これがプロ生活21年の代償か、元イングランド代表GKグリーンの小指は外側に変形

2021.09.28 06:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】プロGK生活21年の歴史か、想像以上に外側に曲がった小指






1 2

関連ニュース
thumb

ジェイと同期入団のチャナティップ、チームを去る盟友に惜別のメッセージ「幸運を祈っています。愛する兄さん」

北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップ・ソングラシンが元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドに惜別のメッセージを送った。 190cmのパワーファイター・ジェイと158cmのテクニシャン・チャナティップは、ともに2017年の夏に札幌へと加入した。 タイプの異なる2人のアタッカーは赤黒の攻撃をけん引し、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任した2018年にはクラブ史上J1最高成績となる4位フィニッシュに貢献。翌年には初のルヴァンカップ決勝進出をもたらすなど、札幌のJ1史を積み上げてきた。 25日にジェイの契約満了が発表され、最良のコンビは今季限りで見納めに。本当の兄弟のようにジェイを慕っていたチャナティップは、自身のインスタグラムにジェイとの思い出の写真を投稿するととともに、惜別のメッセージを綴った。 「初めて会った時から親切にしてくれて本当にありがとう。何年もあなたと仕事をしていろんなことを学びました。幸運を祈っています。またね、愛する兄さん」 この投稿に対してジェイも「愛しているよ弟、いつだってね」と返答するなど、仲の良さをうかがわせている。現在は12位でACL出場権や残留争いとも絡みのない札幌だが、2人の想いは残り2試合における勝利に対する大きなモチベーションとなるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】身長差30cm以上、ジェイとチャナティップのツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chanathip Songkrasin(@jaychanathip)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌退団のFWジェイが心境を綴る「この2年間は、家族と離れて暮らし非常に辛いものだった」

北海道コンサドーレからの退団が発表された元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドが、自身のツイッターで想いを綴った。 ジェイは、アーセナルのユース出身で、コヴェントリー・シティやペルージャ、ブラックバーン、チャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフ、QPR、シェフィールド・ウェンズデイとイギリス国内でプレーを続けた。 2014年にはタイのムアントン・ユナイテッドに移籍すると、2015年にジュビロ磐田へと加入しJリーグでの挑戦をスタート。2015年はJ2で32試合に出場し20得点を記録しJ2得点王。チームをJ1昇格に導くと、2年目はJ1で22試合に出場し14得点を記録した。 2017年に札幌へ完全移籍すると、ここまで5シーズンプレー。J1で106試合に出場し35得点、カップ戦で14試合2得点を記録していた。 そのジェイは28日に帰国することが決定。シーズン終了前に帰国することとなる。 ジェイは自身のツイッターを更新。クラブとは以前から話をしていたと言い、コロナ禍で家族と会えない日々が辛かったと心境を綴りつつ、札幌への愛情を示し、キャリアを振り返るとした。 「僕とクラブは、しばらく前から将来について話し合ってきた。その結果、僕が札幌を離れる決断をした。この2年間は、家族と離れて暮らすことになり、非常に辛いものだった」 「札幌でのプレーはとても楽しかった。この素晴らしい街で暮らすこともできた。特に最初の1年半は多くのことを成し遂げた」 「できるだけ試合を見て、兄弟たちを応援したいと思っている。以前のように、毎日家族と一緒に過ごすことができるので、今は幸せだ」 「ここから数週間、札幌での僕の生活、浮き沈み、そしてクラブへの期待を少しずつ振り返っていきたいと思う」 ジェイは札幌ファンが投稿したツイートに反応しており、最後まで札幌愛を見せている。 <span class="paragraph-title">【SNS】ジェイがツイッターに心境を綴る</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Myself and the club have been discussing my future for a while now and we have came to the decision for me to leave Sapporo. These last 2 years have been incredibly difficult, being without my family has taken its toll on me!<br>I have had great times here playing for Sapporo</p>&mdash; Jay bothroyd (@jaybothroyd) <a href="https://twitter.com/jaybothroyd/status/1463633281581084672?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ジェイが2018年に決めた超絶ロングループシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>札幌、ACL出場権が見えてきた!!<br>\<br><br>「まさか」の超絶ループシュート!!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジェイ</a> のスーパーゴールで札幌が2点をリードする。<br><br>明治安田J1第34節 <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%AF%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#J最終節</a><br>札幌×広島<br><a href="https://t.co/u4BaoHt81Q">https://t.co/u4BaoHt81Q</a> でライブ中<a href="https://twitter.com/hashtag/chanatip?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#chanatip</a><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://twitter.com/consaofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@consaofficial</a> <a href="https://t.co/uMLNg3Fvjo">pic.twitter.com/uMLNg3Fvjo</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1068740576055619585?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

札幌の元イングランド代表FWジェイが契約満了…家庭の事情でシーズン終了前に帰国「戻ってもコンサドーレの事を応援しています」

北海道コンサドーレ札幌は25日、元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド(39)との契約満了を発表した。 ジェイは、アーセナルのユース出身で、コヴェントリー・シティやペルージャ、ブラックバーン、チャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフ、QPR、シェフィールド・ウェンズデイとイギリス国内でプレーを続けた。 2014年にはタイのムアントン・ユナイテッドに移籍すると、2015年にジュビロ磐田へと加入しJリーグでの挑戦をスタートさせた。 2015年はJ2で32試合に出場し20得点を記録しJ2得点王。チームをJ1昇格に導くと、2年目はJ1で22試合に出場し14得点を記録した。 2017年に札幌へ完全移籍すると、ここまで5シーズンプレー。J1で106試合に出場し35得点、カップ戦で14試合2得点を記録していた。 なお、ジェイは家庭の事情によりシーズン終了を待たずに帰国。28日に帰国することとなった。 ジェイはクラブを通じてコメントしている。 「4年半という長い間サポートして頂きありがとうございました。北海道コンサドーレ札幌が私のサッカー人生で一番長く在籍したチームとなれたのは監督をはじめスタッフや選手のそしてサポーターの皆様のおかげでここまでこれたと思います」 「家庭の事情によりシーズンを待たずに帰国する事はとても残念に思います。イングランドに戻ってもコンサドーレの事を応援しています。チームは離れますが、これからも応援してもらえると幸せです。長い間ありがとうございました。」 2021.11.25 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチョが待望のユナイテッド加入後初ゴール「世界最高峰の大会で決められたことを誇りに思う」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョが、加入後初ゴールをマークした。 今夏、ドルトムントから7300万ポンド(約111億円)の移籍金で加入したサンチョだが、ここまでは公式戦14試合に出場してノーゴール、ノーアシスト。さらに、先発出場はわずかに5試合とアイドリングが続いていたが、ようやくアクセルを踏み込んだようだ。 20日のプレミアリーグ第12節のワトフォード戦でフル出場を果たし、クロスで得点に絡むと、23日のチャンピオンズリーグ(CL)のグループF第5節、ビジャレアルとのアウェイゲームにも先発フル出場。1点リードで迎えた終了間際に試合を決定づけるゴールを決めた。 自陣の左サイドでFWクリスティアーノ・ロナウドがボールを奪ってカウンターに転じると、サンチョも前線へとスプリント。FWマーカス・ラッシュフォード、MFブルーノ・フェルナンデスと左から右サイドへとボールがわたり、最後はボックス右からサンチョが蹴り込んでネットを揺らした。 待望の加入後初ゴールを決めたサンチョは試合後、自身のツイッターを更新。CLという大舞台で結果を残せたことを誇りに思うと綴った。 「CLという世界最高峰の大会で、ユナイテッドでの最初のゴールを決められたことを誇りに思う!」 「チームメイトたちの素晴らしい努力、僕らはこれを続けていく」 オーレ・グンナー・スールシャール監督が解任され、アシスタントコーチを務めていたマイケル・キャリック氏が暫定的に指揮を執るユナイテッドに大きな1勝をもたらしたサンチョ。イングランド期待の新星は、ここから再び加速していけるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】サンチョのユナイテッド加入後初ゴールはこちら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWoXwxRNCSP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWoXwxRNCSP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWoXwxRNCSP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.24 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、サウスゲイト監督が2024年12月まで契約延長!

イングランドサッカー協会(FA)は22日、同代表のガレス・サウスゲイト監督(51)と2024年12月までの新契約を締結したことを発表した。 サウスゲイト監督は、2016年9月にサム・アラダイス前監督の後を継ぐ形で着任。2018のロシア・ワールドカップ(W杯)で1990年大会以来のベスト4に導くと、今夏のユーロ2020では史上初の決勝進出を果たした。 また、今月にはカタールW杯の出場権も無事獲得。この度、そのカタールW杯が境だった2022年12月までの契約を更新し、アシスタントコーチのスティーブ・ホランド氏と共に、ドイツで行われるユーロ2024まで指揮を執ることが決定した。 「スティーブと私がそれぞれの役割で契約を延長できたことを嬉しく思う」 「このチームを率いる信じられないような特権が続くということだ。この機会にマーク(・ブリンガム/CEO)とジョン(マクダーモット/テクニカル・ディレクター)をはじめとする経営陣に感謝を伝えたい。そしてもちろん、努力し続ける選手たちやサポートチームのみんなにもね」 「我々の目の前には素晴らしいチャンスがあり、彼らもファンも、このチームが将来成し遂げられる何かに期待していることを私は承知している」 なお、イギリス『ミラー』によると、新給与は現在の推定年俸250万ポンド(約3億8000万円)から2倍に跳ね上がるようだ。また、2024年末まで契約を全うした場合、イングランド代表における在任期間はサー・ボビー・ロブソン以来最長となる見込みだ。 2021.11.22 21:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly