姪と結婚し新妻の妊娠を発表したフッキに前妻が恨み節「彼らは私の肉を切り…」

2021.10.22 19:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてJリーグでも活躍したブラジル代表FWフッキの前妻イラン・アンジェロさんが怒り心頭のようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。

フッキは、2019年7月に12年間連れ添ったイランさんと離婚。その数カ月後には、イランさんの姪であるカミラさんと交際をスタートさせると、2020年3月には結婚。さらに、フッキは自身のソーシャルメディア上から、元妻との写真を全て削除していた。

現在の妻の叔母であるイランさんとの間には3人の子供がいるフッキだが、9月には新妻カミラさんが妊娠を発表。そして今月16日には赤ちゃんの性別披露パーティーを開催し、娘が誕生することを明かすとともに、ザヤと名付けることをカミラさんのインスタグラムで報告していた。

これにイランさんが反応。フッキとカミラさんの結婚が発表された際にも激怒していたが、再び自身のインスタグラムを更新し、「仮面を外し、嘘を明らかにし、誰かの本当の性格を表す能力を持っているのは時間だけです」と綴った画像とともに、今の感情を記した。

「嘘と不実はナイフのようなものです。彼らは私たちの肉を切り、出血させ、干上がらせ、心の中で少しずつ死んでいく」

「しかし、神を信じている人にとって、この死は生まれ変わることを意味します。私は失望するたびに、嘘が暴かれるたびに生まれ変わります。なぜなら、イエス様が私を強くしてくださったからです」

「主に感謝します。もう1つの救いのために」

別れた妻の姪と交際というなんとも破天荒なフッキだが、今年1月に加入したアトレチコ・ミネイロではここまで公式戦53試合に出場して24ゴール12アシストと絶好調。9月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選では5年ぶりにブラジル代表に復帰している。



1 2

関連ニュース
thumb

フッキがハルクにプレゼント!? 全身緑ペイントのサポーター、アピール成功でユニフォームをゲット

アトレチコ・ミネイロのブラジル代表FWフッキが、ハルクへ誕生日プレゼントを手渡した。 川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでもプレー経験のあるフッキ。登録名となっている“フッキ(HULK)”は、アメリカン・コミック『超人ハルク』の主人公ハルク(HULK)に由来するニックネームであるのは、一部のファンには知られたところだ。 そのフッキを応援するため、スタンドには全身を緑色にペイントし“ハルク”に扮したサポーターが登場。筋骨隆々とまではいかなかったが、以下のようなメッセージボードを掲げ、フッキに向けてアピールした。 「フッキ、僕の誕生日だ。僕はあなたのように強い。ただ、今はあなたのユニフォームだけが足りないんだ」 これに気が付いたフッキはウォーミングアップ後にスタンドへと駆け寄り、このサポーターにユニフォームをプレゼント。"HULK"から"HULK"へとプレゼントが送られる、珍しくも微笑ましいシーンとなった。 体を張ったパフォーマンスで誕生日プレゼントをもらった“ハルク”。足りなかったパーツを手にした今、彼もゴールを量産するパワーストライカーへと変貌を遂げるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】フッキがハルクにユニフォームをプレゼント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">O <a href="https://twitter.com/hashtag/futebol?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#futebol</a> é sobre isso! Não precisa ser torcedor do Galo pra ficar feliz com a alegria do torcedor João Paulo. Parabéns pela ousadia, mlk! Hulk, meu camarada, parabéns pela atitude! <a href="https://t.co/pQ9YhB2QPK">pic.twitter.com/pQ9YhB2QPK</a></p>&mdash; Romário (@RomarioOnze) <a href="https://twitter.com/RomarioOnze/status/1458173792082145285?ref_src=twsrc%5Etfw">November 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.11 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「ポルトとアトレティコが選べた」東京Vからの移籍時を語るフッキ、ポルトへの想いを語る「心の中にあるクラブ」

かつてはJリーグでもプレーし、現在はブラジルのアトレチコ・ミネイロでプレーしている元ブラジル代表FWフッキが、Jリーグを離れた時のことを振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 フッキはサンパウロの下部組織からヴィトーリアの下部組織へと移籍。そのままファーストチームへ昇格すると、2005年7月に川崎フロンターレへと完全移籍。Jリーグでのキャリアをスタートさせる。 川崎Fでの出場機会をあまり得られず、北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディへとレンタル移籍を経験。札幌では公式戦41試合で26ゴール1アシスト。東京Vではその後完全移籍をはたし、公式戦56試合45ゴールと驚異の得点力を見せていた。 2008年4月に川崎Fから東京Vへと完全移籍したフッキだが、その年の7月にポルトへと完全移籍。そのポルトでは公式戦169試合に出場し77ゴール61アシストと結果を残すと、4度のリーグ優勝、3度のカップ戦優勝、そしてヨーロッパリーグ優勝を経験。2010-11シーズンは3冠達成とともに、プリメイラ・リーガでの得点王も獲得していた。 その後に加入したゼニトや上海上港(現上海上港)でも結果を残したフッキは、今シーズンから母国へと復帰し、アトレチコ・ミネイロでプレーしている。 そのフッキは、自身にとってキャリアを大きく変えたポルトへの移籍についてコメント。自分を示すことができたとし、今も変わらぬ愛があると語った。 「サッカー界の知名度という点では、世界中で認知され、リスペクトされている僕の名前からしても、ポルトは“入り口”だったと言えるだろう」 「僕のキャリアはヴィトーリア(ブラジル)でスタートし、日本に渡った。そして22歳でポルトに到着した。自分がプレーした中で、最も大きなステージに立っていた」 「アジアのサッカーからヨーロッパへとやってきた。あまり知られた存在ではなかったが、短期間で自分の居場所を確保し、クラブや国で尊敬されるようになり、チャンピオンズリーグでプレーし、ポルトで歴史を作ることができた」 「ポルトは僕の心の中にあるクラブだ。僕にとって、120年以上の歴史を持つ施設があること、クラブの歴史の中で“選ばれし11人”がいる博物館があること、そして僕が最も多くの票を得たことはとても喜ばしいことだった」 「そこには僕の銅像がある。このような評価を受けたことはとても喜ばしいことだ。アトレチコでは、このようなことをしようとしてきた。この繋がりを持ち、このような歴史を持ち、記念すべきタイトルを獲得して歴史を築くためにだ」 また、東京Vからポルトに移籍する際には、アトレティコ・マドリーからのオファーもあったと告白。スペインでプレーする可能性もあった中、ポルトを選択した理由を明かした。 「2008年にポルトへと加入した時、2つのオファーがあった。ポルトとアトレティコ・マドリーのどちらかを選ぶことができた。ポルトを選んだのは、2001年か2002年にポルトガルに行った時、ポルトの試合を観に行ったからだ」 「UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)かチャンピオンズリーグの試合だったと思うが、スタジアムへ行ってみると超満員だった。あの素晴らしく美しいステージを見て、アルトゥールに向かって、いつかあそこでプレーして歴史に名を残すんだと言った」 「オファーを受けた時、その時のことを思い出した。もちろん、僕が加入した時は、エスタディオ・ド・ドラゴンになっていた。でも、それは予定されていたことで、僕はポルトのシャツを着る機会を得た。もちろん、アトレティコ・マドリーは世界中でリスペクトされているチームだ」 <span class="paragraph-title">【動画】驚異のゴールマシーンと化したポルト時代のフッキ、ゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXRGIwUkVTViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.22 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

南米サッカー協会がコパ敗退後に大暴れしたボカ・ジュニアーズ関係者8名への制裁を発表…

南米サッカー協会(CONMEBOL)が、コパ・リベルタドーレス敗退後に暴動を起こしたボカ・ジュニアーズの6名の選手と2名の関係者に対する制裁を発表した。 事件が起きたのは、7月20日に行われたコパ・リベルタドーレスのラウンド16・2ndレグのアトレチコ・ミネイロ戦。試合はゴールレスに終わった1stレグに続き、2ndレグも0-0のスコアで90分の戦いが終了し、延長戦でも決着が付かず、PK戦の末にアトレチコ・ミネイロが勝利した。 しかし、両者の対戦ではボカのホームで行われた1stレグでボカのゴールが微妙なオフサイド判定で取り消しとなったほか、2ndレグでもVARによってボカの正当と思われるゴールが取り消しとなるなど、物議を醸す判定が目立っていた。 そういった事情もあり、試合後には敗退を不服とするボカの選手たちの怒りが最高潮に達し、試合関係者が避難したとされるアトレチコ・ミネイロのロッカールームに押し入る暴挙に。鎮圧に乗り出した地元警察と衝突するなど、クラブ幹部を含む8名が現行犯逮捕されていた。 CONMEBOLの発表によれば、MFクリスティアン・パボンとFWセバスティアン・ビジャには6試合の出場停止とそれぞれ3万ドル(約337万円)の罰金、マルコス・ロホには5試合の出場停止と2万5000ドル(約280万円)の罰金、DFカルロス・イスキエルドズには4試合の出場停止と2万ドル(約224万円)の罰金、MFディエゴ・ゴンサレスには3試合の出場停止と1万5000ドル(約168万円)の罰金、GKハビエル・ガルシアには2試合の出場停止と1万ドル(約112万円)の罰金の処分を科した。 また、同クラブの取締役であるラウル・カスキーニ氏とマルセロ・デルガド氏には、ともに3万ドル(約337万円)の罰金と2年間のCONMEBOL主催試合への出席禁止処分を発表した。 なお、現時点でボカ・ジュニアーズは処分に対する声明などを発表していないが、CONMEBOLによれば7日以内に不服申立てを行うことができるとのことだ。 2021.10.10 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「ボディビルダー」パンツが密着した“超人”フッキの姿に海外注目、母国で50試合21ゴール12アシスト

かつてJリーグでも活躍したブラジル代表FWフッキの肉体にイギリス『サン』も注目している。 Jリーグでは川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでプレー。その後は、ポルトやゼニト、上海上港(現上海海港)でプレーしていたフッキは、1月に母国のアトレチコ・ミネイロに復帰した。 35歳となったフッキだが、母国では獅子奮迅の活躍。ここまで公式戦50試合に出場して21ゴール12アシストの数字をマークし、9月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選では5年ぶりにブラジル代表に復帰した。 『サン』が注目したのは、7日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第24節のシャペコエンセ戦でのワンシーンだ。何らかの要因でフッキのショーツがまくり上げられ、その強靭な左足が露わになっていた。 同紙は「ボディビルダーのサッカー選手フッキは、肌に密着したショーツで予想以上のものをファンに示した」と伝え、「なんて貴重なんだ」「スクワットスクワットスクワット」といったファンのジョーク交じりの反応を紹介している。 フッキはプレミアリーグでのプレー経験はないが、その肉体は海を越えてスポットライトを当てられているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真3枚】パンツが貼りついて露わになったフッキの左足とその肉体美</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Periódico &#39;The Sun&#39; publicou que, apesar da carreira de Hulk caminhar para o fim, sua forma física impressiona<a href="https://t.co/Z1mIKHJLLK">https://t.co/Z1mIKHJLLK</a></p>&mdash; Revista ISTOÉ (@RevistaISTOE) <a href="https://twitter.com/RevistaISTOE/status/1446192361541967872?ref_src=twsrc%5Etfw">October 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Hulk will forever be a beast <br><br> <a href="https://twitter.com/PedroSouza09?ref_src=twsrc%5Etfw">@PedroSouza09</a> <a href="https://t.co/KD7QpjJ9Ca">pic.twitter.com/KD7QpjJ9Ca</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1362009163619041280?ref_src=twsrc%5Etfw">February 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.09 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

“壊し屋”フェリペ・メロのタックルから“超人”フッキと小競り合い、“悪童”ジエゴ・コスタが仲裁に入る

22日、コパ・リベルタドーレス準々決勝の1stレグ、パウメイラスvsアトレチコ・ミネイロが行われた。 連覇を狙うパウメイラスのホームで行われた一戦。アトレチコ・ミネイロは元ブラジル代表FWフッキと元スペイン代表FWジエゴ・コスタの強力2トップで臨んだ。 両者ともに慎重な入りとなるが、パウメイラスのキャプテンを務める元ブラジル代表MFフェリペ・メロが随所でカードを貰わない程度のファウルと挑発で場を荒らしていく。 早い時間帯からフェリペ・メロの激しいプレッシャーが続くと、フッキとフェリペ・メロが言い合いになり、ジエゴ・コスタが仲裁に入る場面もあった。 前半終了間際の42分にはジエゴ・コスタがボックス内で倒され、アトレチコ・ミネイロがPKを獲得するも、キッカーを務めたフッキのシュートは右ポストを直撃し、惜しくも先制とはならなかった。この場面では、PKを外したフッキにフェリペ・メロが何か言葉をかけるシーンもあった。 後半に入ると、55分にジエゴ・コスタが負傷交代。69分にフェリペ・メロ、87分にフッキもベンチに下がり、試合はそのままゴールレスドローとなった。 なお、この試合にはアルビレックス新潟にも在籍経験のあるパウメイラスのブラジル人MFホニもフル出場している。 注目の2ndレグは29日に行われる。 <span class="paragraph-title">【写真】“壊し屋”フェリペ・メロと“超人”フッキの小競り合いに“悪童”ジエゴ・コスタが仲裁に入る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Treta! Felipe Melo dá entrada forte em Hulk, jogadores discutem e clima esquenta no Allianz Parque <a href="https://t.co/cAOWL4i6iw">https://t.co/cAOWL4i6iw</a></p>&mdash; FOX Sports Brasil (de ) (@FoxSportsBrasil) <a href="https://twitter.com/FoxSportsBrasil/status/1440501961791459334?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.23 11:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly