長崎と新潟の上位対決はドロー決着に、愛媛は最下位脱出【明治安田J2第34節】

2021.10.16 20:47 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第34節の5試合が16日に各地で行われた。

3位のV・ファーレン長崎(勝ち点62)は、4位のアルビレックス新潟(勝ち点61)とホームで対戦。8ポイント差で追う2位京都サンガF.C.を捉えるには、勝ち点「3」が是が非でも必要な上位対決となった。

しかし、先手を取ったのは新潟。左サイドのスペースに走り込んだ島田がクロスを上げると、一度は相手DFに処理されるも、ボックス内でこぼれ球を拾った鈴木が反転して左足のシュート。これがゴール右上に決まり、鈴木の2試合連続となる得点で、先制に先行する。

1点を追う長崎だが、34分にはさらに厳しい状況に。新里が自陣でのパス回しにおいて、コントロールミスを冒し、相手FWにボールを奪われてしまう。たまらず足を引っかけ、プレーを切った新里だったが、このタックルが決定機阻止とみなされ、退場処分を下されてしまった。

リードを奪われ、さらに10人となったホームチーム。それでも後半からは分厚い攻撃を展開する。それまでにも再三のチャンスを作ると、69分には右CKから、キッカーの加藤が左足で蹴ったボールに、二見が頭で合わせ、同点に追いついた。

その後は攻め合う展開となるも、両チーム決定機は作れず。1-1のまま試合終了となり、自動昇格圏内となる2位との勝ち点差を「3」縮めることは叶わなかった。

一方、ホームに7位モンテディオ山形を迎えた21位SC相模原は、0-1で敗戦。降格圏脱出がさらに遠のく結果となった。

そのほか、最下位愛媛FCはアウェイでFC琉球と対戦。試合終盤の決勝点で1-0と辛勝し、19位まで順位を上げた。

◆第34節
▽10/16(土)
ブラウブリッツ秋田 0-2 FC町田ゼルビア
SC相模原 0-1 モンテディオ山形
ギラヴァンツ北九州 2-2 東京ヴェルディ
V・ファーレン長崎 1-1 アルビレックス新潟
FC琉球 0-1 愛媛FC

▽10/17(日)
ファジアーノ岡山 vs 松本山雅FC
栃木SC vs ジュビロ磐田
ジェフユナイテッド千葉 vs 大宮アルディージャ
ツエーゲン金沢 vs ヴァンフォーレ甲府
レノファ山口FC vs 水戸ホーリーホック
ザスパクサツ群馬 vs 京都サンガF.C.


関連ニュース
thumb

1年でJ3降格の相模原、MF清原翔平やMF兵藤慎剛ら7名との契約満了を発表

SC相模原は8日、7選手との契約満了を発表した。 今回発表されたのは、MF清原翔平(34)、MF星広太(29)、MF窪田良(30)、DF後藤圭太(35)、MF鍬田一雅(21)、GK真木晃平(23)、MF兵藤慎剛(36)の7名となる。 清原はツエーゲン金沢、セレッソ大阪、徳島ヴォルティスと渡り歩き、金沢から2020年に加入。J3で34試合1得点を記録し昇格に貢献すると、今シーズンはJ2で16試合1得点を記録した。 星は福島ユナイテッドFCから2020年に相模原に加入。J3では34試合2得点を記録すると、今シーズンはJ2で23試合1得点を記録していた。 窪田は徳島ヴォルティス、カターレ富山、ヴァンフォーレ甲府、ザスパクサツ群馬と渡り歩き、2020年に相模原に加入。J3では15試合、J2では6試合の出場に終わっていた。 後藤は鹿島アントラーズ、ファジアーノ岡山、松本山雅FCと渡り歩き、今シーズンから相模原へ加入し今季は5試合の出場に終わっていた。 鍬田は高校卒業後にスペインでプレーした後、2020年に相模原U-21に加入。今シーズンからトップチームに昇格したが、出番はなかった。 真木は大分トリニータU-18から福岡大学を経て、今シーズン加入。しかし出番はなかった。 兵藤は横浜F・マリノスや北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台を経て、無所属状態から今シーズン途中の8月に加入。J2で7試合に出場していた。 7選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF清原翔平 「2年間、ありがとうございました。契約満了ということでチームを去らなくてはいけなくなりました。今シーズン目標としていたJ2残留を果たすことが出来ず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。サガミスタの皆さんと戦ったこの2年間は、大切な僕の思い出です。J3ではもがきながら上位にしがみつき、最後の最後でJ2への切符を勝ち取りました。J2ではなかなか降格圏から出られずにいましたが最終戦には自力で残留出来る位置までいました」 「僕たちが“諦めの悪い男達”でいられたのは“諦めの悪いサポーター”の応援あってこそです。J3のホーム最終戦のセレモニーで三浦監督が「俺は絶対諦めない」と言い、富澤キャプテンも「俺達も絶対諦めない」と続き、サガミスタの皆さんも拍手で呼応してくれました。そこから生まれた“諦めの悪い男たち” 僕はこれをずっと大切にしていってほしいと思っております。クラブのアイデンティティはこうやって出来ていくのかなと感じ、その場にいられたことはとても貴重な経験でした」 「来シーズンからJ3での戦いとはなってしまいますが、SC相模原がまたJ2に戻り、着実に力をつけて今度はJ1で戦っている。というようにクラブが発展していってほしいと願っております」 「一つ心残りがあるとすれば、この2年間はコロナ禍でサガミスタの応援歌が直に聞けなかったことかもしれません。当たり前であった日常が戻ってきて、声出し応援が出来るようになった時、その時戦っている選手達に全力で応援歌を歌いサポートしてあげてください。よろしくお願いします。2年間一緒に戦っていただき本当にありがとうございました!」 ◆MF星広太 「今年限りでSC相模原を退団することになりました。コロナ禍で大変の中、2年間沢山のサポートありがとうございました。サガミスタ、スポンサー、SC相模原に関わる方々のあと押しのおかげで自分自身、良い時は勿論、うまくいかない時もいつも変わらずに真摯に取り組む事が出来ましたし、チームの為に走り切る事ができました」 「ただ今年はチームの目標であった残留という結果に個人的にも貢献する事が出来ずに降格してしまった事を大変申し訳なく思っております。この悔しさを忘れず、また成長した姿を見せれるように頑張っていきます。2年間本当にありがとうございました」 ◆MF窪田良 「今シーズンでSC相模原を離れることになりました。まずはSC相模原でプレーをする機会を与えてくれた望月会長をはじめとする関係者の皆様、チームを支えてくれたスポンサーの皆様、最後まで一丸となって戦ったチームメイト、監督をはじめとするチームスタッフの皆様、2年間本当にありがとうございました!!」 「昨シーズンJ2昇格を果たし、J2残留を目標に挑んだ今シーズンでしたが、なかなか試合に出てチームに貢献できず苦しい1年間でしたが、いつも応援してくれていたサガミスタの皆様に助けられました。これからは僕もサガミスタの一員としてSC相模原の躍進を応援していきたいと思います!本当にありがとうございました!!」 ◆DF後藤圭太 「1年間ありがとうございました。J2残留という結果を残せなかったこと申し訳なく思っています。自分自身力不足でした。 しかし、望月重良さんはじめ、スポンサー様・サガミスタの皆さん・監督・スタッフ・フロントスタッフ・チームメイトと共に目標へ向かって、信じ続けて過ごした時間はとても素晴らしいものでした」 「また、地域の方にも家族が安心して過ごせるよう助けていただいたこと本当に感謝しています。これからもSC相模原の成長を応援しています」 ◆MF鍬田一雅 「SC相模原に関わる全ての皆様、また、沢山の応援をして下さったサガミスタの皆様、1年間という短い間ではありましたが応援ありがとうございました」 「リーグ戦には絡む事が出来ず悔しい思いをしましたが、スタジアムでのサガミスタの皆様の応援がいつも心に響き力を貰ってました。これから一生忘れません。本当にありがとうございました」 ◆GK真木晃平 「SC相模原に関わる全ての皆様、1年間という短い期間でしたが沢山のサポートをしていただきありがとうございました。J2挑戦初年度というシーズンにチームの一員として戦えたことは自分のサッカー人生において大きな経験となったし、これからまだサッカーを続けていく上での財産となりました」 「個人としてこの1年間チームに何も貢献できなく去ってしまうのは申し訳ないですし、悔しい気持ちでいっぱいです。この経験を無駄にしないように、これからも頑張っていきますので応援していただけると嬉しいです。1年間、本当にありがとうございました」 ◆MF兵藤慎剛 「2021シーズン半年という短い期間でしたがありがとうございました。なかなかチームが決まらなかった僕にプレーできるチャンスを与えていただきSC相模原には本当に感謝しかありません」 「半年間でしたが自分にできることをしっかりと取り組んできたつもりです。チームとしての目標であったJ2残留ができなかったのは凄く心残りですが、来シーズンがSC相模原にとって、いいシーズンになることを願っています」 「そして、どんな時も熱い声援を送っていただいたファン、サポーターの皆さん短い期間でしたがありがとうございました。SC相模原に関わるすべての人に感謝」 2021.12.08 17:49 Wed
twitterfacebook
thumb

J2初挑戦で14位フィニッシュの秋田が吉田謙監督の続投を発表

ブラウブリッツ秋田は8日、吉田謙監督(51)の続投を発表した。 吉田監督は、アスルクラロ沼津の下部組織で長年監督を務め、2015年から2019年までトップチームで監督を務めた。 2020年に秋田の監督に就任。明治安田生命J3リーグで優勝を果たすと、J2に初昇格。J2初挑戦となった今シーズンは11勝14分け17敗の14位でシーズンを終えていた。 吉田監督はクラブを通じてコメントしている。 「秋田の皆様、そしてブラウブリッツ秋田を心から支えてくださる全ての皆様、どんな時も選手、クラブに愛情をいただきありがとうございます」 「来シーズンも監督を努めさせていただくことに感謝いたします。選手、スタッフと共にひたむきに助け合いながら熱走し、秋田一体となって挑戦したいと思います。よろしくお願いいたします」 2021.12.08 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎がMF磯村亮太の契約満了を発表、3シーズン半で55試合出場

V・ファーレン長崎は8日、MF磯村亮太(30)との契約満了を発表した。 名古屋グランパス下部組織出身の磯村は、2009年のトップチーム昇格から8年半プレー。アルビレックス新潟移籍を挟んで、2018年7月に長崎へ加入した。 長崎ではすぐに定位置を確保するも、徐々に出場機会は減少し、今季の明治安田生命J2リーグ出場数はわずか7試合。通算では公式戦55試合1ゴール2アシストという記録だった。 磯村はクラブ公式サイトを通じて、「長崎に来て本当に良かったです」とサポーターに思いを伝えた。 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。この度、V・ファーレン長崎を離れることになりました」 「3年半もの間、V・ファーレン長崎でプレーできたこと、皆さんとともに戦えたことをとても嬉しく思います。最高なチームメイト、僕ら家族にいつも温かく優しく接してくれた長崎の方々、どんな時も応援し続けてくれたファンサポーターの皆さま、長崎で出会ったすべての方に感謝しています」 「長崎に来て本当に良かったです。たくさんの温かいご声援本当にありがとうございました」 2021.12.08 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

山形の10番、MF中村充孝が契約満了…今季は7試合の出場に終わる

モンテディオ山形は8日、MF中村充孝(31)との契約満了を発表した。 大阪府出身の中村は、市立船橋高校から2009年に京都サンガF.C.へと入団。2013年に鹿島アントラーズへと完全移籍した。 鹿島で7シーズンを過ごすと、2020年に山形へと完全移籍。背番号10を託されたが、2シーズンでJ2通算25試合3得点、今季は7試合で1得点に終わっていた。 2021.12.08 15:58 Wed
twitterfacebook
thumb

J2最下位で降格した松本山雅FCが名波浩監督の続投を発表「みんなで立ち向かっていきましょう!」

松本山雅FCは8日、名波浩監督(49)との契約更新を発表した。 現役時代はジュビロ磐田やセレッソ大阪、東京ヴェルディでプレーした他、セリエAのヴェネツィアでプレーした名波監督。日本代表としても1998年のフランス・ワールドカップに出場するなど活躍した。 引退後は、ジュビロ磐田で2014年9月から2019年6月まで監督を務めると、今年6月に解任された柴田峡監督の後任として監督に就任した。 残留を争うチームを託された名波監督だったが、チームはなかなか浮上できず。最下位でシーズンを終え、J3へと降格していた。 来シーズンも指揮を執る名波監督は、クラブを通じてコメントしている。 「2022年シーズンのJ3リーグは、史上稀にみる激戦のリーグになると思います」 「その強リーグを戦い抜くために、そして昇格ゾーンに行くために、選手・スタッフ・社員の皆さん、ファン・サポーターの皆さん全員で団結して戦いたいと思いますし、1年間で起こり得るであろう様々な困難にみんなで立ち向かっていきましょう!」 2021.12.08 15:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly