スパーズが開幕以来の3連勝! ルーカス&サンチェス初弾にソンが2戦連発!《プレミアリーグ》

2021.12.06 01:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第15節、トッテナムvsノリッジが5日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で快勝した。

現在、6位のトッテナム(勝ち点22)は前節、ブレントフォードに2-0の快勝を収めてリーグ連勝を達成。開幕以来の3連勝を目指す今節は降格圏の19位に沈むノリッジ(勝ち点10)をホームで迎え撃った。

コンテ監督は中2日での連戦に向け、体調不良のエメルソンに代えてタンガンガを右ウイングバックに配置した以外、同じメンバーを採用した。

共に新体制移行後、リーグ無敗を継続する両者の一戦はアウェイチームが先にゴールへ迫る。開始3分、右サイドで深い位置を取ったイダーからの折り返しをボックス中央のプッキがダイレクトでシュートするが、これはGKロリスの好守に遭う。

一方、この直後に古巣初対戦のスキップが中央突破から最初の枠内シュートを放ったトッテナムは、2本目の枠内シュートをゴールに結びつける。10分、バイタルエリア中央でダビンソン・サンチェスから足元にパスを受けたルーカス・モウラが鮮やかなターンからソン・フンミンとパス交換し、前向きな状態でペナルティアーク付近に運んで右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。

ルーカスの今季リーグ戦初ゴールとなる弾丸ミドルシュートで幸先よく先制に成功したトッテナムだが、以降は後方から丁寧にボールを動かすノリッジにボールを握られて反撃を許す展開に。さらに、20分過ぎには試合前からハムストリングに不安を抱えていたと思われるレギロンがプレー続行不可能となり、セセニョンがスクランブル投入される。

前半半ばを過ぎてコンテ監督から守備面の修正が入ったか、前線からの圧力を強めて相手のプレーにようやく制限をかけられるようになったホームチームは、試合の主導権を掌握。3トップの連携やセセニョンの縦への仕掛けを軸に、カウンターからチャンスを作り出していく。

29分にはボックス中央でソン・フンミンからの折り返しに反応したケインのワンタッチシュート、39分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインが前に飛び出したGKクルルのポジションを確認してミドルループでゴールに迫ったが、いずれも枠に飛ばすことができず。試合は1-0のスコアで折り返した。

後半もボールを握られる形となったトッテナムは、背後を積極的に狙うイダーの対応にやや苦戦。59分にはボックス内でのプッキのシュートをゴール前のイダーに触られてあわやというピンチを招くが、これは枠の左に外れる。

展開を考えれば、早い時間帯に2点目を奪って試合を決めたいトッテナムは62分にタンガンガを下げてドハーティを右のウイングバックに投入。この交代で左偏重の攻撃のバランスを修正する。

65分にはペナルティアーク付近でパスを受けたケインがバランスを崩しながらも左足の鋭いグラウンダーシュートを枠の右下隅へ飛ばすが、これはGKクルルのビッグセーブに遭う。だが、このプレーで得た右CKの場面でキッカーのソン・フンミンが右足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでベン・デイビスが頭で触ったボールが中央の相手DFに当たってこぼれると、これをサンチェスが冷静に右足で蹴り込んでルーカスに続く今季リーグ戦初ゴールとした。

この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムは気落ちするノリッジを相手に畳みかける攻めを見せていく。ホイビュルクやケインが相手GKクルルを脅かすシュートを見せると、決定的な3点目を奪い切る。

77分、右サイド深くでドハーティが鋭角にマイナスへ折り返したボールをベン・デイビスが回収。スキップとのワンツーでそのままボックス内へ侵入したベン・デイビスが中央のソン・フンミンへ繋ぐと、右への持ち出しでDFを外した韓国代表が右足のシュートをゴール左隅へ突き刺し、2試合連続ゴールとした。

その後、殊勲のルーカスを下げてベルフワインを最後のカードとして切ったトッテナムは、試合終盤にかけてアウェイチームの攻勢に晒されたが、相手の決定力不足にも助けられてこのまま3-0で試合をクローズ。

下位に沈むノリッジ相手に完勝のトッテナムが開幕以来のリーグ3連勝を飾り、暫定5位に浮上している。


関連ニュース
thumb

チェルシーに完敗のスパーズ、コンテ監督「どうすれば改善できるかを考えなければ…」

アントニオ・コンテ監督が就任後初となるリーグ戦黒星に見解を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは23日、プレミアリーグ第23節でチェルシーと対戦。40分にボックス内でボールをうまく収めたFWハリー・ケインが左足のシュートをゴールネットへ流し込むも、競り合いの場面で相手DFチアゴ・シウバへのプッシングを取られてしまい、得点は認められない。 47分には相手MFハキム・ツィエクに先制点を許すと、55分にはセットプレーからチアゴ・シウバにヘディングシュートを決められ、2点差に。試合はそのまま終了し、アウェイの地で0-2と完敗を喫した。 コンテ監督は試合後、昨年11月に自身が就任して以降、初となるリーグ戦黒星を喫したことについて落胆しつつも、チームの奮闘ぶりを評価した。 「たしかに、プレミアリーグで初めて敗北したのは非常に残念だ。しかし、その一方で選手たちが全てを出し切ったということもわかっておかなければならない」 また、「どうすれば改善できるかを考えなければならない。シーズン残りの4カ月間でベストを尽くし、最高の結果を出すために努力する必要がある」ともコメント。インターナショナルブレイク明けの次戦に向けて、改善を誓った。 2022.01.24 11:08 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナム戦勝利のトゥヘル、ツィエクのファインゴールに「見事な一撃」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が感想を述べた。 23日のプレミアリーグ第23節で5位トッテナムをホームに迎え撃った3位チェルシー。前半にFWハリー・ケインがネットを揺らした場面はプッシングで取り消され、難を逃れると、後半にMFハキム・ツィエク、DFチアゴ・シウバの連続ゴールで勝利した。 この上位対決も落とすようだと、消化試合数の差的にも熾烈さを増す4位争いに巻き込まれかねなかったトゥへル監督。リーグ5試合ぶりの白星を手にした試合後、イギリス『BBC』で語った。 「大きな頑張り、フリーな日が何日かあるという見通し、そしてロンドン・ダービーであるのも手伝った。今朝の到着時、この試合を楽しみにしているのを誰からも感じられた」 「体力的にきつかったが、我々は勝利にふさわしいと思う。ミニブレイクに入るのは士気を高めるのにもすごく大事だ。雰囲気や信念だったり、すべてが変わってくる」 「我々は勝利にふさわしい試合をした。良いものがたくさんあったし、後半は我慢強く、信じて攻め続けた。今や少しひと息つこうとしている」 「ハーフタイムでのメッセージは『プッシュし続けろ』、『包囲し続けろ』、『奮闘し続けろ』だった。多くの情報を共有したわけじゃなく、続けるようにという励ましたんだ」 また、ファインゴールでトッテナムの守りをこじ開けたツィエクについて「おそらく彼のベストゲームだったんじゃないかな。全体的に良かったよ。あの一撃は見事だった」と評している。 2022.01.24 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 2-0 トッテナム《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、チェルシーvsトッテナムが23日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220124_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 6.0 難しい対応はケインのヘディングシュートぐらいだったが、EFLカップに続きトッテナムの攻撃を完封した   DF 28 アスピリクエタ 6.0 最終ラインと中盤を行き来しながら、攻撃では回数は多くなかったものの、効果的な飛び出しでアクセントに。守備の局面ではメンタル面の駆け引きを含め老獪さが光った   2 リュディガー 6.5 4バックでも要所で積極的な攻撃参加を幾度か見せた。試合終盤は的確なクロス対応や対人対応でクリーンシートに貢献   6 チアゴ・シウバ 7.0 前回のリーグ戦に続きセットプレーから1ゴール。長短織り交ぜた的確な配球に加え、後ろに重心を置いた後半半ば以降は読みを利かせた潰し、インターセプトが光った   31 サール 6.0 左サイドバック起用も3バックの左に近い守備重視のプレー。攻撃面の貢献は少なかったが、守備では周囲のサポートを受けながら集中した対応を90分間継続   MF 22 ツィエク 7.5 得意とするトッテナム相手に圧巻のコントロールシュートで決勝点。試合を通して攻撃の起点となり、守備面でのハードワークも素晴らしかった   (→サウール -)   19 マウント 7.0 2点目をアシスト。インサイドハーフでのプレーとなった中、攻守両面で多くの仕事をこなす。とりわけ、前半はツィエクと共に攻撃の主役に   5 ジョルジーニョ 6.5 前半にベルフワインにあっさりと振り切られた場面はあったが、後半は守備面で良いボールリカバリーを見せて盛り返す。繋ぎの局面でも積極的にボールを呼び込んで捌いた   (→カンテ 5.5) 試合のクローザー役を完遂   8 コバチッチ 6.5 4バックでのプレー、相棒がジョルジーニョということもあり、いつも以上に攻守のバランスを意識。決定的な仕事はなかったが、献身的なプレーで周囲を大いに助けた   20 ハドソン=オドイ 6.5 前半は判断ミスも幾度かあったが、先制点のアシストに2点目に繋がるFK奪取と決定的な仕事をこなす。守備でも献身性を示した   (→マルコス・アロンソ -)   FW 9 ルカク 5.5 前線で身体を張る仕事は見せたが、決定機の場面では相手守備にうまく対応された   監督 トゥヘル 6.5 トッテナムの変化にも慌てず、後半の修正で流れを引き寄せて今季4戦全勝に無失点を継続   ▽トッテナム採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220124_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ロリス 6.0 2失点共にノーチャンス。それ以上に見事なシュートストップや飛び出しでピンチを防ぎ、個人として意地を見せた   DF 25 タンガンガ 4.5 前半から対面のハドソン=オドイに苦戦を強いられカードをもらった結果、1失点目の場面では厳しく行けずに起点を作られた   (→スキップ 5.5) 劣勢を跳ね返そうと、攻守にアグレッシブにプレーしたが、決定的な仕事には至らず   15 ダイアー 6.0 負傷明けの一戦で試合を通してソリッドな守備対応を続けてルカクを封じた。最終ラインでは最も頼りになる存在だった   6 ダビンソン・サンチェス 5.0 2失点目の場面では競り負けた。ルカクに対して強さを見せたが、後手を踏む対応も多かった   33 ベン・デイビス 5.0 左サイドバックでのプレーとなったが、一列前のセセニョンとの連携の問題などもあり、守勢を強いられ続けた   MF 2 ドハーティ 4.5 後半は幾度か良いランニングで決定機に絡みかけたが、守備の強度不足と攻撃面での細かいミスが目立った   8 ウィンクス 5.0 前半の入りに良い攻撃参加を見せたが、慣れないシステムでの戦いによって判断面で曖昧な部分が目立った   (→ブライアン・ヒル -)   5 ホイビュルク 5.5 攻守両面で相手の中盤と互角に戦った。ただ、3バックや3セントラルでの戦いに比べて、バランスを意識するあまり持ち味のアグレッシブさをなかなか出せなかった   19 セセニョン 4.5 守備面を中心に懸命にプレーしたが、チェルシーに対してクオリティの部分で質の低さを露呈   (→ルーカス・モウラ 5.0) 幾度か得意の仕掛けを見せたが、全体的に周囲と呼吸が合わず。攻撃を活性化できなかった   FW 10 ケイン 5.5 ベルフワインと共にほぼ孤立無援の攻撃を懸命に牽引。幻のゴールを含め状態は上がってきた   23 ベルフワイン 5.5 レスター戦での活躍に続きスタメン抜擢のこの試合でもキレを感じさせるプレーで存在感を示した   監督 コンテ 4.5 各選手のコンディションの問題が影響したかもしれないが、慣れない布陣、メンバー構成で自ら流れを相手に与えてしまった印象。ウィンターブレイク前で無理できる状況だっただけに、フルメンバーでのよりアグレッシブな戦いが見たかった…   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ツィエク(チェルシー) 試合の流れを大きく引き寄せる見事なゴールを決めたモロッコ代表MFをMOMに選出。得点自体も素晴らしかったが、試合を通して良い立ち位置、正確なプレーでチームの攻撃をけん引した。さらに、守備の局面では献身的なプレスバックで幾度もチームを助ける利他的なプレーをみせ、交代時にスタンフォード・ブリッジのホームサポーターから惜しみない拍手を受け取った。   チェルシー 2-0 トッテナム 【チェルシー】 ツィエク(後2) チアゴ・シウバ(後10) 2022.01.24 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ツィエクの芸術弾などで完勝のチェルシーが今季ダービー4戦全勝! スパーズはコンテ体制10戦目にしてリーグ初黒星…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、チェルシーvsトッテナムが23日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。   現在、3位のチェルシー(勝ち点44)は、前々節のマンチェスター・シティとの頂上決戦を0-1で落とし、優勝戦線から早々に脱落。さらに、前倒し開催となったミッドウィークのブライトン戦も1-1のドローで終え、直近のリーグ戦4試合未勝利と泥沼の状況に陥る。   その苦境の中で迎えた今節はリーグ前回対戦、直近のEFLカップ2試合すべてで勝利している“お得意様”のトッテナムとのダービーに臨んだ。リーグ5戦ぶりの白星を目指すホームでのシックス・ポインターに向けてはブライトン戦から先発2人を変更。マルコス・アロンソ、カンテに代えてサール、コバチッチを起用した。   一方、前々節のワトフォード戦、前節のレスター・シティ戦をいずれも後半アディショナルタイムのゴールで劇的勝利を飾り、コンテ新体制移行後は6勝3分けの9戦無敗で5位まで順位を上げてきたトッテナム(勝ち点36)。   情熱的なイタリア人指揮官の下でポチェッティーノ時代の全盛期のような躍動感を取り戻しつつある新生スパーズは、リーグ戦では2018年11月以降、6試合未勝利(1分け5敗)が続く宿敵撃破に向けて最高の状態を維持し、敵地へ乗り込んだ。そのレスター戦からは先発3人を変更。エメルソン、スキップ、ルーカス・モウラに代えて負傷明けのダイアー、セセニョン、ベルフワインを起用した。   熾烈なトップ4争いに身を置くロンドンの両雄による今季4度目のダービー。チェルシーが[4-1-4-1]、トッテナムが[4-4-2]とここまでの3試合を鑑みて、互いに異なるアプローチで試合に臨んだ。   その中でより変化が少ないホームのチェルシーが立ち上がりから主導権を握って押し込む入りを見せる。序盤から幾度もフィニッシュの形を作り出した中、12分には右サイドからカットインしたツィエクが強烈な左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKロリスがはじき出した。   一方、受け身の入りとなったトッテナムだが、徐々に守備の部分で相手の攻撃にアジャストし始めると、13分にはケインの中盤でのキープからうまく相手DFと入れ替わったウィンクスがボックス手前まで運んで左足のミドルシュートを放ち、こちらも最初の枠内シュートとした。   以降はボールを握って押し込むチェルシー、2トップを起点としたカウンターで応戦するトッテナムという構図の下で拮抗した展開が続く。チェルシーは状況に応じて細かく立ち位置を変えながらマウント、ツィエクの右サイドを起点に効果的に3人目の動き出しを生かした攻めで攻略を。だが、最後の局面で粘りの対応を見せるアウェイチームの堅守を前に決定機まであと一歩という状況が続く。   ボールを奪う位置が低くなかなかカウンターに迫力を出せないトッテナムだが、前半終盤にかけてはセセニョンとベルフワインの左サイドを起点に幾度か相手の深い位置まで侵攻していく。   40分にはベルフワインの突破から左サイド深くでセセニョンがグラウンダーで折り返したボールをボックス内で収めたケインが左足のシュートをゴールネットへ流し込む。だが、これは競り合いの場面でのDFチアゴ・シウバへのプッシングを取られてしまい、ゴールは認められない。その後も球際で激しい攻防が繰り広げられたが、試合はゴールレスのままハーフタイムを迎えた。   前半の攻防を受け、両指揮官の戦術面の修正に注目が集まった後半の立ち上がり。稀代のドイツの戦術家の下で前半の課題を修正したホームチームが一気に流れを引き寄せる。47分、左サイドでタンガンガを見事なドリブルで振り切ったハドソン=オドイがそのまま内へドリブルで切り込んでボックス手前右のツィエクに横パスを送る。マウント、アスピリクエタの周囲の動き出しでフリーとなったモロッコ代表MFが得意の左足でコントロールシュートを狙うと、これがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。   トッテナムを得意とするツィエクのファインゴールで後半早々にリードを奪ったチェルシーは、この直後にもツィエクが今度はパワフルな左足のシュートでGKロリスにファインセーブを強いる。そして、このまま押し込み続けると、セットプレーから2点目を奪い切る。   55分、ハドソン=オドイの仕掛けで得た相手陣内左サイドでのFKの場面でキッカーのマウントが右足インスウィングの正確なクロスをゴール前に入れると、リーグ前回対戦でも得点しているチアゴ・シウバが見事なヘディングシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   今季ここまでの3度の対戦で一度もゴールを奪えていない中、厳しい連続失点となったトッテナムは、2失点目直前に準備させていたスキップとルーカス・モウラをタンガンガ、セセニョンに代えてピッチへ送り出す。この交代直後にはケインの左クロスの流れからスキップのヘディングの落としに反応したゴール前のベルフワインがボレーシュートを狙うが、後半最初の枠内シュートはGKケパの守備範囲。   より攻撃的な[4-3-3]への変更と、2点リードのチェルシーが後方に重心を置き始めたことで、ようやく相手陣内でのプレー機会を増やし始めたアウェイチームは、スキップ、ホイビュルクのスルーパスに反応したドハーティに続けて惜しい場面が訪れるなど、徐々にゴールの匂いをさせ始める。86分にはウィンクスの右CKをゴール前のケインがヘディングで合わせるが、これはGKケパのファインセーブに阻まれた。   ダービーマッチ、前節のレスター戦の展開を考えると、2点リードも決して油断できないチェルシーは、殊勲のハドソン=オドイ、ツィエクを下げてマルコス・アロンソ、サウールとより守備的な交代策を行い、石橋を叩いて渡る采配で逃げ切りを図る。   そして、この試合ではトッテナムに奇跡を起こさせることなくこのまま2-0のスコアで試合をクローズした。この結果、今季のダービー4戦全勝を飾ったチェルシーがシックス・ポインターを制してリーグ戦5試合ぶりの白星を奪取。一方、ライバル相手に今季1度もゴールを奪えない屈辱を味わうことになったトッテナムは、コンテ体制10戦目にしてリーグ戦初黒星を喫することになった。 2022.01.24 03:37 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ無敗のコンテ・スパーズが3度目のチェルシー戦に挑む「この2試合で学んだことがある」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、チェルシー戦に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 昨年11月の就任以降、プレミアリーグではいまだ無敗を維持するコンテ・スパーズ。19日に行われた延期分のレスター・シティ戦では、1点ビハインドで後半アディショナルタイムを迎えた中、FWステーフェン・ベルフワインが2ゴールを挙げ、劇的な逆転勝利を収めた。 さらにトッテナムは通常より3試合も消化が少ないこともあり、トップ4入りに向けて視界良好。コンテ監督もチームの姿勢に満足感を示している。 「フットボールにおいて、我々の結果が示しているように、常に信じることが大切なのだ。同時に、熱意、対応力、プレーする意思を示さなければならない。信じるだけでは十分ではない。向上したいという熱意や気持ちを合わせなければならない。それができた時、自信は試合ごとに身に付いていくのだ」 「まだ19試合残されていることを頭に入れておかなければならない。それら全ての試合で3ポイントを得るために、万全の準備を整え、最大の強度や勇気を持ってプレーする必要がある。このリーグのレベルは非常に高いが、我々も試合を通じてレベルアップすることができる」 ただ、そんなトッテナムが唯一苦杯を嘗めているのが、23日に第23節で対戦するチェルシーだ。チェルシーとは今年に入って行われたEFLカップ準決勝で対戦しているが、1stレグ、2ndレグ共に黒星を喫している。 コンテ監督は古巣を最大限に警戒しながらも、この2試合で学んだことを生かして勝利につなげると意気込みを語った。 「これから本当に強力なチームと対戦することを肝に銘じておかなければならない。忘れてはいけないのが、チェルシーは昨季のチャンピオンズリーグを制覇し、直近の2試合で我々を倒していることだ」 「我々は我々の試合をしたい。この2試合で学んだこともあり、チェルシー戦に向けてより入念な準備ができるはずだ。相手が素晴らしいチームであることはわかっているが、できる限り最高の結果を得られるよう努力するよ」 2022.01.23 15:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly