ジェコ恩返し弾など前半3発のインテルが主力多数不在のモウリーニョ率いるローマに圧勝!《セリエA》

2021.12.05 03:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で快勝した。

現在、5位のローマ(勝ち点25)は、ボローニャ相手に敵地で深くを取り、連勝がストップ。トップ4圏内との勝ち点差が徐々に開いており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて序盤の正念場を迎えている。ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣初対決に注目集まる今回のホームゲームではボローニャ戦から先発4人を変更。出場停止のエイブラハム、カルスドルプ、負傷のエル・シャーラウィに代えてショムロドフ、クンブラ、ビーニャを、ディアワラに代えてクリスタンテを起用した。

一方、直近3連勝を含むリーグ7戦無敗で3位に付けるインテル(勝ち点34)は、一部主力を温存した前節のスペツィア戦に2-0の完勝。週明けに首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、インザーギ監督は先発3人を変更。ディマルコ、ガリアルディーニ、ラウタロ・マルティネスに代えてバストーニ、バレッラ、古巣初対戦のジェコを起用した。

試合は開始早々にザニオーロのクロスからショムロドフがヘディングシュートを放つなど、ホームのローマが良い入りを見せたが、時間の経過と共に地力で勝るインテルがボールの主導権を握って押し込んでいく。

そして、15分には左CKの場面でキッカーのチャルハノールが右足インスウィングで鋭いカーブをかけたボールをニアへ入れると、ストーンに入っていたザニオーロのポジショニングの悪さ、ニアを全く警戒していなかったGKルイ・パトリシオの判断ミスが重なる形でパトリシオの股間を抜けたボールがそのままゴールネットに決まった。

やや幸運な形で先制に成功したインテルは、過密日程による疲労や急造布陣の影響でプレスの強度、連動性を欠くローマに対して、ストレスなくボールを動かしながら追加点のチャンスを窺っていく。すると24分、相手陣内左サイド深くでのペリシッチ、ホアキン・コレア、チャルハノール、バストーニという鮮やかなダイレクトのパス交換からチャルハノールがボックス左にフリーで抜け出すと、丁寧なマイナスの折り返しを昨季までオリンピコを根城にしていたジェコが左足のダイレクトでゴール左隅に突き刺した。

元エースストライカーに手痛い恩返し弾を浴びたローマは、何とか前半の内に1点を返そうと攻勢を強めていく。37分には厚みのある仕掛けから最後はボックス左に走り込んできたビーニャがフリーで左足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。

一方、久しぶりのピンチを凌いだインテルはこの直後に決定的な3点目を奪う。相手陣内左のハーフスペースでボールを縦に運んだフリーのバストーニが絶妙な左足のクロスをゴール前のスペースへ供給。これに大外で反応したダンフリースがDFビーニャの背後から抜け出して豪快なダイビングヘッドで合わせ、嬉しいセリエA初ゴールを挙げた。

敵地オリンピコで相手を圧倒する完璧なパフォーマンスで試合を折り返したインテルは、次戦のマドリー戦をやや意識してか後半は丁寧にボールを動かしながらゲームコントロール優先の試合運びにシフト。59分にはハムストリングを痛めたコレアと1枚カードをもらっていたバレッラを下げて、サンチェスとビダルを同時投入した。

一方、3点のビハインドを撥ね返そうと、勢いを持って後半に入ったローマだが、相手の老獪な守備を前になかなか攻撃の糸口を見つけられない。63分にはクンブラを下げてセントラルMFのボーヴェを最初のカードとして切り、クリスタンテを3バックの左に落とした。

互いにメンバーを入れ替えたことで、ここから再び試合に動きが出てくるかに思われたが、以降もインテルが決定機こそないものの、危なげなく時計を進めていく。そして、勝利を確信したインザーギ監督は75分を過ぎて殊勲のジェコ、バストーニ、チャルハノールとゴールに絡んだ選手たちを下げて、ベシーノ、ディマルコ、センシと控え選手を投入し、逃げ切り態勢に入った。

敗色濃厚もスタジアムに大挙したロマニスタの前で意地を見せたいローマは、82分にザニオーロが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。そして、一矢報いるゴールはおろか、後半に1本の枠内シュートも打てぬままタイムアップを迎えることになった。

ジェコの恩返し弾を含む前半の3ゴールで早々に試合を決めたインテルが、スコア以上の実力差を見せつける快勝でレジェンド指揮官モウリーニョ率いるローマを敵地で粉砕。リーグ4連勝を飾り、週明けのマドリー戦に弾みを付けている。一方、敗れたローマは多数の主力を欠くエクスキューズはあったものの、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて今冬の積極補強が必須と思える苦しい連敗となった。


関連ニュース
thumb

ペリシッチのスパーズ移籍が濃厚に…インテルでスクデットを勝ち取ったコンテと再タッグへ

今夏で契約満了を迎えるインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)はトッテナム移籍が濃厚のようだ。 2015年夏にヴォルフスブルクからインテルに加入したペリシッチ。2019-20シーズンのバイエルンへのレンタル移籍を挟んで在籍6年目となった今季は、公式戦49試合に出場し10ゴール9アシストと、33歳となってもバイタリティ溢れる力強いプレーでインテルの攻撃を支えた。 ただ、今夏で契約が満了になるにあたり、クラブは延長を求めていたものの、条件が合わず退団が濃厚に。そんなペリシッチの新天地となりそうなのがトッテナムだ。 チェルシーやユベントスも関心を示していたものの、イギリス『インデペンデント』など複数のメディアによると、元インテル指揮官のアントニオ・コンテがクロアチア代表MFを口説き、2年契約で口頭合意に至ったようだ。 また、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、30日の公式発表を予想している。 2022.05.28 13:31 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルのユニフォームとサポーターに忠誠を誓うシュクリニアル、2027年までの契約延長が迫る

スロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)は、今後数週間以内にインテルとの契約延長を行う見込みとのことだ。複数のイタリアメディアが報じている。 2017年7月の加入以降、常にインテルの最終ラインにおける中心選手として活躍してきたシュクリニアル。加入後の最初のシーズンでインテルにとって7年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献し、昨シーズンは2009-10シーズン以来となる悲願のスクデットを獲得した。今シーズンはスクデット獲得まで肉薄したもののわずかに及ばず。しかし、コッパ・イタリアとスーペル・コッパのカップ戦2冠を達成し、直近2シーズンで3つのタイトルホルダーとなった。 そんなシュクリニアルの現行契約は2023年6月まで。インテルが抱える財務上の懸念に加え、昨夏にはチェルシーやトッテナムが関心を寄せるなど、必ずしも残留し続けるわけではないのではないかとの観測も報じられてきた。 だが、当のシュクリニアルはそれらの憶測を常に一蹴。かねてよりインテル愛を公言し、複数のビッグクラブから打診があることを認めつつ、移籍には一切興味がないことを宣言してきた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シュクリニアルはインテルとの契約を2027年まで延長し、450万ユーロ(約6億1000万円)の年棒を得るとのことだ。 今シーズンはあと一歩のところでスクデット獲得を逃したインテル。ホームで行われた最終節のサンプドリア戦後には、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスなどが詰めかけた多くのサポーターの前で悔し涙を流すシーンもあった。 ラウタロやシュクリニアルのように、ユニフォームとサポーターに忠誠を誓い、魂でピッチを駆け抜ける選手たちこそ、来シーズンのスクデット奪還のために最も重要なピースとなるだろう。 2022.05.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルOBのベルゴミ氏はディバラのローマ移籍に否定的「彼らとピッチ内で同時に配置するのは困難だ」

ユベントスを今シーズン限りで退団するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の獲得を目指しているとされるローマ。しかし、インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏が戦術的な観点から否定的な見解を述べた。イタリア『トゥット・スポルト』が報じている。 先日行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦でフェイエノールトに1-0で勝利し、初代王者に輝いたローマ。最高の形でシーズンを締めくくったが、その一方でこれまでチームの攻撃を牽引してきた元アルメニア代表ヘンリク・ムヒタリアン(33)が契約満了に伴い今シーズン限りで退団となることが確実視されている。 そんな事情もあってか、就任1年目からクラブにタイトルをもたらしたジョゼ・モウリーニョ監督たっての希望で、ローマは今夏の移籍市場において即戦力となれるアタッカーを複数獲得したい考えと見られており、その1人がディバラだ。 ディバラ獲得を巡ってはインテルとの一騎打ちとされているが、イタリア『スカイ・スポーツ』に出演したベルゴミ氏は、ディバラとローマの現有戦力が組み合わさることは容易ではないとの見方を示した。 「ローマはどんな時でもエイブラハムのようなセンターフォワードを必要としていて、彼がいるからペッレグリーニやザニオーロら攻撃的なミッドフィルダーが幅を利かせている。彼らとディバラをピッチ内で同時に配置するのは困難だ」 「私はディバラ自身に問題があるとは思っていない。本当に強く、トッププレーヤーだ。彼は優れたストライカーと融合することで自分の良さを発揮するが、それには彼自身にとって最適なフォーメーションであることも重要だ」 ベルゴミ氏は、既存の選手たちとの共存や戦術的な観点から、ディバラにとってローマは理想的な場所ではないと説いた格好だ。 モウリーニョ監督は、来シーズンへ向けてイングランド代表FWタミー・エイブラハムとディバラの2トップを採用したい考えがあると見られているが、果たしてユベントスの象徴とも言われた稀代のファンタジスタを手中に収めることができるか。今後の動向に注目だ。 2022.05.27 15:09 Fri
twitterfacebook
thumb

大幅な減棒も受け入れる?ルカクがインテル復帰を強く希望

チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)。期待を裏切る結果となってしまった今シーズンを終え、わずか1年でインテルへの出戻りを希望しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 2020-21シーズンのセリエAで36試合24得点。絶対的なエースとしてインテルのスクデット奪還に大きく貢献したルカクだったが、クラブの財務状況悪化から売却を余儀なくされ、今シーズンからおよそ8年ぶりとなるチェルシー復帰を果たしていた。 大きな期待を寄せられロンドンの街へと戻ってきたルカクだったが、蓋を開けるとプレミアリーグではわずか8得点。全てのコンペディションを合わせても15得点と、加入前の期待値と比べれば散々たる結果に。トーマス・トゥヘル監督との確執も報じられるなど、シーズン中からインテル復帰が取り沙汰されてきた。 『カルチョ・メルカート』によると、シーズンが終了した現在、ルカクとインテルの両者は頻繁に連絡を取り合っており、ルカク本人がインテル復帰を強く希望していることから、現在の週給の半分であっても受け入れる姿勢を示しているという。 だが、インテルは昨夏同様に今夏も財務上の懸念を抱えており、現時点でルカクをチェルシーから完全移籍で獲得することは不可能と見られている。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)らはすでにルカクの代理人と会談の場を設けたとされており、最も現実的な選択肢がレンタル移籍になるとのことだ。 2020-21シーズンのセリエA最優秀選手賞を受賞しているルカク。慣れ親しんだイタリアの地に1年で舞い戻ってくるのだろうか。注目が集まっている。 2022.05.27 12:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアンのインテル行きが濃厚に! ローマを上回る好条件で口頭合意か

インテルが、ローマの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)の獲得に近づいているようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 今シーズン限りでローマとの契約満了となるムヒタリアンだが、交渉が進んでおらず、現状で退団が濃厚とされている。その中でインテルは以前から関連が取り沙汰されており、同クラブのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)も「フリートランスファーで獲得できる選手たちが大勢いる。このチャンスを逃すつもりはない」 と、獲得を示唆していた。 『メディアセット』によると、ローマは年俸300万ユーロ(約4億円)の1年契約というオファーを出しているものの、インテルの条件は年俸350万ユーロ(約4億7500万円)+アドオンの2年契約。明らかに後者の方が魅力的で、すでに口頭合意しているとも伝えられている。 数日以内にメディカルチェックも行われる予定で、33歳のインテル入りは既定路線となっているようだ。 2022.05.26 22:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly