名古屋vsFC東京から開始する「ワクチン・検査パッケージ」に村井満チェアマン「観戦マナー、ガイドラインが大きく変わるわけではない」

2021.10.04 21:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは4日、第10回Jリーグ実行委員会を開催。その後、メディアブリーフィングを行った。

今回の実行委員会では、6日のYBCルヴァンカップ準決勝の名古屋グランパスvsFC東京の試合から実施される「ワクチン・検査パッケージ」について報告されたという。

この「ワクチン・検査パッケージ」は日本政府に認可されたもので、Jリーグが10月の6試合で実証検証のために実施する施策だ。

これまでは全国的に「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」が発出されていたものの、これが解除に。そのため、5000人、または収容人数の50%の少ない方という観客動員の制限が解除されていた。

現在は1万人または50%の少ない方としてJリーグが運用しているが、その制限とは別に、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種証明か検査の陰性証明を持っている人に向けて1万人を超えてスタジアムで観戦させるというものとなる。

メディアブリーフィングの冒頭で村井満チェアマンがコメント。観客動員の緩和について語った。

「10月に入りまして、緊急事態宣言、まん防の緩和が進み、少しずつでありますが、お客様に少しずつスタジアムに戻ってきていただいている実感があります」

「まだ1日から3日までの限られた試合ですが、1万人を目処にスタジアムの50%かの少ない方で運営しています」

「等々力陸上競技場では9789名、パナソニック スタジアム 吹田では9987名というところで、1万人上限のところで、ほぼチケット完売で、このレギュレーションでの満員が見られました」

「いくつかのスタジアムではスタジアム収容数が2万人に満たないものがあるので入場者が1万人に満たないですが、J1では平均7226人となりました。急遽10月からとなりましたが、スタジアムでの観戦を待っていただいたお客様に少しずつ緩和の中で多くの方にお越し頂いています」

「また「ワクチン・検査パッケージ」ということで、ワクチン接種証明、陰性証明をお持ちの方に、特別枠で来場して頂くことを進めていきます。明後日のルヴァンカップ準決勝、名古屋グランパスのホームでもそういった実証検証が行われる予定です」

「しっかり安全性に配慮しながら、試合観戦に関するマナー、ガイドラインが大きく変わるわけではありません。ワクチンパスポートを持っている方の入場数緩和、オペレーションの実証検証を行っていくということ。少しでも入場者の緩和を行っていくこととなります」

この「ワクチン・検査パッケージ」は、6日の名古屋vsFC東京をスタートにし、1800人をプラスアルファで入場させる予定。その後は、16日の明治安田生命J1リーグ第32節の横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸vsアビスパ福岡、22日の明治安田生命J1リーグ第33節の浦和レッズvs柏レイソル、24日の川崎フロンターレvs清水エスパルス、名古屋グランパスvsヴィッセル神戸、30日のルヴァンカップ決勝で行われる。

なおルヴァンカップ決勝では、最大で1万人の観客に対し、1万人を「ワクチン・検査パスポート」で入場させる予定のようだ。

今回の実行委員会でクラブ側との共有事項について村井チェアマンは「社会経済活動を段階的に緩和していく取り組みではありますが、今まで積み上げてきた観戦マナー、ガイドライン等々、応援スタイルとして何か緩和されることではありません。マスクの着用、手指消毒、検温に始まり、声を出しての応援が緩和されることではないです」とし、観戦スタイルの変化や感染防止策の変化は起こらないことを強調した。

また「ワクチン・検査パッケージが通常席に加えてワクチンシートとして追加していきます。ワクチンを接種していない方を隔離しようということではないです」とし、あくまでも追加の措置であり、ワクチン未接種者を排除するものではないことを強調した。

さらに、今回はイベント開催によるオペレーションの確認をメインとしたいとコメント。「今回のスタイルはあくまでステップ・バイ・ステップだと考えています。ワクチン接種証明を我々が確認する行動は初めてなので、どれぐらいの時間を要するのか。待機列で大きな不便を要することはないのか。運営上の検証がファーストステップだと思います」と語り、運営面のプロセスを確認することが重要だとした。

また、一気に緩和を進めるということはしないとのこと。「ステップ・バイ・ステップですので、10月いっぱいは移行期間として1万人を上限とされている。11月以降は発表されていないので、そこまでシミュレーションしていないです」と語り、11月以降の政府方針に合わせて考えるとした。


関連ニュース
thumb

鳥栖DF大畑歩夢が右第五中足骨骨折で全治3カ月、今季はJ1で30試合出場

サガン鳥栖は4日、DF大畑歩夢の負傷を発表した。 クラブの発表によると、大畑は11月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第36節の北海道コンサドーレ札幌戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右第五中足骨骨折と診断。全治は3カ月とのことだ。 大畑は鳥栖ユース出身で、プロ2年目の今シーズンは3バックの一角として明治安田J1で30試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 2021.12.04 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「試行錯誤する日々」横浜FCの上尾和大社長が退任、最下位でのJ2降格に「日々の小さな積み重ねの差だと痛感」

横浜FCは4日、クラブの代表取締役社長COOの上尾和大氏(36)が退任することを発表した。後任は決定次第発表されるとのことだ。 上尾氏は、山口県岩国市出身。株式会社LEOCの営業部や事業部/支店長、人材採用部の中途採用/担当部長、外食事業部/執行役員を経て、2018年に株式会社横浜フリエスポーツクラブの代表取締役社長COOに就任していた。 2018年はJ2で昇格争いをするも、参入プレーオフで敗れ昇格ならず。しかし、2019年は2位で自動昇格を掴んだ。 2020年は久々のJ1の舞台で15位フィニッシュ。J1で2年目の2021シーズンは17選手が退団するなど大きな選手の入れ替えが起こると、シーズン開幕直後から結果が出ずに最下位転落。下平隆宏監督を解任し、早川知伸氏を監督に据え、夏には外国人を5名補強するなどテコ入れを図ったが、最後まで立て直せずに最下位でJ2へ降格していた。 上尾氏はクラブを通じてコメントしている。 「日頃より横浜FCの活動に多大なるご支援、ご協力をいただいておりますパートナー企業の皆様、地域・行政を始めとするホームタウンの皆様、本日スタジアムにお越しいただけていないファン・サポーターの皆様、2021シーズンは非常に厳しいシーズンとなりましたが、横浜FCへの応援・サポート誠にありがとうございました。また本日も多くのファン・サポーターの皆様に三ツ沢までご来場をいただき、選手への熱い応援をいただきましてありがとうございました。様々な制限がある中、こうして多くのお客様にお越しいただけるだけで非常に大きな力をいただいておりました」 「皆様には横浜FCの勝利を信じ、最後までその想いを込めていただきましたが、本日の結果も含め、J1残留を果たせなかったこと、共に戦っていただいております皆様のご期待に応えられなかったことを非常に重く受け止め責任を強く感じております」 「今シーズンは最後まで「なぜ結果が出ないのか」「その要因は何なのか」「どう改善するのか」と試行錯誤する日々でした」 「試合の結果自体は皆様の目の前で起こる90分の出来事ですが、その結果を左右するのは、日々の小さな積み重ねの差だと痛感しております。選手やチームスタッフだけではなく、クラブスタッフの日々の業務の積み重ねも含めて、一つ一つが今シーズンの結果に繋がっていたのだと思います。今シーズン味わったこの悔しさをひとり一人が胸に刻み、必ずこの舞台に戻ってくるために日々全力で取り組んでくれると信じています」 「私自身の悔しい想いは残るスタッフに託します。次の横浜FCの未来を築くための体制、皆様が期待をもって応援いただけるような体制を整え、引き継いでいくために、最後の1分1秒まで全力を尽くして参ります。約4年間本当にありがとうございました」 2021.12.04 20:43 Sat
twitterfacebook
thumb

槙野は自ら最後のイエローカードをもらいに! これぞJリーグ、勇退の家本政明主審と村上伸次主審に選手、サポーターがねぎらい

選手と審判の理想の関係とも言えるのではないだろうか。 4日、明治安田生命J1リーグの最終節が各地で行われた。川崎フロンターレの連覇が既に決まっていた中、熾烈な残留争いが3チームの間で繰り広げられ、徳島ヴォルティスが1年でJ2へ降格することが決定。清水エスパルスと湘南ベルマーレは残留を掴んでいた。 残留争いに注目が集まる中、2人の審判がこの試合を最後にJリーグの舞台から去ることに。家本政明主審と村上伸次主審だ。 両主審はともにJリーグで通算500試合以上で主審を務め、Jリーグファンなら知らない者はいないほどの知名度を誇る。 そんな中、家本主審は横浜F・マリノスvs川崎フロンターレという2位と首位のビッグマッチを担当。村上主審は、名古屋グランパスvs浦和レッズという上位対決を担当した。 どちらの試合も引き分けという結果に終わったが、スタンドに集まったサポーターからはそれぞれの会場でねぎらいの言葉と感謝の言葉が書かれた横断幕が掲示。選手、サポーターと一体となって、共に試合を作り上げてきた審判員に向けて感謝の気持ちが伝えられた。 家本主審が担当した横浜FMvs川崎Fの試合では、試合終了後に両チームの選手が一列に整列し花道を作ると、その中央を家本主審が歩いてピッチを後に。選手たち、スタンドからは大きな拍手が送られると、サプライズプレゼントが贈られた。 横浜FMのキャプテンであるMF喜田拓也から、横浜FMのユニフォームが手渡されると、川崎FのキャプテンであるDF谷口彰悟からも川崎Fのユニフォームが手渡され、家本主審はがっちりと握手。主審を務めた「516」の数字が刻まれており、その後には家族から花束が渡されて、2人のお子さんに記念ユニフォームを着せるというシーンも見られ、その後は両チームの選手とともに記念つ撮影が行われた。 また、村上主審が担当した名古屋vs浦和の一戦でも試合後に両チームの選手が整列して花道を作り送り出すセレモニーが。すると、今シーズン限りで浦和を退団するDF槙野智章がユニフォームをおもむろに脱ぎ出し花道を塞ぐ行動に出ていた。 すると、村上主審はユニフォームを脱いだとして槙野にイエローカードを提示。これがJリーグで本当に最後のイエローカードとなった。(もちろん公式記録には反映されず) 槙野は村上主審とがっちり握手。するとアンダーシャツには村上主審への感謝のメッセージがびっしりと書かれていた。 「村上さんの笑顔が僕たちを気持ちよくプレーさせてくれました。最高のレフェリングをありがとう!お疲れ様でした」 すると槙野の粋な演出の後、選手たちが村上主審を囲む展開に。両チーム入り乱れて村上主審を胴上げするという珍しい光景が。村上主審は全ての方向にお辞儀をし、ピッチを後にしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】槙野が村上主審の花道を塞ぎイエローカード!? 最後には胴上げ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>村上伸次 レフェリー<br>お疲れさまでした<br>\<br><br>今季限りで勇退する村上氏が<br>両チームの選手から胴上げ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A7%99%E9%87%8E%E6%99%BA%E7%AB%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#槙野智章</a> からのメッセージに<br>ラストイエローカードもbr><br>明治安田J1第38節<br>名古屋×浦和<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a><a href="https://twitter.com/MuraNoburin?ref_src=twsrc%5Etfw">@MuraNoburin</a> <a href="https://twitter.com/nge_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@nge_official</a><a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/wSQLOqSPQC">pic.twitter.com/wSQLOqSPQC</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467038226875658242?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="paragraph-title-next" id="cws_ad"><a href="/news/view?news_no=408240&amp;div=2"><span>Next:【動画】勇退の家本主審に両チームからサプライズプレゼント</span></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】勇退の家本主審に両チームからサプライズプレゼント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>家本政明 レフェリー<br>お疲れさまでした<br>\<br><br>今季限りで勇退の家本氏に<br>横浜FMと川崎Fの両チームから<br>記念ユニフォームが贈呈されました<br><br>明治安田J1第38節<br>横浜FM×川崎F<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EverydayJ%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EverydayJリーグ</a><a href="https://twitter.com/referee_iemoto?ref_src=twsrc%5Etfw">@referee_iemoto</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a><a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/WpiZ1UEb5w">pic.twitter.com/WpiZ1UEb5w</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467030999280332800?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="paragraph-title-next" id="cws_ad"><a href="/news/view?news_no=408240&amp;div=1"><span>Prev:【動画】槙野が村上主審の花道を塞ぎイエローカード!? 最後には胴上げ</span></a></div> 2021.12.04 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

カップ王者・名古屋の新ユニフォームが発表! 「ビクトリー(勝利)」を想起させる“V模様”が散りばめられる

名古屋グランパスは4日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 今シーズンはJリーグの他、YBCルヴァンカップ、天皇杯、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った名古屋。堅守を武器にJリーグでは上位争いを繰り広げたものの、シーズン終盤に勝ち点を取りこぼし5位でシーズンを終え、来シーズンのACL出場権は獲得できなかった。 一方で、YBCルヴァンカップではセレッソ大阪を決勝で下して見事に優勝しタイトルを獲得。ACLでは日本勢で最も勝ち進みベスト8入りを果たすと、天皇杯もベスト8まで勝ち残るなど、4つの大会で一定の結果を残したシーズンとなった。 その名古屋はミズノ製の新たなユニフォームを発表した。 新ユニフォームのデザインコンセプトは「前例のない過酷なシーズンを、全員の力で闘い抜いた。全身に散りばめられた光り輝くVの模様は、グランパスに関わるひとり一人の想いの強さだ。チーム・ファミリーがひとつとなって、勝利(Victory)を積み重ねていくことでそれらは結集し、やがて大きな栄光の光へとなるだろう」とされ、「2020シーズンは日が昇り未来を照らしていく様子を、2021シーズンはコロナ禍に見舞われたサッカー界を照らす希望の光を表現。2022シーズンはその集大成となります」と説明されている。 赤をベースにしたユニフォームには、細かくV模様が散りばめられており、これについては「ユニフォーム全体に散りばめられたV模様のデザインは、グランパスの選手たちをはじめ、クラブに関わるひとり一人の力強いエネルギーを光の集合体として表現。また、V=ビクトリー(勝利)をも想起させ、その勝利の積み重ねがクラブのタイトル、未来の栄光を創っていく様子をイメージしています」と説明されている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】名古屋グランパスの2022新ユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t3o-9ZInc_o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">HT:名古屋グランパス 0 - 0 浦和レッズ<br><br>試合詳細<br><a href="https://t.co/2EHlgSXIyz">https://t.co/2EHlgSXIyz</a><br><br>各々の場所で共にありがとうございます後半も全員で闘いましょう<a href="https://twitter.com/hashtag/AllfroNAGOYA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllfroNAGOYA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/UIVtlN2754">pic.twitter.com/UIVtlN2754</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1467010130932015105?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.04 20:01 Sat
twitterfacebook
thumb

1年でJ2降格の徳島が声明「もっともっと成長しなければ」、不適切行動のサポーターにも言及「心無きサポーターへの更なる管理・監視の徹底を」

徳島ヴォルティスは4日、J2降格を受けて声明を発表した。 徳島は4日、明治安田生命J1リーグ最終節でホームにサンフレッチェ広島を迎えた。 降格圏で最終節に臨んだ徳島。勝利すれば他会場の結果次第では残留を掴むことができたが、前半にまさかの3失点。後半に1点を返すものの、再び失点。さらに1点は返したが、反撃及ばず2-4で敗戦となり、1年でのJ2降格が決定した。 16位の湘南ベルマーレがガンバ大阪と引き分けていたため、勝利していれば残留できた中、シーズンを通して結果が出なかったチームは最終盤に連勝を収めるも一歩及ばなかった。 徳島の岸田一宏 代表取締役社長は、クラブを通じて挨拶。J2降格を謝罪するとともに、シーズン終盤で不適切行為が目立ったサポーターへの苦言も述べた。 「ファン・サポーター皆さま、スポンサー・株主の皆さま、ホームタウンの皆さま、そして徳島ヴォルティスに関わっていただいている全ての皆さま、今シーズンも格別なるご支援をいただき、誠にありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます」 「今シーズンは、J1というハイレベルで厳しいリーグの中で、選手はもちろん、監督やコーチをはじめとするスタッフも残留に向け最後まで諦めることなく戦ってくれましたが、J2降格という結果となったことをとても悔しく思い、皆さまに申し訳ないという気持ちで溢れております。改めまして、クラブとしてもっともっと成長しなければならないということを痛感させられました。たくさんのご支援をいただきました数多くの皆さまのご期待にお応えすることができず、たいへん申し訳ございません。深くお詫びを申し上げます」 「しかしながら、今回のJ2降格という結果を真摯に受け止めた上ではありますが、前回J1のステージで戦った2014シーズンの結果から比較すると大きな成長も果たせていると、自負するところもございます」 「いま、皆様にお伝えできることは、「来シーズンは今シーズンに積み上げたことを無駄にすることなく、1年でまたJ1への復帰を果たせるよう、顔を上げて前に進んでいく」という強い意志でございます。この意志を、必ずや成し遂げられるよう邁進し、更なる明るい未来にむかって皆様と共に歩んでいきたいと思いますので、引き続いてのご支援・サポートをよろしくお願い申し上げます」 「末筆ではございますが、このたびの一部のサポーターの敬意を欠いた不適切な発言により、ご不快な思いや多大なるご迷惑をおかけした皆さまに、改めまして深くお詫び申し上げます。今後は、一部の心無きサポーターへの更なる管理・監視の徹底を図っていく所存でございますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます」 2021.12.04 19:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly