U-21ドイツ代表離脱のアペルカンプ真大、新型コロナ陽性…典型的な症状もあり隔離措置

2021.10.14 18:35 Thu
Getty Images
デュッセルドルフは14日、U-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大の新型コロナウイルス(COVID-19)感染を発表した。
PR
クラブの発表によると、アペルカンプ真大は受けていたPCR検査の結果が判明し、陽性判定となったとのことだ。なお、13日から自宅で隔離生活を送っているという。
アペルカンプ真大は、U-21ドイツ代表の活動に参加。しかし、ドイツサッカー連盟(DFB)が突然の離脱を発表。病気のためにチームへ戻ったとされていた。

なお、デュッセルドルフによるとアペルカンプ真大は、2度のワクチン接種が完了していたものの、新型コロナウイルスの典型的な症状があるとのことだ。

三菱養和SCユース出身のアペルカンプ真大は、日本とドイツのハーフ。デュッセルドルフの下部組織に加入し、順調に昇格を果たすと、2020-21シーズンにファーストチームに昇格。メキメキと頭角を現し、ブンデスリーガ2部で21試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。
今シーズンもここまで開幕からリーグ戦9試合に出場し1ゴール1アシスト。すると、9月にトレーニングメンバーとして招集されていたU-21ドイツ代表で、選手不足からメンバーに抜擢。10番を背負い、U-21欧州選手権予選に出場していた。

10月もU-21欧州選手権予選に向けたメンバーに招集されていたが、ハンガリーから緊急帰国していた。

PR
関連ニュース

ブンデス昇格なるか? デュッセルドルフを支える田中碧の去就にも大きな影響、チームは昇格と共に田中の残留を望む

ブンデスリーガ昇格をプレーオフに託すこととなったデュッセルドルフ。そのチームにおいて、最も今注目されているのが日本代表MF田中碧(25)の去就だ。 昨夏の移籍市場でステップアップを目指した田中。しかし、昨シーズン終盤の負傷の影響もあり、移籍の話がまとまらず、残留することとなった。 開幕からチームの主軸として起用されたが、パフォーマンスが上がらす。すぐに控に回ることになったが、その後再びポジションを掴んだ。 ファン・サポーターからも批判的な声が出ていたが、10月の日本代表戦でゴールを決めてから一気に復調。チームを支えるプレーを中盤で見せると、ゴールやアシストでもチームに貢献。4月には急性虫垂炎で手術を受けて離脱したが、その後も復帰を果たした。 今シーズンは2.ブンデスリーガで29試合7ゴール4アシスト。チームが昇格を争う原動力になっていることは言うまでもなく、今やチームに欠かせない存在。ダニエル・ティウーヌ監督も「ゲームチェンジャー」と田中を再評価している。 まずは1部への昇格が必要になるデュッセルドルフだが、昇格した場合はなんとしても田中を残す必要があると考えているという。田中とデュッセルドルフの契約は2025年夏まで。ドイツ『ビルト』によれば、田中は350万ユーロ(約6億円)の市場価値であり、お買い得の選手として行列ができるだろうとしている。 これまでの移籍市場ではあまり振り向かれなかったが、今夏は違うと見られており、クラブとしてはなんとしても昇格を果たし、田中との契約延長を果たそうと計画しているという。 一方で、プレーオフに敗れて2部に残った場合は、契約延長は不可能と考えており、現金化できるチャンスである今夏の移籍市場での売却を目指すことになると見られている。 本人は当然トップリーグでのプレーを望んでいるが、デュッセルドルフで達成できれば言うことないはず。まずはプレーオフに集中すること。その結果次第で、夏の動きは大きく変わることになりそうだ。 2024.05.14 23:55 Tue

ザンクト・パウリがブンデス昇格! 田中碧ら擁するデュッセルドルフはプレーオフへ

ザンクト・パウリがブンデスリーガ昇格を決めた。 2.ブンデスリーガの32試合を消化して、町野修斗を擁する首位ホルシュタイン・キールがクラブ初のブンデスリーガ昇格を決めるなか、1ポイント差で2位につけるのがザンクト・パウリ。12日の第33節ではオスナブリュックに3-1で勝利した。 この結果、田中碧やアペルカンプ真大、内野貴史が所属する3位デュッセルドルフとの勝ち点差が最終節を残して「6」となり、ザンクト・パウリの自動昇格圏2位以内が確定。2010-11シーズン以来のブンデスリーガ復帰が決まっている。 そんなザンクト・パウリは最終節を前にして首位にも浮上。19日の最終節では16位ヴェーエンとのアウェイ戦となる。 なお、自動昇格が叶わずのデュッセルドルフは3位確定でブンデスリーガ16位チームとのプレーオフへ。現時点での16位はウニオン・ベルリンとなっている。 2024.05.13 11:15 Mon

町野修斗のホルシュタイン・キールがブンデス初昇格! 最終節残して2位以内確定

ホルシュタイン・キールがブンデスリーガ昇格を決めた。 あと2試合の2.ブンデスリーガで2位ザンクト・パウリを1ポイント差で抑え込み、首位に立つホルシュタイン・キール。11日の第33節でホームのデュッセルドルフ戦に臨み、町野修斗が先発した。 田中碧&アペルカンプ真大が揃って先発したデュッセルドルフに対して、開始2分に先制したホルシュタイン・キールだが、70分にPKから同点ゴールを被弾。町野も75分に交代し、1-1で終わった。 これで勝ち点1を上積むにとどまったホルシュタイン・キールだが、3位デュッセルドルフとの5ポイント差を維持したことで、自動昇格圏の2位以内が確定。クラブ史上初の1部挑戦となる。 なお、プレーオフ圏の3位につけるデュッセルドルフは2位ザンクト・パウリと3ポイント差に。ただ、ザンクト・パウリは2試合を残すため、プレーオフから昇格を目指す運びとなりそうだ。 2024.05.12 08:40 Sun

デュッセルドルフ田中碧が復帰戦でゴール! 途中出場からわずか4分でネット揺らす

デュッセルドルフMF田中碧が復帰戦でゴールだ。 デュッセルドルフは27日の2.ブンデスリーガ第31節でシャルケとのアウェイ戦。アペルカンプ真大が先発するなか、虫垂炎の手術で離脱が続いた田中もベンチ入りした。 シャルケが55分にスコアを動かしたなか、63分からピッチに入った田中は67分に右CKからの味方シュートが左ポストを叩くと、ゴール前のこぼれ球をヘッドで押し込んだ。 25歳MFの今季リーグ戦7ゴール目、公式戦8ゴール目となる一発で追いついたデュッセルドルフだが、勝ち越しには至らず、1-1のドロー。リーグ戦連勝は「6」で止まった。 なお、順位は3位のまま変わらず。ブンデスリーガ自動昇格圏の2位とも5ポイント差のままとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】田中碧が復帰戦でゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jAkvRdbDB0k";var video_start = 26;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script 2024.04.28 10:20 Sun

【パリ行きの命運を託された23選手】アマチュアから代表へ這い上がった不屈のメンタル、左右で輝くサイドバック・内野貴史

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、内野貴史にフォーカスする。 ■内野貴史(DF/デュッセルドルフ) 柏レイソルの下部組織で育った内野は、U-15からはジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織に加入。U-15、U-18と所属した。 しかし、高校卒業後にドイツへと渡ると、1.FCデューレンの下部組織に加入。1年で、アレマニア・アーヘンの下部組織に移籍。2020-21シーズンにファーストチームに昇格した。 公式戦41試合に出場するなどドイツ4部で活躍すると、デュッセルドルフの目に留まりセカンドチームに所属。主力としてプレーすると、2022年3月にファーストチームデビュー。2022年10月にプロ契約を結んだ。 両足を支えるサイドバックとしてプレーする内野。右サイドバックを本職としながらも、左サイドバックとしてもプレーが可能で、サイドハーフでもプレーができる万能型。一対一の強さもあり、攻撃的なプレーも得意。運動量も豊富だ。 千葉ではトップチームに昇格できなかったが、ドイツのアマチュアクラブからスタート。そこから現在はドイツ2部で戦うプロ選手となり、オリンピックを目指す代表チームにまで成り上がった異色の経歴だ。 世代別代表は、その多くが若くして才能を見出され、世代を代表するエリート選手が揃っているが、内野は決して輝かしいキャリアではなかった。ただ、実力で掴み取った代表。そのメンタリティは重要な試合で非常に役立つはずだ。 また、2022年のU23アジアカップも経験し、アシストで貢献。パリ五輪世代でもコンスタントに招集を受けており、ユーティリティ性も含めて期待がかかる。 クラブではレギュラーポジションは掴めていないが、3月には初ゴールも記録。1部昇格を争うクラブでの活躍も期待されるが、日本をパリ五輪に導けるのか。登録人数が制限される中で、内野のユーティリティ性は欠かせない。 <span class="paragraph-title">【動画】内野貴史が決めた初ゴール!カットインから豪快に振り抜く</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8cI9iCkyPRY";var video_start = 137;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 21:00 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly