後半終盤の2ゴールでジェラード率いる新生ビラが白星発進! ブライトン撃破で連敗を「5」でストップ《プレミアリーグ》

2021.11.21 02:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第12節、アストン・ビラvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが20日にビラ・パークで行われ、ホームのアストン・ビラが2-0で勝利した。

直近のリーグ5連敗で16位に低迷するビラは、ディーン・スミス前監督を解任し、リバプールのレジェンドであり、昨シーズンにスコットランドのレンジャーズでリーグ無敗優勝に導いたスティーブン・ジェラード監督を新指揮官に招へい。その注目の初陣となった今節はホームに7位のブライトンを迎え撃った。

このプレミアリーグ初陣に[4-3-3]の布陣を採用したブエンディア、イングス、ワトキンスを前線に配置。ホームサポーターの後押しを受け積極的な入りを見せる。12分にはターゲットの左クロスに逆のサイドバックのキャッシュが飛び込む形で惜しい場面も作り出した。

以降はアウェイのブライトンにボールを握られる展開を強いられ、31分には左サイドの深い位置に抜け出したククレジャの折り返しからゴール前のトロサールに決定的なシュートを許すが、ここはGKマルティネスのファインセーブで凌いだ。

劣勢ながらも0-0で試合を折り返したビラは後半立ち上がりにセットプレーの流れからミングスがゴールに迫ったが、以降はブライトンの安定したパスワークに押し込められて耐える時間帯が続く。

それでも、冷静にピンチの芽を摘み続けるホームチームは、ベイリー、ヤング、エル・ガジとフレッシュな選手の投入で徐々に流れを引き戻す。すると、84分には自陣深くからロングカウンターを発動。中央で粘りの突破を見せたヤングから左サイドで背後のスペースを狙うワトキンスにパスが繋がると、そのままドリブルでボックス中央まで切り込んだワトキンスが見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。

見事なカウンターの流れからエースがゴールをこじ開けたビラは、その勢いに乗って89分にもセットプレーの二次攻撃からボックス手前右のマッギンが入れたクロスのこぼれ球を攻め残っていた主将DFミングスが豪快に右足で蹴り込んで試合を決定づける2点目とした。

その後、ブライトンの反撃をきっちり凌ぎ切ったビラがジェラード監督の初陣を劇的勝利で飾り、前体制下で続いていたリーグ連敗を「5」でストップしている。


関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、アーセナルからチャンバースを完全移籍で獲得!

アストン・ビラは27日、アーセナルから元イングランド代表DFカラム・チャンバース(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 アストン・ビラへの移籍が決まったチャンバースは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ビッグクラブであり、彼らは現在素晴らしいシーズンを過ごしている。とてもエキサイティングな場所だし、それは外から見ていてもわかる。ここで起きている物事は間違いなく正しい方向に進んでいるね。この素晴らしいクラブに加入するのは僕にとって当然のことで、正しい選択だったんだ」 「素晴らしいクラブだし、ビッグクラブだ。ヴィラ・パークで何度かプレーしたことがあるが、素晴らしいスタジアムで、素晴らしいファンがいる。監督はレンジャーズでとてもよくやっていた。彼は若くてエキサイティングな監督で、一緒に仕事をするのが待ち遠しいよ」 右サイドバック兼センターバックのチャンバースは、2014年夏にサウサンプトンからアーセナルへ移籍。アーセナルではこれまで公式戦122試合に出場しているが、主力にはなりきれずミドルズブラやフルアムへのレンタルも経験していた。 レンタル移籍から復帰した2019-20シーズンは、プレミアリーグ14試合に出場していたが、左ヒザの前十字じん帯断裂の重傷で長期離脱に。昨季後半戦から戦列復帰したが、今季は新加入の日本代表DF冨安健洋にレギュラーを奪われ、ここまで公式戦5試合に出場にとどまっていた。 また、2014年9月にデビューしたイングランド代表ではこれまで3試合に出場しているが、2014年11月以降招集されていない。 2022.01.28 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

低調エバートン、2選手が負傷…中盤の要ドゥクレは全治4週間の離脱

エバートンは27日、フランス人MFアブドゥライエ・ドゥクレと元イングランド代表MFファビアン・デルフが負傷したことを発表した。 ドゥクレは22日に行われたプレミアリーグ第22節のアストン・ビラ戦に先発出場したが、65分に負傷交代。その後の検査で鼠径部に負傷が確認された模様。リハビリ期間などを合わせて、全治は4週間程度になるとのことだ。 一方、アストン・ビラ戦を欠場したデルフは、今週行われたトレーニング中に太ももを負傷。現在はメディカルチームの治療を受けていると明かしている。 ドゥクレは今シーズンここまでのリーグ戦16試合に出場し、2ゴール4アシストの数字を記録。ラファエル・ベニテス前監督率いるチームにおいて最も印象的な活躍を見せていた。一方のデルフは、今季ここまでリーグ戦6試合の出場にとどまっていた。 2022.01.28 00:03 Fri
twitterfacebook
thumb

倒れるものはユニをも掴む、転倒を防ごうと思わず手にしたのは相手のシャツだった「そんなにシャツが欲しかったのか」

22日に行われたプレミアリーグ第23節、エバートンvsアストン・ビラでは、ユニフォームが想像以上に伸びることが判明した。 近年はユニフォームの性能も大幅に進化し、着心地に加えて軽さや通気性など機能面も向上。素材の面でも環境に配慮したリサイクル素材を採用するなど、各社がデザイン以外にもこだわりを見せている。 話題に上りやすいユニフォームだが、この試合ではユニフォームの伸縮性と強度の関係、購買意欲などに焦点が当たることとなった。 エバートンMFアブドゥライエ・ドゥクレとアストン・ビラMFジェイコブ・ラムジーはタッチライン際のルーズボールに対して競り合った。軽微な接触を経てドゥクレがスリップすると、この時に相手のシャツを掴む恰好に。 勢いのまま滑っていくドゥクレに対し、ラムジーが倒れずに踏ん張ったことで、当然ユニフォームは引っ張られて伸びることに。想像以上の耐久性を見せたが、結果的には敗れてしまった。 公開された動画には「これがジャージの品質」、「破れたシャツは貧弱な生地であるに違いありません」、「2人が地面に激しくぶつかるのを防いだ」となど、ファンから様々なコメントが寄せられた。 また、「罰金を科せられるべき」、「そんなに彼のシャツが欲しかったのか」など、呆れ気味の声も届いている。 進化を続けるユニフォームだが、成人男性を支えることは残念ながらできなかったようだ。なお、試合はアストン・ビラが1-0で勝利。5試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】どこまで伸びる?破れるまで選手に引っ張られたユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZCHI6touW0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZCHI6touW0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZCHI6touW0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.26 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、リバプールのジョー・ゴメス獲得に興味か

アストン・ビラが、リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメス(24)に興味を持っているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。 今冬の移籍市場での大型補強が目立つアストン・ビラ。バルセロナで戦力外となっていたMFフィリペ・コウチーニョをレンタルで迎え、エバートンで指揮官との衝突で干されていたDFリュカ・ディーニュを完全移籍で獲得した。 コウチーニョが加入の際にスティーブン・ジェラード監督の存在が大きかったと公言するなど、ピッチ外にも影響力を及ぼしている新鋭監督だが、次なる補強候補として、古巣で出場機会に悩む24歳に注目しているようだ。 2015年夏の加入からプレミアリーグやチャンピオンズリーグ優勝に貢献してきたジョー・ゴメスだが、度重なるケガの影響で安定したパフォーマンスを披露できていない。膝の骨折で12試合の出場に終わった昨季に続き、今季はDFイブラヒマ・コナテの加入もあり、センターバックとしては4番手という立ち位置に。 リバプールも同選手の売却はやぶさかではないようで、アストン・ビラのオファー次第で移籍が実現する可能性はありそうだ。 2022.01.25 19:24 Tue
twitterfacebook
thumb

着々補強のアストン・ビラ、ベンタンクールも視野に

アストン・ビラが、ユベントスのウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スティーブン・ジェラード監督の就任から調子を上げるアストン・ビラ。今冬の移籍市場ではMFフィリペ・コウチーニョやDFリュカ・ディーニュを獲得するなど、新指揮官の持つオーラがピッチ内外に影響している印象だ。 そんなビラの次なる補強候補がベンタンクールだ。ウルグアイ代表の常連でもある同選手は2017年夏にボカ・ジュニアーズから加入し、2年目以降は毎シーズン安定して公式戦40試合以上に出場している。 今季もここまで25試合に出場しているが、『デイリー・メール』によれば、ユベントスはオファーを聞く姿勢の模様。市場が閉まる前にスカッドの整理を進めたいようだ。 なお、移籍金は1900万ユーロ(約24億5000万円)程度と見込まれている。 2022.01.23 22:44 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly