堂安先発のPSV、シュトゥルム・グラーツに快勝《EL》

2021.10.01 03:59 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは9月30日、ヨーロッパリーグ(EL)グループB第2節でシュトゥルム・グラーツとのアウェイ戦に臨み、4-1で勝利した。MF堂安律は65分までプレーしている。

初戦のレアル・ソシエダ戦を2-2で引き分けたPSVが、初戦のモナコ戦を0-1で落としたシュトゥルム・グラーツの一戦。

堂安が[4-3-3]の右ウイングで先発したPSVが攻勢をかける展開で立ち上がると、32分に先制する。右CKの流れからサンガレが右足アウトでのシュートでゴールに流し込んだ。

さらに後半開始6分、ゲッツェの右クロスからザハビのヘディングシュートが決まってPSVがリードを広げる。

その4分後、FKからスタンコビッチにヘディングシュートを決められたPSVは、65分に堂安を下げた中、直後に大ピンチを迎えるも、キテイシュビリの決定的なヘディングシュートはGKドロメルが好守で凌いだ。

そして74分、マックスのミドルシュートが決まって3-1に。78分には堂安に代わって投入されたヴェルテッセンがゴールを挙げてPSVが4-1で勝利している。



関連ニュース
thumb

「良いシュートだった」ニアをブチ抜いた堂安律、今季3点目に満足感「このシュートを数回トレーニングした」

PSVの日本代表MF堂安律が、自身のゴールを喜んだ。 4日、エールディビジ第15節のユトレヒト戦を戦ったPSV。童顔はこの試合も先発出場を果たした。 [4-2-3-1]の右サイドで先発した堂安だったが、チームは12分に失点する。 しかし、前半のうちに逆転すると、51分には堂安が今シーズン3点目となるゴールを決めて突き放すことに成功。70分にはその堂安のアシストから、フィリップ・ムウェネがゴールを奪い、4-1で勝利を収めた。 1ゴール1アシストとチームの勝利に貢献した堂安は、試合後のインタビューに応じ、試合を振り返った。 「とても気分が良く、この瞬間をとても楽しんでいます。それはピッチ外でも重要です」 「チームメイトとのコミュニケーションは良いです。そして僕たちは素晴らしいグループを持っています」 「なので、ピッチ上で楽しんでいますし、ピッチ外でのチームメイトとの絆も良いものです」 また、トップ下を務めるコーディ・ギャクポとのプレーについても言及。普段トップ下に入るマリオ・ゲッツェとの比較もしながら、優れた選手とプレーすることは良いとした。 「もちろんです。僕は優れた選手とプレーするのが好きです。ここ数週間、マリオ(・ゲッツェ)とたくさんプレーしました」 「僕たちは彼が良い選手だと知っていますし、僕は彼とプレーするのが好きです。コーディはスタイルが異なりますが、優れた選手です。どちらも僕は好きです」 ダメ押しとなるゴールを決めた堂安だが、ニアサイドを撃ち抜いた際に味方がオフサイドになる可能性があり、VARチェックが入った。結果的にゴールは認められたが、ドキドキしていたという。 「はい。少し緊張しました。僕はグティ(エリック・グティエレス)に何が起きたのかを尋ね、そのことを話していました。結局、僕はラッキーで得点できてよかったです」 「DFが僕の左側を守ろうとし続けていると思いました。足の間には常に隙間があることは知っていました。今回のチャレンジだけではないです」 「そして良いシュートだったと思います。このシュートを数回トレーニングしました。僕はゴールできてとても嬉しく思います」 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律がニアをブチ抜き今季3点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IU9ua48aFyo";var video_start = 460;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.05 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

PSV堂安律が左足強烈ショットで今季3ゴール目! アシストもマークして4発快勝に貢献《エールディビジ》

PSVの日本代表MF堂安律がチームの快勝に貢献した。 エールディビジ14試合を消化して、勝ち点31で3位につけるPSV。首位アヤックスを2ポイント差で追いかけるなか、4日の第15節に臨み、勝ち点26で4位のユトレヒトをホームに迎え撃った。 堂安は右ウィングで先発。12分に先制を許したが、リーグ2位の34得点を記録する攻撃が火を噴き、27分にギャクポ、35分にラマーリョがネットを揺らして、逆転する。 1点リードで後半に入ると、堂安がチーム3得点目。グティエレスがボールを持ち上がった51分、ボックス右から迷いなく振り抜いた得意の左足でニアサイドをぶち抜いた。 リーグ3試合ぶりの今季3得点目をマークした堂安は70分、今度はアシスト役に。ボックス右からの折り返しにニアサイドで反応すると、ヒールで流して、ムウェネのゴールをお膳立てした。 結局、フル出場の堂安は1得点1アシストの活躍。チームも4-1の快勝で飾り、リーグ2試合ぶりの白星で5試合負けなしとしている。 PSV 4-1 ユトレヒト 【PSV】 ギャクポ(前27) ラマーリョ(前35) 堂安律(後6) ムウェネ(後25) 【ユトレヒト】 ファン・デル・ホールン(前12) 2021.12.05 08:55 Sun
twitterfacebook
thumb

PSVの堂安律がドローのヘーレンフェーン戦を振り返る「落ち込むことなく…」

PSVの日本代表MF堂安律が、へーレーンフェーン戦にコメントした。 PSVは28日、エールディビジ第14節でヘーレンフェーンと対戦。堂安は3トップの右ウイングで先発出場し、68分までプレーした。 試合は13分にカルロス・ヴィニシウスがゴールを奪い、PSVが先制。しかし、73分にラミ・アル・ハッジが同点ゴールを決め、1-1のドローに終わっていた。 リーグ戦3連勝中だったPSVだが、このドローで連勝はストップ。堂安も結果には満足できていないとインスタグラムに投稿した。 「僕たちが望んでいた結果ではありませんでした…落ち込むことなく、次の試合に向けてトレーニングを続けるだけです」 直近のヨーロッパリーグ第5節のシュトゥルム・グラーツ戦では衝撃的なアシストを記録していた堂安。再び輝くプレーを見せてもらいたいものだ。 <span class="paragraph-title">【写真】堂安律が次戦へ前を向く</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW21pw4NPJQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW21pw4NPJQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW21pw4NPJQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.30 12:58 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律が咄嗟に見せた空中での“軸足当てアシスト”にファン衝撃「なんだあれ」

PSVは25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節でシュトゥルム・グラーツと対戦。PSVの日本代表MF堂安律のアシストが驚異的だと称賛を集めている。 1-0とリードして迎えた56分だった。ハーフウェイライン付近でボールを受けた堂安は、相手のプレッシャーが弱いとみると、中央に寄りながら前進し、MFマリオ・ゲッツェに楔のパスを入れる。 ゲッツェのダイレクトパスは相手にカットされるも、混戦から堂安が拾う。相手DFからのプレッシャーがくる中、ペナルティーアーク内で、ジャンプしながら体を回転させつつ、左足でコントロールしながら右足ヒールでボックス内に供給。反応したMFブルマのゴールをアシストした。 咄嗟の判断から芸術的なアシストを魅せた堂安。「意味不明すぎ」「変態アシスト」「空中ダブルタッチでヒール使って背面へのパスとかどうなってるんだ」「堂安のアシストすごいな。なんだあれ」とファンも驚きを受けた模様だ。このシーン以外にもチャンスを演出した堂安はチームのMOTMに選出されている。 なお、PSVはそのまま2-0で勝利を収め、グループ2位に浮上。12月9日に行われる第6節で突破を争うレアル・ソシエダとアウェイでの直接対決に臨む。 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律が咄嗟に見せた空中での“軸足当てアシスト”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vnhb0V_T4kU";var video_start = 58;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.26 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

PSVで輝き出す堂安律に「頼りがいがある」 今夏回想の指揮官が残留喜ぶ

PSVを率いるロジャー・シュミット監督が今夏の日本代表MF堂安律を振り返った。オランダ『ED』が報じている。 昨夏に出場機会を求めてアルミニア・ビーレフェルトにシーズンローンで移った堂安。ドイツでの堂々たるプレーぶりを受けて、ビーレフェルトの買い取り話や他のブンデスリーガクラブ行きの憶測もあったが、最終的に具体化せず、PSVに今季復帰した。 来年1月もサウサプトンが獲得を目指しているとの噂が浮かび上がるが、その一方で、PSVでも出場機会を増やしつつある堂安。東京オリンピック参戦による合流遅れや負傷離脱もあったが、ここまで公式戦10試合の出場で2得点1アシストを記録している。 そして、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節のシュトゥルム・グラーツ戦に先発すると、1アシストを記録して、マン・オブ・ザ・マッチに。そんな堂安だが、今夏を振り返ったシュミット監督は残留という結果に喜びの思いを口にした。 「当時の彼は常に先発というわけじゃなく、主軸になりたいという思いがあった。その件について話し合いをして、リツも疑問を投げかけてくれた」 「彼に自らの価値を認めさせるのはそう容易いことじゃなかった。また、後からの合流に短期間のケガもあり、彼にとって難しい夏になってしまった」 「とはいえ、彼をキープできて、非常に嬉しく思っている。オフェンス面で多くのものをもたらすことができ、ディフェンス面も非常に頼りがいがある」 「今の彼を見ていると、トレーニングでも、試合でも精神面にシャープだとわかる。本当に全力でやってくれている」 2021.11.26 17:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly