仙台、サポーターがブーイングなどの声出し…クラブが注意喚起

2021.10.24 10:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベガルタ仙台は23日、サポーターの行為への注意喚起を行った。

クラブの発表によると、23日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節のサンフレッチェ広島戦において、ブーイングなど声を出す行為が散見されたとのことだ。

「Jリーグ新型コロナウイルス感染症ガイドライン」では、緊急事態宣言の解除などにより、入場数の制限の緩和や、会場によっては「ワクチン・検査パッケージ」の導入などが実施されているものの、現時点で声出しの応援等は禁止されている。

しかし、今回の試合ではそのような行為が散見される事態となり、クラブが注意喚起を行った。

仙台は「日頃よりルールを遵守いただいているファン、サポーターのみなさまにご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と謝罪している。



1 2

関連ニュース
thumb

J2降格の仙台、手倉森誠監督が退任…残り2試合は原崎政人HCが指揮

ベガルタ仙台は23日、手倉森誠監督(54)の退任を発表した。 クラブは今シーズンの成績、結果について、手倉森氏と協議。双方合意の上、11月22日をもっての退任が決まったという。手倉森氏は今後、クラブの強化、育成のサポートを担当。ヘッドコーチの原崎政人氏(47)が残るシーズンの指揮を執る。 手倉森氏は今季、8シーズンぶりに仙台監督に復帰。震災から10年という節目にチームの再建を託されたが、明治安田生命J1リーグの開幕から思うように勝ち点を積み上げられず、20日の第36節終了時に2試合を残してのJ2降格が決定した。 その責任を取る形でシーズン途中での退任を決断した手倉森氏はクラブ公式サイトを通じて、ファンに向けてコメントした。 「このたび、監督を退任することになりました。震災から10年の節目の年、昨年ベガルタ仙台が苦しい状況に置かれた中、何とか力になれればと監督を引き受けさせていただきました」 「クラブの立て直し、昨年からの挽回とJ1残留を果たすべく力を注いできましたが力およばずJ2に降格させてしまい、大きな悔しさと責任を感じています。大変申し訳ありません」 「佐々木社長と共に、クラブ再建を誓い監督を務めてきましたが、J1残留を逃す事となり辞意を固めました。残り2試合、スタッフと選手で来期につながる闘いを期待します」 「J2降格が決定した今、クラブ再建へ別の形で貢献して参りたいと思います」 一方、後を受け継ぐ原崎氏は「湘南ベルマーレ戦の結果をもって、来シーズンのJ2降格が決まり、ヘッドコーチである自分も責任を感じています」と複雑な心境を明かしつつ、全力を誓った。 「手倉森監督の退任を受け、暫定的ですがチームの指揮を執る以上、今シーズンの残り2試合、チームが全力で戦い、未来につながる姿を見せることができるよう尽力します。共に戦ってください。よろしくお願いいたします」 2021.11.23 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台、クラブ史上2度目の降格が決定…来季は13年ぶりにJ2を戦うことに

ベガルタ仙台のJ2降格が決定した。 20日、明治安田生命J1リーグ第36節でホームに湘南ベルマーレを迎えた仙台は勝たなければ他会場の結果次第で降格が決まるという状況の中、10分に先制点を奪われる苦しい展開に。ビハインドで折り返した後半は相手ゴールに迫るも、逆に一瞬の隙を突かれて2点差に引き離され、湘南の牙城を最後まで崩し切ることはできずにタイムアップを迎えた。 湘南はこれで勝ち点を「36」まで伸ばし、敗れた仙台は「27」にとどまった。一方、15時キックオフの清水エスパルスvsサンフレッチェ広島では清水が1-0でゲームを制し、勝ち点36まで上積み。この結果、仙台は残り2試合で16位清水の勝ち点36を上回ることができなくなり、2試合を残してJ2降格が決定した。 仙台は2003年シーズン以来、2度目のJ2降格。J2に戦いの舞台を移すのは2009年ぶりとなる。なお、今節の結果を受け、18位大分トリニータ(勝ち点29)、20位横浜FC(勝ち点27)のJ2降格も決定している。 2021.11.20 18:23 Sat
twitterfacebook
thumb

残留争い直接対決は湘南に軍配、敗れた仙台は清水の結果次第で降格に…【明治安田J1第36節】

明治安田生命J1リーグ第36節、ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレが20日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-2でアウェイの湘南が勝利を収めた。 前節の名古屋グランパス戦は追い付いて勝ち点1を拾った仙台。勝たなければ場合によっては降格が決まる今節は、出場停止明けのアピアタウィア久が先発に復帰し、福森とセンターバックを組む。左サイドハーフには前節に続き、西村が入った。 一方の湘南も、前節はドローに終わっている。早い時間に数的優位となったものの、引いたサンフレッチェ広島を崩し切れずにゴールレス。勝てば残留に大きく前進する今節は、石原広教、高橋、町野に代わり、舘、畑、タリクがスタメンに名を連ねた。 両チームともに序盤は長いボールを前線に入れて守備ラインを下げさせ、セカンドボールの回収からビルドアップに移行する。9分に右CKを得た仙台はそこから波状攻撃。富樫、赤崎、さらには福森がフィニッシュを迎えるが、湘南DFも体を張って死守する。 すると、今度はしのいだ湘南にビッグチャンスが訪れる。左サイドから畑がクロスを入れると、茨田がヘディング。こぼれ球を岡本が拾って柔らかいボールを再びゴール前へ送ると、待っていたのはウェリントン。今季6つ目となる頭での得点で、10分に先制点をもたらした。 先制されると今季は未勝利という不穏なデータを持つ仙台だが、次第にボールを握る時間が増加。19分にはテンポの良いパス回しから上原がミドルを放つ。湘南も茨田のスルーから平岡が左上を狙ったが、アピアタウィアが頭でクリアして追加点を許さない。CKからのウェリントンのシュートも、直前でコースが変わるも、GKヤクブがビッグセーブでしのぎ切った。 ブロックの外側でのパス回しが続く仙台は、横へ揺さぶりながら縦をうかがう。スライドしながら中を閉める湘南との我慢比べとなり、以降は膠着したまま前半を終えた。 後半早々に仕掛けたのは、ビハインドで折り返した仙台。高い位置で赤崎がセカンドボールを拾い、スルーパスに抜け出した西村が左の深い位置からクロスを送る。だが、富樫のヘディングは枠を捉えられず。 湘南もボックス右でこぼれ球を茨田がダイレクトでたたき、さらにはクロスのこぼれからボックス内に侵入していた岡本が右足を振り抜く。だが、いずれも枠外となり、追加点を奪うことができない。 仙台は53分、左右から立て続けにクロスを入れると石原崇兆のクロスに西村が飛び込む。ここからは仙台が怒涛の反撃を見せ、湘南を自陣に釘付けに。セットプレーを含めて猛攻仕掛けるが、肝心のゴールだけが遠い。 悪い流れを断ち切りたい湘南は67分、茨田に代えて山田を投入して打開を試みると、仙台も加藤千尋を送り出して攻勢を強める。73分にも両ベンチが動くと、その流れで直後にゲームも大きく動いた。投入直後のフォギーニョの横パスが流れ、高い位置で岡本がカット。そのまま自ら持ち込み、ペナルティアーク内から右足を振り抜くと、魂のこもった一撃が左隅に突き刺さった。 押し込んでいたにも関わらず失点を喫した仙台は、意気消沈とは言わないまでも勢いがそがれた恰好に。前線をフレッシュにした湘南にパスが捕まるようになり、これまでのような連続攻撃につながらない。それでも、右CKからアピアタウィアがヘディングで狙うなど、意地を見せる。 だが、一度失った流れを取り戻すのは容易ではなく、湘南の牙城を最後まで崩し切ることはできずにタイムアップ。敗れた仙台は15時にキックオフを迎えている清水エスパルスが引き分け以上となると、降格が決まる状況に追い込まれた。 一方の湘南は先制から追加点まで理想的な形で仙台をシャットアウト。残留へ向け、大きな勝ち点3を獲得した。 ベガルタ仙台 0-2 湘南ベルマーレ 【湘南】 ウェリントン(前10) 岡本拓也(後29) 2021.11.20 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

残り3節の今週末、注目してみたのはちと辛いこのゲーム!? の巻/倉井史也のJリーグ

オマーンにきっちり借りを返してホッとした現在、再びJリーグの順位表を見ると今やACL出場権争いは5チーム、残留争いは6チームに絞られ、ますます目が離せなくなってるわけですが!! その中でも特に注目のゲームは両方残留争いに絡んでる仙台vs湘南と、ACL争いも残留争いにも絡んでる横浜FCvs神戸じゃないでしょうか。 そんでもって、もしかしたらこんな可能性もあるわけです。 ・3位神戸が勝利の場合 6位浦和はACL圏外決定 5位名古屋は引き分け以下でACL圏外決定 4位鹿島は引き分け以下でACL圏外決定 20位横浜FCは15位湘南・16位清水がともに引き分け以上なら降格決定 ・3位神戸が引き分けの場合 6位浦和が引き分け以下でACL圏外決定 20位横浜FCは15位湘南16位清水がともに勝利で降格決定 いやいや、そんな上も下も関わってくるシビアなゲームってのも辛いけど、もう一つの仙台vs湘南は、もし湘南が勝てば仙台は湘南に追いつけなくなるし、仙台が勝てば湘南は降格圏に沈むことはないけれど、残り2節(ホーム・徳島、アウェイ・G大阪)と安心できないゲームが続くわけです。 ただね、私は言いたい。仙台と湘南の戦いはもともと「七夕対決」といって夏の風物詩だったわけですよ。そんな華やかなカードだったのがこんなところで争ってるのはとっても辛い。辛いってことで、この両者の戦いを全部振り返って見ちゃいますよ。 1997/03/19 LC 平塚 6 - 0 B仙台 1997/03/26 LC B仙台 3 - 4 平塚 2000/03/12 J2 湘南 4 - 1 仙台 2000/05/14 J2 仙台 3 - 2 湘南 2000/09/03 J2 仙台 2 - 6 湘南 2000/11/05 J2 湘南 3 - 4 仙台 2001/04/28 J2 湘南 2 - 3 仙台 2001/07/07 J2 仙台 1 - 0 湘南 2001/08/11 J2 湘南 0 - 1 仙台 2001/09/23 J2 仙台 3 - 2 湘南 2004/05/02 J2 仙台 2 - 0 湘南 2004/07/10 J2 湘南 3 - 2 仙台 2004/08/25 J2 仙台 4 - 1 湘南 2004/10/16 J2 湘南 2 - 2 仙台 2005/04/30 J2 仙台 3 - 0 湘南 2005/07/02 J2 湘南 1 - 0 仙台 2005/09/24 J2 仙台 2 - 0 湘南 2005/11/19 J2 湘南 1 - 1 仙台 2006/03/21 J2 湘南 1 - 0 仙台 2006/05/06 J2 仙台 2 - 2 湘南 2006/07/26 J2 湘南 0 - 3 仙台 2006/11/23 J2 仙台 4 - 2 湘南 2007/03/03 J2 湘南 1 - 2 仙台 2007/06/02 J2 仙台 2 - 1 湘南 2007/08/25 J2 湘南 0 - 1 仙台 2007/11/18 J2 仙台 2 - 3 湘南 2008/03/08 J2 湘南 1 - 0 仙台 2008/05/31 J2 仙台 2 - 2 湘南 2008/09/23 J2 湘南 1 - 2 仙台 2009/03/29 J2 湘南 1 - 0 仙台 2009/07/22 J2 仙台 2 - 1 湘南 2009/08/23 J2 湘南 1 - 1 仙台 2010/04/25 J1 湘南 1 - 0 仙台 2010/08/28 J1 仙台 2 - 1 湘南 2013/07/06 J1 仙台 0 - 0 湘南 2013/08/31 J1 湘南 3 - 2 仙台 2015/03/22 J1 湘南 0 - 0 仙台 2015/09/19 J1 仙台 1 - 1 湘南 2016/05/21 J1 湘南 0 - 1 仙台 2016/07/23 J1 仙台 1 - 0 湘南 2018/06/02 LC 湘南 3 - 0 仙台 2018/06/09 LC 仙台 3 - 1 湘南 2018/05/06 J1 湘南 1 - 3 仙台 2018/08/15 J1 仙台 4 - 1 湘南 2019/03/17 J1 湘南 2 - 1 仙台 2019/08/24 J1 仙台 1 - 1 湘南 2020/07/04 J1 湘南 0 - 1 仙台 2020/12/19 J1 仙台 0 - 0 湘南 2021/03/13 J1 湘南 3 - 1 仙台 (LC:リーグカップ) J1での成績は仙台から見て6勝5分4敗、得点18失点14、リーグカップは1勝3敗、得点6失点14、J2での対戦では17勝5分8敗、得点57失点44。リーグ戦では仙台の分がいいけど、どっちかが落ちそうになってる状況でこの両者の対戦はちと辛い。ともあれ、いい試合になりますように。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.11.20 12:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:仙台vs湘南】仙台は結果次第で降格確定…残留争いのライバル湘南と運命の“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 14:00キックオフ ベガルタ仙台(19位/27pt) vs 湘南ベルマーレ(15位/33pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆今節で降格の可能性も【ベガルタ仙台】 中断前の前節は上位を争う名古屋グランパスを相手に1-1のドローを演じた仙台。上位相手に勝ち点1を獲得したが、状況は好転しなかった。 残留ラインである16位の清水エスパルス、15位の湘南ベルマーレも共に引き分け。1試合を消化しただけに終わり、窮地に立たされている。 今節含めて残り3試合。残留権との勝ち点差は「6」となっており、敗れた場合は今節でJ2降格が確定する可能性もある。なんとしても勝利しなければいけない一戦となってしまった。 しかし、その相手はまさかの残留ラインを守っている湘南。仙台が勝利すれば勝ち点差は「3」となる“シックスポインター”だ。ここに来て、曲面を大きく変えられるチャンスだけに、生かせるかどうか。この試合で決まらなくとも、来季の行く末を示す一戦となるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、アピアタウィア久、吉野恭平、石原崇兆 MF:関口訓充、富田晋伍、上原力也、西村拓真 FW:富樫敬真、赤﨑秀平 監督:手倉森誠 ◆明暗を分ける大事な一戦【湘南ベルマーレ】 中断前の一戦はサンフレッチェ広島と戦いゴールレスドロー。これで4戦負けなしとし、シーズン終盤に脅威の粘りを見せている。 4試合で勝ち点6を稼いだことは非常に大きい。この6ポイントがなければ、最下位だったのだ。勝ち点1の大きさも痛感しているところだろう。 2戦連続で引き分けてきた湘南だが、この試合の結果は残り2節の状況を大きく変えることとなる。まず何よりも敗戦は禁物。残留圏にいるものの、降格圏との勝ち点差は「3」。さらに最下位とも「6」しかない状況。ここで負ければ「3」に迫られる可能性があるのだ。 そして相手は19位の仙台だ。この“シックスポインター”では最低でも勝ち点1を積み上げたいところ。とにかく相手に3ポイントを渡すことだけは避けなければいけない。 一方で、勝てば残留が確定する可能性があると言っていい状況だ。勝ち点差としては降格圏の徳島ヴォルティスと最大で「6」にまでしか開かないが、得失点差が「-8」と「-22」という圧倒的優位に立っているからだ。なんとか勝利を。最低でも引き分けという結果を持ち帰れるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:石原広教、大岩一貴、山本脩斗 MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:ウェリントン、町野修斗 監督:山口智 2021.11.20 09:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly