【セリエA第8節プレビュー】ラツィオvsインテル、ユーベvsローマ開催

2021.10.16 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
代表ウィーク前に行われた前節、ミランがアタランタに勝利し、6勝目をマーク。ユベントスがトリノとのダービーを制し、3連勝とした。そしてナポリが開幕7連勝で首位をキープ。インテルとローマがそれぞれ5勝目を挙げた。迎える第8節、ラツィオvsインテル、ユベントスvsローマのビッグマッチ2試合が開催される。

まずは土曜開催のラツィオvsインテル。ラツィオは前節、ボローニャ相手にまさかの完敗。ディフェンスリーダーのアチェルビも退場となり、インテル戦は欠場となる。ローマ・ダービーの勝利を含め、公式戦2連勝で勢いに乗りかけていた矢先での完敗劇となった中、ラツィオはインテル相手にバウンスバックとなるか。

対するインテルは前節、サッスオーロ相手に途中出場FWジェコの1ゴールとPK獲得によって逆転勝利を収めた。5勝2分けと無敗を維持する中、S・インザーギ監督の古巣対決を制し、ここまで旋風を巻き起こしているチャンピオンズリーグ(CL)のシェリフ戦に向かいたい。

続いて日曜開催のユベントスvsローマ。ユベントスは前節、トリノ・ダービーをMFロカテッリの終盤弾で制した。苦しい試合をウノゼロで制し、徐々にユベントス伝統の堅守が戻ってきた様子だが、ローマ相手にも復調の兆しを示せるか。

一方のローマは前節、エンポリ相手に出場停止明けのMFペッレグリーニ弾などで勝利。代表戦で負傷したFWエイブラハムはベンチスタート予想だが、ローマ・ダービーの敗戦を払拭した中、復調気味のユベントスを叩いて上位追走としたい。

唯一の開幕7連勝としたナポリは、トリノとのホーム戦に臨む。ナポリは前節、フィオレンティーナ相手に前半苦戦しながらも、ハーフタイム間際のPK獲得と、後半開始直後のセットプレー弾で逆転勝利とした。チームとしての地力を見せ付けた中、ユベントス相手に善戦しながらも惜敗したトリノを下して8連勝となるか。

そしてそのナポリを2ポイント差で追う2位ミランは、ヴェローナとのホーム戦を戦う。ミランは前節アタランタ戦を3-2で逃げ切り勝利。終盤の2失点で追い上げられたものの、78分までに3-0とリードする余裕の試合運びを見せた。しかしDFテオ・エルナンデスとMFディアスがコロナ感染により欠場が確定。両主軸を欠く中、トゥドール監督就任後、4戦で2勝2分けと負けなしのヴェローナを下してCLポルト戦に向かえるか。

ウディネーゼとの打ち合いを演じたサンプドリアは、カリアリとのアウェイ戦に臨む。ここ3試合で10失点と守備が崩壊しているだけにDF吉田としては汚名を返上したいところだ。

◆セリエA第8節
▽10/16(土)
《22:00》
スペツィアvsサレルニターナ
《25:00》
ラツィオvsインテル
《27:45》
ミランvsヴェローナ

▽10/17(日)
《19:30》
カリアリvsサンプドリア
《22:00》
エンポリvsアタランタ
ウディネーゼvsボローニャ
ジェノアvsサッスオーロ
《25:00》
ナポリvsトリノ
《27:45》
ユベントスvsローマ

▽10/18(月)
《27:45》
ヴェネツィアvsフィオレンティーナ


関連ニュース
thumb

イタリア代表、ラツィオDFルイス・フェリペ招集を検討か

イタリアサッカー協会(FIGC)が、ラツィオのブラジル人MFルイス・フェリペの代表招集を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 先日のカタール・ワールドカップ欧州予選でプレーオフに回ることになったイタリア代表。最初は3連勝で快調なスタートを切っていたものの、その後の5試合で1勝4分けと急失速し、最終節でスイス代表に逆転首位通過を許してしまった。 3月に出場権を懸けたプレーオフが控える中、イタリア代表ではここ最近、チーム強化に向けて新戦力の招へいが検討されている。その一人であるカリアリのブラジル人FWジョアン・ペドロは、すでにロベルト・マンチーニ監督とコンタクトがあったことを認め、アッズーリでのプレーに意欲を示した。 そして、同じくブラジルにルーツを持つルイス・フェリペもまた、指揮官が注目する選手。2016年夏にブラジルのイトゥアーノからラツィオに移籍した同選手は、サレルニターナでの武者修行を経て徐々に主力に定着。 昨季は足首のケガでシーズンの半分を棒に振ってしまったものの、今季はケガとサスペンションによる欠場2試合を除けば、セリエAでは全試合に先発出場している。 代表では、両親がブラジル人のため、U-20とU-23のブラジル代表で出場した経歴を持つ。一方で、その両親がイタリア出身のため、同時に2カ国のパスポートを保有。両代表でデビュー可能となっている。 なお、マンチーニ監督はセンターバックの新戦力候補として、ローマのブラジル人DFロジェール・イバニェスにも注目しているようだ。 2021.11.25 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、宿敵ローマ相手に大暴れのノルウェー代表FW獲得に動く!

ラツィオが今冬の移籍市場で、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表FWエリック・ボッタイム(21)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 イタリア代表FWチーロ・インモービレという絶対的エースを擁するラツィオだが、コソボ代表FWヴェダト・ムリキ(27)の低調なパフォーマンスもあり、エース不在時の戦いに課題を残している。 そういった状況の中、新たなバックアップ候補としてリストアップしているのが、ノルウェーの強豪で活躍する187cmの若手ストライカーだ。 2021年にローゼンボリからボデ/グリムトに加入したボッタイムは、今シーズンここまでの公式戦41試合に出場し、20ゴール9アシストを記録。とりわけ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではラツィオの宿敵であるローマ相手の2試合で、3ゴール3アシストの圧巻の活躍を披露し、大きな注目を集めていた。 恵まれた体躯を生かしたターゲットマンとしての力強さに加え、機動力にも優れており、最大の持ち味であるフィニッシュの精度を含め総合力が高いストライカーだ。 『カルチョメルカート』によると、ボッタイム獲得には1000万ユーロ(約12億9000万円)程度の移籍金が必要となるが、ラツィオはその資金を捻出するため、前述のムリキを古巣フェネルバフチェら幾つかの移籍先候補に売却する構えだという。 2021.11.23 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオ戦で内転筋損傷のダニーロが年内全休へ…全治8週間の診断結果

ユベントスは22日、ブラジル代表DFダニーロが左大腿部の内転筋損傷で8週間の離脱になることを明らかにした。 今季はここまで公式戦14試合に出場しているダニーロ。20日に行われたセリエA第13節のラツィオ戦も先発していたが、開始11分に負傷。交代を余儀なくされていた。 クラブの発表によれば、ダニーロは22日の朝にJメディカルで検査を受けた結果、左大腿部の長内転筋に中程度の負傷が確認されたとのこと。なお、離脱期間は8週間を要する見込みだ。 年末にかけてセリエAとCLの戦いが重なり、新年からは国内カップ戦の日程も組み込まれ、多忙のユベントス。ダニーロの離脱は大きな痛手となるのは間違いなさそうだ。 2021.11.22 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: ラツィオ 0-2 ユベントス《セリエA》

セリエA第13節、ラツィオvsユベントスが20日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211120_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 5.0 2つ目のPK献上で終戦 DF 29 ラッツァーリ 5.0 高い位置を取って牽制も脅威にはならず。キエーザとのマッチアップで劣勢に 3 ルイス・フェリペ 5.5 持ち出してのビルドアップで貢献 33 アチェルビ 5.5 ルイス・フェリペ同様、安定していた 23 ヒサイ 5.0 ラッツァーリ同様、高い位置でプレーしていたが、やはり脅威にはならず MF 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 前線への飛び出しはスペースがなく封じられた 32 カタルディ 5.0 流れの中では無難だったが、痛いPK献上 10 L・アルベルト 5.0 スペースがなく効果的なパスを前線に入れられなかった FW 7 フェリペ・アンデルソン 5.0 ザッカーニ同様、打開のプレーは止められた (→モロ -) 9 ペドロ 5.0 インモービレに代わって最前線でプレーも潰された 20 ザッカーニ 5.0 仕掛けのプレーは封じられた (→ムリキ 5.0) 何もできなかった 監督 サッリ 5.0 押し込んだがそれだけだった ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211120_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 5.5 難しいシュートは飛んでこなかった DF 6 ダニーロ - (→クルゼフスキ 6.0) 緊急出場。右MFでプレーし、カウンターの起点に 19 ボヌッチ 7.0 低いライン設定でラツィオの攻撃を封じ、2つのPKで勝利に導く 4 デ・リフト 6.5 ボヌッチと共にゴール前で壁となる MF 11 クアドラード 6.5 ダニーロ負傷後は右サイドバックでプレー。守備面で貢献 14 マッケニー 6.5 対面のL・アルベルトを封じる 27 ロカテッリ 6.5 アンカーの位置でバイタルエリアを締めた。配球も問題なし 25 ラビオ 6.5 球際での強さを見せた。インサイドでのプレーがフィットする様子 17 ルカ・ペッレグリーニ 6.5 アレックス・サンドロに代わって先発。攻守に十分な出来 FW 9 モラタ 6.0 ボールが来る回数は少なかったが、焦れずにカウンターの起点となった。PKを獲得 (→ケアン 6.0) すんなりと試合に入って良い流れに乗った 22 キエーザ 6.5 ダニーロ負傷後は左MFでプレー。スペースを生かしてボールを運びPKも獲得 監督 アッレグリ 6.5 徹底した守備ブロックの構築でサッリ監督の戦術を封じる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ボヌッチ(ユベントス) 攻守に絶大な存在感を発揮。文句なしでの選出 ラツィオ 0-2 ユベントス 【ユベントス】 ボヌッチ(前23)【PK】 ボヌッチ(後38)【PK】 2021.11.21 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ボヌッチがPK2発、ユベントスがラツィオにシャットアウト勝利《セリエA》

セリエA第13節、ラツィオvsユベントスが20日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。 代表ウィーク前の前節、格下サレルニターナに快勝した5位ラツィオ(勝ち点21)は、イタリア代表に合流していたインモービレを負傷で欠く中、最前線にペドロ、ウイングにザッカーニとF・アンデルソンを据えた。 一方、前節フィオレンティーナ戦を後半追加タイムのクアドラード弾でウノゼロ勝利とした8位ユベントス(勝ち点18)。リーグ戦での連敗を2で止めた中、3日後のチャンピオンズリーグ(CL)・チェルシー戦に向けてワールドカップ予選を戦っていた南米組がベンチスタートとなった。 モラタとキエーザの2トップとする[3-5-2]で臨んだユベントスに対し、立ち上がりからラツィオが攻勢をかける展開となった中、ユベントスは11分にダニーロが負傷。クルゼフスキとの交代を余儀なくされ、システムを[4-5-1]に変更。サイドバックにクアドラードとペッレグリーニを下げ、キエーザが左MFに移った。 しかし20分、ユベントスがPKを獲得する。ペッレグリーニの左クロスを受けたモラタがカタルディに倒されると、VARの末にPK判定となった。このPKをボヌッチが決めてユベントスが先制した。 失点後もラツィオが前がかる展開が続いたが、重心を下げて構えるユベントスを崩せず。逆に41分、ユベントスはモラタが追加点に迫るボレーシュートを放って牽制し、1点をリードしてハーフタイムに入った。 迎えた後半もラツィオが前がかり、ユベントスが受ける展開が続いていく。崩せない状況が続くラツィオは60分、ザッカーニに代えてムリキを投入。 それでも前半同様に好機を生み出せず時間が経過していく。すると終盤の81分、ユベントスがこの試合2つ目のPKを獲得する。 キエーザが左サイドを独走し、飛び出したGKレイナをかわしてボックス内へ。戻ったレイナに後方から倒された。このPKをボヌッチが再び決めてユベントスがリードを広げた。 このまま2-0でユベントスが勝利。堅守を見せ、元ユベントス指揮官のサッリ監督率いるラツィオに勝利している。 2021.11.21 04:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly