ビッグクラブが狙うチュアメニ、モナコは約80億円を要求か

2021.10.13 14:54 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコがフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)の移籍金を設定したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

ボルドーの下部組織で育ち、2020年1月にモナコに移籍したチュアメニ。加入当初からコンスタントな出場を続けると、今年9月にフランス代表デビューを果たし、先のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズでは決勝のスペイン戦でフル出場して優勝に貢献した。

一気に頭角を表したこの21歳に対して、MFカゼミロの後釜を模索するレアル・マドリーをはじめ、チェルシーやリバプール、マンチェスター・シティ、ユベントスといった多くのビッグクラブが関心を示している模様。しかし『マルカ』によると、モナコは6000万ユーロ(約78億6000万円)という多額の移籍金を求めているという。

ボルドーから加入した際の移籍金は1800万ユーロ(約24億円)だったチュアメニ。『transfermarkt』による現在の推定市場価値3500万ユーロ(約45億8000万円)となっているが、現行契約が2024年6月まで残っている影響もあってか、モナコは強気の姿勢を見せているようだ。

また、これからの活躍次第ではさらに移籍金が跳ね上がる可能性もあるが、果たしてその要求に応えられるクラブは現れるだろうか。

関連ニュース
thumb

モナコが南野拓実の獲得に動けた理由は? 野心的なSDによる計算された補強に

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)の獲得に関してクラブ間合意に至ったとされるモナコ。スポーツ・ディレクター(SD)のポール・ミッチェル氏の戦略勝ちだったようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。2年半在籍し、チームはプレミアリーグやFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)で優勝。今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で決勝まで駒を進めるなど、結果を残していた一方で、公式戦通算53試合で14ゴール3アシストに終わっていた。 特に今シーズンは優勝を果たした2つのカップ戦で目覚ましい活躍を見せたものの、決勝の舞台にはどちらも立てず。タイトルが懸かった試合で必要とされていないことで、チーム内での立場が浮き彫りとなっていた。 本人も「僕が出る試合は誰も興味のない試合が多かったので、結果を残しても反響があるわけではない」とコメント。重要な試合での出番がないことに触れ「悔しさをモチベーションというか、怒りのモチベーションというか、常にそういう気持ちでした」と、置かれた立場に苛立ちもあったことを口にしていた。 その南野にはミッチェル氏が目をつけており、来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)を戦うチームにおいて経験者を手にしたい状況。「攻撃的でありたい、しかし戦略的に」と補強の方針を口にしていたが、その中でザルツブルク時代から気にかけていた南野の獲得に手を挙げたようだ。 リバプールとは基本移籍金1500万ユーロ(約21億5000万円)で合意に至ったとされ、5回の分割払いで支払われるとのこと。ミッチェル氏は「非常に興味深いプロフィールを持つ選手を採用するには、才能に見合ったとても大きなオファーが必要だ」と語っており、南野への期待も高いことが窺える。 モナコは、今夏レアル・マドリーへ移籍したフランス代表MFオーレリアン・チュアメニのおかげで8000万ユーロ(約114億8500万円)、またパリ・サンジェルマン(PSG)とフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約を延長したことで3500万ユーロ(約50億2500万円)を手にすることとなり、資金面は全く問題ない状況。SDが自信を見せ、南野の移籍金を支払える理由もここにあったようだ。 2022.06.23 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元フランス代表FWジュリ氏が23年半ぶりにリヨンに復帰!FW陣のテクニカルコーチに就任

リヨンは22日、リュドヴィク・ジュリ氏(45)がトップチームのテクニカルコーチに就任したことを発表した。契約期間は2年間で、7月2日からチームに合流するとのことだ。 23年半ぶりに古巣への復帰が決まったジュリ氏は、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「リヨンに戻ってくること出来てとても光栄だよ。クラブが私のことを考え、このような責任を与えてくれたことは、素晴らしいジェスチャーだと思っている。自分らしさを大切にし、クラブの価値観を尊重しながら、常に良いムードで仕事ができるようにしたいと思うよ。ピッチに戻りたいという気持ちもありましたが、学ぶためにここにいるんだ」 リヨンの下部組織で育ったジュリ氏は、1994年にトップチームデビュー。その後、モナコやバルセロナ、ローマ、パリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブでプレーし、2016年に現役を引退した。 引退後は古巣モナコのクラブアンバサダーに就任すると、2019年9月から2020年7月までモナコBのアシスタントマネージャーを歴任。その後はフリーとなっていた。 2022.06.22 23:50 Wed
twitterfacebook
thumb

南野拓実のモナコ入りが迫る! 総額25.8億円でクラブ間合意

日本代表FW南野拓実(27)のモナコ移籍が決定的なようだ。 リバプールでの3年目もカップ戦を中心に公式戦10ゴールと奮起する一方で、限定的な出番に終わった南野。チーム内でも攻撃陣の入れ替わりが顕著で、退団決定のFWディヴォック・オリジに続いて、移籍が濃厚視され、複数クラブの関心が取り沙汰される。 国内外からの関心が囁かれる争奪戦は当初こそレッドブル・ザルツブルク時代の恩師であるジェシー・マーシュ監督のリーズ・ユナイテッドがリードしている様相だったが、徐々にモナコ行きの見方に。そして、実際にモナコが獲得レースを制した模様だ。 イギリス『BBC』によると、モナコとリバプールは基本移籍金1500万ユーロに300万ユーロのアドオンをプラスした総額1800万ユーロ(約25億8000万円)で合意に達したという。 また、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、南野はモナコと5年契約を結ぶ見込み。メディカルチェックを前に契約内の細かな条件を話し合うといわれる。 カタール・ワールドカップも今年11月に迫り、クラブレベルでより定期的な出場が求められる南野。次なる活躍先はフランスとなりそうだが、果たして。 2022.06.22 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコ退団のセスクにサンプドリアが関心か

サンプドリアが、元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(35)の獲得に動いているようだ。イタリア『La Repubblica』が伝えている。 これまでアーセナルやバルセロナ、チェルシーで輝かしいキャリアを送ってきたセスクは先日、2019年冬に加入したモナコを退団。昨季までの2シーズン半では公式戦63試合に出場していたが、今季はハムストリングのケガやコロナ感染による体調不良でわずか5試合の出番にとどまった。 引退も迫る年齢だが、フランス『So Foot』のインタビューでは「まだ終わったという実感はない。ただ、自分のサッカーを楽しみ、ある程度のレベルで競争し続けたいんだ」とコメントしていた35歳。伝えられるところによると、初のイタリア挑戦の可能性が出ているようだ。 『La Repubblica』は、サンプドリアのアントニオ・ロメイ副会長がセスク獲得に向けた動きを主導していると主張。具体的なオファー内容は不明だが、実現度は低くないようだ。 2022.06.20 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ、リーグ優勝を知るジブリル・シディベが退団

モナコは19日、元フランス代表DFジブリル・シディべ(29)の退団を発表した。 トロワの下部組織出身のシディべは、2016年夏にリールからモナコに加入。その初年度にリーグ・アンで29試合に出場し、リーグ優勝に大きく貢献した。 右サイドバックとして安定した成績を収めていた中、2019-20シーズンにはエバートンへのレンタル移籍も経験。買い取りオプションは行使されなかったが、モナコに復帰した昨季も主力としてプレーした。 ただ、今季はDFルベン・アギラールの台頭で序列が低下。ケガも重なり、リーグ戦の出場は17試合にとどまった。 モナコでは、18日にも元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(35)とイタリア人GKヴィト・マンノーネ(34)の退団が発表されている。 2022.06.19 18:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly