ベルナルドが圧巻ボレーでペップにPL150勝目をプレゼント! ジェラード率いるビラは善戦も初黒星…《プレミアリーグ》

2021.12.02 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第14節、アストン・ビラvsマンチェスター・シティが1日にビラ・パークで行われ、アウェイのシティが1-2で勝利した。

前節、ウェストハムとの上位対決を2-1の勝利で飾った2位のシティ(勝ち点29)は公式戦5連勝と好調を維持。更なる連勝を目指す今節は、スティーブン・ジェラード監督就任後2連勝中の13位ビラ(勝ち点16)とのアウェイゲームに臨んだ。

コロナ陽性判定者を含め負傷者続出の苦境に立たされるグアルディオラ監督は、前節から先発3人を変更。出場停止のラポルテに代えてアケ、ベンチ外のウォーカー、ギュンドアンに代えてジンチェンコ、フェルナンジーニョを起用した。一方で、負傷明けのフォーデン、グリーリッシュがベンチに入った。

ウェストハム戦のスタートとは異なり、右からマフレズ、ジェズス、スターリングという前線の並びでスタートしたシティは、両ウイングがうまくタメを作りながら相手を押し込んでいく。

70%を超えるボールポゼッションでハーフコートゲームを展開するシティだが、流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めない。逆に、時間の経過と共にベイリーやワトキンスを起点とするビラのカウンターを受け始める。

それでも、焦れないアウェイチームは27分、相手陣内左サイドでボールを持ったスターリングが鋭い縦への仕掛けでボックス内に侵入し、鋭角なマイナスの折り返しを供給。これにボックス手前で反応したルベン・ディアスが左足のダイレクトシュートを放つと、これがゴール右下隅の完璧なコースに決まった。

その後、ベイリーが負傷しヤングの投入を余儀なくされたホームチームを相手に危なげなく試合を進めていくシティは、前半終了間際に鮮やかなカウンターから追加点を奪い切る。

42分、自陣深くでボールを奪ったフェルナンジーニョが右サイドでフリーのジェズスへミドルレンジの縦パスを通す。ここでジェズスは左をフリーで並走するベルナルド・シウバへ浮き球のパスを送ると、ポルトガル代表MFは後方から寄せてくる相手DFを背中で感じたか、ダイレクトシュートを選択。すると、抑えの利いた見事な左足のシュートがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。

ポルトガル代表2選手の鮮烈な左足のダイレクトシュート2発によって2点リードで試合を折り返したシティだが、ジェラード監督の下できっちり仕切り直しを図ったホームチームに開始早々に1点を返される。

47分、右CKの場面でキッカーのドウグラス・ルイスがニアへ低いボールを入れると、中央からニアへ走り込んできたワトキンスが右足ボレーで合わせたボールが右ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。

開始早々のゴールで完全に息を吹き返したホームチームは、ボールこそ相手に握られるものの、迫力のある攻めでシティゴールを脅かす。59分にはセットプレーの二次攻撃からボックス左でワトキンスが頭で折り返したボールにコンサが飛び込む。ここで相手DFに押し倒されたようにも見えたが、最終的にノーファウルの判定となる。

何とかピンチを免れたシティは相手の攻勢をいなすために、より相手陣内でボールを動かして試合を落ち着かせにかかる。さらに、流れの中で幾度か3点目に迫るものの、ジェズスらが最後の仕上げで苦戦する。

後半半ばから終盤にかけては完全にイーブンの状況が続く中、75分にはビラに絶好の同点機が訪れる。ブエンディアがボックス付近でDFに寄せられながらも粘ってゴール前のスペースへ絶妙なスルーパスを供給。これに反応したチュクエメカがGKと一対一となるが、ここはDFアケの寄せでシュートコースを限定された結果、GKエデルソンに見事な右足のセーブではじき出された。

この試合最大のピンチを凌いだシティは、徐々に落ち着きを取り戻してここから試合を締めにかかる。後半終盤の87分にはジェズスを下げてビラ・パーク初凱旋のグリーリッシュをピッチに送り出した。

そして、辛くもホームチームの攻勢を凌ぎ切ったシティは、公式戦6連勝と共にグアルディオラ体制で節目のプレミアリーグ150勝目(204試合)を手にした。一方、王者相手に善戦を見せたビラだが、ジェラード新体制3戦目にして初の黒星を喫することになった。

関連ニュース
thumb

ハーランドがアグエロ以来のPLデビュー戦2ゴール! 後継者にふさわしい船出に

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが元アルゼンチン代表FWのセルヒオ・アグエロ氏の後継者にふさわしい形でプレミアリーグデビューを果たした。 260ゴールのシティ歴代最多得点記録を持つアグエロ氏が退団して以来、純粋なストライカーが長らく不在だったシティ。それでも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で偽9番を駆使して強者の道をさらに突き進むなか、今夏に新たな得点源として獲得したのがハーランドだ。 ドルトムント時代も公式戦89試合で86得点の好スタッツを残した22歳のストライカーは7日に敵地で行われた開幕節のウェストハム戦に先発すると、36分に自ら獲得したPKから公式戦初得点。続く65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスから再びネットを揺らした。 リバプールとのコミュニティ・シールドでは不発に終わったハーランドだが、プレミアリーグデビュー戦では圧巻の2ゴール。データ集計会社『Opta』によると、シティの選手がプレミアリーグデビュー戦で2ゴールを記録するのは2011年8月のアグエロ氏に次ぐ2人目だという。 プレミアリーグ3連覇を目指すシティでのリーグデビュー戦から評判通りの活躍を披露し、アグエロ氏の後継者にふさわしい存在であるのを示したハーランド。アグエロ氏と同じ形で船出を切ったわけだが、ここからどこまで数字を伸ばせるか。 2022.08.08 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「言葉遣いに気を付けてね」放送禁止用語連発のハーランドが記者に怒られる

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがインタビューに苦戦している。 今夏にドルトムントから鳴り物入りで加入したハーランドは7日に行われたプレミアリーグ開幕節のウェストハム戦に先発。リーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決め、公式戦初得点を記録した。65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスに抜け出し、相手GKとの一対一を冷静に仕留めて2点目を奪取。試合は2-0のままタイムアップを迎え、チームの開幕戦での白星に大きく貢献している。 試合後、『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じていたハーランドだが、記者から「ハットトリック出来なかったことについて失望しているか」と問われた際に、思わず放送禁止用語を口走ってしまった。 「交代するまでにハットトリックできたはずだった。ちょっと“クソ”だけど、そういうものなんだ。毎日の積み重ねが大事なんだ。もっとうまくいけばまたいつかチャンスは来るよ」 直後に記者から「言葉遣いに気を付けてね」と注意されたハーランドは、「ああすみません“クソッ”ああごめんなさい(笑)」と思わずもう一度。ハーランドは反省しつつ、「この国の言葉はあまり得意じゃないんだ」と弁明していたが、次戦までにインタビューの練習も必要かもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】思わず放送禁止用語を連発してしまうハーランド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Erling Haaland will get the hang of post-match interviews eventually <a href="https://t.co/JUBU6I2nOG">pic.twitter.com/JUBU6I2nOG</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1556336778017181699?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕節完勝のシティ、グアルディオラはPLデビュー戦で2得点のハーランドを絶賛 「自信に満ち溢れている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのメンタリティを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ3連覇を目指すシティは7日に行われた開幕節でウェストハムとアウェイで対戦。今夏にドルトムントから加入したFWアーリング・ハーランドが先発でリーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決め、公式戦初得点を記録した。65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランドが2点目を奪取。試合は2-0のままタイムアップを迎え、王者が開幕戦を白星で飾った。 グアルディオラ監督は試合後、1-3で敗れたコミュニティシールドでのパフォーマンスから批判を浴びながらも、プレミアリーグデビュー戦でゴールへの意欲を存分に示したハーランドを称賛。バルセロナで師弟関係を築いたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと同じく、トップスコアラー特有の貪欲さがあると語った。 「彼が今週、多くの批判にどう対処したか知っている。彼はとても落ち着いており、トレーニングにもしっかり取り組んでいた。PKの前にボールを手にしたときには思わず『良いね』と言ってしまった」 「もし誰かがそのボールを取ったら、彼は仲間であろうと相手の顔を殴っていただろうね。そして、それはとても良い兆候だ。彼は自信に満ち溢れていて、私はとても気に入っている」 「メッシは2点取ったら3点、3点取ったら4点を取りたいと欲していた。監督として彼と一緒にいれたのは私にとって幸運だった」 「トップスコアラーは決して満足することなく、常にハングリーで貪欲だ。彼らはより多くの得点が欲しいと考えている」 2022.08.08 11:54 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミアデビューのハーランド、父の前で決めた2ゴールに喜び 「僕にとって大きな出来事」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがプレミアリーグデビュー戦での活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏にドルトムントから加入したハーランドは7日に行われたプレミアリーグ開幕節のウェストハム戦に先発。リーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決め、公式戦初得点を記録した。65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスに抜け出し、相手GKとの一対一を冷静に仕留めて2点目を奪取。試合は2-0のままタイムアップを迎え、チームの開幕戦での白星に大きく貢献している。 ハーランドは試合後、チームが1-3で敗れたコミュニティ・シールドのリバプール戦から改善し、開幕戦で勝利を手にしたことに満足感を示した。 「良いスタートだった。それ以外に言うことはないよ。2-0で良いスタートを切れた。足が動いていた時間帯は良かった。だけど、まだシーズンは始まったばかりだし、これからも続けていかなければならないね」 「この結果は予想通りだよ。チームはプレシーズンのバイエルン戦ですでにポテンシャルを示していた。リバプール戦では少しパフォーマンスを落としていたが、パスは回っていたし、今日ももっとできるはずだった。良いスタートになったね」 また、「良いセレブレーションになったと思うし、満足だよ。父が2つのゴールを見てくれたのは嬉しいし、プレミアリーグでのデビュー戦は僕にとって大きな出来事だった。これからもこういった活躍を続けていかなければならないね」ともコメント。クラブのOBでもあるアルフ=インゲ・ハーランド氏が観戦に訪れた中で決めた活躍を喜んだ。 2022.08.08 11:09 Mon
twitterfacebook
thumb

シティに完敗のウェストハム…モイーズ監督「すべてをコントロールされるのを見るしかなかった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がプレミアリーグ開幕戦黒星を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムはホームで7日に行われた開幕節で、王者マンチェスター・シティと対戦した。立ち上がりこそセットプレーからチャンスを作ったものの、徐々に守勢に回ると、35分にPKを献上。これを確実に決められて先制点を許すと、後半はシティに試合をコントロールされて65分にさらなる失点で力尽きた。 モイーズ監督は試合を振り返り、シティの完成度の高さに脱帽。完全に試合を支配されてしまったと、潔く負けを認めている。 「マンチェスター・シティが試合のすべてをコントロールしているのを見るしかなかった。今日の彼らは我々にとってあまりにも優れていたね。戦術を見てみると、彼らは自分たちのスタイルを変えてきていた。だから、我々もこの1週間で取り組んできたことを変えて彼らを制御し、昨シーズンにやったような仕事がしたかった」 「だが、相手からボールを奪うことができなかった。彼らはピッチ中央にたくさんの選手を配置していたと思う。そして我々がピッチの中央を埋めようとすれば、相手は簡単にボールをワイドに展開していた」 「選手たちを批判することはできない。なぜなら、今日は相手次第なところがあったからだ。とはいえ、何度も言っているように、ビッグチームにタフなゲームを提供していきたいとは思う。この1年間はそうしてきたつもりだったが、今日はビッグチームにタフな試合をさせられなかった」 また、モイーズ監督はロンドン・スタジアムに詰めかけたファンにも言及。苦しい展開でも声援を送ってくれたファンに感謝すると共に、今後はより良い試合を見せたいと意気込んだ。 「ホームのファンにとってはシティが多くの時間でボールを握っていることもあり、あまり歓声をあげられないタフなゲームだったと思う。それでも、応援を受けられたのは素晴らしいことであり、今後はもっと良いパフォーマンスを見せられるようにしたい。今日のようなチームを相手に、どんどんチャレンジしていければと思う」 2022.08.08 10:46 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly