王者・川崎Fの新ユニフォームは26周年を記念して「風呂」からデザイン! 風呂をモチーフに特別ロゴも制作

2021.11.27 19:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは27日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表した。

2022年のユニフォームは、PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基き、クラブ設立26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーにふさわしいユニフォームとして、フロンターレと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けたデザインとなっている。

袖には2022シーズン限定の26周年特別仕様のロゴを配置し、首元はレイヤード仕様の襟を独自採用。また、サイドには差し色としてブラックとホワイトを配色することで、アニバーサリーイヤーの祝福とピッチ上での新たな選手の見え方を両立したデザインに仕上げられている。

今回ユニフォームの袖に入っている26周年ロゴは「クラブにとって大切な年「2(ふ)6(ろ)」、フロンターレの応援スタイルに欠かせない「タオル」、そして、念願の初タイトルを獲得してから欠かせないのが「桶」、これまでも、そしてこれからのフロンターレを象徴する記念ロゴを製作しました」とコンセプトを説明。「3本の湯気は、クラブ、パートナー、サポーターを表現しこれからも共に歩んでいく想いを込めています」としている。

FPの1stユニフォームは、風呂の壁のタイルそのものに見えるデザインに。水色をベースにスポンサーなどは白で彩られている。

また2ndユニフォームは白をベースにこちらもタイル模様。GK1stユニフォームは緑、2ndは赤がそれぞれベースとなり、同じタイル模様がデザインされている。



1 2

関連ニュース
thumb

川崎Fのトップチームスタッフが新型コロナウイルス陽性…沖縄キャンプに帯同しておらず

川崎フロンターレは26日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは24日にPCR検査を受け、24日に陽性と判定された。 なお、本人は無症状とのこと。適切な対策のもとで療養している。 また、沖縄キャンプには帯同しておらず、トップチーム選手を含むクラブ関係者に濃厚接触者はいないとのことだ。 チームは沖縄に移動後も定期的に、PCR検査、抗原定性検査を実施。選手・スタッフの陰性を確認するほか、毎日の健康状態を確認しながら活動しているとのことだ。 2022.01.26 14:13 Wed
twitterfacebook
thumb

「癒される」川崎Fの助っ人コンビの“じゃんけん”姿が反響「最初はグーじゃないんだ」

沖縄でキャンプをスタートさせているJ1連覇中の川崎フロンターレ。その練習中に撮影された助っ人コンビの一幕に注目が集まっている。 川崎Fの公式ツイッターが投稿したのは、FWレアンドロ・ダミアンとMFジョアン・シミッチの2人を映した動画。2人は片足をあげてバランスを取りながら正対しあい、どうやら体幹のトレーニングを行っているようだ。 さらに、そこから“じゃんけん”をし、勝ったほうが相手の体を手で押してバランスを崩そうとするが、ブラジル出身の2人は日本語で「じゃんけんぽん」の掛け声。和気あいあいとトレーニングに励んでいた。 試合中とはまた違った助っ人たちの一面にはファンも反応。「こっちも笑っちゃう」、「『最初はグー!』はないんだね」、「永遠に見ていられる」、「楽しそう」、「かわいい」といったコメントが寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【動画】レアンドロ・ダミアンとシミッチの貴重な“じゃんけん”姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ダミアンとジョアンの貴重なじゃんけんぽん。【広報】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/CJfKR1DVe5">pic.twitter.com/CJfKR1DVe5</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1485935750340222986?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.26 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「アピールは考えていない」最終予選に出場のチャンスが巡ってきた谷口彰悟が意気込み「まずは勝ちたい」

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表は、24日からトレーニングキャンプをスタートさせる。 17日から国内組だけでトレーニングキャンプを行っていた日本代表。22日にW杯最終予選に臨むメンバーが発表され、新たにスタートを切る。 海外組はクラブのスケジュールの関係で合流できていない選手もいる中、24日からキャンプがスタート。トレーニングを前にDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)がメディアのオンライン取材に応対した。 今回の日本代表には、DF吉田麻也(サンプドリア)がケガで不参加となることが決定していたが、メンバー発表直後にDF冨安健洋(アーセナル)もケガで辞退することが決定。レギュラーのセンターバック2名がいない中での試合となる。 今回CBとして招集された中では植田直通(ニーム)しか最終予選を経験していない状況であり、谷口にとっても出場となれば初めての経験となる。 国内組のキャンプから参加している谷口は「より最終予選に向けてという心の準備というのは、先日の合宿と比べるとよりスイッチが入っていて、違いはあります」とコメント。気合が入っているようだ。 ケガというネガティブなニュースが続いている一方で、谷口にとっては改めてチャンスが目の前にきている状況。「とにかくいつ出番が来ても良いようにというのはずっと継続して準備してきているつもりですし、代表活動だけでなく、自チームでのトレーニング、リーグ戦も意識してやってきました」と語り、「CBが2人ケガで来れない状況の中、間違いなくチャンスの機会が増えるだろうというのは今回呼ばれたCBはみんな考えていると思います。チャンスをもらった選手が良いパフォーマンスをして、チームの勝利のために発揮することが大事です」と意気込み、「非常に良い準備ができている感覚があります」と自信を窺わせた。 改めて最終予選については「まずは勝ちたいですし、勝つためにできることを全て出すということは変わらないというか、自分のアピールということはほとんど考えていないです。代表チームが勝つことを最優先で考えていますし、そのために自分ができることを発揮する。そこの整理は比較的できています」と語った。 また「自分の持ち味というのもわかっていて、チームにうまく融合させていければ最高ですし、できなくてもがむしゃらに戦って勝つということはどの選手もやると思うので、そのベースを外さずに、賢く戦って行きたいと思います」と持ち味を出して力になりたいとした。 守備面も求められる中、攻撃面も持ち味の谷口。「攻撃面で考えているのはビルドアップのところ。自信を持って臨めると思います。それも相手次第で、相手がどう出てくるかでやり方も変わります」とコメント。「ブロックを敷いてくる相手には、どこにボールを入れるのを嫌がっているのか。ここに入れるとうまくスムーズにいくかは始まらないとわからないです」と、試合が始まってから試したいと語った。 また、「相手を見てどこがうまくいくかを見分けることは自信があるので、ボールを出し入れしながら場所やタイミングは早いタイミングで探ってやれればと思いますし、やれる自信はあります」とし、「揺さぶりながら隙をついていく自信はあるので、そこはやれると思います」と、攻撃の起点としてもしっかりと戦っていけると強い思いを語った。 2022.01.24 16:57 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎Fが新ユニの人気TOP3を発表、MFが上位独占で1位は新“14番”

川崎フロンターレは20日、2022シーズンユニフォームの人気選手TOP3を発表した。 2022年は、川崎Fにとってクラブ設立26(フロ)周年のアニバーサリーイヤー。ユニフォームは、フロンターレと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けたデザインとなっている。 現時点では後援会会員先行販売となっているユニフォームだが、現時点での人気TOP3が発表された。 3位には、プロ1年目にして大きな成長を遂げ、今季から背番号を22から8へと変えたMF橘田健人が名を連ねている。 2位にランキングしたのは、10番の元日本代表MF大島僚太だ。昨季は度重なるケガで9試合でしかピッチに立てなかったものの、依然として高い人気を誇っているようだ。 そして、1位に輝いたのは日本代表MF脇坂泰斗。昨季までは背番号8を背負っていた脇坂だが、今季からは、2020年に現役を引退したクラブのレジェンドである中村憲剛氏が背負っていた番号「14」になることが決定。その意思を引き継いでいる。 否が応でも注目が集まる中、ファンも大きな期待を寄せているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】風呂のタイル柄!脇坂、大島、橘田の新ユニフォーム姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>人気選手TOP3!<br>\<br>WEBショップで販売中の「2022シーズンユニフォーム」16,500円(税込)の人気選手TOP3の発表<br>脇坂泰斗選手<br>大島僚太選手<br>橘田健人選手<br>悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい後援会会員先行販売は本日23:59まで<a href="https://t.co/x5xywa9ks7">https://t.co/x5xywa9ks7</a>【アズーロ・ネロ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/ZGO4eUTN3Y">pic.twitter.com/ZGO4eUTN3Y</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1484124043167117314?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.21 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

CBとしてチャンスを掴みたい川崎FのDF谷口彰悟「チャンスであることは間違い無い」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、川崎フロンターレのDF谷口彰悟がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 ここまでの合宿について振り返った谷口は「僕の場合はチームの始動と同時に合宿が始まったので、ここが始動という感じでした。最初から上げていくことはわかっていたので、体作りや心構えは準備していましたし、トレーニングしてみても体のコンディションは良い感じに上がってきていると感じています」と一定の手応えを感じている様子。一方で、「トレーニングしながら頭の部分はもっとあげられると思いますし、体の部分もあげられると思います。良いトレーニングをしています」と振り返った。 今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)ら、CBに負傷者が出ており、招集されないと見られている。 CBの選手としてはレギュラー組がいないだけにチャンスではあるが、谷口は「チャンスであることは間違い無いです。そこの座を狙っていますし、1回1回の練習、ワンプレーワンプレーが勝負になってきて、その気持ちで臨んでいます。自分も戦える、できるというのを見せないとピッチには立てないです」とコメントした。 アピールしたいポイントについては「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス、誰がどういう感じかは整理できているので周りに伝える、個々のバトルもこだわって見せていきたいです」とコメント。また攻撃面にも触れ「ビルドアップのところでは早く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかは、現代サッカーではCBがやらなければいけないので、そこは率先してやりたいですし、自信もありますので、率先してやっていきたいです」と語り、「ビルドアップの際に縦につけるパスなど隙を逃さないということは持ち味でもあるので、そこは発揮していきたいと思います」と意気込んだ。 その谷口だが、今回のW杯最終予選への意気込みはかなり強いようだ。 「今回1つチャンスでもあるなというのはもちろん感じています。結局、結果としてチームが勝たないといけないですし、後ろとしてもパフォーマンスを出さないといけないということはわかっています」 「チャンスを生かさないといけないですし、アピールしたいですし、結果を出さないといけない。中国戦、サウジアラビア戦で代表として連勝することしか考えていないですし、自分がチャンスを掴めたら全てを出していきたいと思います」 「ワールドカップに立つということを考えると、先ばかり見るのではなく目の前の試合をしっかりと戦う。準備をしっかりやることが大事になります」 今回は同じ熊本出身のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、MF松岡大起(清水エスパルス)が合宿に参加。そして、同じ大津高校の後輩でもあるDF植田直通(ニーム)も招集される可能性が高い。 植田については「直通の場合は高校生の時から身体能力を含め、パワーを含めて素晴らしいものを持っていましたし、それを武器にしているなと改めて感じました」とコメント。「ヘディングでは絶対負けない、競り合いでは負けない、バトルでは負けないというのは隣ですごく感じて、頼もしく思いました」と代表で共演したときにも感じたという。 その点について「僕も刺激になりましたし、そこでは負けたくないですし、それ以外のところでも後輩ですが負けたくない気持ちがあります。その気持ちが大事で、それが成長につながると思います」と、後輩からも刺激を受けているという。 また「負けたくない部分は全てになりますが、とにかく良いプレーをしてということを常に考えています。ここは絶対負けたくないというのはあまり考えないですし、ライバルでありチームメイトなので、お互いの良さを引き出しつつ、それぞれがバトルはやっていかなければいけないです」とコメント。「今はライバル心をメラメラ燃やしている段階ではないですし、とにかくゲームを勝つということにフォーカスしているつもりなので、チャンスをもらった選手が持っているものを100%出すことが勝利に近づくと思っているので、みんなでやれればと思います」と、それぞれの良さを出してチームとして結果を出せればと語った。 2022.01.20 21:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly