『SUZUKI』のロゴも存在感を放つ、トリノ115周年記念ユニはえんじベースのシンプルなデザインに

2021.12.02 21:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは1日、クラブ創立115周年を記念した特別ユニフォームのデザインを発表した。

ユニフォームサプライヤー『Joma』によって仕立てられた記念ユニフォームは、チームカラーのえんじ色をベースとしている。光沢が抑えられ各ロゴを白であしらうなど、襟付きでシンプルながらもスタイリッシュなデザインとなった。

左胸にはクラブの象徴である雄牛があしらわれ、その下にクラブの創立日“3 Dicembre 1906”の文字が。フロントの中央ではメインスポンサーである日本の自動車メーカー『SUZUKI』のロゴが存在感を放っている。

襟の内側にはトリノがこれまで獲得した7つのスクデットと5つのコッパ・イタリアを示すパッチが施され、首元の背面にもクラブ名とともに“La Nostra Storia ÉLenggenda(我々の歴史と伝説)”の誇り高いメッセージが刻まれた。ショーツやソックスもえんじに白字で統一されている。

GK用のユニフォームは黒がベースだ。ロゴやエンブレムなどはオレンジから朱色にかかるような色味のデザインとなっている。

なお、着用は2日に行われるセリエA第15節、ホームでのエンポリ戦を予定しているとのことだ。



1 2

関連ニュース
thumb

エイブラハムのドッピエッタでローマがEL出場権獲得、ECL決勝に弾み《セリエA》

ローマは20日、セリエA最終節でトリノとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。 前節ヴェネツィア戦を痛恨のドローで終えた6位ローマ(勝ち点60)だったが、後続の7位フィオレンティーナ(勝ち点59)、8位アタランタ(勝ち点59)が前節共に敗れたことでヨーロッパリーグ(EL)出場圏内を維持。フェイエノールトとのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝を6日後に控える中、勝利すればEL出場権獲得となるローマはエイブラハムとショムロドフの2トップで臨んだ。 10位トリノ(勝ち点50)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、19分にローマに先制のチャンス。CKからクンブラのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれた。 その後、トリノに攻め込まれたローマは27分、ブレカロのシュートはGKルイ・パトリシオの正面で助かり、続く31分にもベロッティにボックス内から際どいシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。 すると33分、ボックス中央でペッレグリーニのスルーパスを受けたエイブラハムが対応したジマを外してGKとの一対一を決めきった。 さらに41分にはPKを獲得する。バックパスが短くなったところをエイブラハムが突いてGKベリシャに倒された。これをエイブラハム自ら決めたローマが2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、開始6分にポベガにボックス内から枠内シュートを打たれたローマはGKルイ・パトリシオが好守で凌ぐと、続く57分にはCKからベロッティのヘディングシュートでゴールを脅かされる。 それでも77分、直前に投入されていたザニオーロがボックス内でボンジョルノに倒されてPKを獲得。これをペッレグリーニが決めて3-0と突き放した。 このまま3-0で快勝としたローマが6位以上を確定させ、来季のEL出場権を獲得し、ECL決勝へ弾みを付けている。 2022.05.21 05:42 Sat
twitterfacebook
thumb

国内外のビッグクラブが関心を寄せるトリノDFブレメル、今夏の争奪戦は必至だ

今夏の移籍市場における人気銘柄といえば、現在セリエA・トリノに所属するブラジル人DFグレイソン・ブレメル(25)だ。イタリア国内外の多くのビッグクラブが彼に関心を寄せている。 2018年7月にアトレチコ・ミネイロからトリノへ加入したブレメル。今シーズンはここまで33試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてトリノの堅守に貢献。チームの順位こそ10位ながら、失点数は37試合で「38」と、セリエA全体で5番目に少ない失点数を記録している。 負傷のために一足先にシーズンを終えてしまったブレメルだが、今夏、彼を巡って各クラブが激しい攻防を繰り広げるのは間違いない。 2024年6月までトリノとの契約を残すブレメルに対し、ミラン、インテル、ユベントスの国内勢のみならず、リバプール、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムのプレミア勢、さらにバイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)も加わる大争奪戦が展開される見通しだ。 とりわけ、ミラン、インテル、アーセナル、バイエルンはブレメルに対して強い興味を抱いており、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』は、トリノのウルバーノ・カイロ会長が2500~3000万ユーロ(約33~40億円)ほどでブレメルの移籍を容認する見込みだと報じている。 今やセリエAのみならず、欧州全体でもトップレベルのセンターバックとして認識されるブレメル。ここ数年の傾向としてビッグクラブ間でセンターバックの高い需要が続いているだけに、今夏の移籍市場でのステップアップは間違いないと見て良いだろう。 2022.05.17 13:02 Tue
twitterfacebook
thumb

インシーニェPK失敗もナポリがファビアン・ルイス弾でトリノに競り勝つ《セリエA》

ナポリは7日、セリエA第36節でトリノとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節サッスオーロ戦を6発圧勝とした3位ナポリ(勝ち点70)は、首位ミランが今節勝利した時点で逆転スクデットの可能性が絶たれる中、サッスオーロ戦同様のスタメンで臨んだ。 10位トリノ(勝ち点47)に対し、ナポリが押し込む入りとしたものの、8分にピンチ。ベロッティのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオスピナがファインセーブで凌いだ。 その後、11分にアンギッサのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、24分にはインシーニェがヘディングシュートでオンターゲットを記録するも、ゴールを割るには至らない。ハーフタイムにかけてもポゼッションで上回ったナポリだったが、0-0で前半を終えた。 迎えた後半もナポリが押し込む展開とすると、59分にPKを獲得。オシムヘンの落としをボックス中央で受けたメルテンスがイッツォに倒された。しかし、キッカーのインシーニェはシュートをGKベリシャに止められてしまう。 先制のチャンスを逸したナポリはメルテンスとロサーノに代えてジエリンスキとポリターノを投入。すると73分にゴールをこじ開ける。敵陣中央でボールを奪ったファビアン・ルイスが持ち上がってボックス左まで侵入。左足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 終盤にかけてはトリノの反撃を許さなかったナポリが1-0でシャットアウト勝利としている。 2022.05.08 00:02 Sun
twitterfacebook
thumb

2戦連続ゴールレスドローのミラン、指揮官が課題を実感「得点力に問題があるのは明らか」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、トリノ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セリエAで首位を走るミランは10日、第32節でトリノと対戦。負傷でFWズラタン・イブラヒモビッチや、FWアンテ・レビッチといったアタッカーを欠くなか、最前線ではFWオリヴィエ・ジルーが先発した。 試合はこう着した展開のまま前半を終えると、74分にMFサンドロ・トナーリの惜しいシュートがあったものの、ほとんど決定的なチャンスがないままタイムアップ。前節のボローニャ戦に続いてのゴールレスドローとなり、アウェイの地で勝ち点1を積み上げるにとどまった。 これでリーグ戦10試合負け無しとなるも、その間の得点は「9」と物足りないミラン。ピオリ監督も試合後、攻撃面での課題を実感しつつも、スクデット獲得に向けてチームの改善を誓った。 「トリノにポイントを与えないために、できる限りのことをした。 難しいゲームであることは分かっており、明確な決定機は作れなかった。しかし、それをどうにかできる場面はいくらでもあった」 「チームのスピリットや決定力については何とも言えない。輝きが欠けているし、得点力に問題があるのは明らかだ。勝ちたかったので残念だが、それでも良い点もある。 この調子でできることがもっとあるはずだ」 「チームが不安を抱えていたり、神経質になったりはしていない。バランスとコンパクトさを保ちながらプレーし、チャンスを生み出そうとするチームの姿が見れた。我々は並外れたものを求めて戦っているし、ポイントも明らかに重要度を増してくる」 「シーズン終盤になるとプレッシャーがかかるのは当然のことだが、我々はこの状況を望んで作り出した。もっと全力を尽くしたいと考えているが、我々はスクデットのために戦っている。最終節まで、バランスが重要になってくると思うが、我々は軌道に乗らなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】ミラン、決定力を欠いてトリノとドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="amkjAUoWm6E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.04.11 11:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ジリ貧ミラン、曲者トリノにゴールレスドロー《セリエA》

ミランは10日、セリエA第32節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節ボローニャ戦では相手GKスコルプスキの再々のファインセーブに阻まれ、ゴールをこじ開けられなかった首位ミラン(勝ち点67)。2位ナポリに1ポイント差、3位インテルに暫定4ポイント差に迫られた中、イブラヒモビッチやレビッチが負傷欠場となった。 ユベントスやインテルに引き分けている11位トリノ(勝ち点38)に対し、ジルーを最前線に、2列目に右からサーレマーケルス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べたミランがボールを握る展開としたが、シュートに持ち込むには至らない。そのミランの最初のチャンスは24分。カラブリアがボックス右でルーズボールを拾って左足を振り抜き、GKベリシャを強襲した。 しかしこれ以降はゴールに迫る場面は作れず膠着した前半は0-0で終了した。 迎えた後半、開始5分にヴォイヴォダのミドルシュートが枠を捉えるピンチが訪れたが、GKメニャンが好守で阻止。劣勢の入りとなった中、65分にもピンチを迎えたが、ベロッティの決定的なシュートはトモリが何とかブロックした。 ミラン後半最初のチャンスは74、トナーリがボックス右に抜け出して左足を振り抜き、GKベリシャを強襲した。 しかし、前半同様にこれ以降はチャンスを生み出せずにトリノにゴールレスドロー。攻撃陣の低調が続くミランは勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2022.04.11 05:41 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly