【ブンデス第14節プレビュー】1ポイント差の首位攻防デア・クラシカー開催

2021.12.03 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節はビーレフェルトのMF奥川がバイエルン戦に先発し、幾つかゴールに迫る場面があったものの0-1で敗戦した。首位バイエルンが勝利した中、2位ドルトムントもヴォルフスブルクを退け、1ポイント差に変わりはなかった。そしてDF伊藤が嬉しいブンデス初ゴールを挙げている。迎える第14節、土曜に首位攻防のデア・クラシカーが行われる。

ドルトムント(勝ち点30)は前節、ヴォルフスブルク相手に復帰したFWハーランド弾などで勝利。チャンピオンズリーグ敗退の悔しさを幾分か払拭した。頼れるゴールハンターが復帰した中、バイエルンを下して首位浮上となるか。

一方、コロナ関連によりMFキミッヒやDFジューレを引き続き欠いた中、ビーレフェルトにFWサネ弾で勝ちきったバイエルン(勝ち点31)は、前節アウグスブルク戦の敗戦をこちらも払拭。引き続きコロナ陽性のキミッヒが欠場するのは痛いが、ドルトムントを下して首位キープとなるか。

バイエルン戦で3戦連発とはならなかったビーレフェルトのMF奥川。ただ、バイエルン相手に際どいシュートを数本放ち、脅威になっていたのは事実。成長著しい奥川は今節、10位ケルン(勝ち点18)とのホーム戦でもゴールに迫るプレーで存在感を示したい。

MF原口との日本人対決を制したMF鎌田、DF長谷部の12位フランクフルト(勝ち点18)は、5位ホッフェンハイム(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。前節ウニオン・ベルリン戦では代名詞となりつつある追加タイムの劇的弾で勝利をもぎ取ったフランクフルト。ヨーロッパリーグのグループステージも突破して上昇気流に乗る中、5位と好位置につけるホッフェンハイムを下せるか。

フランクフルトに惜敗した6位ウニオン(勝ち点20)は、金曜に8位ライプツィヒ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。守勢の中でも足を止めない原口は、ハードワークが売りのライプツィヒ相手にも存在感を示せるかに注目だ。

5試合連続スタメンと先発に定着しつつあるFW浅野の13位ボーフム(勝ち点16)は、16位アウグスブルク(勝ち点13)とのアウェイ戦に臨む。前節フライブルク戦では守備に追われる状況が続いた中、チームは2-1で逆転勝利。ホーム戦4連勝としたが、今季1勝6敗と苦手のアウェイ戦を制すことはできるか。

最後に日曜登場の15位シュツットガルト(勝ち点13)。前節マインツ戦では伊藤のゴールもあり、6試合ぶりの勝利を飾った。今節は残留を争う可能性のある14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点14)とのホーム戦となるが、MF遠藤は当然ながら、攻守に活躍が続く伊藤のパフォーマンスに注目だ。

◆ブンデスリーガ第14節
▽12/3(金)
《28:30》
ウニオン・ベルリンvsライプツィヒ

▽12/4(土)
《23:30》
アウグスブルクvsボーフム
マインツvsヴォルフスブルク
ホッフェンハイムvsフランクフルト
ビーレフェルトvsケルン
レバークーゼンvsグロイター・フュルト
《26:30》
ドルトムントvsバイエルン

▽12/5(日)
《23:30》
シュツットガルトvsヘルタ・ベルリン
《25:30》
ボルシアMGvsフライブルク


関連ニュース
thumb

ベンフィカのヴァイグルがドルトムント時代を回想「誰も僕のことは知らなかった」

ベンフィカの元ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが、ドルトムント時代を回想した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヴァイグルは2015年夏に1860ミュンヘンからドルトムントへ加入。当初は無名の存在だったが、トーマス・トゥヘル監督(現チェルシー指揮官)の下で主軸に抜擢さ飛躍を遂げた。 トゥヘル監督がクラブから去った後も主力としてチームを支えたが、クラブでの序列は徐々に低下。こうした状況を受け、2020年12月に移籍金2000万ユーロ(現レートで約25億7000万円)でベンフィカに完全移籍を果たした。 ベンフィカでは出場機会に恵まれない時期もあったが、今シーズンは主力として公式戦30試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナを上回り決勝トーナメント進出を果たすなど、充実の時間を過ごしている。 ドイツ『キッカー』のインタビューに応じたヴァイグルはドルトムント時代を振り返り、トゥヘル監督との関係に言及。同時に、加入当初でまだ無名だった時代のエピソードを明かした。 「彼は僕のキャリアの中で、とても重要な監督だった。ドルトムントに加入する前は、1860ミュンヘンから段階的にステップアップしようと思い、代理人と一緒にクラブを探していたんだ。フライブルクやマインツとも接触していたよ。そうしたら、そこにビッグなドルトムントが声をかけてきた」 「トーマス・トゥヘルと話をしたとき、彼はまず僕が選手としてどうあるべきかを説明してくれたよ。それがとても印象的だったね。そして、僕には試合に出られるチャンスがあると言ってくれた」 「ドルトムントに来てすぐ、ジャージを買おうと思ってファン・ストアに行ったんだ。そこで、『選手割引はありますか』と尋ねると、「どこでプレーしているの? ユース? リザーブリーグ?』って聞かれたよ。誰も僕のことは知らなかったね」 また、ヴァイグルは2015-16シーズンのブンデスリーガで「218」のボールタッチを記録し、元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏が持っていたブンデスリーガ最多ボールタッチ数を更新したことに言及。現在も破られていない記録について、誇りに思っていると語った。 「あの時は試合中そのことにまったく気づかなかった。今でもよく聞かれるし、もちろん誇りに思っているよ。シャビ・アロンソは僕にとってのお手本だからね。そしてもし、誰かが僕に追いつくことがあるなら、その人物はそれに値するということだ」 2022.01.25 18:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、筋肉の負傷でハーランドが再離脱

ドルトムントは24日、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの負傷情報を更新した。 22日に行われたブンデスリーガ第20節のホッフェンハイム戦に先発出場したハーランドは、6分に先制点となるゴールをマークしたが、プレー中に左足の付け根付近を痛めると、63分にヴィツェルとの交代を余儀なくされた。 ハーランドは日曜日と月曜日に精密検査を受け、筋肉系の問題と診断されたようだ。なお、クラブは数日間の治療とさらなる検査が必要と明かしている。 今季ここまで公式戦23ゴールと傑出したゴールセンスでチームをけん引するハーランドは、昨年10月中旬にも股関節の負傷により戦列を離れていたが、再び負傷により今季三度目の離脱となってしまった。 2022.01.25 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハーランド2戦連発のドルトムント、ホッフェンハイムとの上位対決を制す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第20節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 前節フライブルクとの上位対決をムニエとハーランドのドッペルパックで5発圧勝として首位バイエルンとの6ポイント差を維持した2位ドルトムント(勝ち点40)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のザンクト・パウリ相手に敗れて敗退となってしまった。そのドルトムントは負傷のムニエが欠場となり、右サイドバックにはヴォルフが入った。 4位ホッフェンハイム(勝ち点31)に対し、ハーランド、ロイス、マレンの3トップで臨んだドルトムントは6分に先制する。ベリンガムとのワンツーでボックス左に侵入したマレンがクロスを送り、最後はハーランドが蹴り込んだ。 リードしたドルトムントは23分にピンチ。CKの流れからクリス・リチャーズのヘディングシュートがバーを叩いた。 ハーフタイムにかけても追加点に迫るような好機を作れずにいたドルトムントは追加タイム1分に追いつかれる。ベブの右クロスからクラマリッチにボレーシュートを蹴り込まれた。 1-1で迎えた後半、56分に2枚替えを行ったドルトムントが58分に勝ち越す。マレンのスルーパスに抜け出したロイスがGKとの一対一を制した。 さらに66分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス左で縦に仕掛けたマレンのクロスがラウムのオウンゴールを誘った。 77分にラターにゴールを許して1点差とされたドルトムントだったが、3-2で逃げ切り。3連勝としてバイエルンにプレッシャーをかけている。 2022.01.23 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、ドルトムントからFWクナウフを1年半のレンタルで獲得

フランクフルトは20日、ドルトムントからU-21ドイツ代表FWアンスガー・クナウフ(20)を2023年6月30日までの18カ月ローンで獲得したことを発表した。 ハノーファーの下部組織から2016年にドルトムントのユースに加入したクナウフは、年代別チームの主力として活躍した後、2020年12月のチャンピオンズリーグ(CL)のゼニト戦でトップチームデビューを飾った。 左ウイングを主戦場にスピードと突破力に優れるアタッカーは、3部に所属するドルトムントⅡで定期的にプレー機会を得ながら、ここまでトップチームでも16試合に出場していた。しかし、更なるトップレベルでの出場機会を求めてフランクフルトに移籍することになった。 なお、フランクフルトのスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、「アンスガーはそのスピードとゲームへの理解力で、我々のチームに非常によく適合しており、ここで成長に向けた次のステップを踏み出したいと思っている。彼は広いレーンですぐに我々を助けることができるはずだ」と、若武者への期待を口にしている。 2022.01.21 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3回戦で2部チームに敗れた王者ドルトムント…指揮官も落胆露わに「あるべき形でスタートできなかった」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは18日に行われたDFBポカール3回戦で、2部のザンクト・パウリと対戦した。格下相手に試合開始早々に失点したチームは、その後もなかなか得点を奪えない時間帯が続くと、40分にもオウンゴールで追加点を奪われる苦しい展開に。後半に入り、FWアーリング・ハーランドがPKを決めて1点を返したが、その後は相手チームの守りを崩せず1-2で敗れた。 昨季のDFBポカール王者が3回戦で敗退したことに対して、試合後のインタビューに応じたローゼ監督も落胆を隠せず。チームは試合に正しい姿勢で臨めていなかったと敗因を語った。 「このカップ戦の夜に、我々は本来あるべき形でスタートすることができなかった。開始15分で何度も問題を起こしてしまい、その後すぐにまた失点した。こういうときは、難しくなるものだ」 「前半の同点ゴールを狙うプレー方法は少し軽率だったね。0-2とされた後になって、いくつかの調整を行った。とはいえ重要なのは、王者である我々が、ザンクト・パウリとのアウェイマッチでどのようなスタートを切ってしまったかということだ。我々は試合の意味について、正しく理解していなかった」 2022.01.19 11:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly