「意識高いです」仲田歩夢の愛を感じる私服ショットにファン喝采

2021.10.26 20:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©WE LEAGUE
大宮アルディージャVENTUSに所属するMF仲田歩夢の私服姿が話題となっている。

INAC神戸レオネッサから、WEリーグの開幕に向けて大宮VENTUSへと移籍してきた仲田。ここまでWEリーグでの5試合全てに出場し、サイドを起点にチームの攻撃を支えている。

移籍1年目ながら、新たに発足したチームにおいて中心選手となっている仲田だが、プライベートの姿も話題に。そして今回更新したインスタグラムでは、ファンを沸かせることとなった。

仲田はコーヒー屋に行ったことを報告。その際の私服が、チームカラーのオレンジだったのだ。

さらに、仲田は「#いちばんすきな色オレンジ」というハッシュタグをつけてファンを喜ばせると、大宮VENTUSのファンから大きな反響があった。

ファンは「ナイス大宮カラーです」、「チームカラー。愛を感じる」、「オレンジ!意識高いです」などのコメントを寄せ、ピッチを離れても溢れ出る仲田のクラブ愛を称賛した。



1 2

関連ニュース
thumb

W杯制覇の佐々木則夫氏がJFAの女子委員長就任、大宮アルディージャVENTUS総監督は退任

大宮アルディージャは18日、大宮アルディージャVENTUS総監督兼大宮アルディージャトータルアドバイザーの佐々木則夫氏(63)の退任を発表した。 なお、佐々木氏は日本サッカー協会(JFA)の女子委員長に就任することが決定。大宮ではシニアアドバイザーに就任することとなる。 佐々木氏は、今年発足しWEリーグに参戦している大宮アルディージャVENTUSの総監督に就任。さらに、5月には岩瀬健監督の解任を受け、トップチームの暫定監督に就任していた。 J2では勝利を挙げられず、霜田正浩監督の就任に伴い退任するも、新チームである大宮アルディージャVENTUSを総監督として支えていた。 2011年には女子ワールドカップでなでしこジャパンを率いて優勝を達成し、2012年のロンドン・オリンピックでは銀メダル獲得など、日本の女子サッカー発展に大きく貢献した佐々木氏は、再びJFAで仕事に就くこととなる。 佐々木氏はクラブを通じてコメントしている。 「日本の女子サッカーが再び世界一を目指すために、クラブに理解いただいてこの決断をしました。大宮という街は私にとっての聖地ですし、大宮アルディージャ、大宮アルディージャVENTUSは、今までも、これからも、私にとって特別なクラブです」 「大宮アルディージャVENTUSから世界一になるメンバーが出ることを強く望んでいますし、私自身も微力ながらシニアアドバイザーとして今後もクラブに貢献していければと思っております。ファン・サポーターの皆さん、これからもよろしくお願いします!」 2021.11.18 17:58 Thu
twitterfacebook
thumb

長野が後半AT2発で逆転勝利、INAC神戸は破竹の8連勝、“埼玉ダービー”はゴールレスドロー【WEリーグ第9節】

「2021-22 Yogibo WEリーグ」第9節が、13日、14日にかけて行われた。 14日に行われたAC長野パルセイロ・レディースvsサンフレッチェ広島レジーナは2-1で長野レディースが勝利した。 ここまで2勝をあげるもホームでは白星がない長野レディースと、同じく2勝の広島レジーナが対戦。立ち上がりから互いに攻め合う展開に。しかし、両者ともシュート精度が低く、シュートが枠に飛ばない状況となった。 ゴールレスで後半を迎えると先に決定機を作ったのは長野レディース。50分に、瀧澤千聖がボックス手前からシュートも、またしても枠に飛ばない。 すると52分、ボックス手前から松原優菜がゴール前にクロスを送ると、誰も触らないままゴールに吸い込まれ、広島レジーナが先制する。 その後は互いにカードを切り局面を変えに行くがゴールは生まれず。それでも後半アディショナルタイム2分、長野レディースはボックス手前でFKを獲得すると、五嶋京香が直接叩き込み、土壇場で同点に追いつく。 見事な直接FKでゴールを奪った長野は、その直後にカウンター。ラストプレーでスルーパスを受けた瀧澤千聖が落ち着いてけり込み、逆転に成功。2-1で勝利し、ホーム初白星となった。 開幕8連勝を目指すINAC神戸レオネッサは、ホームででアルビレックス新潟レディースと対戦した。 立ち上がりから良い入りを見せたのは新潟レディース。5分、右サイドを突破した道上彩花がカットインしシュートもGKがセーブする。 INAC神戸は新潟レディースの堅い守備の前に、なかなかチャンスを作れず。しかし、後半は選手を入れ替えて徐々にゴールへと迫る。 すると71分、CKの流れから水野蕗奈がボックス内に持ち込みグラウンダーのパス。成宮唯が押し込み、INAC神戸が苦しみながらも先制。新潟レディースは反撃に出ることができず、そのまま試合終了。INAC神戸は苦しみながらもなんとか1-0で勝利し、開幕8連勝を飾った。 その他、13日に行われた大宮アルディージャVENTUSvsちふれASエルフェン埼玉の埼玉だーびーは、互いに決定機を生かせずに0-0のゴールレスドローに。また、三菱重工浦和レッズレディースvsマイナビ仙台レディースの一戦は、浦和レディースの安藤梢にゴールが生まれるなど、3-1で浦和レディースが勝利。2位のマイナビ仙台ん勝ち点で並ぶことに成功した。 ◆Yogibo WEリーグ 第9節 ▽11/13(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">三菱重工浦和レッズレディース 3</span>-1 マイナビ仙台レディース 大宮アルディージャVENTUS 0-0 ちふれASエルフェン埼玉 ▽11/14(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2</span>-0 ノジマステラ神奈川相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 1</span>-0 アルビレックス新潟レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 2</span>-1 サンフレッチェ広島レジーナ WE ACTION DAY(今節試合なし) 日テレ・東京ヴェルディベレーザ ◆順位表(第9節終了時) 勝ち点(試合数/勝/分/負/得失点) 1.INAC神戸レオネッサ 24(8/8/0/0/+15) 2.マイナビ仙台レディース 15(8/4/3/1/+7) 3.三菱重工浦和レッズレディース 15(8/5/0/3/+6) 4.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 14(8/4/2/2/+1) 5.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 13(8/4/1/3/+7) 6.AC長野パルセイロ・レディース 11(9/3/2/4/-2) 7.大宮アルディージャVENTUS 9(8/2/3/3/-6) 8.サンフレッチェ広島レジーナ 8(8/2/2/4/-4) 9.ノジマステラ神奈川相模原 6(8/1/3/4/-5) 10.アルビレックス新潟レディース 5(8/1/2/5/-8) 11.ちふれASエルフェン埼玉 5(9/1/2/6/-11) 2021.11.15 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

WEリーグ初の“さいたまダービー”は猶本光1G1Aの浦和レディースが4発快勝! INAC神戸と共に無傷の3連勝【WEリーグ第4節】

2日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第4節の5試合が行われた。 NACK5スタジアム大宮では、大宮アルディージャVENTUSvs三菱重工浦和レッズレディースの一戦が行われた。 WEリーグ史上初となる“さいたまダービー”となった一戦。トップチームも大宮アルディージャがJ2に降格した2018年以降はダービーが行われておらず、4年ぶりの開催となった。 試合はアウェイの浦和レディースが先制。5分、右サイドにスルーパスを出すと猶本光がクロスこれをボックスす中央で安藤梢がフリーで難なくヘディングで合わせ、浦和レディースが先制した。 先制を許した大宮VENTUSは11分に源間葉月がミドルシュートを放つが、GK池田咲紀子がキャッチする。試合は浦和レディースが主導権を握る展開に。パスをつないでポゼッションを高め、両サイドのスペースや最終ラインの裏を狙って攻撃を仕掛けていく。 大宮VENTUSはなかなかチームとして守備をハメられず、浦和レディースに何度もゴールに迫られる展開に。しかし、飲水タイム明けからは守りを修正ししっかりと耐えていく時間が続く。 少しずつ大宮VENTUSがゴールに迫る展開となる中、浦和レディースはしっかりと守備対応。遠目からのシュートは打たせるものの、決定機は作らせなかった。 後半を迎えるにあたり、浦和レディースは1人を交代。清家貴子を下げて、ユースから昇格した島田芽依を起用する。するとその浦和レディースが、49分に追加点を奪う。ドリブルで持ち込んだ安藤がボックス内でシュート。DF乗松瑠華がブロックするも、こぼれ球に反応した猶本がボックス内右でダイレクトボレー。これが決まり、浦和レディースがリードを広げる。 リードを広げられた大宮VENTUSだが53分、左サイドを仕掛けた仲田歩夢がそのままボックス内に侵入し自らシュート。しかし、これはGK池田が難なくセーブする。 さらに56分にも大宮VENTUSがチャンス。仲田が左を持ち上がるとスルーパスに反応した井上綾香がボックス内左からクロス。これに対して髙橋美夕紀が飛び込むが、わずかに届かない。 72分には右サイドからの有吉佐織のクロスに対し、途中出場のカトラー・グレイス・エリンが飛び込むが、わずかに頭には合わない。82分にも大宮VENTUSはスルーパスを受けたカトラーがボックス内右からシュート。しかし、これはGK池田がキャッチする。 攻勢をかけていた大宮VENTUSだったが、守備の隙を突かれて失点する。82分、ロングボールの競り合いに抜け出した島田がシュート。これはDF2人でブロックするも、こぼれ球を島田がパス。走り込んだ菅澤優衣香が落ち着いて流し込んで、試合を決定づける3点目を奪った。 さらに浦和レディースは87分、ボックス中央で南萌華からのパスを受けた島田が粘りを見せると、最後は遠藤優ががフリーで蹴り込み、4点目を奪う。 終盤に2失点で意気消沈する大宮VENTUSだったが88分、ロングボールに対してボックス内でカトラーがヘッド。これが決まり、意地の反撃。しかし、そのまま終了し、1-4で浦和レディースが勝利した。 その他、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースvs日テレ・東京ヴェルディベレーザは日テレ・ベレーザが0-3で快勝した。 試合は終始、日テレ・ベレーザが主導権を握る。すると43分、右サイドからカットインした木下桃香がボックス手前から左足一閃。これが決まり、日テレ・ベレーザが先制する。 0-1で迎えた後半も日テレ・ベレーザが押し込むと、65分に追加点。清水梨紗の縦パスを受けた植木理子がフェイントで相手をかわし鋭いクロス。これに小林里歌子が合わせて追加点を奪う。 日テレ・ベレーザは93分にも追加点。ボールをキープした三浦成美の浮き球のパスを、途中出場の菅野奏音がボックス内で胸トラップからボレー。そのまま勝利し、0-3で快勝を収めた。 前節は「WE ACTION DAY」により試合がなかったINAC神戸レオネッサは、アウェイでAC長野パルセイロレディースと対戦。3連勝を目指すチームはなかなかゴールが遠い展開となる。 それでも75分、右CKから中島依美がクロス。これを西川彩華がボックス中央でヘディングで合わせ、INAC神戸が先制する。さらに87分には、左サイドを持ち出した阪口萌乃からパスをつなぐと、最後は髙瀬愛実の落としを受けた伊藤美紀がボックス内からシュート。そのまま、0-2で勝利を収めた。 ◆Yogibo WEリーグ 第4節 ▽10/2(土) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> 大宮アルディージャVENTUS 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 三菱重工浦和レッズレディース</span> ちふれASエルフェン埼玉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 マイナビ仙台レディース</span> サンフレッチェ広島レジーナ 1-1 アルビレックス新潟レディース AC長野パルセイロ・レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 INAC神戸レオネッサ</span> WE ACTION DAY(今節試合なし) ノジマステラ神奈川相模原 ◆順位表 1.INAC神戸レオネッサ 9(3/3/0/0/+9) 2.三菱重工浦和レッズレディース 9(3/3/0/0/+6) 3.マイナビ仙台レディース 8(4/2/2/0/+5) 4.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 7(4/2/1/1/+4) 5.AC長野パルセイロ・レディース 5(4/1/2/1/0) 6.アルビレックス新潟レディース 5(4/1/2/1/-1) 7.サンフレッチェ広島レジーナ 4(4/1/1/2/-1) 8.ノジマステラ神奈川相模原 2(3/0/2/1/-2) 9.大宮アルディージャVENTUS 2(4/0/2/2/-8) 10.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1(3/0/1/2/-4) 11.ちふれASエルフェン埼玉 1(4/0/1/3/-7) 2021.10.02 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

髙瀬愛実がWEリーグ第1号! 髙瀬&17歳FW浜野まいか2発のINAC神戸が歴史的開幕戦で大宮に5発完勝【WEリーグ第1節】

12日、日本初の女子プロサッカーリーグ「2021-22 Yogibo WEリーグ」が開幕。10時からINAC神戸レオネッサvs大宮アルディージャVENTUSの一戦で、その歴史がスタートした。 なでしこリーグを2011年から2013年まで3連覇、皇后杯も6度優勝の経験があるINAC神戸と、Jリーグに所属する大宮アルディージャが母体となり、WEリーグ開幕に合わせて発足した新チーム大宮の一戦となった。 INAC神戸はなでしこジャパンとして東京オリンピックに出場したGK山下杏也加、DF三宅史織、MF中島依美、MF杉田妃和が先発出場した。 対する大宮は、東京オリンピックには選出されなかったものの、なでしこジャパンとして2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーであるDF鮫島彩が先発出場。INAC神戸から移籍したMF仲田歩夢も先発。また、3日前にスペインのポソアルベンセカラ加入したMF野口彩佳もいきなり先発した。 歴史の1ページが開いた一戦。開始2分、アウェイの大宮がファーストシュート。スペインから帰国し3日前に加入した野口がボックス手前からミドルシュートも、枠の右に外れる。 大宮が良い入りを見せたかに思われたが、徐々にペースを握ったのはホームのINAC神戸。すると4分、右サイドからの浮き球のパスに反応した伊藤がボックス内右からシュート。これは左ポストに嫌われるが、こぼれ球をボックス内で拾った髙瀬が落ち着いて蹴り込み、INAC神戸が先制。記念すべきWEリーグ第1号ゴールを記録した。 先制したINAC神戸は12分にも追加点。中島がロングフィードを送ると、抜け出した杉田がボックス内左で受け折り返し。これに走り込んだ17歳の浜野まいかがダイレクトで蹴り込み、INAC神戸がリードを2点に広げる。 29分にもINAC神戸がビッグチャンス。右サイドから浜野がアーリークロス。これが流れるも、ボックス内左へ走り込んだ中島がフリーで抜け出しシュート。しかし、これは枠を外れる。 ペースを握り続けるINAC神戸は41分に追加点、ボックス左で杉田のパスを受けた阪口がグラウンダーのクロス。これに浜野が詰めるが、相手のオウンゴールを誘発し、INAC神戸が前半でリードを3点に広げる。 45分には、ドリブルを仕掛けた杉田がボックス左からクロス。これをボックス内に飛び込んだ浜野がダイビングヘッド。前半終了間際に4点目を奪った。 前半で4点のビハインドを負った大宮は、野口と高橋をハーフタイムで下げ、大熊良奈と山崎円美を投入。後半頭はテンポを上げてプレーを続ける。 しかし、再びネットを揺らしたのはINAC神戸。自陣からの阪口のロングフィードに抜け出した髙瀬がそのまま独走。ボックス内で落ち着いてシュートを放ち、この試合2点目を奪う。 ここまで良い所がない大宮は、後半から起用された山崎を中心になんとか初ゴールを目指していく。しかし、プレー精度やサポートの厚みなどが整わず、攻撃を完結できない。 終盤にかけても攻め手を止めないINAC神戸は88分、髙瀬のスルーパスに浜野が反応。ボックス内で受けてシュートに持ち込むが、相手にブロックされシュートは打てず。ハットトリックのチャンスを逃す。 結局そのまま試合終了。ホームのINAC神戸が新チームの大宮に力の差を見せつけ、5-0で圧勝。WEリーグの歴史的な1勝を記録した。 INAC神戸レオネッサ 5-0 大宮アルディージャVENTUS 【神戸】 04分 1-0:髙瀬愛実(INAC神戸) 12分 2-0:浜野まいか(INAC神戸) 41分 3-0:オウンゴール(INAC神戸) 45分 4-0:浜野まいか(INAC神戸) 57分 5-0:髙瀬愛実(INAC神戸) ◆2021-22 Yogibo WEリーグ第1節 ▽9/12(日) 《13:30》 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs 三菱重工浦和レッズレディース 《16:00》 マイナビ仙台レディース vs ノジマステラ神奈川相模原 《17:00》 ちふれASエルフェン埼玉 vs サンフレッチェ広島レジーナ アルビレックス新潟レディース vs AC長野パルセイロ・レディース 2021.09.12 11:50 Sun
twitterfacebook
thumb

新チーム大宮VENTUSの一員として一歩を踏み出す仲田歩夢「夢のあるWEリーグに向けてサッカーと向き合う」

日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」がいよいよ9月12日(日)に開幕。INAC神戸レオネッサと大宮アルディージャVENTUSの一戦でスタートする。 歴史的な一戦を前に、デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」が大宮の仲田歩夢にインタビュー。古巣との開幕戦に向けた想いを語った。 ■何もないところからスタートする充実感 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ayu20210911_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 仲田は2012年に常盤木学園高校からINAC神戸に入団。チームは黄金期を迎えており、2011年の女子ワールドカップを制したなでしこジャパンのメンバーが中心となっていた。 INAC神戸で過ごした9シーズンではリーグ戦99試合に出場し11得点。今季から新天地となる大宮へと移籍していた。 入団会見では「試合の出場機会を求めるために環境を変えること」と「立ち上げのチームで楽しいことが待っているというイメージ」を理由に語っていたが、その後チームで7カ月という長期のプレシーズンに臨み今の心境を語った。 「移籍前に感じていた戸惑いはなくなったのですが、まだまだ未熟なチームではあるので、『これからどのような色にも染まれるな』という意味で、ワクワクする気持ちは変わっていません。上手くいくことばかりではないし、むしろ難しいことのほうが今は多いですが、何もないところからスタートすることの面白みや魅力を感じています」 ■夢を感じられるWEリーグに <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ayu20210911_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> チームにはなでしこジャパンでも活躍し、W杯優勝メンバーであるDF鮫島彩やMF阪口夢穂、DF有吉佐織らが所属。また総監督には当時の監督である佐々木則夫氏が就き、コーチにはINAC神戸時代のチームメイトでもある大野忍が就任している。 仲田はチームのポゼッションサッカーに対して「ポゼッションが得意だと思ったことは自分自身あまりありませんが、INACで培われた部分ではあると思います。ボールを動かすことも大事ですが、自分のストロングポイントであるプレーをどんどん出していきたいと思ってますし、貪欲にゴールを狙っていきたいです」と個の強さでチームに変化をもたらすことを意気込んだ。 また、アウェイでのINAC神戸との開幕戦を前に古巣の印象については「身体能力や技術が高い選手が多く、監督も星川さんになってよりパワーアップしているな、という印象です。サイドを活用した攻撃と粘り強い守備で、今私たちがどこまでINAC相手に戦えるのかとても楽しみです」と昨シーズンまでホームとしてプレーしたノエビアスタジアム神戸に戻っての戦いが楽しみだと語った。 WEリーグの名称は、「Women Empowerment」の略で、「一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」という日本サッカー協会(JFA)の理念を表している。その日本初の女子プロサッカーリーグが産声を上げようとしている中、「まだまだ十分な環境と言えるわけではないですが、私たち選手がいかに女子サッカーを盛り上げられるかに今後のWEリーグが左右されてくると思います。今サッカーをしている子どもたちに、『WEリーグでプレーしたい』と思ってもらえるように、私たちも強い責任感をもってサッカーと向き合っていきます」と夢を繋いでいく決意を語った。 神戸で過ごした9年を経て、「以前は自らが率先して何かを発言したり、行動することがほぼなく、周りを頼っていた部分がありました。でも、今現在は思ったことや伝えたいことは伝えるようにしていますし、まずは自分が動くことで言葉の重みが生まれたらいいなと思っています」と語る仲田選手のプレーに注目が集まる。 2021.09.11 19:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly