シティサポーターの男性がC・ブルージュのサポーターから集団リンチ…緊急搬送も重篤状態に

2021.10.20 23:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー人のマンチェスター・シティサポーターの男性が重篤状態に陥っているという。イギリス『サン』が伝えている。

19日に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュvsマンチェスター・シティ後に事件は起こった。ヘンク近郊にある高速道路のパーキングエリアで、現地在中のシティサポーターの男性が、複数のクラブ・ブルージュサポーターに絡まれ暴力を受けた。

被害に遭った男性は、公式サポーターズクラブの『ブルームーン・ベルギー』に所属するグイドという名前の63歳の男性で、事件当時スカイブルーのスカーフを身に付けていたという。

試合はシティが1-5で大勝しており、ホームでの予想外の大敗にクラブ・ブルージュサポーターは気が立っていたのだろうか、複数でグイドさんに襲いかかり、頭を殴るなどして重傷を負わせた。現在は病院に運ばれ、生死の境を彷徨っている状況なのだという。

グイドさんの息子で、『ブルームーン・ベルギー』の共同会長を務めるユルゲンさんは、ベルギー『HLM』に事件発生時のことを細かく説明している。

「試合後、私たちはトロンシエンヌを走る高速道路のパーキングエリアに立ち寄っていました。車を走らせている間、父は外で友人を待っていました」

「そこにクラブ・ブルージュのサポーターが近づき、父の首からスカーフを引き抜きました。父がそれを返してくれと言ったところ、頭に強烈な一撃を受け、その後、犯人は父を放置して逃走しました」

この悲報には、マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングも反応し「早く元気になってほしい」とツイート。また、クラブは声明を発表し、被害者家族や関係者へお見舞いの言葉を送った。

「昨晩、ブルージュで行われたチャンピオンズリーグの試合後、サポーターが襲撃されたという報道を聞いて、マンチェスター・シティの全員がショックと悲しみを受けています」

「現在、クラブ・ブルージュの関係者、ベルギー警察、グレーター・マンチェスター警察と協力して、さらなる情報の収集に努めています」

「このベルギー在住のサポーターのご家族、ご友人の皆様には、心よりお見舞い申し上げます」

なお、フランス『レキップ』によると、捜査に関連して5名の容疑者が逮捕されたとのことだ。


関連ニュース
thumb

大雪のハマーズ戦制したシティ、グアルディオラは意外な功労者に感謝 「今日の主役だった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が意外な功労者に賛辞を送った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは28日、プレミアリーグ第13節でウェストハムと対戦。雪が降り積もる中でキックオフを迎えた試合は33分、MFリヤド・マフレズのクロスにMFイルカイ・ギュンドアンが右足で合わせ、ホームチームが先制に成功する。さらに、90分にはMFフェルナンジーニョのリーグ戦3年ぶりとなるゴールでリードを広げると、後半アディショナルタイムには1点を返されるも、2-1のまま試合終了。本拠地で上位対決を制し、公式戦5連勝となった。 グアルディオラ監督は試合後、大雪の降る中でも試合ができるピッチコンディションを整えてくれたグラウンドキーパーに感謝を伝えた。 「大雪だったが試合に支障はなかった。グラウンドキーパー、つまりピッチの手入れをするスタッフが、今日の試合の主役だった」 「今日、我々が試合をすることができたのは、彼らが素晴らしい仕事をしてくれたからだ」 また、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦から中3日で勝利を掴んだ選手たちのパフォーマンスを称賛しつつ、次戦に向けての集中を促した。 「ミッドウィークに行われたPSGとのタフな試合から戻ってきての一戦であり、今日の相手がどういったチームなのかはよくわかっていた。前半に多くのチャンスを作り、そしてあのような状況でプレーしたことは、私にとっても、努力とパフォーマンスを見せてくれた選手たちにとっても、非常に大きな勝利だ」 「我々はあまり失点しなかったし、相手のカウンターもコントロールできた。また、違ったリズムをつかむこともできたかもしれなかったが、天候のせいでそれができなかった。しかし、全員が良いパフォーマンスを見せてくれた」 「これから何が起こるのかはわからない。過去のことは過去のことだと言っている。我々は水曜日にバーミンガムに行ってプレーする。あとは空想だ」 「心の中で考えていることは、チームに大きな問題を引き起こす可能性がある。現時点では次の試合だけが勝負だ」 2021.11.29 13:11 Mon
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョの3年ぶりのリーグ戦ゴールが決勝点! シティがハマーズにEFL杯のリベンジ果たす!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第13節、マンチェスター・シティvsウェストハムが28日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で勝利した。   直近公式戦4連勝でリーグ2位に位置するシティ(勝ち点26)は、直近のチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンとの首位攻防戦を制し、最終節を前にグループ首位通過を決定。良い形で難敵との上位対決を迎えることになった。そのPSG戦からは先発2人を変更。ストーンズとジンチェンコに代えてラポルテ、ガブリエウ・ジェズスを起用し、3トップは右からジェズス、マフレズ、スターリングという並びとなった。   一方、4位のウェストハム(勝ち点23)は前節、好調のウォルバーハンプトンに0-1で敗れてリーグ戦の連勝が「4」でストップ。それでも、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではラピド・ウィーンを退けて最終節を前にグループ首位通過を決めバウンスバックに成功した。今回の上位対決ではボーエンをベンチに置き、左ウイングに本職サイドバックのマズアクを置く守備的な布陣で臨んだ。   雪が降りしきる中で迎えた注目の上位対決は互いにピッチコンディションを確認しつつも、球際では激しくぶつかり合う展開に。   6分には左サイドでのアントニオのパワフルな仕掛けからボックス中央のベンラーマに決定機も、ここはファーストタッチがうまくいかず相手に対応される。その直後には押し込んだシティがウォーカーのミドルシュートで相手ゴールへ迫るが、これはわずかに枠の左へ外れる。   以降はボールを握るシティが優勢に試合を運んでいく中、16分にはギュンドアンの左CKをニアで競り勝ったラポルテが頭で合わせるが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、直後にはスターリングが高い位置で引っかけたこぼれに抜け出したマフレズが冷静にゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドとなった。   前半半ばを過ぎると、降雪の勢いが増してピッチの芝の至る所が白くなり始めて難しいコンディションとなる。しかし、この状況にもプレー精度を落とさないホームチームが先にゴールをこじ開ける。   33分、相手陣内左のハーフスペースを取ったカンセロが右サイドの深い位置を取るマフレズへ大きく展開。そのままボックス内へ持ち込んだマフレズの低いクロスが相手DFにディフレクトしてゴール前に流れると、これをギュンドアンが右足インサイドで合わせてゴールネットへ流し込んだ。   ピッチ状況がさらに悪化する前に先手を奪ったシティは、前半終盤にかけても畳みかける攻めを見せる。41分にはカンセロのミドルシュートのこぼれ球に反応したマフレズがゴール右に抜け出して右足のシュートを狙うが、これは惜しくもポストを叩く。さらに、マフレズ、ジェズスとボックス内で続けて決定機に絡んでいくが、GKファビアンスキの冷静なゴールキーピングに阻まれた。   前半終盤にほぼピッチ全面を雪が覆ったことで、ホームチームの運営スタッフ総動員でのハーフタイムの除雪作業を経て試合は数分間の遅延の末に後半に突入。シティは前半半ば過ぎから立ち位置を変更していたマフレズ、ジェズスに加え、ギュンドアンとベルナルド・シウバの立ち位置も変更。対するウェストハムは前半同様の布陣、戦い方を継続した。   後半は比較的静かな立ち上がりとなった中、前半同様にシティがボールの主導権を握る。56分にはマフレズ、ベルナルド・シウバのパスからカウンターを発動。左サイドのスペースに飛び出したスターリングがボックス付近に持ち込んで右を並走するジェズスへラストパスを通す。ここでジェズスはGKファビアンスキの脇を抜くシュートを放ったが、DFクレスウェルの決死のゴールカバーに阻まれる。   クレスウェルの決死のプレーで2失点目を免れたウェストハムだが、このプレーの場面で背中をポストに激しく打ち付けたクレスウェルがプレー絶好不可能となり、先にベンラーマに代えて投入したランシーニに続き、ツォウファルをスクランブル投入。さらに、なかなかフィニッシュまで持ち込めない中、マズアクに代えて切り札のボーエンを投入した。この交代で攻勢を強めると、78分には久々に高い位置まで侵攻したライスが強烈なミドルシュートでGKエデルソンを脅かす。   一方、試合運びは安定しているものの、セットプレーに強い相手の特長を考えれば、2点目を奪って試合を決めたいシティ。グアルディオラ監督は75分を過ぎても1枚の交代カードも切ることなくピッチ上の11人にゲームメイクを託す。80分にはスターリングとのパス交換でボックス左に抜け出したギュンドアンに絶好機も、ここはGKファビアンスキの見事な飛び出しに阻まれる。   その後、最少得点差で試合終盤に突入した中、グアルディオラ監督はスターリングに代えてフェルナンジーニョを87分に投入。すると、逃げ切りのために投入した仕事人が試合を決める望外の働きを見せた。   90分、左CKのショートコーナーの流れからカウンタープレスでボールを奪い返したシティは左サイドのボックス付近でロドリ、ベルナルド・シウバ、ジェズスと繋ぎ、ボックス左に侵入したジェズスがペナルティアーク付近でフリーのフェルナンジーニョへ丁寧なマイナスのパスを供給。これをフェルナンジーニョが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に突き刺した。   フェルナンジーニョの3年ぶりとなるリーグ戦ゴールで勝利を確実なモノとしたシティは、後半ラストプレーで自陣ボックス付近でのボールロストからランシーニに見事な反転シュートを叩き込まれてリーグ3試合連続クリーンシートこそ逃したものの、このまま逃げ切って2-1の勝利。   EFLカップで5連覇を阻まれたハマーズにリベンジを果たすと共に公式戦5連勝を達成した。一方、敗れたウェストハムは今季初のリーグ戦連敗となった。 2021.11.29 01:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ギュンドアンが最も嫌だった相手はカンテ「彼はヤバイよ」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、対戦相手の中で最もタフだった選手にチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテを挙げた。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 互いにプレミアリーグを牽引するクラブの主力として鎬を削るギュンドアンとカンテ。昨季はチャンピオンズリーグ決勝でも相見え、カンテはギュンドアンの目の前で圧巻のパフォーマンスでチェルシーをビッグイヤーに導いた。 フランス代表を絶賛する声は後を絶たないが、ギュンドアンもそんなカンテを最も手強い相手だったと認めている模様。対峙した時の印象を交えながら、その異常っぷりを語った。 「同じポジションで比較するなら、おそらくエンゴロ・カンテだね。彼は抜き去ったと思ったら数秒後に目の前にいるんだ。一瞬のうちに少しのスペースに顔を出すんだよ」 「本当に信じられないよ。彼の仕事量は凄まじいね」 2021.11.28 21:53 Sun
twitterfacebook
thumb

クラブ愛語るペップ、プレミアではシティ以外眼中に無し「常にシティに居たい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がクラブへの愛を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2016年夏の就任以降、これまでに3度のプレミアリーグ制覇や4度のEFLカップ優勝など、すでに10個のタイトルをもたらしているグアルディオラ監督。昨季はチャンピオンズリーグ決勝に進出し、ビッグイヤーまであと一歩のところまで到達した。 今季も好調を維持する中、試合前会見でグアルディオラ監督はイングランド代表を率いる可能性を問われた。しかしスペイン人指揮官は、ワールドカップで指揮することを夢見ながらも、先日に発表されたガレス・サウスゲイト現監督の契約延長を祝福。また、イングランドではシティ以外のクラブで指揮することはないと宣言した。 「ガレスは素晴らしい仕事をしている。契約を延長してくれた彼におめでとうと言いたい」 「(代表を率いることは)幸せだろう。何度も言ってきたがね。ここでの仕事が終わりを迎えた時、ワールドカップで指揮を執れたら大きな喜びだ。だが、それは簡単なことではない。そのポジションは限りなく少ないからね」 「楽しみではあるが、実現しなくても構わない。その時はクラブを鍛えればいいのだ。しかし、イングランドで仕事をする限りは、常にシティに居たいと思っている。このクラブを離れて別のクラブで指揮を執ろうなんて思わない」 「私のエネルギーとクラブへの愛がある限り、シティに居続けたいと思っているよ。その後どうなるかはわからないけどね。何年も前は自分がシティの監督になるなんて思ってもいなかったし、就任した時も6年間もここにいるとは思っていなかったよ。人生は何が起こるかわからない。これからも楽しみにしておこう」 2021.11.28 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、好調支えるスターリングを称賛「確実に彼に助けられている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表FWラヒーム・スターリング活躍を称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 プレミアリーグで首位を走るチェルシーを3ポイント差で追走し、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループA首位突破を決めたシティ。10月30日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦では敗れたものの、3日に行われたCLグループA第3節のクラブ・ブルージュ戦以降は公式戦4連勝を記録しており、好調をキープしている。 若手からベテランまで多彩な選手が活躍する中、ここまでの4連勝を牽引してきたのがスターリングだ。CLのクラブ・ブルージュ戦でゴールを挙げると、6日のプレミアリーグ第11節マンチェスター・ユナイテッド戦ではベンチを温めていたものの、その後のパリ・サンジェルマン(PSG)戦と第12節のエバートン戦ではそれぞれゴールを決め、4試合中出場した3試合で3ゴールの活躍をしていた。 昨季の終盤は出場機会が少なく、移籍も「受け入れる」としていたスターリングだが、他の選手の負傷などにより与えられたチャンスをものにして出場機会が増加。この活躍を見せたイングランド人ウインガーをグアルディオラ監督は称賛し、チームの助けになってくれたと語った。 「我々は確実に彼に助けられている。彼はもっと良くなるように努力するだろう」 「ストライカーやウインガーは、得点やアシストが重要となる。近年我々が戦ってきた中で、彼は確実に重要な役割を担っていた。しかし、彼はもっと努力しなくてはならない。アグレッシブに1対1で勝負し、アタッキングサードへ侵入しなくてはならない。これが、彼が復活するための最初のステップになるだろう」 「とても意欲があるし、私は選手たちに『君たちに要求をするが、肩の力は抜くんだ』と言ってきた。選手というキャリアにおいて、常に10点満点というのは無理な話だ。もちろん、高い時もあれば低い時もある。大切なのは、低くなった時に落ち込まないことだ」 「プレーできる機会があるならピッチに出て、今できるベストを尽くす。それがすべてだ」 2021.11.27 17:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly