解説者へ8年越しの仕返しに成功したバロテッリが怒りの理由明かす「あいつは無知」

2021.11.01 21:31 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トルコのアダナ・デミルスポルに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがひと悶着あったベシクタシュのセルゲン・ヤルチン監督について語った。トルコ『ヒュリエット』がトルコ『A Spor』の情報をもとに伝えている。9月21日に行われた第6節のベシクタシュ戦でベンチスタートとなったバロテッリは、1-3とビハインドの中で67分に途中出場。79分に強烈なミドルシュートを決めると、ヤルチン監督に対し、自分の頭を指差して挑発するポーズを示していた。

事の発端は2013年にマンチェスター・シティに所属していたバロテッリが、親善試合での絶好機に、回転しながらヒールで決めようとしたところを失敗したシーンについて、当時解説者を務めていたヤルチン氏が「脳がない」と一蹴したこと。この件は、バロテッリの8年越しの復讐と報じられていた。

『A Spor』のインタビューで、ヤルチン監督とのやり取りについて聞かれたバロテッリは、やり返した理由を明かした。

「セルゲン・ヤルチンが俺について何を言っているのか分からなかった。俺が最も嫌いなことの1つは、相手を知らずに誰かについて座りながら話すことだ」

「俺からしたらあいつは無知に思える。俺は誰に対してもそうしたことはない。物事の味方は何をしているかによって変わるべきじゃない。知らないなら、どうするかはそいつ次第だ」

なお、ベシクタシュ戦まではリーグ戦5試合で1ゴールだったバロテッリだが、ベシクタシュ戦以降は勢いに乗って5試合で4ゴール。昇格組のチームの攻撃を牽引している。

1 2

関連ニュース
thumb

中島翔哉がホームデビューもたった15秒で一発退場の衝撃…チームも0-3完敗

今夏トルコへと活躍の場を移したMF中島翔哉がまさかの記録を作ってしまった。 ポルトでは構想外の時間が長く続いた中島は、今夏の移籍市場でトルコのアンタルヤスポルへと完全移籍した。 その中島は11日に行われた第6節のカイセリスポル戦で終盤に起用されてデビュー。8分間プレーすると、17日に行われたアダナ・デミルスポル戦では59分と、デビュー戦よりも早い時間にホッサム・ガシャの交代で起用される。 ホームデビューとなった中島は前線のポジションに入り、最初のプレーでサイドにプレスをかけに行きボールを奪うが、ここでスライディングタックル。すると、ヨナス・スヴェンソンが痛み、主審はすぐにイエローカードを提示した。 プレーを初めて15秒でのイエローカード。激しいプレスがゆえにタックルが深く入ってしまった形だが、これがVARのチェック対象に。主審がオン・フィールド・レビューを実施した。 上からのカメラでは足首にスパイクが入っているように見え、主審はイエローカードを取り消し。レッドカードで一発退場。記録上は61分の退場となったが、プレー時間は15秒程度だった。 スタンドには中島の家族なのか、『beIN SPORTS』のカメラは日本人を映し出しており、中島の退場に顔を抑えるなどして悲しんでいる姿も確認できた。 トルコ2戦目は15秒で終了。チームもホームで0-3と敗れるなど痛い結果に。トルコでのスタートも難しいものとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ホームデビューの中島翔哉、プレー時間15秒、ファーストプレーで一発退場の衝撃…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> <a href="https://t.co/B3BOboWpKH">pic.twitter.com/B3BOboWpKH</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1571206410481946624?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.18 12:47 Sun
twitterfacebook
thumb

バロテッリがスイスのシオンに移籍! 今年1月にアッズーリに久々招集も意外な新天地を選択

スイスのシオンは8月31日、トルコのアダナ・デミルスポルからイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。 かつてはインテルやマンチェスター・シティ、ミランなどのビッグクラブを渡り歩いたものの、ここ数年はブレシアやモンツァなど、イタリアのプロヴィンチアでのプレーが続いていたバロテッリ。 しかし、昨夏に加入したアダナ・デミルスポルでは、公式戦33試合で19ゴール6アシストを記録。今年1月にはイタリア代表の強化合宿に招集されるなど、ここに来て第二の春を謳歌している。 今夏の移籍市場ではセリエAに昇格した古巣モンツァやジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任したバレンシア行きの可能性が取り沙汰されたが、新天地はスイスのシオンという意外なクラブとなった。 2022.09.01 07:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシア1部歴代最多得点者のジューバがトルコで国外リーグ初挑戦!

トルコのアダナ・デミルスポルは18日、元ロシア代表FWアルテム・ジューバ(33)の加入を発表した。契約は1年の延長オプションを含む1年契約となる。 ジューバはスパルタク・モスクワでプロキャリアをスタートし、トム・トムスク、ロストフでのレンタル移籍を経験し、2015年からゼニトの主力に定着。これまで2度の得点王に輝き、4度のロシア・プレミアリーグ制覇に貢献した。しかし、元ロシア代表主将は、契約満了に伴い昨シーズン限りでゼニトを退団していた。 そして、ロシア・プレミアリーグで歴代最多の148ゴールを誇る196cmのベテランストライカーは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるトルコの新興クラブで自身初の国外リーグに挑戦することになった。 2022.08.20 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、スイスのシオン加入で個人合意か…あとはアダナ・デミルスポルとの交渉次第

スイスのシオンがトルコのアダナ・デミルスポルに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(31)の獲得に前進しているようだ。 かつてはビッグクラブを渡り歩いたものの、ここ数年はブレシアやモンツァなど、イタリアの小規模クラブでのプレーが続いていたバロテッリ。だが、昨夏に加入したアダナ・デミルスポルでは、公式戦33試合で19ゴール6アシストを記録。今年1月にはイタリア代表の強化合宿に参加するなど、その評価は回復しつつある。 完全復活ともいえる活躍を見せたバロテッリとアダナ・デミルスポルの契約は2024年6月まで残っているが、トルコでのキャリアが今夏で終わろうとしているという。 『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、バロテッリはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任したばかりのバレンシアからの関心もあったが、それを蹴り、スイスのシオンと個人合意。あとはクラブ間の交渉次第というところまできている模様だ。 また、スイス『ブリック』によれば、アダナ・デミルスポルはバロテッリの移籍金を320万スイスフラン(約4億4600万円)と見積もっているが、シオンは200万スイスフラン(約2億8000万円)程度での獲得を望んでいる模様。両者の移籍金に開きがある状況の中、今夏での移籍は実現するだろうか。 2022.08.05 02:11 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季19ゴールのバロテッリにバレンシアやスイスのシオンが関心か

トルコのアダナ・デミルスポルに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(31)に2つのクラブが興味を示しているようだ。『Sportitalia』が伝えている。 かつてはビッグクラブを渡り歩いたものの、ここ数年はブレシアやモンツァなど、イタリアの小規模クラブでのプレーが続いていたバロテッリ。だが、昨夏に加入したアダナ・デミルスポルでは、公式戦33試合で19ゴール6アシストを記録。今年1月にはイタリア代表の強化合宿に参加するなど、その評価は回復しつつある。 そんなバロテッリに関心を持つのは、バレンシアとスイスのシオン。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任したばかりのバレンシアはチームへテコ入れの最中で、そのイタリア人指揮官が同胞の加入を求めているという。 シオンはすでにコンタクトを取っており、クリスティアン・コンスタンティン会長が「何週間も」交渉を続けていることを明かしている。 アダナ・デミルスポルとの契約を2024年まで残すバロテッリだが、スイス『ブリック』は、同選手は退団を希望していると主張している。 2022.07.16 15:44 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly