イサク活躍のスウェーデンがスペインをかわして首位浮上《カタールW杯欧州予選》

2021.10.13 05:46 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第8節の2試合が12日に行われ、スウェーデン代表はギリシャ代表をホームに迎え、2-0で勝利した。

1試合消化が少ない中、首位スペイン代表を1ポイント差で追う2位スウェーデン(勝ち点12)は、イサクやフォルスベリ、リンデロフらが先発。

3位ギリシャ(勝ち点9)に対し、一進一退の攻防で立ち上がったスウェーデンは22分にピンチ。ボックス左からマスラスに右ポスト直撃のシュートを打たれた。

その後も好機を生み出しきれないスウェーデンは39分にもピンチ。CKの流れからパヴリディスのヘディングシュートがバーに直撃した。

思うように試合を運べなかった前半をゴールレスで終えた中、スウェーデンは58分に先制する。ロングボールに抜け出したイサクがボックス右でマヴロパノスに倒されてPKを獲得。このPKをフォルスベリが決めて先制した。

さらに69分、リードを広げる。ロングボールに抜け出したイサクがGKもかわして決めた。87分に2枚目のイエローカードを受けたチャツィディアコスが退場となったギリシャに対し、スウェーデンが2-0で勝利。スペインをかわして首位に浮上している。



関連ニュース
thumb

イブラヒモビッチが自身をPSGに売り込み…今夏の逸話を自伝で告白「サッカー選手としてではない。SDとしてだ」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)へと復帰する可能性があったことを明かした。 先日40歳になったイブラヒモビッチ。ケガなどで離脱するなど、欠場することが増えている一方で、ピッチに立てば抜群のパフォーマンスを披露。セリエAでは9試合で6ゴール2アシストと結果を残している。 ミランとイブラヒモビッチの契約は2022年6月30日までとなっているが、契約延長の意思を示していることもあり、まだまだミランでそのプレーを見ることができそうだ。 そのイブラヒモビッチだが、新たな自伝『Adrenalina』を出版。選手ではないイブラヒモビッチのことが書かれているという。 この自伝の中では、PSGに関して多くのページを割いているとのこと。その中で、今夏PSGのナセル・アル・ケライフィ会長とクラブに戻る可能性を話していたと明かしているとフランス『レキップ』が報じた。 しかし、PSG復帰は選手としてではなく、クラブ幹部として。レオナルド氏が務めるスポーツ・ディレクター(SD)に就任することを申し出ていたようだ。 「2021年夏。確かに俺は自分をPSGに提供した。サッカー選手としてではない。スポーツ・ディレクターとしてだ。ナセル・アル・ケライフィ会長に電話をかけ、彼に提案をした。『ミランとの契約を更新しないのであれば、PSGにやってきて、あなたのチームを整えることになる』と」 「ナセルは笑ってはいたが、ノーとは言わなかった。(代理人の)ミーノ・ライオラも『君の理想的な役割だ。完全に行かなければいけない』と同意してくれた。ただ、彼は俺がミランから離れられないことを分かっていたが、同意してくれた」 「もし、契約を延長していなければ、PSGのマネージャーの役割は良い未来だったはずだ。俺が話したPSGの選手でさあえ、そう思っていた」 「ある選手は言った。『ズラタン、あなただけが秩序を戻し、チームに規律をもたらすことができる』とだ。別の選手は『ズラタン、もしあなたであれば、ドレッシングルームでこのようなことは起きなかっただろう』とね」 「俺はこのプロジェクトを気に入っていたが、サッカーのキャリアを辞めることへの恐怖感やパニックを防ぐには十分ではなかった」 「言うことと、行動することは別のことだ。俺はパリに行き、チームのトレーニングを見て何千回も自問しただろう。『何故やめたのか?』とね」 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチ外のイブラヒモビッチを綴った新たな自伝</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラはどこへ向かうのか…ブルース・リーの名言を引用しサンドバッグへ淡々とキック練習

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが新たな境地を切り開いた。 14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節のスペイン代表戦ではDFセサル・アスピリクエタへの故意のタックルで非難を浴びた。 かと思えば、20日のセリエA第13節ではドッピエッタを達成するなど、良くも悪くも存在感を示している。 そのイブラヒモビッチは、26日には自身のインスタグラムでサンドバッグに向かい、様々なキックのトレーニングをしている姿を公開。ハイキックや後ろ回し蹴り、コンビネーションキックなどを次々と決めていく。 キャプションには「型をなくせ、形をなくせ、水のようになるんだ」と、俳優ブルース・リーの言葉を引用。鍛え抜かれた上半身も相まって、非常に様になってはいる。 かつてテコンドーを学んでおり、アクロバティックなキックは試合中のシュートでも何度も見せているが、彼は俳優でも格闘家でもなく、サッカー選手。これもトレーニングの一貫なのかもしれない。 10月3日に40歳を迎えたイブラヒモビッチだが、いったいどこへ向かっているのか。回し蹴りボレーなど決めたらとんでもないことだが、やりそうな気がするから不思議だ。 <span class="paragraph-title">【動画】これで40歳なのか!? イブラヒモビッチが魅せる数々のキック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CWtfOXbv1f_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CWtfOXbv1f_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CWtfOXbv1f_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

相手選手へのタックルで批判浴びたイブラヒモビッチが“故意”だと認める「あいつに分からせなきゃいけない」

ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、多くの批判を受けたスペイン代表DFセサル・アスピリクエタへのタックルについて、自らの言葉で説明した。 イブラヒモビッチは、14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節のスペイン代表戦に途中出場。グループ首位突破には勝利が絶対条件の中、86分にFWアルバロ・モラタのゴールでスペインに先制を許し、残り少ない時間で2ゴールが必要となった。 後半アディショナルタイムに入ると、スウェーデンがCKを獲得。まずは同点に追いつくチャンスだったが、ここでイブラヒモビッチがまさかの行動に出る。アスピリクエタに自らぶつかりに行くと、アスピリクエタはその場に倒れ込み、イブラヒモビッチも続いて倒れていった。 結局スウェーデンは試合に敗れ、プレーオフに回ることに。しかしながら、イブラヒモビッチにはこの行為でイエローカードが与えられ、プレーオフの初戦は累積で出場停止となってしまった。 イギリス『ガーディアン』のインタビューで、イブラヒモビッチはこの時の行動について振り返り、故意であったとストレートに語った。 「この前、代表で(アスピリクエタ)にタックルをした。わざとやった」 「あいつが俺たちの選手に愚かなことをしたんだから、これを言うことに恥はない。俺たちの選手に偉そうなことをしたからね」 「馬鹿げたことだったが、あいつに分からせるためにまたやるだろう。『お前は俺にそんなことする度胸はないだろう。ただ、俺にやったらどうなるかを見せてやるよ』とね。だからやったんだ」 「あいつは俺には何も言わないだろうけど、他の選手には言うだろうな。それが俺さ。これを話すのは恥ずかしいことじゃない」 「プレーオフの出場停止は論点じゃない。ピッチに倒れている人をからかってはいけないと理解してもらうことが重要だ。話せない犬を攻撃するもんじゃない。何かできる人と相手するものだ。20歳の俺のチームメイトを攻撃するのは簡単なことだ。あいつが理解してくれることを願っている」 あくまで、自身の考えを突き通したイブラヒモビッチ。結果的にチームに迷惑をかける格好となったが、今も自身の行いに後悔はしていないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチなりの躾?アスピリクエタの背後からショルダータックルをかます</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Zlatan floors Azpilicueta with “dark arts”! <br><br>Ibrahimovic escaped punishment during the game but has since been banned from the first leg of Sweden’s World Cup play-off tie... <a href="https://t.co/7YmEUK8l6i">pic.twitter.com/7YmEUK8l6i</a></p>&mdash; Sky Sports News (@SkySportsNews) <a href="https://twitter.com/SkySportsNews/status/1460236330168901642?ref_src=twsrc%5Etfw">November 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.24 11:51 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチから唐突なショルダータックルを食らったアスピリクエタが反応、わざわざ該当シーンの動画を引用

スペイン代表DFセサル・アスピリクエタが、スウェーデン代表のFWズラタン・イブラヒモビッチに食らった謎タックルに反応した。 14日にカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節で対戦した両者。86分にFWアルバロ・モラタのゴールでスペインが先制すると、後半アディショナルタイムに事件が起こる。 スウェーデンのCKのシーンで、途中出場していたイブラヒモビッチがアスピリクエタに肩から衝突。アスピリクエタがその場に倒れ込むと、イブラヒモビッチも続いて倒れていった。PK獲得の手段としても、お粗末なものだった。 主審はそのプレーを確認できなかったため、この時点ではお咎めなしだったが、試合終了後、欧州サッカー連盟(UEFA)のスコアシートには、イブラヒモビッチにイエローカードが提示されていた。 アスピリクエタは試合後、自身のツイッターを更新。該当シーンの動画を引用しながらも、「全てが上手くいっている」と特にイブラヒモビッチのことには言及せずに笑顔を見せている。 一方、試合に敗れプレーオフに回ることとなったスウェーデン。イブラヒモビッチはこのプレーで累積2枚となり、次戦は出場停止となってしまっている。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチがアスピリクエタの背後からショルダータックルをかます</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">NOOOO ATROPELLARON A AZPI <a href="https://t.co/8Dw5wysLcr">pic.twitter.com/8Dw5wysLcr</a></p>&mdash; Falcons (@Falcons) <a href="https://twitter.com/Falcons/status/1460004522311434242?ref_src=twsrc%5Etfw">November 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Todo bien por aquí <a href="https://t.co/Bga5l7epaP">https://t.co/Bga5l7epaP</a> <a href="https://t.co/XTxRD0MMHR">pic.twitter.com/XTxRD0MMHR</a></p>&mdash; César Azpilicueta (@CesarAzpi) <a href="https://twitter.com/CesarAzpi/status/1460038139603476485?ref_src=twsrc%5Etfw">November 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.16 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、後半ATの愚行でカタールW杯予選プレーオフの準決勝が出停に

スウェーデン代表のFWズラタン・イブラヒモビッチが、ある愚行でチームに迷惑をかけてしまったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 14日にカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節のスペイン代表戦に臨んだスウェーデン代表。グループ首位突破を懸けた一戦はしばらく0-0のまま推移した中、86分にFWアルバロ・モラタのゴールでスペインが先制する展開に。 勝利が絶対条件のスウェーデン。後半アディショナルタイムに入ると、ここで途中出場のイブラヒモビッチがまさかの行動に出る。スウェーデンのCKのシーンで、同選手はスペイン代表DFセサール・アスピリクエタに肩から衝突し、何かをアピール。 アスピリクエタはその場に倒れ込み、イブラヒモビッチも続いて倒れていったが、意図がまったくわからないプレー。PK獲得の手段としても、お粗末なものだ。 主審はそのプレーを確認できなかったため、この時点ではお咎めなしだったが、試合終了後、欧州サッカー連盟(UEFA)のスコアシートには、イブラヒモビッチにイエローカードが提示されていた。 敗れたスウェーデン代表はグループBを2位で終え、3月24日と25日に行われるプレーオフに回ることに。しかしながら、イブラヒモビッチはこれで累積2枚となり、次戦は出場停止となってしまった。 なお、伝えられるところでは、スウェーデンのサッカー連盟はこの判定に異議申し立てを行うようだ。 各グループ2位の10チームと、UEFAネーションズリーグ2020-21の成績上位2チームを加えた12チームで行われるプレーオフは、4チーム3組に分かれてトーナメントを行い、優勝した3チームが本戦への切符を手にすることができる。その抽選会は11月26日に予定されている。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチの謎の愚行</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">NOOOO ATROPELLARON A AZPI <a href="https://t.co/8Dw5wysLcr">pic.twitter.com/8Dw5wysLcr</a></p>&mdash; Falcons (@Falcons) <a href="https://twitter.com/Falcons/status/1460004522311434242?ref_src=twsrc%5Etfw">November 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.15 20:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly