レーティング:ラツィオ 3-1 インテル《セリエA》

2021.10.17 03:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第8節、ラツィオvsインテルが16日に行われ、3-1でラツィオが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
25 レイナ 6.0
安定感あるゴールキーピングを見せた

DF
77 マルシッチ 5.5
攻撃参加は自重。ディマルコをマークした

3 ルイス・フェリペ 6.0
アチェルビ不在の中、ディフェンスリーダーを担った

4 パトリック 6.5
アチェルビの代役を全う。PK誘発のヘディングシュートを放った

23 ヒサイ 5.0
PK献上は軽率だった。バレッラの侵攻を許す

(→ラッツァーリ -)

MF
88 バシッチ 6.0
タイミング良く攻撃に絡んでいた

(→L・アルベルト 6.0)
FKから3点目をお膳立て

6 ルーカス・レイバ 6.0
前半に際どいシュートを放つ。守備面でも問題なし

21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5
セットプレーで脅威を与え、最後にダメ押し弾

FW
7 フェリペ・アンデルソン 6.0
2点目を挙げる。チャンスメークも担い、攻撃にアクセントを付けた

17 インモービレ 6.5
PKを沈め、2点目にも絡む

9 ペドロ 5.5
精力的に動いて1stDFの役割を担う

(→ザッカーニ -)

監督
サッリ 6.5
ボローニャ戦の完敗を払拭。ローマ・ダービーを彷彿とさせる好内容の試合を演じた

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 5.5
3失点も好守が目立った

DF
37 シュクリニアル 5.0
3失点目は完全にミリンコビッチ=サビッチに競り負けた

6 デ・フライ 5.5
後半は守備をまとめきれず

95 バストーニ 5.0
概ね安定もPK献上は痛かった

(→ダンフリース -)

MF
36 ダルミアン 5.5
PKに繋がるラストパスを送るも、攻守にややインパクトが足りず

23 バレッラ 6.0
前半はPK獲得など効果的に攻撃参加ができていたが、後半は尻すぼみだった

(→チャルハノール -)

77 ブロゾビッチ 6.0
状況を打開するプレーが度々見られた

5 ガリアルディーニ 5.5
バレッラやブロゾビッチに比べると目立たなかった

(→ベシーノ -)

32 ディマルコ 5.5
精度の高い左足のキックで一定のアクセントを付ける

FW
9 ジェコ 5.0
思うように攻撃の起点になることはできず

(→ラウタロ・マルティネス -)

14 ペリシッチ 6.0
PKで先制ゴール。トップでの起用にまずまず応えた

(→ホアキン・コレア -)

監督
S・インザーギ 5.5
コンディション不良の選手たちを考慮し、ペリシッチをトップ起用。最善の仕事はした。古巣対決で初黒星を喫する

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
インモービレ(ラツィオ)
スペースでボールをうまく引き出していた。2ゴールに絡んでチームを勝利に導く。

ラツィオ 3-1 インテル
【ラツィオ】
インモービレ(後19)【PK】
フェリペ・アンデルソン(後36)
ミリンコビッチ=サビッチ(後46)
【インテル】
ペリシッチ(前12)【PK】



関連ニュース
thumb

インモービレがドッピエッタ、ミリンコビッチ=サビッチ退場もラツィオが吉田途中出場のサンプに快勝《セリエA》

セリエA第16節、サンプドリアvsラツィオが5日に行われ、1-3でラツィオが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也は57分から出場した。 前節フィオレンティーナ戦では吉田が不出場だった中、1-3で敗戦した15位サンプドリア(勝ち点15)は吉田が引き続きベンチスタートとなった。 一方、前節ウディネーゼ戦を殴り合いの末に4-4で引き分けた9位ラツィオ(勝ち点22)は、インモービレ、ペドロ、ザッカーニの3トップで臨んだ。 立ち上がりからラツィオがボールを持つと、7分に先制する。インモービレのポストプレーを起点にザッカーニがラストパス。ボックス右のミリンコビッチ=サビッチがダイレクトでゴール右にシュートを決めた。 さらに17分、ザッカーニのスルーパスに反応したボックス中央のインモービレが左足でシュートをねじ込み、リードを広げた。 止まらないラツィオは37分、インモービレがドッピエッタ。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスでボックス右を突いてシュートを決めきった。 ラツィオが3-0として迎えた後半、インモービレに代えてムリキを投入。対するサンプドリアはカプートら3選手を投入した。 その後半はサンプドリアがゴールに迫ると、ドラグシン、ガッビアディーニが決定的なヘディングシュートを浴びせていくも、GKストラコシャのファインセーブに阻まれる。 57分に吉田をセンターバックに投入したサンプドリアの攻勢が続いた中、ラツィオは67分にミリンコビッチ=サビッチが審判への抗議で立て続けにイエローカードを受けて退場に。 82分にはFKから吉田が際どいヘディングシュートを放ったサンプドリアは、89分にガッビアディーニが一矢報いるも1-3で敗戦。2連敗となった。対するラツィオはリーグ戦4試合ぶりの勝利となっている。 2021.12.06 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ケパ獲得が噂されるラツィオ、給与面とGK放出がネックに?

チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)獲得が噂されるラツィオだが、補強にあたって問題点が2つ挙がっているようだ。 2018年夏にアスレティック・ビルバオからチェルシーに移籍したケパ。加入初年度はショートパス主体の組み立てを得意とするマウリツィオ・サッリ監督の下、正確なキックを武器に最後方からチームの攻撃を支えた。しかし、徐々に凡ミスが目立つようになると、現在は守護神の座をセネガル代表GKエドゥアール・メンディに奪われ、今季もセカンドGKに甘んじている。 そんなケパには、チェルシーで1年間指導したサッリ監督率いるラツィオが関心を寄せていると先日から報じられており、イギリス『サン』によると、チェルシーは今冬のレンタル移籍に合意する構えだという。それでもラツィオには、獲得において整理すべき事項があるようだ。 『アス』によると、チェルシーとの契約を2025年まで残すケパの現在の年俸は700万ユーロ(約9億円)となっており、ラツィオでこれに近い給与を受け取っているのはイタリア代表FWチーロ・インモービレのみ。ケパを獲得した場合、給与面の支出が大きく膨れ上がることが危惧されているという。 加えて『アス』は、ケパ獲得に際して人員整理が必要とも主張。現在ラツィオではスペイン人GKホセ・マヌエル・レイナを主力に、アルバニア代表GKトーマス・ストラコシャがわきを固めており、ケパの席を用意するために、先にどちらか一方を放出する必要があるようだ。 ただ、レイナは39歳と高齢のうえ、そのレイナに遅れを取るストラコシャも安泰ではない。給与面の問題は大きいが、ケパの付け入る隙は意外と小さくないかもしれない。 2021.11.30 19:19 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオ戦快勝のナポリ、主将インシーニェも喜び 「本当に楽しかった」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが好調なチームが見せたパフォーマンスを誇った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 クラブのキャプテンであるインシーニェは28日に行われたセリエA第14節のラツィオ戦に先発した。チームは試合開始から並外れたパフォーマンスを示し、かつて自分たちを指揮したマウリツィオ・サッリ監督の率いる相手チームを粉砕。インシーニェも1アシストを記録しており、チームの4-0での勝利に貢献している。 試合後に『DAZN』のインタビューを受けたインシーニェは素晴らしいパフォーマンスを披露できたと歓喜。かつての恩師であるサッリ監督や、この日2ゴールの活躍を見せたFWドリエス・メルテンスについても言及している。 「本当に楽しかった。今日の試合の目的は勝利を得ることだけでなく、自分のサッカーを楽しむことだったよ」 「サッリ監督とは勝つことができなかったとしても、素晴らしい旅ができたと思う。そして、ルチアーノ・スパレッティ監督が新しい時代をスタートさせた。(前節ドローに終わった)インテル戦ではミスが多すぎたが、それでも引き分けに持ち込むことはできたからね」 「メルテンスとは長年の付き合いだ。彼がナポリにとっての歴代得点王であることは、偶然ではないよ。だから、彼については何も心配することはない」 また、インシーニェは来夏で満了となる自身の契約について言及。クラブとの交渉は行われていると語り、代理人に任せていることを強調した。 「自分のサッカーに集中しなければならないから、契約については考えないようにしている。僕の代理人がクラブと話をしているしね。これは僕だけが決めることではなく、全員が合意に達する必要があるものだ。メディアと話すたびこのことを聞かれて慣れているから、特に問題はないよ」 2021.11.29 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝で首位キープのナポリ、スパレッティ監督も絶賛 「私にとってもっとも美しい試合」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、リーグ戦での完勝を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは28日に行われたセリエA第14節でラツィオと対戦。公式戦2連敗とやや勢いに陰りが見えていたが、この日は立ち上がりから相手を圧倒する。7分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで先制すると、その後はFWドリエス・メルテンスの2ゴールもあり前半だけで3点を奪取。後半にもMFファビアン・ルイスのゴールでリードを広げたナポリは、最後まで相手の反撃を許さず、4-0で勝利した。 この結果、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げたナポリは同節に敗れた2位ミランとの勝ち点差を「3」に広げている。 試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は自身が就任してから最高の試合だったとチームを絶賛。選手たちの並外れたメンタリティを称えている。 「私のナポリにおけるもっとも美しい勝利になった。ラツィオのようなビッグチームを相手に勝利し、ゴールを決め、良い試合をしたことは、より重要な意味を持つだろう」 「我々の選択には非の打ち所がなく、ラツィオを苦しめたね。ここ数試合、我々はあまり質の高い選択ができていなかったが、今日はチームが良くやってくれた。(2ゴールの)メルテンスだけを褒めるのではもったいないだろう。チームのパフォーマンスが素晴らしかったのだからね」 「ここ数試合は少し緊張感があったと思う。だが今日の選手たちは、最初からできる限り試合を楽しむためピッチに立っていた。これは平凡さを受け入れないメンタリティとキャラクターを示しているね」 「開始1分から90分まで、すべての試合を楽しむべきだ。プレーすることを恐れるのではなく、何もしないことを恐れないといけない。正しい姿勢で自分が高揚するものを持っていれば、恐れはないだろう」 また、スパレッティ監督はホームのスタジアムで熱烈な声援を送るファンに言及。チームへ惜しみない愛を送るファンたちに勝利をプレゼントできたことを喜んだ。 「今夜は、まるで初めてホームでプレーしているかのような気分になった。ナポリに来て最初に感じたのは、その情熱と深い思いだ。ナポリの人々はサッカーのヒーローを求めており、称賛や抱擁を惜しまず、称賛できるような神話を必要としている。今日の本当の勝利は、この感傷的な人々に幸せを与えられたことだろうね」 2021.11.29 13:07 Mon
twitterfacebook
thumb

メルテンスの圧巻2発などで首位ナポリがラツィオに完勝、マラドーナの一周忌を勝利で飾る《セリエA》

セリエA第14節、ナポリvsラツィオが28日に行われ、4-0でナポリが完勝した。 前節インテルに2-3で敗戦した首位ナポリ(勝ち点32)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)では主力を欠いた中、スパルタク・モスクワに敗戦。3位転落となりグループステージ突破へ黄色信号が灯った中、メルテンスを最前線に、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 対する6位ラツィオ(勝ち点21)は前節、ユベントスに0-2でシャットアウト負け。ただ、ELではロコモティフ・モスクワ相手に復帰したインモービレのドッピエッタなどで3-0と快勝し、グループステージ突破を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、3トップにインモービレ、ペドロ、フェリペ・アンデルソンを起用した。 昨年11月25日に亡くなったマラドーナ氏をプリントしたユニフォームをナポリの選手たちが身にまとった中、キックオフされた一戦。 立ち上がりから攻め立てたナポリが7分に先制する。カタルディのクリアミスを突いてルーズボールをジエリンスキが左足で蹴り込んだ。 さらに10分、ナポリがリードを広げる。インシーニェのパスを受けたメルテンスがDFを切り返しでうまくかわしてボックス中央に侵入。ゴール右へシュートを流し込んだ。 2点を追う展開となったラツィオは21分、インモービレがボックス左まで侵入してGKオシピナを強襲するシュートを浴びせるも、ナポリが前半のうちに3点目。19分、ロサーノのパスを受けたボックス手前右のメルテンスが見事なコントロールシュートをゴール左へ流し込んだ。 ハーフタイムにかけてもナポリが主導権を握ったまま前半を3-0で終えた。迎えた後半もナポリがボールを持ってラツィオに何もさせない状況が続く。 対するラツィオはザッカーニらを投入していくも、攻撃面での変化を生み出せないまま時間が経過していった。 余裕のナポリは64分、メルテンスとロサーノをお役御免としていく。終盤にかけてもラツィオに反撃の糸口を与えなかったナポリは、85分にファビアン・ルイスにもコントロールシュートでのゴールが生まれて4発完勝。 マラドーナ氏の一周忌を快勝で飾り、同日の試合でサッスオーロに敗れた2位ミランとの勝ち点差を3に広げている。 2021.11.29 06:41 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly