【J1注目プレビュー|第33節:C大阪vs横浜FM】ルヴァン決勝前に弾みをつけたいC大阪、横浜FMは逆転優勝へ勝つのみ

2021.10.24 13:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第33節】
2021年10月24日(日)
19:00キックオフ
セレッソ大阪(12位/39pt) vs 横浜F・マリノス(2位/72pt)
[ヨドコウ桜スタジアム]

◆球際の激しさを出せるか【セレッソ大阪】

前節は中断前の3日、大分トリニータとの一戦は、アウェイで1-0と敗戦。リーグ戦で連敗を喫した。

若干の余裕はあるものの、残留が確定したわけではない状況のC大阪。しっかりと勝ち点3を獲得しておきたいところだ。

何より1週間後にはYBCルヴァンカップの決勝が控えている。その大一番に向かうためにも、リーグ戦で弾みをつけたいところ。上位の横浜FMを相手にしっかりと戦えれば自信になるだろう。

球際の激しさは小菊昭雄監督になってから出せており、ルヴァンカップ準決勝の浦和戦でもその姿を見てとれた。選手たちが自信を持ってプレーすることが、プラス材料となるはずだ。

ケガで離脱していた清武弘嗣も復帰。先発での起用の可能性もあるが、チームの攻撃を司る司令塔がどういった効果を見せるのか注目が集まる。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、藤田直之、原川力、乾貴士
FW:加藤陸次樹、清武弘嗣
監督:小菊昭雄

◆人事を尽くして天命を待つ【横浜F・マリノス】

前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎え、2-1で勝利。しっかりと勝ち点3を獲得した。

首位の川崎フロンターレとは勝ち点差が「9」。最終節での直接対決があるものの、自力での優勝はない。いかに相手が取りこぼすのかを待つしかでいないが、自分たちが取りこぼしていては意味がない。横浜FMとしては最終節までの5試合で5連勝し、朗報を待ちたいところだ。

その中で迎える今節は、トップ下のマルコス・ジュニオールが不在。天野純が入りそうなところだが、ケガのため起用できず。前田大然がトップ下に入る可能性もあるようだが、誰が起用されるのか注目だ。

またトップの人選も気になるところ。先発起用が続くFWレオ・セアラーはゴールが4試合ない一方で、途中出場で結果を出しているFW杉本健勇は古巣対決ともなる。いずれにしても、勝つしかない状況。果たして、どんな選択を指揮官は下すだろうか。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン
MF:喜田拓也、渡辺皓太、扇原貴宏
FW:仲川輝人、レオ・セアラー、前田大然
監督:ケヴィン・マスカット
出場停止:マルコス・ジュニオール


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:清水vs広島】監督交代の両チーム、初白星はどちらの手に?

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 清水エスパルス(16位/33pt) vs サンフレッチェ広島(10位/46pt) [IAIスタジアム日本平] ◆残留を手繰り寄せる勝利を【清水エスパルス】 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督がチームを去り、2年連続で平岡宏章監督が就任した清水。初陣となった北海道コンサドーレ札幌戦は2-2のドローに終わった。 ロティーナ監督時代は、攻撃でもアグレッシブさが出ない上、守備陣も局面でのデュエルに勝てないなど攻守にわたって良いところが見せられず、FC東京戦はその悪いところが全て出た試合となり4-0で完敗した。 一方で、平岡監督の初戦はアグレッシブさを攻撃で見せることはでき2得点。攻撃陣がピリッとしないチームだったが、改善が見られれば残留にも近づけるはずだ。 残り3試合。降格権との勝ち点差は「3」。勝利することで、大きく残留に近づくことができるが、負ければ降格権転落もあり得る状況。分水嶺と言っていい試合だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、鈴木義宜、井林章、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、竹内涼、中村慶太 FW:藤本憲明、チアゴ・サンタナ 監督:平岡宏章 出場停止:ヴァウド ◆初白星なるか【サンフレッチェ広島】 城福浩監督が退任し、沢田謙太郎監督が就任した広島。前節は湘南ベルマーレとゴールレスドローに終わり、監督交代の成果はまだ出ていない。 準備期間もあまりなかったとはいえ、2試合を戦い苦しい状況に。監督交代の意味を示さなければ、無駄に終わったという事になりかねない。 チームとしては目標の置き所が難しい順位にいるだけに、監督としてもどこにポイントを置くのか。まずは新体制で勝利を挙げるというところになるだろう。 前節は数的不利な戦いで攻め込まれながらもクリーンシートに終えたことはプラス材料。問題は攻撃陣だ。 前線の連動性を書いている状況なだけに、どう攻撃を構築するか。広島らしさを取り戻し、スピーディーにゴールを奪い切ることができるかどうか。勝機はそこにありそうだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、青山敏弘、松本泰志、東俊希 MF:浅野雄也、茶島雄介 FW:エゼキエウ 監督:沢田謙太郎 出場停止:柴崎晃誠 2021.11.20 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:横浜FCvs神戸】残留へ、アジアへ、互いに欲しい勝ち点3を掴み取るのは

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 横浜FC(20位/27pt) vs ヴィッセル神戸(3位/67pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆勝たなければほぼ終戦【横浜FC】 残り3節で最下位に位置する横浜FCにとっては、ここが正念場。残留ラインとの勝ち点差は現時点で「6」。この試合で勝っても、その道がほぼ絶たれる可能性が高い。 勝ち点差自体は可能性を残すものの、得失点差が「-40」となっており、この差を埋めることは現実的ではない。つまり、この試合では勝つしかないという状況だ。 とはいえ、可能性がないわけではない。戦わずしてJ1の舞台を去ることはせず、僅かな可能性に懸けて戦い続けるだろう。 ポイントは神戸の強力な攻撃陣をどう封じるか。アウェイでは5-0で敗れているが、今の横浜FCには武器がある。サウロ・ミネイロを中心としたカウンターは破壊力があり、ガブリエル、スヴェンド・ブローダーセンの守備も一定のパフォーマンスだ。 さらに、プレスを掛けてボールを奪うという守備は、ポゼッションをしてくる神戸にはハマる可能性が高い。デュエルで勝利をしつつ、仕留めることができれば、勝機は見える。 一方で、先制を許すと非常に苦しくなるだろう。プレス回避をされて大量失点もあり得るだけに、試合をいかにコントロールして勝利を目指すか。難しいタスクが課される。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:スベンド・ブローダーゼン DF:韓浩康、高橋秀人、岩武克弥 MF:マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、武田英二郎 MF:ジャーメイン良、松尾佑介 FW:サウロ・ミネイロ 監督:早川知伸 ◆目標のアジアへ【ヴィッセル神戸】 対する神戸は5戦無敗。2連勝中と調子は悪くなく、3位を守り続けている。 今節の勝利でも3位確定の可能性があるが、とにかく勝利が必要だ。熾烈な争いをリードしたまま、最後を迎えたい。 ドウグラス、ボージャン・クルキッチと助っ人FWが相次いでケガのために帰国したが、日本代表で結果を残せなかった大迫勇也に期待がかかる。武藤嘉紀も結果を残しており、アンドレス・イニエスタが司る攻撃の威力は衰えていない。 2年ぶりのアジアの舞台に立てるかどうか。菊池流帆が引っ張る守備陣も安定感を見せており、磐石の戦いで3位確保を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、大迫勇也 監督:三浦淳寛 2021.11.20 11:46 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:鹿島vs大分】3位を目指す鹿島、大分は勝利以外で降格決定の可能性

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(4位/62pt) vs 大分トリニータ(18位/28pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆3位へ負けられない戦い【鹿島アントラーズ】 ここに来て3連勝と結果が残っている鹿島。守備陣の安定が大きく、3位争いで粘りを見せている。 昨シーズンに引き続き、今シーズンも最悪なスタートを切ったシーズンだったが、きっちり最後は上位争いに。しかし、何も勝ち得ていないシーズンが続くことには変わらず、こんなところで満足するクラブではない。 今シーズン残された試合は3試合。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を懸けた戦いを制することが今の目標だ。ヴィッセル神戸との勝ち点差「5」は簡単な差ではないが、自ら切り開くしかない。 残り3節のうち、今節の大分、そして最終節のベガルタ仙台と残留争い中の2クラブとの対戦が残っている。相手も必死に戦ってくることは容易に予想できるが、チームとしてその圧に打ち勝てるのか。鹿島らしさを最後は見せたい所だ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ファン・アラーノ、ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、土居聖真 監督:相馬直樹 ◆負ければ降格決定も【大分トリニータ】 一方の大分は苦しい状況から抜け出せない。一時は連勝を収め、一気に抜け出すかと思わせたが、ここに来て2連敗。J2行きが近づいてきている。 下位チームが揃って勝ち点を積み上げていく中での連敗、そして3戦未勝利は厳しいところ。今節負ければ、降格決定の可能性もあるだけに、是が非でも勝ち点3を勝ち取らなければいけない。 引き分けでも降格が決定する可能性は残されており、上位相手に勝利が求められる中、ホームでの一戦はゴールレスドローだった。 個の能力に劣る大分は、ミラーゲームに持ち込まれると脆さを見せ、連敗となってしまった。しかし、鹿島に限ってはそれはないだろう。4バックのスタイルは伝統。3バックで来ることはないだけに、しっかりと主導権を握り、先制点を奪えるかどうか。鹿島の術中にハマれば、抜け出せずに終わる可能性が高い。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:刀根亮輔、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:小出悠太、羽田健人、下田北斗、香川勇気 MF:渡邉新太、野村直輝 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 2021.11.20 11:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:G大阪vs名古屋】3連勝で残留確定のG大阪、名古屋は3位へ勝つしかない

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 14:00キックオフ ガンバ大阪(13位/43pt) vs 名古屋グランパス(5位/62pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆残留確定で見せたいプライド【ガンバ大阪】 今シーズンは苦しみ続け、残留争いにどっぷり足を突っ込んでしまったG大阪。最下位に沈む時期もあったが、徐々に勝ち点を積み上げると、ここに来て4戦無敗、3連勝と結果を残し始めている。 遅すぎる巻き返しではあるが、チームとしても残留を確定させ、長く苦しんだプレッシャーから解放された部分もあるだろう。少しでも上の順位を目指して今後は戦うこととなる。 ケガ人もシーズンを通して相次いで出たことで、全てがうまく回らなかったが、ここにきて三浦弦太、昌子源が揃うことに。多くの選手を起用できるようになったこの状態で結果を出し続けたい。 とはいえ、今節は上位の名古屋が相手。前々節は優勝を争っていた横浜F・マリノスを下しているだけに、G大阪としてはしっかりと上位にも戦えるかを図る良い相手だ。 意地とプライドを懸けた戦いになるが、来シーズンの巻き返しを考えても、しっかりと結果を残しておきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:倉田秋、井手口陽介、山本悠樹、福田湧矢 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:松波正信 ◆3位に向け3連勝を目指す【名古屋グランパス】 現在5位の名古屋。3位を争う戦いでリードしていたが、直近の試合では勝ち点を取りこぼしている状況が続いている。 気がつけば5位、3位との勝ち点差は「5」となり、シビアな戦いが強いられることに。しかし、2年連続でのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を目指すことは諦めきれないはずだ。 アウェイ3連戦の初戦で仙台に引き分けたことが重くのしかかり、残り3節では3連勝が必須と言って良い状況。自力でのACL行きは掴めない状況だが、諦めずに戦う名古屋らしさを見せて朗報を待ちたいところだ。 まずはG大阪。3連勝と勢いに乗る相手をしっかりとゼロに抑えることができるのか。天皇杯、ACL、リーグ戦、ルヴァンカップと4つの戦いを並行していたシーズンも、今はリーグ戦のみ。残り3試合に全てをぶつけたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、木本恭生 FW:マテウス、柿谷曜一朗、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.11.20 11:07 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:C大阪vs川崎F】引退発表の大久保嘉人、古巣の王者相手に魅せられるか!?

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 14:00キックオフ セレッソ大阪(11位/45pt) vs 川崎フロンターレ(1位/85pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆J最高のFWが古巣相手に牙を剥く!?【セレッソ大阪】 また1人、レジェンドと呼ばれる男がスパイクを脱ぐ。19日、元日本代表FW大久保嘉人(39)が現役引退を発表。Jリーグでは残り3試合しか大久保のプレーを見ることができなくなった。 ここまで積み上げたゴールは「191」。自身が目標としていた200ゴールまでは「9」と、3試合では達成するのが難しいと思える数字だが、何かやってくれるのではないかという期待も持たせるのが大久保だ。 3試合連続ハットトリックで達成できる記録。ここまでのゴールを積み上げてきた大久保ならやりそうでもあるが、今節の相手は古巣の王者・川崎Fだ。 自身の得点力が最も発揮されたのが川崎F時代。3年連続得点王を獲得するなど、一気にゴールを量産したクラブでもある。この所は途中出場が続いており、8試合ゴールがない状況だが、最後に牙を剥くのか。古巣相手の躍動に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、奥埜博亮、原川力、清武弘嗣 FW:加藤陸次樹、大久保嘉人 監督:小菊昭雄 ◆勝ち点記録をどこまで伸ばすか【川崎フロンターレ】 前節は優勝決定直後の試合だったが、アウェイでサガン鳥栖に3-1で完敗。今シーズンの2敗目を喫した。王者として、連敗は許されないこの状況。今節は気を取り直して戦うはずだ。 しかし心配な点もいくつかある。1つはその鳥栖戦で負傷したDFジェジエウ。温存していながら後半に起用すると、わずか2分で明らかな重傷。鬼木進監督もすぐに頭を抱えるほどだったが、結果は左ヒザ前十字じん帯損傷、左ヒザ内側側副じん帯損傷で、ブラジルへと帰国した。 連覇に大きく貢献した助っ人DFをここで欠くことになったが、さらに気になるのが日本代表組だ。DF山根視来、DF谷口彰悟、DF旗手怜央の3名はベトナム、オマーンとアウェイゲームを戦った。山根は2戦連続フル出場、谷口と旗手はチャンスがなかったが、移動はしている。3明のコンディションも気になる所だ。 いずれにしても、川崎Fの目標はどこまで勝ち点を伸ばせるか。そして、12月に待つ天皇杯での連覇だろう。リーグ戦の残り3試合を良い形で締めくくりたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、登里享平 MF:脇坂泰斗、橘田健人、旗手怜央 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2021.11.20 10:48 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly