リーグも「強く非難する」と声明、頭部に中身入りのペットボトルが直撃…マルセイユMFパイエの負傷で試合打ち切り

2021.11.22 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
21日に行われたリーグ・アン第14節のリヨンvsマルセイユの一戦は、1人のサポーターの愚行により中断となった。試合開始早々の5分、マルセイユがCKを獲得し、MFディミトリ・パイエがボールをセットしているその時だった。スタンドから中身が入った状態のペットボトルが投げ入れられると、パイエ左耳付近を直撃。死角からの衝撃にパイエは頭をおさえながら倒れ込んでしまった。

マルセイユだけでなくリヨンの関係者も不快感をあらわにしたこの行為により、試合は一時中断。両チームの選手がロッカールームへと引き上げることとなった。結局、試合は約2時間後に中止が決定。再開されることはなかった。

リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長が『アマゾン プライム』で語ったところによると、試合は一度再開の決定がなされたものの、マルセイユ陣営からの強い反対もあり、打ち切りとなったとのことだ。

今シーズンのリーグ・アンでは観客同士や観客と選手の衝突が多発。8月に行われたリーグ・アン第3節のニースvsマルセイユでも、スタンドから投げつけられたペットボトルがCKを蹴ろうとしたパイエに直撃し、試合が打ち切りになっていた。

LFP(フランス・プロリーグ機構)はこの件に関して声明を発表している。

「LFPは、リヨンとマルセイユの試合中にディミトリ・パイエに暴力が振るわれたことを強く非難する。この卑怯な攻撃に続いて、ディミトリ・パイエは差別的な侮辱の対象となった」

「シーズン当初からLFP規律委員会が下してきた決定(勝ち点の取り消し、試合の閉鎖、スタンドの閉鎖)や、スタジアムで暴力を振るう人物をより効果的に制裁するための働きを政府当局と共同で行ってきたにもかかわらず、今回の新たな重大な事件によって、試合の安全性は主催クラブと地元当局の責任であり、試合の再開または停止に最終的な責任があることを再認識させられた」

「このような状況下で、サンテティエンヌvsアンジェの試合と同様に、地域の県知事がリヨンvsマルセイユの試合の再開を決定したことに遺憾の意を表する」

「リーグ・アンがピッチ上での魅力を取り戻しているときに、このような深刻な事件が繰り返されることで、フランス国内および国際的なリーグのイメージが壊されている」

「これらの新たな、そして極めて深刻な事件を受けて、LFP規律委員会は明日、緊急会議を開催する」

1 2

関連ニュース
thumb

ボカ、元エースのマルセイユFWベネデットを再獲得! 今季前半戦はエルチェで過ごす

ボカ・ジュニアーズは21日、マルセイユから元アルゼンチン代表FWダリオ・ベネデット(31)の獲得を発表した。アルゼンチン『TyC Sports』によると、契約は3年。背番号「9」を着用する。 ボカ再加入となるベネデット。メキシコでのプレーを経て、2016年6月にボカ入りすると、2016–17シーズンに公式戦28試合で25ゴールをマーク。以降も得点源としての存在感を示すなか、2019年8月のマルセイユ移籍で欧州挑戦を果たした。 その初年度はリーグ・アン26試合に出場して11ゴールを挙げ、2020-21シーズンも41試合でプレー。だが、6ゴールに終わり、今季からエルチェにローン移籍した。だが、エルチェでも18試合の出場で2得点と振るわず、母国復帰を決断している。 クラブの公式サイトによると、ベネデットは21日の会見で「ここに来られて、すごく興奮している。ボカのファンにはいつも驚かされるし、今も驚かされ続けている。またこの色を身に纏えるのは嬉しい限りだ」と喜びの心境を語った。 2022.01.22 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、アーセナルからコラシナツを1年半のレンタルで獲得

マルセイユは18日、アーセナルからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(28)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 2017年夏にシャルケからフリーでアーセナルに加入したコラシナツは、手薄の左サイドバックを救う救世主として、その後の3年で1シーズン平均35試合出場と主力として活躍。 しかし、昨季からは構想外となっており、2021年1月には古巣のシャルケにレンタルし、キャプテンとしてブンデスリーガ17試合に出場。だが、クラブが2部へ降格したため、予算上の都合で完全移籍は叶わなかった。 アーセナルへ復帰した今季も、ミケル・アルテタ監督の構想外となっており、ここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまっていた。 なお、マルセイユは先日にDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(30)をフリーで獲得しており、今冬の移籍市場において2人目の補強となった。 2022.01.19 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

パペ・グイエの移籍をめぐってマルセイユに1年間の補強禁止処分か

セネガル代表MFパペ・グイエの移籍問題に関して、マルセイユに重大な罰が与えられる可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 2020年夏からマルセイユでプレーするパペ・グイエ。ただ、当時の移籍をめぐっては不可解な流れがあった。 ル・アーブルとの契約を終えフリーとなっていた同選手は、その夏の移籍市場でワトフォードに加入していた。しかし、加入発表からわずか17時間後に、今度はマルセイユが加入を発表。謎の残る移籍劇となった。 この際、マルセイユはワトフォードに移籍金を払っておらず、ワトフォード側からすれば強奪された形に。先日、国際サッカー連盟(FIFA)による調査が開始され、パペ・グイエにはしばらくの間活動停止命令が下されることになった。 そして最新の情報によれば、マルセイユには2023年夏から1年間の補強禁止と200万ユーロ(約2億600万円)の罰金処分が科される模様。また、パペ・グイエ本人も移籍に関与したとして、4カ月の活動禁止処分が下るようだ。 なお、マルセイユは異議申し立てをする権利があり、パブロ・ロンゴリア会長も自信を持っているようだ。 2022.01.17 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ネーションズカップ参加中のパペ・グイエ、2020年の移籍問題で活動停止命令

マルセイユに所属するセネガル代表MFパペ・グイエが、国際サッカー連盟(FIFA)によって一時的にフットボール活動を禁止されることになった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏からマルセイユでプレーしている同選手だが、その移籍は前代未聞の事態となった。当時、ル・アーブルに所属していたパペ・グイエは、その夏の移籍市場でワトフォードへ完全移籍していた。 しかし、加入発表からわずか17時間後に、今度はマルセイユ移籍が決定。この奇妙で疑わしい一連の流れに、FIFAによる調査がこの度行われることとなり、重要参考人であるパペ・グイエはしばらくの間、活動停止命令が下ることになった。 同選手は現在、セネガル代表としてアフリカ・ネーションズカップに参加中。10日に行われた初戦のジンバブエ代表戦に出場していたが、今後は出場できなくなってしまった。 2022.01.15 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、北京国安退団のバカンブ獲得を発表! ビジャレアル時代以来4年ぶりの欧州帰還

マルセイユは13日、DRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年半となる。 1月1日に北京国安との契約が満了したバカンブには、リヨン、リール、セビージャ、ニースといったヨーロッパの複数クラブが関心を示していた。 しかし、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの去就が不透明な上、元々センターフォワードの選手層に問題を抱えていたマルセイユが獲得に成功した。 バカンブは、ソショーやブルサスポルでプレーしたのち、2015年8月から2018年1月までビジャレアルでプレー。公式戦105試合で47ゴールという見事な数字を記録。また、北京国安でも公式戦87試合で58ゴール21アシストと圧倒的な数字を残していた。 2022.01.13 23:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly