ジェコ恩返し弾など前半3発のインテルが主力多数不在のモウリーニョ率いるローマに圧勝!《セリエA》

2021.12.05 03:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で快勝した。現在、5位のローマ(勝ち点25)は、ボローニャ相手に敵地で深くを取り、連勝がストップ。トップ4圏内との勝ち点差が徐々に開いており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて序盤の正念場を迎えている。ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣初対決に注目集まる今回のホームゲームではボローニャ戦から先発4人を変更。出場停止のエイブラハム、カルスドルプ、負傷のエル・シャーラウィに代えてショムロドフ、クンブラ、ビーニャを、ディアワラに代えてクリスタンテを起用した。

一方、直近3連勝を含むリーグ7戦無敗で3位に付けるインテル(勝ち点34)は、一部主力を温存した前節のスペツィア戦に2-0の完勝。週明けに首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、インザーギ監督は先発3人を変更。ディマルコ、ガリアルディーニ、ラウタロ・マルティネスに代えてバストーニ、バレッラ、古巣初対戦のジェコを起用した。

試合は開始早々にザニオーロのクロスからショムロドフがヘディングシュートを放つなど、ホームのローマが良い入りを見せたが、時間の経過と共に地力で勝るインテルがボールの主導権を握って押し込んでいく。

そして、15分には左CKの場面でキッカーのチャルハノールが右足インスウィングで鋭いカーブをかけたボールをニアへ入れると、ストーンに入っていたザニオーロのポジショニングの悪さ、ニアを全く警戒していなかったGKルイ・パトリシオの判断ミスが重なる形でパトリシオの股間を抜けたボールがそのままゴールネットに決まった。

やや幸運な形で先制に成功したインテルは、過密日程による疲労や急造布陣の影響でプレスの強度、連動性を欠くローマに対して、ストレスなくボールを動かしながら追加点のチャンスを窺っていく。すると24分、相手陣内左サイド深くでのペリシッチ、ホアキン・コレア、チャルハノール、バストーニという鮮やかなダイレクトのパス交換からチャルハノールがボックス左にフリーで抜け出すと、丁寧なマイナスの折り返しを昨季までオリンピコを根城にしていたジェコが左足のダイレクトでゴール左隅に突き刺した。

元エースストライカーに手痛い恩返し弾を浴びたローマは、何とか前半の内に1点を返そうと攻勢を強めていく。37分には厚みのある仕掛けから最後はボックス左に走り込んできたビーニャがフリーで左足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。

一方、久しぶりのピンチを凌いだインテルはこの直後に決定的な3点目を奪う。相手陣内左のハーフスペースでボールを縦に運んだフリーのバストーニが絶妙な左足のクロスをゴール前のスペースへ供給。これに大外で反応したダンフリースがDFビーニャの背後から抜け出して豪快なダイビングヘッドで合わせ、嬉しいセリエA初ゴールを挙げた。

敵地オリンピコで相手を圧倒する完璧なパフォーマンスで試合を折り返したインテルは、次戦のマドリー戦をやや意識してか後半は丁寧にボールを動かしながらゲームコントロール優先の試合運びにシフト。59分にはハムストリングを痛めたコレアと1枚カードをもらっていたバレッラを下げて、サンチェスとビダルを同時投入した。

一方、3点のビハインドを撥ね返そうと、勢いを持って後半に入ったローマだが、相手の老獪な守備を前になかなか攻撃の糸口を見つけられない。63分にはクンブラを下げてセントラルMFのボーヴェを最初のカードとして切り、クリスタンテを3バックの左に落とした。

互いにメンバーを入れ替えたことで、ここから再び試合に動きが出てくるかに思われたが、以降もインテルが決定機こそないものの、危なげなく時計を進めていく。そして、勝利を確信したインザーギ監督は75分を過ぎて殊勲のジェコ、バストーニ、チャルハノールとゴールに絡んだ選手たちを下げて、ベシーノ、ディマルコ、センシと控え選手を投入し、逃げ切り態勢に入った。

敗色濃厚もスタジアムに大挙したロマニスタの前で意地を見せたいローマは、82分にザニオーロが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。そして、一矢報いるゴールはおろか、後半に1本の枠内シュートも打てぬままタイムアップを迎えることになった。

ジェコの恩返し弾を含む前半の3ゴールで早々に試合を決めたインテルが、スコア以上の実力差を見せつける快勝でレジェンド指揮官モウリーニョ率いるローマを敵地で粉砕。リーグ4連勝を飾り、週明けのマドリー戦に弾みを付けている。一方、敗れたローマは多数の主力を欠くエクスキューズはあったものの、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて今冬の積極補強が必須と思える苦しい連敗となった。

関連ニュース
thumb

ゴセンスがインテルと個人間合意か、26日にも移籍決定へ

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンス(27)がインテルと個人間合意に達したようだ。イタリア『Sportitalia』や『スカイ』が報じている。 『Sportitalia』によれば買い取り義務付きのレンタルとなり、移籍金は2500万ユーロ(約32億1000万円)+ボーナス、年俸は250万ユーロ(約3億2000万円)+ボーナスとのことだ。 なお、ニューカッスルはインテルよりも好条件のオファーを提示していたようだが、ゴセンス本人がインテル行きを希望したため、交渉がまとまったようだ。イタリア『スカイ』によれば26日にも移籍が決まるとのことだ。 現在、太ももを痛めて9月から戦列を離れているゴセンスだが、インテルではクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(32)が今季で切れる契約を延長しない意向であると報じられ、その後釜としてゴセンスを迎え入れられる模様だ。 2022.01.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、シモーネ・インザーギ監督がコロナ感染…自身2度目の感染に

インテルは24日、シモーネ・インザーギ監督が新型コロナウイルス検査で陽性反応が確認されたことを報告した。 症状としては多少の咳はあるものの、ほとんど無症状で元気な状態とのこと。同監督がコロナに感染するのは今回で2度目。ラツィオ在籍時の2021年4月に初めて罹っており、その時も無症状だった。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、オミクロン株発生以来、インテルのロッカールーム関係者で感染したのはインザーギ監督で4人目。22日にセリエA第22節でヴェネツィアと対戦しているが、ヴェネツィアでは試合直前に選手・スタッフ合わせて10名の新規感染者が確認されていた。 ただ、インテルでは指揮官含めて全員がワクチン接種済み。トレーニングは通常通り行われているようだ。 2022.01.25 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

準々決勝の日程が決定! インテルvsローマ、ミランvsラツィオなど《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝の日程が決定した。 1月12日から20日にかけて行われたベスト16では、前回王者ユベントスや、ファイナリストのアタランタ、ミラノ勢が順当に駒を進める中、一昨シーズンの覇者ナポリは、合計3人の退場者を出したフィオレンティーナとの大荒れの試合で、延長戦までもつれ込んだ結果、2-5の敗戦を喫した。 準々決勝では、インテルvsローマや、ミランvsラツィオなど、セリエA上位陣によるビッグマッチが実現。ナポリを破ったフィオレンティーナはアタランタと、ユベントスはサッスオーロと対戦する。 ◆コッパ・イタリア準々決勝日程 ▽2/8(火) 《29:00》 インテル vs ローマ ▽2/9(水) 《29:00》 ミラン vs ラツィオ ▽2/10(木) 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《29:00》 ユベントス vs サッスオーロ 2022.01.25 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

冬の補強目指すインテル、現在負傷中のアタランタMFゴセンス獲得に関心か

インテルがアタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンス(27)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 フィテッセの下部組織に所属していたゴセンスは、その後ドルトレヒト、ヘラクレスを経て2017年6月にアタランタへ加入。アタランタでは徐々に頭角を現し主軸の座をつかむと、ここまで公式戦157試合に出場して29ゴール21アシストを記録している。 こうした活躍が評価され、昨夏に開催されたユーロ2020のドイツ代表のメンバーに選ばれると、全試合に出場して1ゴール2アシストの成績を残した。 今季は10月に負ったハムストリングの負傷が長引き、ここまで公式戦8試合の出場にとどまっているが、左サイドのスペシャリストとしてリーグ屈指の選手に成長したゴセンスに対しては、インテルが強い関心を示しているという。 インテルはクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(32)との契約が今夏で満了となるものの、契約延長に向けた交渉には進展がない。こうした状況を受け、今月中にもゴセンス獲得のためのオファーを提出する可能性があるようだ。 一方で、アタランタと2023年夏までの契約を残すゴセンスに対しては、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を手にしたニューカッスルも獲得に関心を示しており、去就が注目されている。 2022.01.25 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州予選POを控えるイタリア代表がトレーニングキャンプメンバーが発表! バロテッリが約3年半ぶりの招集

イタリアサッカー協会(FIGC)は24日、フィレンツェで行われるトレーニングキャンプに向けたイタリア代表メンバーを発表した。 同トレーニングキャンプは26日から28日までの3日間で実施。カタール・ワールドカップ欧州予選プレーオフに向けた強化合宿となる。 注目の招集者では、アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが2018年9月以来の代表入りを果たした。 また、GKマルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)、DFルイス・フェリペ(ラツィオ)、DFジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)、MFニコロ・ファジョーリ(ユベントス)、MFダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)、MFサムエレ・リッチ(エンポリ)、FWジョアン・ペドロ(カリアリ)の7名が初招集となった。 イタリアは、3月24日に行われる欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニア代表と対戦。勝利した場合には、決勝でポルトガル代表vsトルコ代表の勝者と対戦する。 ◆イタリア代表メンバー GK マルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)※ アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) サルバトーレ・シリグ(ジェノア) アレックス・メレト(ナポリ) DF アレッサンドロ・バストーニ(インテル) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) ダビデ・カラブリア(ミラン) アレッサンドロ・フロレンツィ(ミラン) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) マッティア・デ・シリオ (ユベントス) ルカ・ペッレグリーニ(ユベントス) ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) ルイス・フェリペ(ラツィオ)※ ジャンルカ・マンチーニ(ローマ) ジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)※ ラファエウ・トロイ(アタランタ) MF ニコロ・バレッラ(インテル) ステファノ・センシ(インテル) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) ニコロ・ザニオーロ(ローマ) ニコロ・ファジョーリ(ユベントス)※ マヌエル・ロカテッリ(ユベントス) ダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)※ マッテオ・ペッシーナ(アタランタ) サムエレ・リッチ(エンポリ)※ サンドロ・トナーリ(ミラン) マッティア・ザッカーニ(ラツィオ) FW マリオ・バロテッリ(アダナ・デミルスポル/トルコ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ) ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) チーロ・インモービレ(ラツィオ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) ジョアン・ペドロ(カリアリ)※ ※は初招集メンバー 2022.01.25 07:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly