早くも手腕発揮のラングニック率いる新生ユナイテッドが白星発進! 伏兵フレッジがファインゴール!《プレミアリーグ》

2021.12.06 01:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが5日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。ユナイテッド(勝ち点21)は前節、アーセナルとの接戦を3-2で競り勝ってキャリック暫定体制での有終の美を飾るリーグ4試合ぶりの白星を手にした。そして、現在トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するチームは、イギリスの労働許可証を取得したラルフ・ラングニック新監督の下、残りシーズンでの巻き返しを図る。

そのドイツ人指揮官の初陣となる今回のホームゲームでは11位のクリスタル・パレス(勝ち点16)と対戦。ラングニック監督はこの一戦でアーセナル戦と全く同じスタメンを採用した一方、コンディションの問題でベンチ外だったマティッチとワン=ビサカをベンチに復帰させている。

“プロフェッサー”の手腕に注目が集まった中、新生ユナイテッドは直近のアーセナル戦で垣間見せたハイプレスをキックオフ直後から敢行。立ち上がりは幾度か距離感やタイミングのズレによってザハやベンテケにプレスを外されて背走される場面があったが、時間の経過と共に相手のボール回しにアジャストして相手を嵌めていく。

そして、ショートカウンターの形から背後を狙うラッシュフォードやクリスティアーノ・ロナウドが良い形で抜け出しを見せると、押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースをブルーノ・フェルナンデス、2セントラルMFが効果的に使いながらサイドを起点に際どい場面を創出していく。

23分にはサンチョのマイナスの折り返しに反応したフレッジがペナルティアーク付近で左足を豪快に振るが、枠を捉えたシュートは相手DFのブロックに遭う。さらに、26分にはボックス内でのC・ロナウドの丁寧な落としからB・フェルナンデスが右足のシュートを枠の左へ飛ばすが、これはGKグアイタの好守に阻まれる。

前半半ばから終盤にかけてもハイプレスと縦に速い攻めによってユナイテッドが、躍動感のあるプレーでオールド・トラッフォードを沸かせる。だが、攻守両面の連動性が光る一方、攻撃の最後の局面ではC・ロナウドを筆頭になかなかシュートが枠に飛ばない。前半アディショナルタイムには右サイド深くからカットインしたダロトがボックス内に侵入して左足を振り抜くが、これも枠の左に外れた。

短い準備期間の中で見違えるようにスタイル変更を遂げたユナイテッドだったが、最後の仕上げだけがうまくいかずに0-0のスコアのまま後半に突入。

ユナイテッドは前半同様のアグレッシブなアプローチを見せるが、過密日程による運動量の低下と、パレスのハーフタイムの修正によって前半のように良い形でショートカウンターを仕掛けられない。また、マイボール時は相手の粘り強い守備を前に一工夫が足りず、前半以上に攻撃が停滞してしまう。

これを受け、ラングニック監督は62分にサンチョを下げてグリーンウッドを最初のカードとして切る。68分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのテレスが鋭いシュートを放つが、これは惜しくも枠に嫌われる。

逆に、75分には相手のセットプレーからトムキンスがボックス左で折り返したボールをファーでドフリーのアイェウにワンタッチで合せられるが、このシュートは枠の左に外れて事なきを得た。

その後、ラッシュフォードを下げて今季初出場のエランガを投入したユナイテッドは、伏兵が見事なフィニッシュで貴重な先制点をもたらす。77分、C・ロナウドのポストプレーから右サイドに展開したボールを受けたダロトがボックス内のグリーンウッドの足元へ斜めのパスを差し込むと、うまくDFを背負いながらキープしたグリーンウッドからの丁寧な落としを、フレッジが利き足とは逆の右足でダイレクトシュート。美しい弧を描いたこのシュートがゴール左隅に決まった。

これまで幾度となく右足のシュートをふかしてきたブラジル代表MFのファインゴールで先制に成功したユナイテッドは、ここからゲームをコントロールしながら逃げ切り態勢に入る。

オリーズやエゼといった曲者アタッカーを投入して前がかる相手に対して、頭部の接触プレーで流血しながらも気迫を見せるマグワイアを中心に最後まで身体を張った守備で応戦。

そして、このまま1-0のスコアで逃げ切った新生ユナイテッドが、攻撃面では課題を残したものの、前体制から見違えるような守備や躍動感を見せる会心の勝利を挙げ、ラングニック新監督の初陣を飾った。

関連ニュース
thumb

「20歳に見える」37歳間近C・ロナウドのビーチでのセクシーショットにファンも驚き「海が似合う」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のSNSを更新。いつものピッチではなくビーチでの1枚に反響が集まった。 インスタグラムで3億9000万人と世界最多のフォロワーを抱えるC・ロナウド。試合後の心境やトレーニングの様子といったピッチ内の様子だけでなく、家族などプライベートな投稿もたびたび行っている。 2月4日に行われるFAカップ4回戦のミドルズブラ戦まで短いオフ期間に入っているC・ロナウドは、25日にプライベートで訪れているドバイのビーチで自身が手掛ける下着ブランドのパンツを履きながら、左手には腕時計、頭にはキャップ、顔にはサングラスをかけたセクシーな1枚を投稿。「眺めを楽しんで」と綴った。 あらわになった肉体は引き締まっており、その姿にはファンも「20歳に見える」、「眺めよりもあなたに夢中」、「カッコよすぎる」、「海が似合う」といったコメントが寄せられた。 2月には37歳を迎えるとは到底思えないC・ロナウド。まだまだその活躍を見せてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】37歳間近のC・ロナウドがビーチでセクシーな1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZJ2aWFgpsN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZJ2aWFgpsN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZJ2aWFgpsN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.26 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサとの契約が来季限りのアラウホ、最初の延長オファーを拒否か

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(22)がクラブからの延長オファーに応じなかったようだ。 2018年夏に母国クラブでのパフォーマンスが買われ、バルセロナBに加入したアラウホ。公式戦33試合に出場した昨季を経ての今季は最終ラインの新たな番人としての地位を固めている。 チャビ・エルナンデス監督からも「これからも必要不可欠な選手である続けるだろう」と言わしめ、対人の強さが光るセンターバックだが、現行契約は2023年6月30日をもって満了する。 スペイン『マルカ』によると、バルセロナは先週に選手の代理人と交渉。対話が破綻したわけではなく、今後も話し合っていくようだが、代理人は最初の延長オファーを断ったという。 そんなアラウホはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドからの関心も取り沙汰されるが、バルセロナでのキャリア続行を視野。ただ、クラブの厳しい財政状況を承知の上で、自身の活躍ぶりを新契約に反映させたい思いがあるようだ。 2022.01.26 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マルシャル、今季終了までのレンタルでセビージャへ移籍

セビージャは25日、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。なお、レンタル料はかからず、ゼビージャ側はマルシャルの給与のみを負担する契約になっているとのことだ。 2015年9月にモナコからユナイテッドへと加入したマルシャル。これまでユナイテッドで公式戦269試合に出場し79ゴール50アシストを記録していた。 しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで8試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場と出場機会に恵まれていないマルシャルは、今冬の移籍を希望していた。 ユベントスやバルセロナも獲得に関心を示していたようだが、より出場機会を得られそうなセビージャへの移籍で決着した。 2022.01.26 07:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで出番のないリンガード…リーグ・アンのニースが獲得に関心か

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)に対して、リーグ・アンのニースが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユナイテッドの下部組織出身であるリンガードは、オーレ・グンナー・スールシャール前監督の下で年々序列が低下していたこともあり、昨年1月にウェストハムへレンタル移籍を果たした。 ウェストハムではそれまでの停滞がウソのように躍動すると、プレミアリーグ16試合で9ゴール5アシストと鮮烈な活躍を見せ、チームの6位フィニッシュに貢献。ウェストハムファンからは完全移籍を期待する声が相次ぎ、クラブもオファーを提出したものの結局はユナイテッド残留となった。 しかし、今シーズンはプレミアリーグでここまで9試合に出場して2ゴールを記録しているものの、スタメン出場はなし。選手本人も今年開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)の出場を目指すため、移籍を模索しているという。 リンガードに対してはウェストハムのほか、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収されたニューカッスルや、アントニオ・コンテ監督のもと戦力の刷新を目指すトッテナムが関心を示しているが、フランス方面の報道によると現在リーグ・アンで2位につけるニースも獲得に乗り出しているようだ。 ニースのクリストフ・ガルティエ監督は昨年リンガードがウェストハムに加入する前にも関心を示していたとされており、今月中にも具体的な動きを見せるかもしれない。 一方で、リンガード本人はニューカッスルへの加入を希望しているとされており、去就が注目されている。 2022.01.25 12:39 Tue
twitterfacebook
thumb

マルシャルがセビージャ移籍へ! ユナイテッドに自身の報酬を支払い脱出を求める

セビージャが、予てから噂に上がっていたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)の獲得に迫っているようだ。 大きな期待が寄せられ、2015年9月にモナコからユナイテッドへと加入したマルシャル。これまでユナイテッドで公式戦269試合に出場し79ゴール50アシストを記録している。 しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで8試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場と出場機会に恵まれていないマルシャルは、今冬の移籍を希望している。 ラルフ・ラングニック監督も退団の意思を認めており、セビージャが獲得に動き出していた中、ユナイテッドとの交渉が難航。セビージャ側が、ユナイテッドの条件に嫌気がさして手を引いたとされていた。 しかし、『ESPN』によると、セビージャにユナイテッド側が回答。前向きな返事があったとし、レンタル移籍で獲得することになるようだ。 今回の話が進展した理由には、マルシャルが自身のサラリーを引き下げたということがあったという。報道によれば、マルシャル自身が報酬の一部を支払い、ユナイテッドから去ることを望んだとされており、ユナイテッド側も移籍を許可したようだ。 2022.01.25 09:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly