ジェコ恩返し弾など前半3発のインテルが主力多数不在のモウリーニョ率いるローマに圧勝!《セリエA》

2021.12.05 03:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で快勝した。

現在、5位のローマ(勝ち点25)は、ボローニャ相手に敵地で深くを取り、連勝がストップ。トップ4圏内との勝ち点差が徐々に開いており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて序盤の正念場を迎えている。ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣初対決に注目集まる今回のホームゲームではボローニャ戦から先発4人を変更。出場停止のエイブラハム、カルスドルプ、負傷のエル・シャーラウィに代えてショムロドフ、クンブラ、ビーニャを、ディアワラに代えてクリスタンテを起用した。

一方、直近3連勝を含むリーグ7戦無敗で3位に付けるインテル(勝ち点34)は、一部主力を温存した前節のスペツィア戦に2-0の完勝。週明けに首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、インザーギ監督は先発3人を変更。ディマルコ、ガリアルディーニ、ラウタロ・マルティネスに代えてバストーニ、バレッラ、古巣初対戦のジェコを起用した。

試合は開始早々にザニオーロのクロスからショムロドフがヘディングシュートを放つなど、ホームのローマが良い入りを見せたが、時間の経過と共に地力で勝るインテルがボールの主導権を握って押し込んでいく。

そして、15分には左CKの場面でキッカーのチャルハノールが右足インスウィングで鋭いカーブをかけたボールをニアへ入れると、ストーンに入っていたザニオーロのポジショニングの悪さ、ニアを全く警戒していなかったGKルイ・パトリシオの判断ミスが重なる形でパトリシオの股間を抜けたボールがそのままゴールネットに決まった。

やや幸運な形で先制に成功したインテルは、過密日程による疲労や急造布陣の影響でプレスの強度、連動性を欠くローマに対して、ストレスなくボールを動かしながら追加点のチャンスを窺っていく。すると24分、相手陣内左サイド深くでのペリシッチ、ホアキン・コレア、チャルハノール、バストーニという鮮やかなダイレクトのパス交換からチャルハノールがボックス左にフリーで抜け出すと、丁寧なマイナスの折り返しを昨季までオリンピコを根城にしていたジェコが左足のダイレクトでゴール左隅に突き刺した。

元エースストライカーに手痛い恩返し弾を浴びたローマは、何とか前半の内に1点を返そうと攻勢を強めていく。37分には厚みのある仕掛けから最後はボックス左に走り込んできたビーニャがフリーで左足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。

一方、久しぶりのピンチを凌いだインテルはこの直後に決定的な3点目を奪う。相手陣内左のハーフスペースでボールを縦に運んだフリーのバストーニが絶妙な左足のクロスをゴール前のスペースへ供給。これに大外で反応したダンフリースがDFビーニャの背後から抜け出して豪快なダイビングヘッドで合わせ、嬉しいセリエA初ゴールを挙げた。

敵地オリンピコで相手を圧倒する完璧なパフォーマンスで試合を折り返したインテルは、次戦のマドリー戦をやや意識してか後半は丁寧にボールを動かしながらゲームコントロール優先の試合運びにシフト。59分にはハムストリングを痛めたコレアと1枚カードをもらっていたバレッラを下げて、サンチェスとビダルを同時投入した。

一方、3点のビハインドを撥ね返そうと、勢いを持って後半に入ったローマだが、相手の老獪な守備を前になかなか攻撃の糸口を見つけられない。63分にはクンブラを下げてセントラルMFのボーヴェを最初のカードとして切り、クリスタンテを3バックの左に落とした。

互いにメンバーを入れ替えたことで、ここから再び試合に動きが出てくるかに思われたが、以降もインテルが決定機こそないものの、危なげなく時計を進めていく。そして、勝利を確信したインザーギ監督は75分を過ぎて殊勲のジェコ、バストーニ、チャルハノールとゴールに絡んだ選手たちを下げて、ベシーノ、ディマルコ、センシと控え選手を投入し、逃げ切り態勢に入った。

敗色濃厚もスタジアムに大挙したロマニスタの前で意地を見せたいローマは、82分にザニオーロが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。そして、一矢報いるゴールはおろか、後半に1本の枠内シュートも打てぬままタイムアップを迎えることになった。

ジェコの恩返し弾を含む前半の3ゴールで早々に試合を決めたインテルが、スコア以上の実力差を見せつける快勝でレジェンド指揮官モウリーニョ率いるローマを敵地で粉砕。リーグ4連勝を飾り、週明けのマドリー戦に弾みを付けている。一方、敗れたローマは多数の主力を欠くエクスキューズはあったものの、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて今冬の積極補強が必須と思える苦しい連敗となった。

関連ニュース
thumb

インテルがサンチェスとの契約解除を発表

インテルは8日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2019年夏からインテルで過ごすサンチェス。昨季も出場数だけなら公式戦38試合を記録したが、使われ方は限定的で、ベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰した新シーズンでは、さらなる序列低下が見込まれていた。 インテルは公式サイトで「3つのトロフィー獲得したアレクシスの3シーズンに感謝するとともに、彼の残りのキャリアに幸運が訪れることを願っている」と、感謝の声明を発表している。 なお、フリーとなったアレクシスにはマルセイユ行きが噂されており、先日には同クラブのパブロ・ロンゴリア会長がサンチェスと接触したことを認める発言をしたとフランス『レキップ』が伝えていた。 2022.08.09 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルはDFシュクリニアルをとどめるべき... PSM5試合10失点を受けて伊紙が主張

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)をチームにとどめるべきであると、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が主張している。 今夏、しきりにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が報じられるシュクリニアル。現時点ではインテルが5000万ユーロ(約69億円)のオファーを拒否するも、それを受けたPSG側が新たなオファーを検討中と伝えられており、交渉成立の可能性は残されているものと考えられる。 だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、2つのポイントを挙げてインテルにシュクリニアル残留を呼びかけている。 まずプレシーズンマッチで露見した守備の懸念だ。インテルはリヨンやビジャレアル、モナコ、RCランス、ルガーノと対戦し、5試合で10失点。ケガ明けのシュクリニアルもコンディションが万全でなく、唯一スタメン出場したビジャレアル戦で4失点を喫するなど、守備に不安を残した状態でセリエA開幕を迎えることとなった。 しかし、インテルにとってシュクリニアルは唯一無二の存在。最終ラインはシュクリニアルを中心に構築すべきであり、もし放出すればこれまでの積み上げが台無しになる危険があると考えられている。 次に後釜となる選手への懸念だ。インテルは当初、トリノで昨季のセリエA最優秀DF賞を受賞したブラジル人DFグレイソン・ブレーメルをリストアップ。ブレーメル自身もインテル移籍に惹かれていたものの、最終的にはオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後釜としてユベントス入りを決断している。 現在はドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)を注視しているとのこと。だが、ドルトムント側が売却に消極的なうえ、獲得できたとしてもイタリアサッカーへの適応など不安要素が多いと分析されている。 2022.08.08 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチェスが2年契約でマルセイユへ! 今週中にも移籍完了

チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)のマルセイユ移籍が決定的なようだ。 2019年夏からインテルで過ごすサンチェス。昨季も出場数だけなら公式戦38試合を記録したが、使われ方は限定的で、ベルギー代表FWロメル・ルカクが復帰しての新シーズンではさらなる序列低下が見込まれている。 給与的にインテルも残しておけず、今夏の移籍が濃厚視されるなか、マルセイユ行きが専らの噂に。そして、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、マルセイユ加入が決まった模様だ。 インテルとの契約を来季まで残すサンチェスだが、数日前に合意済みの解除が正式に決まった後、今週中にもマルセイユ行きが完了する見通し。マルセイユとは2024年6月までの契約になるという。 なお、フランス『レキップ』によると、マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長はサンチェスとの接触を認める発言をしている模様だ。 2022.08.08 16:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ファビアン・ルイスのPSG行きがラスパドーリやピナモンティの去就に影響も?

セリエAで移籍ドミノが起こる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 財政的に厳しい状況のなか、来季までの契約延長を拒んだスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が迫っているとの報道がなされるナポリ。売却が成立した場合は資金に余裕ができ、サッスオーロからイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)の獲得を目指せるという。 そうなると、サッスオーロはイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカに続いてラスパドーリまでも流出となり、後釜としてインテルからイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)の獲得に全力に注ぐことになる模様。ピナモンティは昨季、レンタル先のエンポリでセリエA36試合13得点2アシストを記録して、イタリア代表にも初選出されたが、インテルは今夏売却を既定路線としているようだ。 最近、ピナモンティの獲得に最も近かったのはアタランタだが、ライプツィヒからナイジェリア代表MFアデモラ・ルックマンを確保。選手本人もアタランタ行きを希望していたようだが、これにより、別の選択肢を検討し始めたようだ。 なお、インテルは移籍金として2000万ユーロ(約27億5000万円)を要求。将来的な買い戻しオプションの付帯を条件にしているものとみられている。 2022.08.08 16:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがインテルを4発撃破、ラ・リーガ開幕に弾み《PSM》

プレシーズンマッチのインテルvsビジャレアルがが6日に行われ、2-4でビジャレアルが勝利した。 来週にセリエA開幕を控えるインテルと、同じくラ・リーガ開幕を1週間後に控えるビジャレアルのプレシーズン最終戦。 インテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップで挑み、ビジャレアルはパレホやパウ・トーレス、アルビオルらがスタメンとなった。 立ち上がりから押し込んだのはインテルだったが、先制したのはビジャレアル。29分、浮き球のルーズボールをボックス左のペドラサがボレーで叩き込んだ。 それでも36分、インテルが同点とする。左サイドからのゴセンスのクロスをルカクが頭で合わせた。 しかし43分、敵陣でボールを奪った流れからコクランが勝ち越しゴールを挙げ、ビジャレアルが2-1として前半を終えた。 そして迎えた後半、ビジャレアルが突き放す。開始3分、ペドラサがボックス左をドリブルで突進し、そのままシュートを突き刺した。 2点を追う展開となったインテルが前がかる中、66分に1点差に詰め寄る。左サイドからのディマルコのクロスをダンブロージオがヘッドで合わせた。 しかし81分、ジャクソンがダメ押しのゴールを挙げたビジャレアルが4-1で勝利。ラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。 インテル 2-4 ビジャレアル 【インテル】 ルカク ダンブロージオ 【ビジャレアル】 ペドラサ(29分) コクラン(43分) ペドラサ(48分) ジャクソン(81分) 2022.08.07 05:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly