次第では手放す可能性があると考えられ、その額が5000万ポンドと見られている。 ユナイテッドは、ラビオの他にも、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリコンビッチ=サビッチにも興味を持っていたが移籍が叶わず。バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングも難しい状況となってしまった。 今まで名前に挙がった選手の中でも、最もハードルが高そうだが、ユナイテッドの希望は叶うのだろうか。 2022.08.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがユナイテッドDFリンデロフに興味? モウリーニョ監督が望み買取OP付レンタルで検討か

センターバックの補強に動いているローマだが、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドから選手を引き抜くつもりがあるようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、モウリーニョ監督は、かつてユナイテッドで指導したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(28)に関心を寄せているとのことだ。 ユナイテッド時代に良い印象を持っているとのこと。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)であるチアゴ・ピント氏が、すでにリンデロフの代理人と連絡を取っているともされている。 ローマはリンデロフに対して1500万ユーロ(約20億6000万円)の買い取りオプションが付くレンタル移籍で獲得するつもりがあると言われている。 2017年7月にベンフィカからユナイテッド入りしたリンデロフ。これまで公式戦196試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 昨シーズンもプレミアリーグで28試合に出場するなど、チームを支えていたが、今シーズンはここまで出番なし。エリク・テン・ハグ監督の下では序列も下がり、2024年夏までの契約ということもあって今夏の退団の可能性がある選手だ。 2022.08.17 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、サールへの約34億円オファーを拒否…要求額は約48億円か

ワトフォードがセネガル代表FWイスマイラ・サール(24)に対するオファーを拒否したようだ。 サールは2019年夏にスタッド・レンヌからワトフォードへと加入。昨季はプレミアリーグで22試合5得点を記録するなど主力として活躍したが、チームは今季からチャンピオンシップ(英国2部)に降格となっていた。 今夏はマンチェスター・ユナイテッドからの関心のほか、リーズ・ユナイテッドは獲得に本腰とも伝えられている。そんななか、クリスタル・パレスも本格参戦したことが明らかになった。 フランス『フットメルカート』によると、クリスタル・パレスは移籍金2500万ユーロ(約34億3000万円)を提示。だが、3500万ユーロ(約47億9000万円)を要求しているとされるワトフォードは、この申し出を即座に拒否したとのことだ。 サールは今季、チャンピオンシップの開幕3試合にいずれもスタメン出場し、1得点1アシストをマーク。引き続き、重要な戦力として存在感を放っている。 2022.08.17 20:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly