【J1注目プレビュー|最終節:清水vsC大阪】勝ち点1で自力残留、C大阪は大久保嘉人のJラストマッチ

2021.12.04 11:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ最終節】
2021年12月4日(土)
14:00キックオフ
清水エスパルス(15位/39pt) vs セレッソ大阪(11位/48pt)
[IAIスタジアム日本平]

◆勝ち点1で残留へ【清水エスパルス】

苦しい戦いを続けていた清水だがサンフレッチェ広島、浦和レッズを相手に連勝。3試合で勝ち点7を積み上げ、降格圏から離れた。

この7ポイントがなければ既に降格が決定していたと考えると、どれだけ大きなものだったか。特に守備陣が2試合連続クリーンシートで終えたことが勝ち点3を呼び込んでおり、引き分けに終わっていても降格圏という苦しい状況だっただけに、チームとして良い流れを生み出せている状況だ。

前節も後半アディショナルタイムに劇的ゴールを奪い勝利。粘りが出たことが残留に近づけている一方で、全く安心できないのが今節の戦いだ。

降格圏の徳島ヴォルティスとは勝ち点差「3」。16位湘南ベルマーレとも勝ち点差「3」だけに、引き分ければ残留が決まる。しかし、負けた場合、両チームが勝利すれば降格決定。得失点差のリードがほとんどないだけに、一気に転落の可能性もある。

清水としては、ここ2試合で見せた粘り強さと、アグレッシブに戦うことが何よりも重要視される。勝利を目指して戦い、リスクを回避してプレーできるかどうか。目の前の一戦で勝ち点を奪うことに集中したい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:権田修一
DF:原輝綺、ヴァウド、鈴木義宜、片山瑛一
MF:西澤健太、松岡大起、竹内涼、中村慶太
FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ
監督:平岡宏章

◆ラストマッチでストライカーは何を見せる【セレッソ大阪】

残留も決まり1桁順位にも届かないC大阪。目的は天皇杯制覇に切り替わっているはずだ。

しかし、この一戦はFW大久保嘉人にとってのJリーグでのラストマッチ。最もゴールを決めている男が、最後に何かを見せてくれそうな予感すらある。

チームとしては天皇杯へ繋げるためにも、しっかりと勝利を収めて終わりたいところ。当然のことながら勝利を目指して戦うことには変わりない。

さらに言えば、2004年から一度も勝てていないアウェイの清水戦。この鬼門を乗り越えれば、チームとしても大きな自信になることだろう。最後に打ち破り、勢いに乗ってアジアへ。C大阪の攻撃陣に注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、藤田直之、奥埜博亮、清武弘嗣
FW:大久保嘉人、山田寛人
監督:小菊昭雄


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:柏vsG大阪】チームを勢いづけるルーキーたち、輝きを放つのは!?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 19:00キックオフ 柏レイソル(4位/20pt) vs ガンバ大阪(12位/14pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆メモリアルマッチで勝利へ【柏レイソル】 前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦だったが、ゴールレスドローに終わった。それでもチームは4位と上位をキープ。この勝ち点1を生かしたい。 今節は『柏レイソル創立30周年記念マッチ』というメモリアルゲームのため、ホームでしっかりと勝利を収めたいところ。上位を守るという点でも、勝ち点3を取りたい。 チームとしては前線からの連動したプレスでボールを奪い、そのままゴールを仕留めていきたいところ。G大阪の隙を突くことは十分可能と言えるだろう。 あとはいかにしてゴールを奪うか。サンフレッチェ広島戦で逆転勝利の立役者となったルーキーのFW森海渡にも注目が集まる。チャンスをしっかりと仕留める力があれば、勝利は見込めるだろう。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:キム・スンギュ DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽 MF:大南拓磨、椎橋慧也、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、中村慶太 FW:細谷真大、アンジェロッティ 監督:ネルシーニョ ◆連勝を収めて上昇なるか【ガンバ大阪】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦となったが、2-0で勝利。6試合ぶりの白星となった。 苦しい戦いが続いていた中で、キッカケとしたい勝利に。数的不利な相手を終盤まで崩せないという展開だったが、それでもしっかりと勝ち点3を獲得したことは大きい。 特に注目なのがルーキーのMF中村仁郎だ。2試合連続で先発した神戸戦では、攻撃を牽引するパフォーマンスを見せ、チームの攻撃にアクセントをつけられる貴重な存在となっている。 柏のハイプレスに対してどう対応できるかは実物だが、中村の特徴を活かしながら、チーム全体でしっかりとした攻撃の形を見せられるかが勝利への道となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:一森純 DF:柳澤亘、昌子源、クォン・ギョンウォン、黒川圭介 MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、山見大登 FW:中村仁郎、パトリック 監督:片野坂知宏 2022.05.14 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:湘南vs横浜FM】2勝目欲しい湘南、3連勝目指す横浜FMによる“神奈川ダービー”

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 16:00キックオフ 湘南ベルマーレ(17位/7pt) vs 横浜F・マリノス(3位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆ホーム初勝利なるか【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイでアビスパ福岡相手にゴールレスドロー。連敗を「2」でストップした。 もはや定位置となりかけている残留争いの湘南。今季2勝目、ホーム初勝利を目指す相手は横浜FMだ。 ここ数年磨かれているアタッキングフットボールで圧倒的な攻撃力を見せている横浜FM。ホームゲームながら、やはり守備から入らなくてはいけない試合となるだろう。 湘南としては4失点した前回のホームゲームの清水エスパルス戦の二の舞は避けなければいけない。油断せず、しっかりと耐えていくことがまずは大事だろう。 あとはいかにして少ないチャンスをゴールに繋げるか。相手の隙を突くという集中力、守備で隙を作らない集中力が必要だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:大岩一貴、舘幸希、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:タリク、町野修斗 監督:山口智 ◆6連戦の初戦で良いスタートを【横浜F・マリノス】 前節はホームに名古屋グランパスを迎え、2-1で勝利。ACLでの疲労も感じさせず、しっかりとした戦いぶりを見せた。 今シーズンは開幕からローテーションを繰り返しており、選手の底上げはACLでも実現。その結果、ケガや出場停止を含めた選手変更があっても、動じないチームになっている。 しかし、ここからは怒涛の6連戦。優勝を目指すという点では、この6連戦を勝ち切ることは非常に重要となる。 前節はエウベルと岩田智輝が負傷。しかし、代役はたくさんいる。しっかりと全体が連動し、得意のパスワークで湘南のブロックを崩せるか。フィニッシュワークにも注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、仲川輝人 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.14 13:34 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:川崎Fvs福岡】強い川崎Fをホームで見せられるか、福岡はどうボールを奪う

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 16:00キックオフ 川崎フロンターレ(2位/23pt) vs アビスパ福岡(11位/15pt) [等々力陸上競技場] ◆強い川崎Fをホームで見せつけろ【川崎フロンターレ】 Jリーグ勢唯一となるACLでの敗退を受け、失意の中で迎えた前節は、アウェイで清水エスパルスに0-2で快勝を収めた。 ここまで数字を残せていなかった脇坂泰斗が1ゴール1アシストと攻撃を牽引。改めてリーグ3連覇を目指すリスタートの試合を飾った。 今節はホームでの1カ月ぶりの試合に。強い川崎Fを多くのファンの前で再び示すチャンスが巡ってきた。 清水戦では甲種に渡り圧倒し、その強さを見せつけた。コンディション面も問題はなさそうで、あとは相手のコレクティブな守備をどう崩すのか。川崎Fらしさを見せつけるにはうってつけの相手。しっかりと連動した崩しで、大量ゴールを目指したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 ◆どのようにボールを奪い切るか【アビスパ福岡】 前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦でゴールレスドロー。堅守を見せたものの、攻撃面の課題が浮き彫りとなった。 しっかりと引いてブロックを作る相手に対し、崩し切る力はまだ備わっていない。一方で、しっかりと守り抜くという力は見せつけた試合となった。 今節の相手は攻撃力に秀でる川崎F。ここまで7失点しかしていない堅守を見せつけることができるかが注目だ。 ポゼッションは川崎Fになるが、そのボールをどう奪いにいくのか。行き過ぎてひっくり返されず、しっかりと奪い切る守備を見せたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:前嶋洋太、奈良竜樹、宮大樹、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也 FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也 監督:長谷部茂利 2022.05.14 13:22 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:鹿島vs札幌】完敗を払拭したい首位・鹿島、札幌は6戦連続クリーンシートへ

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(1位/25pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(9位/17pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆ピッチ上での判断がカギ【鹿島アントラーズ】 首位に立ち、3連勝を目指して臨んだ前節のアウェイでのサンフレッチェ広島戦では、3-0の完敗。今季最悪の出来だったと言っても良い試合だった。 特にビルドアップが全くうまくいかず、広島にそこを狙われた形に。これまで積み上げてきたものをさらに昇華させる必要があることを感じたはずだ。 CBからの攻撃の組み立てが求められている中、相手の出方によってはピッチ上での修正が必要。前線に当てるのか、サイドに開くのか、ボランチが下りてくるのか、全体的に押し上げるのかだ。 相手はマンツーマンディフェンスを体得している札幌。パスの受け手へのプレス、出し手へのプレスはお手の物。判断をしっかりしなければ、波に飲み込まれて連敗もあり得るだけに、しっかりと戦いたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、樋口雄太 MF:和泉竜司、ファン・アラーノ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世 監督:レネ・ヴァイラー ◆最後まで押し込み続けられるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに京都サンガF.C.を迎え、1-0で勝利を収めた札幌。これで5試合無敗を継続した。 今季はここまでわずか1敗と安定した戦いを見せている。開幕から6連続ドローと勝ち切れなさも目についたが、ここ5試合は連続クリーンシートとさらに精度を上げている。 マンツーマンディフェンスがしっかりと機能し、相手からボールを奪えば、そのままゴールに向かうというアグレッシブな攻撃スタイルは継続。それもあり、守備では無失点、ゴールも奪えているという状況だ。 リードしていても守ることはなく、しっかりと攻め続けて相手を押し込むという戦い方。見るものが一番熱狂できるスタイルで結果を残しつつある。この首位との戦いは、さらに力試しとなるだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、高嶺朋樹、菅大輝 MF:金子拓郎、駒井善成 FW:ガブリエル・シャビエル 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2022.05.14 12:13 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:神戸vs鳥栖】神戸の初勝利は? 鳥栖はハイプレスで攻略を

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 15:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/4pt) vs サガン鳥栖(4位/19pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆続く苦境、どう乗り越えるか【ヴィッセル神戸】 ACLでの戦いを終えて再開したJリーグ初戦。ガンバ大阪との一戦は、2-0の敗戦となった。 決して調子が良かったわけではないG大阪を相手に、ケガでACLを欠場したアンドレス・イニエスタも復帰して随所に良さを見せたが、ゴールが遠かった。 特にピッチ上ではチグハグさが目立ち、菊池流帆も前半で退場という難しさはあったが、11線未勝利という事実は変わらず。そろそろ初勝利がないと、厳しい事態が待っている。 ケガ人は徐々に戻りつつある中、やはり勝利という目に見えた結果しか事態を好転させることは難しいはず。ハードなプレーで相手の守備陣を壊しにくる鳥栖を相手にどう振る舞うか注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:酒井高徳、槙野智章、大﨑玲央、初瀬亮 MF:扇原貴宏、山口蛍 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:大迫勇也 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 出場停止:菊池流帆 ◆今季初の連勝へ、プレスをかけ続けろ【サガン鳥栖】 前節はアウェイでFC東京を相手に0-1で勝利。堀米勇輝の左足が火を吹き、GKヤクブ・スウォビィクの牙城を破った。 鳥栖としては貫いているスタイルを継続することで、神戸攻略の糸口は見える。G大阪戦でも相手のハードなプレスに苦労していただけに、鳥栖の強度であればよりボールを奪う回数は増えてくるはずだ。 あとは、奪ってからのショートカウンター、奪われた時の即時奪回がしっかりと90分を通してできるかどうか。個のクオリティはいうまでもなく神戸は高く、隙を見せれば一撃で仕留められてしまう可能性もある。 また、ボールを握った戦いでもしっかりと対抗できるはず。しっかりと勝利を収め、今季初の連勝を収めたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、菊地泰智 FW:小野裕二 監督:川井健太 2022.05.14 12:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly