ブラジル1部で"珍事"発生、ショーツを上げ過ぎて"ボール"が露出「チャオ」「VARが見てなくてよかった」

2021.11.27 22:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴのMFジョアン・ゴメスのボールはゴールを捉えられなかった。

18日に行われた、ブラジレイロ・セリエA、フラメンゴvsコリンチャンスの一戦は互いにチャンスを作るもスコアを動かせず、ゴールレスのまま時計の針は進んだ。

その中で終盤にジョアン・ゴメスにビッグチャンスが訪れる。ショートコーナーからのクロスをニアで合わせたヘディングはしかし、クロスバーに嫌われてしまう。

絶好機を逸した悔しさのあまり、自身のショーツを力強く上に引っ張り上げるジョアン・ゴメス。だが、少々強く引き過ぎてしまったようだ。股に思い切り食い込むような恰好となった上にアンダーパンツまでもがずれ、なんと局部があらわになってしまった。

まさかの珍プレーにSNSは大騒ぎ。「チャオ」、「思った以上に笑った」「ゴメス、それ?」、「VARが見てなくてよかった」など、多数のコメントが集まることとなった。

絶好機を逸したホームチームだったが、94分にブルーノ・エンリケが値千金の決勝ゴール。1-0で勝利を収めている。

27日にはリベルタドーレスカップ決勝でパウメイラスと対戦するフラメンゴ。タイトルの懸かった試合で、ジョアン・ゴメスは今度こそ決定機をモノにできるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

チルウェル離脱のチェルシー、ケネディを急きょレンタルバック!

チェルシーは13日、ブラジル人MFケネディ(25)の復帰を発表した。 DFベン・チルウェルの負傷による今季絶望を受け、左ウィングバックの緊急補強に動くチェルシー。その候補にDFリュカ・ディーニュが挙がったが、アストン・ビラ行きが決まり、リヨンに貸し出すDFエメルソン・パルミエリの連れ戻し案もうまくいかず、そこでフラメンゴにレンタル中のケネディを復帰させることで手を打った。 左サイドならどのポジションもこなせるケネディは2015年夏にフルミネンセからチェルシーに加入。これまで4度のレンタル移籍を経験して、昨年8月に5つ目のレンタル先として母国のフラメンゴに赴き、シーズン途中の加入ながらブラジレイロ・セリエAで14試合1得点1アシストの数字をマークした。 2022.01.14 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フラメンゴがリールから2年間レンタルのチアゴ・マイアを完全移籍で確保

フラメンゴは12日、リールからレンタル中のブラジル人MFチアゴ・マイア(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年12月31日までの4年となる。 2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とするボランチ。2017年の夏に加入したリールでは、加入初年度から主力して在籍2年半で公式戦68試合に出場。 しかし、2019-20シーズンはケガの影響もあって出場機会を失い、2020年1月にフラメンゴに1年間のレンタル移籍で加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで優勝を果たしたチームにおいて前半戦は主力として活躍も、2020年12月に負ったヒザ前十字じん帯断裂の重傷によって、後半戦を棒に振っていた。 レンタル期間延長となった昨シーズンは負傷から復帰後、公式戦31試合に出場し、2ゴールを挙げるなど主力としてプレーしていた。 2022.01.14 00:39 Fri
twitterfacebook
thumb

ポーランド指揮のパウロ・ソウザ、フラメンゴ監督に就任! PZPNに補償金を支払って契約破棄

パウロ・ソウザ氏(51)のフラメンゴ監督就任が決定した。フラメンゴが29日に発表。契約期間は2年となる。 ポーランドサッカー協会(PZPN)も同日、取締役会でパウロ・ソウザ氏の契約打ち切りで全会一致に至ったと発表。同氏はPZPNに補償金が支払うという。 現役時代にポルトガル代表として活躍したパウロ・ソウザ氏は指導者転身後、欧州各国や中国のクラブで監督を歴任。今年1月からポーランド代表を率いた。 そんなポーランドはカタール・ワールドカップ欧州予選でイングランド代表と同居したグループIを2位通過。来年3月に本大会行きをかけてプレーオフを戦う。 だが、パウロ・ソウザ氏は先日、PZPNに退任を申し出たことが明らかに。ツェザリー・クレシャ会長が「無責任な行動」と非難するなど、動向が注目されていた。 今季のフラメンゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAとコパ・リベルタドーレスをいずれも2位で終戦。来季からはパウロ・ソウザ氏の下で復権を期す。 2021.12.30 08:34 Thu
twitterfacebook
thumb

フラメンゴがパウロ・ソウザ氏を新指揮官に招へいへ! 正式契約にはポーランド代表との契約解除が必要に

フラメンゴがポルトガル人指揮官のパウロ・ソウザ氏(51)を新指揮官に招へいすることが決定的となった。ブラジル『グローボ』など複数メディアが報じている。 フラメンゴはシーズン3冠に導いたジョルジェ・ジェズス氏(現ベンフィカ)が2020年7月に退任して以降、ドメネク・トレント、ロジェリオ・セニ、レナト・ガウショと3人の指揮官を招へいしてきたが、いずれの指揮官も長続きすることなく退任。現在はマウリシオ・ソウザ氏を暫定指揮官に据えている。 そして、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレスをいずれも2位で終えることになったクラブは、来シーズンの巻き返しに向け、世界各国のクラブを率いてきた元ポルトガルMFに白羽の矢を立てた。 現役時代にポルトガル代表として活躍したパウロ・ソウザ氏は、指導者転身後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナ、天津天海、ボルドーなどの指揮官を歴任。今年1月からはポーランド代表を率いている。 『グローボ』によると、フラメンゴとパウロ・ソウザ氏は契約延長オプションが付随する来シーズンからの2年契約で合意し、共に働く6人のコーチングスタッフの選定もすでに済ませているという。 ただ、正式契約に向けてはポーランドサッカー協会(PZPN)との契約解消が必要になる。 ポーランドは今回のカタール・ワールドカップ欧州予選でイングランド代表と同居したグループIを2位で終え、来年3月からは本大会出場を懸けたプレーオフを戦う予定だ。 そのため、PZPNのツェザリー・クレシャ会長はパウロ・ソウザ氏から退任の申し出を受け取ったことを認めているが、公式SNSを通じて「無責任な行動」と強く非難。現時点ではその申し出を拒否していることを明かしている。 したがって、フラメンゴの新指揮官就任に向けては3者間での話し合いによって解決策を見いだす必要がある。 2021.12.27 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アンドレアス・ペレイラがユナイテッド完全退団を望む 「僕の願望は常にフラメンゴ残留」

元ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(25)がマンチェスター・ユナイテッドから完全に出て行きたいようだ。 ユナイテッド育成出身の攻撃的MFとして将来を有望視される時期もあったが、燻り続けるA・ペレイラ。今夏にラツィオからレンタルバックしたが、再びのローン移籍で母国の名門フラメンゴに活躍の場を移した。 キャリア初となる母国でのプレーだったが、途中加入で主力の座を射止め、公式戦24試合の出場で5得点1アシストをマーク。そして、ブラジル版『ESPN』でフラメンゴに完全移籍でとどまりたい意向を示した。 「僕の願望はいつだってこのフラメンゴに残ること。今、あらゆることをしようとしている。それを可能にするため、(ロドルフォ・)ランディム会長やマルコス・ブラス副会長と話をするつもりさ。ファンたちにタイトルをもたらす使命も感じているしね」 なお、ユナイテッドからのレンタル契約に買い取りオプションも含まれ、行使額は1500万ユーロ(約19億2000万円)といわれる。 2021.12.12 17:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly