レーティング:ローマ 0-3 インテル《セリエA》

2021.12.05 03:57 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 パトリシオ 4.0
3失点中、2失点は致し方ないものだったが、ニアを狙った直接CKからの1失点目はコーチング含め完全に自身のミスだった。それ以外のセービングは安定も、キック精度の部分で不安定だった

DF
23 マンチーニ 5.5
自身に大きなミスはなかったが、代役カピターノとしてチーム全体を締めきれず。後半のカードによって次節出場停止に

6 スモーリング 5.5
チームは3失点で大敗も、個人としては直近2試合同様に加入初年度の良い状態に戻りつつある

24 クンブラ 5.0
対人対応など良い面もあったが、2失点目の場面では中途半端な対応でマークしていたジェコを離してしまった点は問題

(→ボーヴェ 5.0)
生え抜きとして気概は見せたが、相手の老獪な選手たちに力及ばず

MF
3 イバニェス 5.0
チーム事情で今季初のウイングバックでの起用に。ポジショニングや判断の部分で苦しみ自身の形で守備ができず。攻撃面で多くを求めるのはさすがに酷だった

77 ムヒタリアン 5.5
中盤でタメを作ってパスを散らすなど、急造布陣の中で攻守に奮闘を見せたが、決定的な仕事はできなかった

4 クリスタンテ 5.0
アンカーと3バックの左でプレー。コロナウイルスから回復した病み上がりの状態ということもあり、不用意なパスミスや球際の勝負で苦戦を強いられた

17 ヴェレトゥ 5.5
中盤でいつも通りのハードワークを見せた。守備では献身的なプレーで最終ラインを助けたが、攻撃では前線の収まりの問題もあってなかなか良さを出せなかった

(→ヴォルパート -)
18歳のオーストラリア人MF。試合最終盤にトップデビューを飾った

5 ビーニャ 5.5
3失点目ではダンフリースに付き切れず。ただ、病み上がりの状態で攻撃の場面では幾度か可能性を感じさせるプレーを見せた

FW
22 ザニオーロ 5.5
後半はさすがにバテたが、古巣相手に最もゴールに迫る場面を作り出すなど、個人として意地は見せた。マンチーニと共に後半のカードによって次節出場停止に

14 ショムロドフ 5.0
攻守にハードワークを見せたが、肝心のところで強さ、精度を欠き全体的に空回りの試合に

監督
モウリーニョ 5.0
古巣相手に内容的には完敗だったが、フルメンツでも難しい相手に対して、エイブラハムやペッレグリーニ、カルスドルプら多数の主力を欠いた点はさすがに気の毒だった

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 5.5
枠内シュート1本ということもあり、仕事機会はほぼなかった。クロス対応では普段通りの安定感

DF
33 ダンブロージオ 6.5
守備では少ないピンチの場面で良い対応を見せた。攻撃ではバストーニとバランスを取りながら効果的にビルドアップに絡んだ

37 シュクリニアル 6.5
ショムロドフやザニオーロに対して終始安定した対応をみせ、クリーンシートに貢献

95 バストーニ 7.0
見事なピンポイントクロスでダンフリースのゴールをアシスト。果敢な攻撃参加で相手守備攻略の起点のひとつとなり、守備もソリッドだった

(→ディマルコ 5.5)
守備のタスクをこなしつつ、攻撃面でもアピール

MF
2 ダンフリース 6.5
見事なダイビングヘッドでセリエA初ゴール。攻守両面でダイナミズムを見せ、きっちり勝利に貢献

23 バレッラ 6.0
コンディションの問題か好調時の躍動感はなかったが、攻守に最低限の仕事をこなして早い時間帯にお役御免に

(→ビダル 5.5)
要所で攻撃に絡みつつ、要所を締めるプレーで逃げ切りに貢献

77 ブロゾビッチ 6.5
相手の守備の問題もあったが、豊富な運動量と正確な立ち位置でビルドアップの起点として機能。守備の局面でも強度の高いプレーを継続した

20 チャルハノール 7.0
1ゴール1アシストの活躍で勝利の立役者に。後半はだいぶ流し気味にプレーしたが、前半は出色のパフォーマンス

14 ペリシッチ 6.5
決定的な仕事こそなかったが、攻守両面でローマの選手たちを凌駕。地味ながらも質の高いプレーを随所に見せた

FW
9 ジェコ 6.5
古巣相手に恩返しゴールを奪取。それ以外では前線での起点づくりなど、安定したプレーが光った

(→ベシーノ 5.5)
疲労困憊の相手に対して余裕を持ってプレー。攻守にそつなし

19 ホアキン・コレア 6.5
かつてのホームスタジアムで宿敵相手に気迫のプレー。決定的な仕事はなかったが、利他的なプレーと局面を変えるドリブルで存在感。それだけにハムストリングの負傷が気がかり

(→サンチェス 5.5)
3点リードの展開を考慮してエゴを抑えながら逃げ切りに貢献

監督
インザーギ 6.5
飛車角落ちのローマを相手に余裕を残しての完勝。レアル・マドリー戦に向けて主力を早い時間帯に下げられた点もプラスに

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
チャルハノール(インテル)
1点目は相手守護神のミスもあったが、正確なプレースキックで貴重な先制点を奪取。さらに、ジェコの追加点もお膳立てする攻撃の主役に。ボールを引き出す動きやそこからの豊富なアイデアと、新チームで自身の良さをうまく出せている。

ローマ 0-3 インテル
【インテル】
チャルハノール(前15)
ジェコ(前24)
ダンフリース(前39)

関連ニュース
thumb

インテルで出場機会減少のセンシ、吉田麻也所属のサンプドリアが獲得に関心か

インテルのイタリア代表MFステファノ・センシ(26)がサンプドリア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 センシは2019年夏にサッスオーロからインテルに加入。開幕戦からスタメンを飾るなど主力として活躍すると、翌年には完全移籍に切り替わった。しかし、昨シーズンは度重なるケガにも悩まされ、公式戦21試合の出場にとどまると、昨夏に開催されたユーロ2020も負傷欠場した。 シモーネ・インザーギ監督が就任した今季もケガの影響でコンディションを取り戻すのに苦労しており、ここまでセリエAでの先発はわずか1試合のみにとどまっている。 移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、出場機会減少に苦しむセンシに対しては日本代表DF吉田麻也の所属するサンプドリアがレンタル移籍での獲得に興味を示しており、交渉が成立間近のところまできているようだ。 サンプドリアは現在、セリエA16位。センシの加入が残留に向けた起爆剤となることを期待されている。 2022.01.18 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルが冨安のバックアップ獲得に動く? 敗れたFAカップで対戦の若手SB

アーセナルがイングランド人DFジェド・スペンス(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 フルアムのアカデミー出身でチャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラでプロキャリアをスタートしたスペンスは、184cmの攻撃的な右サイドバック。今シーズンはノッティンガム・フォレストにレンタルで加入し、ここまで公式戦23試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残している。 そのスペンスは先日にアーセナルが0-1の敗戦を喫したFAカップ3回戦で、同クラブのレジェンドであるイアン・ライト氏に激賞される圧巻のパフォーマンスを披露。これがミケル・アルテタ監督の関心を集めたようだ。 そして、アーセナルはジョゼ・モウリーニョ監督がトッテナム時代から獲得に興味を示していたローマ、インテルと競合する形で1000万ポンド(約15億6000万円)前後の値札が付く逸材の争奪戦に参戦する構えのようだ。 ただ、アーセナルが仮に今冬のタイミングで獲得に成功したとしても、スペンスが今シーズン中にアーセナルでプレーする可能性はない。同選手は今シーズンにノッティンガム・フォレストへレンタルする前にミドルズブラでも公式戦に出場しており、“1シーズンに3クラブでプレーできない”というFIFAのルールによって、プレーが認められていない。 とはいえ、ベティスにレンタル移籍中のスペイン代表DFエクトル・ベジェリン、パフォーマンスの低調さが指摘されるポルトガル代表DFセドリック・スアレスの状況を考えれば、来シーズン以降に向けて日本代表DF冨安健洋のバックアッパーの獲得は必要なところだ。 2022.01.18 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWサトリアーノがスタッド・ブレストにレンタル

インテルは17日、ウルグアイ代表FWマルティン・サトリアーノ(20)が今シーズン終了までスタッド・ブレストにレンタル移籍することを発表した。 母国屈指の名門ナシオナルから2020年1月にインテルのプリマヴェーラに加入したサトリアーノは、187cmの本格派のストライカー。今シーズン開幕前のプレシーズンの時期に好アピールを見せ、セリエA開幕節のジェノア戦でトップチームデビューを飾ると、ここまですべて途中出場もリーグ戦4試合に出場していた。 ただ、よりトップレベルでプレー機会を与えたいインテルは、リーグ・アンで13位につけるブレストへ武者修行へ出すことになった。 2022.01.18 00:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレントフォードがエリクセンに短期オファーか、クラブはデンマークと深い結びつきも

ブレントフォードが、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(29)へ短期契約のオファーを出したようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。 昨年6月に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留めて回復した。 その後、心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着しながら、ユース時代に在籍した古巣オーデンセで個人トレーニングを実施。現場復帰へ努力を続けていたが、ICDを装着したままではプロスポーツは行えないイタリアスポーツの決まりのもと、先月半ばにインテルと契約解除に至っていた。 新天地が注目される中、今季から初めてプレミアリーグで戦うブレントフォードが今季終了までの短期契約を打診したとのこと。同クラブはエリクセンと同胞のトーマス・フランクが監督を務めているほか、MFクリスティアン・ノルゴーアとMFマティアス・イェンセンが在籍しており、デンマークとは深い結びつきがある。 現在はスイス3部のFCキアッソでより実戦的なトレーニングを積んでいるエリクセン。先日に『DR』のインタビューで、「目標はカタールのワールドカップでプレーすること」、「身体に違和感はないし、自分の中では復帰できると確信している」と、キャリア続行の意思を改めて明言していた。 2022.01.17 21:59 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタとゴールレスドローのインテル、副官が満足感示す「この道を歩み続けていく」

インテルのアシスタントコーチを務めるマッシミリア―ノ・ファリス氏が、アタランタ戦のパフォーマンスに満足を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは16日、セリエA第22節でアタランタと対戦。試合は90分を通して互いに譲らない展開で推移する中、GKサミル・ハンダノビッチがビッグセーブを連発。攻撃陣も幾度となく決定機を迎えるが、ゴールを奪うことができず、結局ゴールレスドローに終わった。 試合後の会見には、数日前から声の調子が悪いシモーネ・インザーギ監督に代わり、アシスタントコーチのファリス氏が出席。ゴールレスドローとなった一戦を振り返り、過密日程の中でのパフォーマンスに満足を語った。 「今夜はDFラインから攻撃を構築し、広いスペースを見つけようとした。しかし、我々は屈強なフィジカルを持つユベントスを相手に、非常にタフで厳しい120分間を過ごしたばかりだった。あれだけの体力と精神を費やし、中3日でアタランタと対戦するのは簡単なことではない」 「確かに自分たちのパフォーマンスには満足しているが、チャンスが多かった分、少しの後悔もある。しかし、我々は彼ら本来のパフォーマンスを見せた素晴らしい対戦相手をリスペクトしている」 「この試合では長い時間ボールを保持することができた。それは我々が目指していることだが、不毛なポゼッションはしたくない。状況に応じて、バックラインの改善もしているし、対戦相手のスタイルに関係なく、自分たちの自信につながる取り組みをしている。目的意識とチーム意識の統一は素晴らしいと思う。ここまでの戦いぶりには満足しているが、まだ競争相手は多い。この道を歩み続けていくしかないだろう」 2022.01.17 12:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly