ヴェルナーが値千金の今季リーグ初ゴール! 10人のセインツを振り切ったチェルシーが連敗ストップ《プレミアリーグ》

2021.10.03 01:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第7節、チェルシーvsサウサンプトンが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-1で勝利した。

リーグ3位のチェルシーは前節、マンチェスター・シティとのビッグマッチに0-1のスコア以上の完敗を喫して今シーズンの初黒星を喫した。さらに、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)では飛車角抜きのユベントスに同じく0-1で敗れて今季初の連敗となった。

その連敗からのリバウンドメンタリティが試される一戦では、今季リーグ未勝利も上位相手に善戦が光る16位のサウサンプトンをホームで迎え撃った。ユベントス戦からは先発5人を変更。クリステンセンとマルコス・アロンソに替えてチャロバー、チルウェルをディフェンスラインで入れ替えたほか、ジョルジーニョに替えてロフタス=チーク、前線はルカクの相棒にツィエク、ハヴァーツではなくヴェルナー、ハドソン=オドイを起用した。

立ち上がりはアウェイでもアグレッシブにハイプレスを仕掛けていくセインツが主導権を握る。だが、相手のハイラインに対して、ルカク、ハドソン=オドイ、ヴェルナーと快足アタッカー3人を並べたチェルシーも、徐々に背後を取る形で相手陣内深くまで侵攻していく。

すると9分、右CKの場面でキッカーのチルウェルが左足インスウィングで入れたクロスをニアのロフタス=チークが頭でファーへ流すと、大外からタイミング良く飛び込んだチャロバーがダイビングヘッドで合わせた。

スタメンに抜擢した生え抜きコンビの絡みからファーストチャンスを生かして、3試合ぶりのゴールを挙げたチェルシー。以降は相手のプレッシャーをいなしながらゲームをコントロール。ルカクへの鋭いクサビ、ヴェルナーを背後に走らせる形で追加点を目指す。

やや膠着状態に陥った中、20分過ぎにはウォード=プラウズ、ロフタス=チークと際どいミドルシュートを打ち合うと、26分にはコバチッチとの短いパス交換でゴール前に飛び出したチルウェルがニア下へ決定的なシュートを飛ばすが、これはGKマッカーシーがうまく足を残して阻止した。

一方、今季初勝利に向けて前半の内に追いつきたいセインツは33分、この試合2度目の決定機を創出。左サイド深くでのスローインの流れからウォーカー=ピータースが巧みなドリブル突破をみせ、ゴールライン際から絶妙なクロスを供給。だが、飛び込んだウォルコットはDFの寄せもあってヘディングシュートを枠に飛ばせず。

すると、ピンチの後にチャンスあり。直後の36分にはリュディガーの豪快な持ち上がりからのスルーパスに反応したルカクがボックス左から左足のシュートを右隅へ流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

前半終盤にかけてはカウンターの応酬となった中、切り替え、繋ぎの精度で勝るチェルシーが、より多くの決定機を創出。41分には波状攻撃からボックス左のゴールライン際でハドソン=オドイが上げたクロスを、ヴェルナーが頭で合わせてゴールネットに叩き込む。しかし、今季リーグ戦初ゴールかに思われたドイツ代表FWのゴールはオンフィールド・レビューの結果、カウンターの起点となったアスピリクエタのボール奪取の場面でファウルがあったとして取り消しとなった。

追加点こそ奪えなかったものの、良い形で試合を折り返したチェルシーは、後半も同じメンバー布陣でスタート。対するサウサンプトンはウォルコットを下げてディアロを投入し、ロメウを3バックの中央に下げた[3-5-2]の布陣に変更した。

アウェイチームの変化もあって前半終盤のような勢いを出せないチェルシーだったが、危なげなく試合を進めていく。だが、60分には古巣初対戦の18歳DFに手痛い恩返しを受ける。ボックス右で細かいステップで仕掛けたリヴラメントに対して、後手の対応となったチルウェルが足を挟み込む形で倒してしまい、痛恨のPK献上。これを名手ウォード=プラウズにゴール左下隅へ決められた。

この失点を受けてトゥヘル監督は65分、ハドソン=オドイを下げて負傷明けのマウントをトップ下の位置に投入。攻勢を強めていく中で71分にはボックス付近でのルカクのポストワークから前向きな状態でゴール前に仕掛けたヴェルナーがDFを外して決定的なシュートを放つが、これはGKマッカーシーのビッグセーブに遭う。

その後、コバチッチに替えてジョルジーニョを2枚目のカードとして切ると、直後に試合の行方を大きく左右するアクシデントが発生。自陣ボックス付近でGKメンディからボールを受けたジョルジーニョにウォード=プラウズがハードなスライディングタックルを見舞うと、一度はイエローカードが掲示されるもオンフィールド・レビューの結果、足裏を見せた危険なアフターチャージとの判定でカードの色が赤に変わった。

数的優位を手にして相手を押し込むチェルシーは83分、ロフタス=チークを下げてバークリーを最後の交代カードとして切ると、この選手交代が勝ち越しゴールをもたらす。84分、ボックス手前左でボールを受けたバークリーから右サイドの深い位置に飛び出したアスピリクエタへ絶妙なサイドチェンジが通る。これをアスピリクエタが見事に右足ダイレクトでゴール前に折り返すと、飛び込んだヴェルナーがワンタッチで押し込んだ。

正真正銘のヴェルナーの今季リーグ初ゴールでリードを手にしたチェルシーは、このまま一気に試合を決めに行く。そして、89分にはマウントの正確な右からのクロスを起点にルカク、アスピリクエタが続けて枠に直撃するシュートを放つと、最後はボックス左でこぼれ球に反応したチルウェルがゴール左隅へすかさずシュートを飛ばす。これはGKマッカーシーにかきだされるが、ゴールライン・テクノロジーによってゴールが支持された。

そして、セインツ相手に苦戦を強いられながらも終盤の連続ゴールで振り切ったチェルシーが公式戦の連敗をストップする3試合ぶりの白星を手にした。


関連ニュース
thumb

伏兵マズアクの逆転弾でハマーズが4戦ぶりの白星! チェルシーは公式戦13戦ぶりの黒星で首位陥落の危機に…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、ウェストハムvsチェルシーが4日にロンドン・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが3-2で逆転勝利した。   前節、ブライトン相手に逃げ切りに失敗して直近のリーグ戦2敗1分けと失速傾向の4位ウェストハム(勝ち点24)は、4試合ぶりの白星を目指した首位チームとのロンドン・ダービーに向け先発2人を変更。フォルナルスとベンラーマをベンチに置き、ディオプとランシーニを起用。[3-4-2-1]へ並びを変更した。   一方、マンチェスター・シティとリバプールと三つ巴の覇権争いの真っただ中にいる首位のチェルシー(勝ち点33)は、前節にワトフォードに辛勝して2試合ぶりの白星を手にした。難敵相手に連勝を狙う今回のアウェイゲームでは前節から先発4人を変更。負傷のチャロバーに代えてチアゴ・シウバ、アスピリクエタとサウール、プリシッチに代えてリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、ツィエクが復帰した。   ホームチームが並びを合せたことで、ミラーゲームの形となった注目のダービーは、立ち上がりからハイインテンシティの攻防が繰り広げられていく。ボールを握るアウェイチームは中央を締める相手の守備に対して、中央のギャップでボールを引き出す味方を使いながら右サイドに張るリース・ジェームズを起点にツィエクやハヴァーツがフィニッシュに絡む。   対するウェストハムは後ろに重い戦いとなるが、アントニオやボーエンの推進力を生かしたカウンターでチャンスを窺う。9分にはそのアントニオのクロスからソウチェクが得意のヘディングシュートを放つと、以降は徐々に深い位置まで侵攻する場面を増やしてドーソンらのセットプレーからGKメンディを脅かす。   上位対決らしい膠着状態が続く中、チェルシーが相手のお株を奪うセットプレーから先にゴールをこじ開ける。28分、右CKの場面でキッカーのマウントが右足アウトスウィングの浮き球のボールを入れると、ゴール前にタイミング良く入り込んだチアゴ・シウバがピッチへ叩きつけるヘディングシュート。GKファビアンスキの手を弾いたボールが右ポストn内側を叩いてゴールネットを揺らした。   先にゴールを奪われたウェストハムだが、すぐさま反撃を開始。30分には相手を押し込んでの波状攻撃からボックス右のツォウファルが鋭い右足のシュートを枠に飛ばすが、GKメンディの横を抜けたボールは先ほど先制点を挙げたDFチアゴ・シウバのゴールカバーに阻まれる。   だが、38分にはジョルジーニョからGKメンディへの不用意なバックパスに反応したボーエンがバックパスを手で扱えないメンディからボールを奪いかけたところで足をかけられて倒されてPKを奪取。これをキッカーのランシーニが冷静に左隅へ蹴り込んで40分の同点ゴールとした。   前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦に続くジョルジーニョのミスでリードをフイにしたチェルシーだが、好調の生え抜きMFが魅せる。44分、中盤でライスのショートパスを引っかけたロフタス=チークが左サイドでフリーのツィエクに展開。ツィエクはボックス右へ走り込むマウントへ柔らかな浮き球のパスを送ると、マウントは自身の後方から出てきたボールに対して、右足インサイドを使った見事なダイレクトボレーでニア下を抜くファインフィニッシュ。ワトフォード戦に続く2試合連続の1ゴール1アシストを記録した。   その後、ウェストハムのベン・ジョンソンが筋肉系、チェルシーのハヴァーツが足首を痛めたことで、前者はマズアク、後者はルカクを投入する形で後半の戦いに臨む。前半同様に拮抗した展開が続くが、ホームチームが早い時間帯に試合を振り出しに戻す。   56分、ソウチェクの浮き球のフィードをアントニオが競ったこぼれ球をボックス右で回収したツォウファルが内側へ短く落とすと、これを受けたボーエンが左への持ち出しから得意の左足を一閃。DFクリステンセンの股間を抜けた鋭いシュートがゴール左隅へ決まった。   今季リーグ戦で初めての複数失点を喫して追いつかれたチェルシーは、引き続きサイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、中央のルカクがなかなか存在感を示せずに攻撃が停滞。これを受け、トゥヘル監督はツィエクとマルコス・アロンソの左サイドのユニットを下げてハドソン=オドイ、プリシッチを続けて投入。この交代でプリシッチが右ウイングバック、ジェームズが左ウイングバックに入る形に。   一方、追いついたウェストハムは後半半ば過ぎに古巣対戦のズマが筋肉系のトラブルによりプレー続行不可能となり、71分にフォルナルスを投入。この交代で並びを[4-2-3-1]の形に戻した。75分には右サイドの深い位置まで運んだアントニオがボックス内に侵入し、決定的な折り返しを供給するが、ファーに詰めたボーエンのスライディングシュートはわずかに枠の左に外れた。   その後、試合は均衡状態が保たれたまま後半終盤に突入すると、思わぬ伏兵が試合を決める決定的な仕事を果たす。87分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボールを受けたマズアクがクロスを匂わせながら意表を突いてGKメンディが空けたニアサイドへシュートを狙う。すると、無回転気味のこのシュートがメンディの手を弾いてゴールネットを揺らした。   そして、マズアクのプレミアリーグ初ゴールによって試合を引っくり返したウェストハムがこのままリードを守り切り、3-2の逆転でダービーに勝利。リバプール戦に続く強豪撃破で4戦ぶりの白星を手にした。一方、今季リーグ戦最多3失点で競り負けたチェルシーは公式戦13試合ぶりの敗戦となり、今節での首位陥落の可能性が高まっている。 2021.12.04 23:34 Sat
twitterfacebook
thumb

「残留の可能性はない」アーセナルOB、リュディガーのチェルシー退団を確実視

アーセナルのレジェンドであるポール・マーソン氏は、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)のチェルシー退団を確実視しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 2017年夏にローマから加入したリュディガーは、ここまで公式戦通算168試合に出場。フランク・ランパード前監督の下では出場機会に恵まれなかったものの、昨季途中のトーマス・トゥヘル監督就任以降はレギュラーに定着し、9年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献するなど、押しも押されもせぬ守備の柱としてチームを支えている。 そんなリュディガーとチェルシーの契約は2022年で満了を迎える。しかし、給与面においてリュディガーの希望とクラブが提示できる金額の差がなかなか埋まらず、いまだ交渉に進展はなし。バイエルンやレアル・マドリーなどが来夏にフリーでの獲得を狙っていると各メディアから報じられている。 『デイリー・スター』で連載中のコラムでこの件について執筆したマーソン氏は、ランパード前体制で不遇を味わったときには退団を決意していたと推測した。 「リュディガーが退団すれば、チェルシーは後悔することになるだろう。彼の代わりを見つけるには6000万~7000万ポンド(約90億~100億円)が必要だ」 「リュディガーは間違いなく退団する。もし彼が新しい契約にサインしたいのであれば、もうとっくにしているだろう。今、彼が残る可能性はない」 「しかし、退団はトゥヘルのせいではない。ランパードが出場機会を与えなかったときに彼は出ていくことを決意したと思う。トゥヘルが彼を復活させてCLを制覇した以降も驚異的な活躍をしているが、当時の不遇を忘れていないはずだ」 加えてマーソン氏は、トゥヘル監督がすでにリュディガーの後釜候補を探していると予想。一方で、代わりとなる選手を獲得することは極めて困難だと語った。 「今や多くのチームが彼との契約を求めて列をなし、獲得のために大金を支払うだろう。私にとって、リュディガーは今シーズンのチェルシーのベストプレーヤーの2人のうちの1人であり、彼の代わりを務めるのは容易ではない」 「しかし、トゥヘルはすでに誰を獲得するか考えているはずだ。ワールドクラスのセンターバックはもうほとんどいないし、いたとしても莫大なコストがかかる」 「だからこそ、クラブが選手に契約を全うさせることは理解できないのだ。全く意味をなさないし、頭が痛くなるよ」 2021.12.04 17:13 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーのレジェンド・ゾラ氏が苦しむサウールに助言「判断が遅すぎる」

チェルシーのレジェンドであるジャンフランコ・ゾラ氏が、古巣で苦しむスペイン代表MFサウール・ニゲスにエールを送った。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 今夏にアトレティコ・マドリーからレンタル加入したものの、イングランドの水が合わず、いまだうだつが上がらないサウール。デビュー戦となったアストン・ビラ戦でハーフタイムに交代を命じられたことが尾を引いており、ここまでリーグ戦での出場は3試合に留まっている。 今月1日のワトフォード戦でアストン・ビラ戦以降初の先発出場を果たしたが、まるで同じ試合を見ているかのような低調なパフォーマンスで、再び屈辱のハーフタイム交代を味わってしまった。 ゾラ氏はサウールの資質を認めながらも、まずはプレミアリーグに順応することが必要であると指摘。スペインと比較しながらサウールへの課題を挙げた。 「サウールのクオリティに疑いの余地はない。ただ、プレミアリーグのスピードに適応する必要がある」 「ビラ戦を見たが、判断が遅すぎるプレーが時々あった。イングランドではそんなことは許してくれない。スペインではボールを持つ余裕があるが、ここではもっと頭の回転を速くしなければならない」 トーマス・トゥヘル監督からも「ここではプレースタイルが大きく異なることを理解しないといけない」と言われていたサウール。レンタル移籍ということもあり、今後ノーチャンスという事態も考えられそうだが…。 2021.12.03 18:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーとハヴァーツの境遇を振り返るランパード「スピードや身体的負荷にショックを受けていた」

元チェルシー指揮官のフランク・ランパード氏が、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツの2人がプレミアリーグへの適応に苦しんでいたことを明かした。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 チェルシーで選手として大きな功績を残した後、2019年夏に監督として復帰したランパード氏。1年目はプレミアリーグを4位で終えたが、2シーズン目は前半戦終了時点で8勝5分け6敗の9位と振るわず、今年1月に解任という形でクラブを去った。 そのランパード氏が指揮していた2020年夏、クラブは大枚をはたいて大型補強を敢行。しかし、その際に獲得したヴェルナーとハヴァーツは、新たな環境でなかなか本来の実力を発揮できずにいた。元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏のYouTubeチャンネル『The Overlap』に出演したランパード氏も認めている。 「ティモとカイは明らかに適応に苦しんでいた。彼らはトレーニングのスピードや試合での身体的負荷にショックを受けていたのだ」 「エデン・アザールのチェルシーでの1年目を思い出したよ。彼はチェルシー史上最高の選手の1人になったが、プレシーズンはまだおぼつかなかった」 「どんな選手にもそういう時期はある。ティモやカイも最初はそうだった。とりわけカイはコロナウイルスに感染してかなり出遅れてしまっていた」 ランパード氏はまた、解雇通告を受けた際の逸話も告白。監督の仕事を引き受けた時点でクビになる覚悟はあったようで、ブルース・バック会長から「話がある」と言われた瞬間に察したという。 「あれはFAカップ4回戦でルートン・タウンに勝った翌朝だった。会長のブルース・バックからメッセージが届いて、『トレーニング場から移動して、役員室に来てくれないか』と言われたのだ。すぐに察したよ」 「解任を伝えるのに最適な方法なんてものはない。礼儀作法も様々だと思うが、結局、クビということに変わりはないのだ」 「そのときブルースとマリナ(・グラノフスカイア)はとても真摯に対応してくれた。何が起こるかは分かっていた。その瞬間を除いて、監督を務めさせてくれたことには感謝しているよ」 「そういうものだ。チームは前進していくのだから、そこでできることは何もない。今までそういう立場になったことがなかったため少し奇妙な感覚だったが、仕事を引き受けた時点でその電話が来る可能性があることは覚悟していたよ」 「チェルシーでは連続してタイトルを獲得しない限り、いずれクビになるのだろう。そんなこと決してできないだろうがね」 2021.12.03 15:09 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド暫定指揮のキャリック、逆転勝利を置き土産に退団…ラングニック新体制に残らず

マンチェスター・ユナイテッドが2日、アシスタントコーチを務めるマイケル・キャリック氏(40)の退団を発表した。 キャリック氏は現役時代の2006年夏にトッテナムから加わり、2017-18シーズン限りで引退。それからもユナイテッドにとどまり、指導者に転身すると、オーレ・グンナー・スールシャール前体制のコーチスタッフに入閣した。 今季もコーチとして従事したが、先月にスールシャール監督が解任され、暫定指揮官に。チャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦、プレミアリーグのチェルシー戦、そして2日のアーセナル戦と公式戦3試合で指揮を振るった。 チェルシー戦こそ1-1のドローに終わったが、続くアーセナル戦で3-2の逆転勝利。監督就任が決定済みのラルフ・ランゲニック氏もスタンド観戦するなか、大一番を制したキャリック氏だが、退団を決心しての指揮だったようだ。 労働許可書の取得を済ませ、次戦のクリスタル・パレス戦から指揮を執るラングニック新監督に良い流れでバトンを受け渡し、現役時代を含めて15年間を過ごしたユナイテッドを去る決断を下したキャリック氏。別れの挨拶をした。 「この偉大なクラブでの時間は私のキャリアにとっても常に最高の年月として位置づけられることだろう。15年以上も前に契約したとき、これほど多くのトロフィーを掲げられるなんて夢にも思っていなかった。選手としても、コーチとしても、このファンタスティックな思い出を決して忘れない」 「しかし、考えに考え抜いた結果、今こそがこのクラブを去るのに適したタイミングだと決断した。選手全員はもちろん、バックルームのスタッフにも感謝している。このような素晴らしいグループと長く仕事をともにするのは本当に楽しく、末永い友情も築けた」 「私は今も、そしてこれからもマンチェスター・ユナイテッドのファンであり、できる限り多くの試合を観戦したい。ラルフ、スタッフ、選手、そしてファンの今後の活躍を祈るとともに、いちファンとしてスタンドから彼らを応援することを楽しみにしている」 2021.12.03 09:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly