日本代表のサウジアラビア代表戦は7日の26時キックオフに、当初は25時と発表

2021.10.01 20:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は1日、アジアサッカー連盟(AFC)から、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦のキックオフ時間を発表した。

日本代表は7日にサウジアラビア代表とアウェイで対戦するが、試合のキックオフ時間が当初は未定。その後、25時からのキックオフと発表されていた。

しかし、JFAはAFCからの通達があったと報告。現地時間の20時、日本時間の7日の26時にキックオフを迎えることとなった。会場はキング・アブドゥラー・スポーツシティで行われる。

初戦でオマーン代表相手に敗れていたが、第2戦の中国代表戦では勝利を収めており、10月のサウジアラビア代表戦、オーストラリア代表戦は正念場となる。


関連ニュース
thumb

レーティング:日本代表 2-0 中国代表《カタールW杯アジア最終予選》

27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表vs中国代表の一戦が埼玉スタジアム2002で行われ、2-0で日本が勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fom20220127jpn_chn_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 権田修一 6.0 プレー機会がほとんどなし。ビルドアップも落ち着いていた DF 3 谷口彰悟 6.5 積極的な縦パス、サイドチェンジと攻撃面で特徴を出す。最終予選初出場で良い出来。 4 板倉滉 6.5 空中戦で特徴の強さを見せる。対人守備でも安定感を見せた。 5 長友佑都 5.5 バランスをとって上がりを見せながらも狙いがわずかに合わなかった。 (→20 中山雄太 6.0) 途中出場からわずかな時間でアシストを記録。ポジション取りも良さを見せ、周りとの呼吸も合っていた。 19 酒井宏樹 6.0 シュート、クロスと積極的に攻撃に参加。惜しい場面が何度も続いたが安定感は見せた。 MF 6 遠藤航 6.5 キャプテンとして出場。アンカーで攻守にバランスを取り通常運行。 (→11 久保建英 6.0) トップ下に入り攻撃のリズムを変えた。随所に特徴を出したが結果は残せず。 10 南野拓実 5.5 左サイドからスタートも右サイドにも顔を出すなど攻撃に関わった。ただ決定機を逸するなど結果出せず。 (→8 原口元気 -) 出場時間が短く採点なし。 13 守田英正 6.5 立ち位置を変化させ、攻守にわたってしっかりと高いパフォーマンス。 14 伊東純也 7.0 先制点に繋がるPK獲得。背後も積極的に狙い後半には最終予選3試合連続ゴール。 (→21 堂安律 -) 出場時間が短く採点なし。 17 田中碧 6.5 良いポジショニングで攻守にバランスを取った。プレスバックも十分。 FW 15 大迫勇也 6.0 プレッシャーのかかるPKをしっかりと決める。早い時間に交代し温存も。 (→9 前田大然 6.0) スピードを生かしてプレスをかけるなど良さを出した。わずかにゴールに合わないシーンも。 監督 森保一 6.5 主軸のCB2人がいない中、最終予選初出場の2人が安定したプレー。カードのリスクを考えた交代ができるなど結果は満足いくものに。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 伊東純也(日本) スペースを突いて先制点のPKを奪取。最終予選3試合連続の追加点と日本を支える活躍を見せた。 日本代表 2-0 中国代表 【日本】 大迫勇也(13分) 伊東純也(61分) 2022.01.27 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東純也の3試合連続ゴールなどで日本代表が中国代表に完勝! 2月1日に首位サウジアラビアと頂上戦へ《カタールW杯アジア最終予選》

日本代表は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第7節で中国代表と対戦し、2-0で勝利した。 現在4勝2敗で勝ち点12の2位につける日本。11月の予選2試合で連勝を収め、順位も調子も上がってきたが、ホーム2連戦となる今回は、主将の吉田と冨安をケガで欠く不安の募るチーム編成に。 そんな中、注目のセンターバックは、谷口と板倉の最終予選初出場の2人がコンビを組むことに。脇を固めるのはお馴染み酒井と長友。中盤は守田、遠藤、田中が構成し、前線には南野、大迫、伊東が並んだ。 序盤から主導権を握るのは日本。7分にボックス手前に位置取っていた酒井がシュートを放つと、ゴール前の大迫が拾って改めてシュート。これは左ポストに当たって枠の外へ外れた。 いきなりビッグチャンスを作った日本は10分、立ち上がりから快足を飛ばす伊東が右サイドから上げたクロスが相手の腕に当たってPKを獲得。これを大迫が決めて、先制に成功した。 その後も日本はシュートシーンを次々と演出。20分の右CKの際には、デザインプレーで南野のシュートに繋げる。28分には右サイドからパスをつなぎ、最後は南野からパスを受けた大迫がボックス中央からシュートを放つが、GKの守備範囲。さらに38分にも、再び右サイドを起点にボックス中央の守田にパスが入ると、守田はこれをヒールではたき、南野の好機を演出。しかし、南野のシュートは枠の遥か上に外れていった。 結局、前半は1点にとどまった日本。2点目が早く欲しいところだが、58分に伊東の仕掛けから始まった完璧な崩しも、フィニッシュの大迫が枠に飛ばせず頭を抱えた。 その直後、大迫と長友を下げて前田と中山を投入すると、これがすぐに奏功する。61分、左サイドの高い位置をとった中山がフリーでクロスを上げると、ファーから飛び込んだ伊東が頭で合わせて、ようやく追加点が生まれた。 伊東の3試合連続ゴールでリードを広げた日本。その後は、警告でリーチがかかっている遠藤を下げて久保を投入し、次のサウジアラビア戦も睨んだ采配を見せる。 2点目以降は中国も攻勢を強めたことで、日本のポゼッションの位置がやや後ろに。それでも目立ったシュートシーンは後半半ばのFKしか許しておらず、危なげない試合運びを続ける。 そして、最後までクリーンシートを保った日本が2-0で勝利。4連勝でグループ2位をキープし、2月1日の首位サウジアラビア代表戦に臨む。 日本 2-0 中国 【日本】 大迫勇也(前13)【PK】 伊東純也(後16) 2022.01.27 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリアがベトナムを寄せ付けず! ホームで4発快勝!《カタールW杯アジア最終予選》

27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表vsベトナム代表が行われ、4-0でオーストラリアが勝利した。 現在勝点11で3位につけるオーストラリアと、6連敗で最下位のベトナムの一戦。試合はいきなり動く。 キックオフの流れから右サイドへと展開。マーティン・ボイルのグラウンダーのクロスをジェイミー・マクラーレンがダイレクトで落とすと、トーマス・ロギッチがボックス内からシュート。これが決まり、19秒で先制したかと思われた。 しかし、VARのチェックが入ると、ジャクソン・アーバインがGKの視界を遮ったとしてオフサイドを取られ、ゴールは認められない。 それでも30分、左サイドからのクロスに対してマクラーレンがボックス中央でヘッド。オーストラリアが先制する。 先制したオーストラリアは前半アディショナルタイムに追加点。カウンターからロギッチがゴール。今度はしっかりと認められ、2点目を奪う。 必勝のオーストラリアは2点をリードしたことで後半は余裕を持ってプレー。すると72分、自陣からのGKマシュー・ライアンのロングボールが流れると、途中出場のクレイグ・グッドウィンが裏で受けてしっかりとループシュートを決めた。 さらに76分には相手のパスをカットすると、グッドウィンのパスを受けたライリー・マクグリーがボックス手前からミドルシュート。これが右隅に決まり4-0。ベトナムを寄せ付けずにホームで快勝した。 オーストラリア代表 4-0 ベトナム代表 【オーストラリア代表】 ジェイミー・マクラーレン(30分) トーマス・ロギッチ(45分+2) クレイグ・グッドウィン(72分) ライリー・マクグリー(76分) 2022.01.27 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表のCBは谷口と板倉を抜擢! 中国代表戦スタメン発表!

17日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦で中国代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。 7大会連続7度目のW杯出場を目指す日本。現在4勝2敗で勝ち点12の2位につけている状況だ。 今回の活動にはDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)が負傷欠場となり代役が注目された中、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF板倉滉(シャルケ)が抜擢。共に最終予選では初出場となる。 その他、FW浅野拓磨(ボーフム)はベンチからも外れている。 試合は19時00分から埼玉スタジアム2002で行われる。 ◆日本代表スターティングメンバー[4-3-3] GK:権田修一 DF:酒井宏樹、谷口彰悟、板倉滉、長友佑都 MF:田中碧、遠藤航、守田英正 FW:伊東純也、大迫勇也、南野拓実 監督:森保一 ◆サブ GK:川島永嗣、シュミット・ダニエル DF:山根視来、植田直通、中谷進之介、中山雄太 MF:原口元気、柴崎岳、堂安律、久保建英 FW:前田大然 2022.01.27 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

デュエルマイスター・遠藤航が“秘密兵器”をカスタマイズ、日の丸入りのW杯予選仕様に

日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)がワールドカップ(W杯)予選に向け、武器を新調したようだ。 1月27日、2月1日に行われるカタール・W杯アジア最終予選のメンバーに選出されている遠藤。吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)を負傷で欠く中、キャプテンにも指名され、チームの中心として大きな期待が寄せられている。 遠藤の魅力と言えば、やはり対人守備の強さだろう。今季のブンデスリーガでもデュエル勝利数で2位を記録しており、日本代表でもネガティブトランジションの反応や球際の強さが際立っている。 パフォーマンスの向上に一役買っているのがマウスピース。機能面のみならず「ファイターらしく見える」と自身も語るなど、トレードマークの1つとなりつつある。 遠藤のマウスピースを手掛けるシュツットガルト在住の歯科医師・宮川順充氏は「今週のW杯予選用スプリント」と題してインスタグラムを更新。今回の最終予選に備えて微調整したマウスピースを公開した。 サムライブルーを基調としたマウスピースには、自らの署名と遠藤のネームを記載。さらには日の丸や試合日も刻まれており、この2試合に懸ける想いが伝わってくる。 現在、W杯予選6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。ホームでの2連勝を飾るためには、遠藤の奮起が欠かせない。 <span class="paragraph-title">【写真】最終予選仕様、日の丸入りの遠藤のマウスピース</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yukimitsu Miyakawa(@dr.ymwataruproject)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.27 17:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly