「ギャグゴール」ポーランド1部でGKが“お手玉”…そのまま転倒し決勝点を献上「ピーナッツを追いかけている」

2021.10.05 07:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィスワ・クラクフのポーランド人GKパベル・キシェクが致命的なミスを犯した。

ヴィスワ・クラクフはエクストラクラサ(ポーランド1部)でピアスト・グリヴィツェとのアウェイゲームに臨んだ。キシェクはこの試合に先発出場。今季リオ・アヴェから加わった37歳のベテラン守護神だが、この日は試合の結果に直結する大きな失敗をやらかしてしまう。

ゴールレスで迎えた68分、右サイドからアーリークロスが送られると、キシェクは難なくキャッチするかに思えた。だが、プレッシャーのない中で捕球に失敗。しかも、勢い余って前方に転倒し、結局無人のゴールに蹴り込まれてしまった。

何もないところでの痛恨のミス。これにはサポーターからも「なんて致命的なミス」、「ギャグゴール」、「最も奇妙な状況の1つ」「ピーナッツを追いかけているように見える」などの厳しい声が飛んだ。

結局、この1点が決勝点となり、ゲームを落としたヴィスワ・クラクフ。チームにとっても守護神にとっても手痛いミスとなってしまった。



1 2

関連ニュース
thumb

「すっごく愛らしい」お姫様が3人、レヴァンドフスキの娘の誕生日会が「おとぎ話のよう」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが子供の誕生日を祝った。 レヴァンドフスキは2013年にアナさんと結婚。長女のクララちゃんが2017年5月4日に、次女のローラちゃんが2020年5月6日に誕生と、2人の子供を授かっている。 先日誕生日を迎えたばかりの2人。アナさんは8日に自身のインスタグラムを更新し、誕生日パーティーの様子を公開した。 「親しい友人や家族と一緒に女の子を祝う魔法の日です。ロベルトもありがとう!」 淡いピンクを基調としたセットに佇む4人は、まるで物語の主人公のようだ。ファンからも「素晴らしいお姫様にお誕生日おめでとう」、「美しい家族」、「すっごく愛らしい」、「おとぎ話のよう」など、祝福や感嘆の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】レヴァンドフスキの娘、クララちゃんとローラちゃんの誕生日パーティー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdQ91yKIIvR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdQ91yKIIvR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdQ91yKIIvR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@annalewandowskahpba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.08 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ウクライナ支援へ親善試合1試合で集まった寄付金は8000万円超え、サッカーは「善の源になり得る」

スコットランドサッカー協会(SFA)は12日、ウクライナへの募金活動にて1試合で50万ポンド(約8170万円)が集まったことを発表した。 2月24日にロシアによる軍事侵攻がスタート。ウクライナでは連日犠牲者が出ている状況は止まらず、今なお攻撃が続いている状況だ。 そのウクライナでは全てのサッカー活動が停止。カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選プレーオフに出るウクライナ代表も、3月のプレーオフ準決勝のスコットランド代表戦が行えない状況に追い込まれていた。 同じくロシア代表とのプレーオフを控えていたポーランド代表も、ロシアへの渡航を拒否。さらに、国際サッカー連盟(FIFA)がロシアを大会から締め出したことで不戦勝が決まっていた。 試合が行えなかったスコットランドとポーランドが代替試合としてフレンドリーマッチを3月に開催。スコットランドで行われた試合では、チケット1枚につき10ポンド(1632円)の寄付がつく取り組みを行っていた。 すると、この試合には3万9090人の観客が集まり、39万ポンド(約6365万円)がチケットで集まることに。さらに、試合前、試合中、試合後と専用リンクからも募金が可能となっており、ユニセフの人道的対応を支援するためのかなりの寄付が集まったという。 また、SFAの商業的パートナーからも寄付が集まり、総額50万ポンドを超えたとのことだ。 SFAのイアン・マクスウェルCEO(最高経営責任者)はこの件の感謝を述べている。 「当時、我々は、ウクライナの人々が経験し、直面し続けているものと比較して、サッカー関連の問題は取るに足らないものになっていると述べました」 「ポーランドFAのカウンターパートとともに、これは国とその国民との連帯の印象的なショーであり、その過程で彼らを助けるためにできるだけ多くの資金を集めました」 「それは、サッカーの力が最も想像を絶する状況でも善の源になり得るというスコットランドFAの信念を強化します」 2022.04.13 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシは「今や森のおじいちゃん」、元ポーランド代表監督がW杯で対決するメッシを警戒せず「5、6歳若かったら…」

ポーランド代表をかつて指揮したアントニ・ピエフニチェク氏が、カタール・ワールドカップ(W杯)で同居するアルゼンチン代表のエースを酷評した。 1日に行われた組み合わせ抽選会で、ポーランド代表はグループCに入り、アルゼンチン代表、サウジアラビア代表、メキシコ代表と同居することとなった。 世界屈指の点取り屋であるFWロベルト・レヴァンドフスキを擁するポーランドだが、その対戦相手には同じくゴールを量産してきたメッシ率いるアルゼンチンが。両者の対決に注目が集まる。 しかし、ピエフニチェク氏は、アルゼンチン代表をそこまで警戒していない様子。ポーランド『NaTemat』でコメントし、メッシがゴールを多く決めることはないだろうと見解を述べた。 「リオネル・メッシが5、6歳若かったら、この対決はもっと面白かっただろう」 「正直に言うと…メッシは今や森のおじいちゃんだ。ほんの数年前にいたサッカー選手ではなくなった」 「カタール・ワールドカップで彼がどのような役割を果たすのか、今はハッキリしていない」 「メッシの今のレベルを考えると、監督が彼をベンチに置くことを決定する可能性もある。スウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチのような役割だ。試合の最後の15〜20分でプレーする」 「メッシが大会でセンセーショナルなプレーすることもあり得るが、彼のパリ・サンジェルマンでの色を見る限り、以前と同じメッシとは言えない」 <span class="paragraph-title">【動画】メッシ、W杯4大会で決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/TeamMessi?ref_src=twsrc%5Etfw">@TeamMessi</a> | <a href="https://twitter.com/Argentina?ref_src=twsrc%5Etfw">@Argentina</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/HBD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HBD</a><a href="https://t.co/8sQ2P2Gmmv">pic.twitter.com/8sQ2P2Gmmv</a> <a href="https://t.co/r6mi0CkscG">https://t.co/r6mi0CkscG</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1408023890673156096?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.05 22:52 Tue
twitterfacebook
thumb

大会最大の8万人収容スタジアムで2度戦うアルゼンチン、指揮官がジョークを交えて意気込み「アルゼンチン人を呼ばなければ」

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 アルゼンチンは抽選の結果、グループCに入り、ポーランド代表、メキシコ代表、サウジアラビア代表と同居した。 スカローニ監督は抽選結果についてコメント。難しいグループだと語ったが、突破に自信を窺わせた。 「我々はどんな結果でも受け入れるつもりだった。それは難しいチームがいるグループになったね。メキシコは我々がよく知るライバルであり、難しい。ポーランドはスウェーデンを上手く破り、サウジアラビアは非常に強い予選を見せた」 「我々はみんなをリスペクトする。ただ、自分たちを信じるし、上手くいくだろう。良いグループステージになると思うが、リスペクトは最大だ」 また、アルゼンチンはグループステージの2試合を、今大会の最大のスタジアムであるルサイル・アイコニック・スタジアムで開催。8万人を収容できるスタジアムだ。 その事実を知ったスカローニ監督は、アルゼンチン人を呼ぼうと冗談を言いつつ、ファンには冷静に楽しんでもらいたいとした。 「それが最大のスタジアムであるならば、アルゼンチン人を呼ばなければいけない。そうすれば、彼らはそこで強さを増し、地元にいるように感じられる」 「我々は文句を言えないが、幸せということでもない。上手くいっている」 「4年に1度のW杯だから、国民が冷静に楽しんでくれれば良いと思う。願わくば、最後までアルゼンチンと共にいてもらいたい」 2022.04.02 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯プレーオフ敗退に…スウェーデン代表指揮官「今夜は何も我々の思い通りにならなかった」

スウェーデン代表のヤンネ・アンデション監督がカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場を逃したことを嘆いた。『UEFA.com』が伝えている。 スウェーデンは29日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ決勝でポーランド代表と対戦した。前半からボールを握ると何度かチャンスを作るも、ゴールを挙げることができないままハーフタイムへ。後半は開始早々に失点を許すと、その後は反撃を試みるもリードを広げられたチームは最後までゴールを揺らすことができず、0-2で敗れた。 この結果、2大会連続でのW杯本大会出場の夢が絶たれたことについて、試合後のインタビューに応じたアンデション監督も落胆。チャンスを作りながら得点につながらなかったことを嘆いた。 「非常に残念な結果だ。我々にとってW杯出場は手の届くところにあった試合だったと思う。チャンスを作ることはできたが、得点に結びつかなかった。相手のPKまでは、試合をコントロールできていたのだがね。我々は単純に、チャンスから得点を決めなければならなかった」 「今夜は何も我々の思い通りにならなかった。自分たちの思うように物事を進めなければならなかったんだ。そして我々は、他の状況を責めてはいけないと思う」 2022.03.30 13:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly