レーティング:ラツィオ 3-2 ローマ《セリエA》

2021.09.27 03:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第6節、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが26日に行われ、3-2でラツィオが打ち勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
25 レイナ 6.0
2失点も枠内シュートを的確にセーブ

DF
77 マルシッチ 5.5
ヒサイ同様、守備に念頭を置いたプレー

3 ルイス・フェリペ 6.0
安定したプレーを続けた。ビルドアップも無難

33 アチェルビ 6.0
ルイス・フェリペと共に崩れることなく耐えきる

23 ヒサイ 5.5
ザニオーロ対応のため、守備に徹した

MF
21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5
持ち味を生かしての先制弾。試合を優位に進められた要因に

6 ルーカス・レイバ 5.5
後半序盤までプレー。バイタルエリアを締める

(→カタルディ 5.5)
ルーカス・レイバ同様、スペースを使わせず

10 L・アルベルト 6.0
3点目の起点となる絶妙なスルーパスをインモービレに通した

(→アクプロ 5.0)
PK献上

FW
9 ペドロ 6.0
さほど多くのチャンスに絡むことはなかったが、古巣からゴール

17 インモービレ 7.0
2アシスト。カウンターの起点となった

(→ムリキ -)

7 フェリペ・アンデルソン 6.5
1ゴール1アシスト。インモービレと共にカウンターの起点となる

監督
サッリ 6.5
低調な試合が続いていたが、ダービーでスペクタクルな試合を披露

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 パトリシオ 5.5
3失点も責任は問えない

DF
2 カルスドルプ 5.5
攻守にややインパクトに欠けた

(→ザレフスキ -)

23 G・マンチーニ 5.0
インモービレのスピードに対応できず

3 イバニェス 6.0
身体を張った対応を続け、ゴールも決める

5 ビーニャ 5.0
フェリペ・アンデルソンの対応に手を焼く

(→スモーリング -)

MF
22 ザニオーロ 6.0
果敢な仕掛けでゴールに迫る。PK獲得

(→カルレス・ペレス -)

4 クリスタンテ 5.0
カウンターへの対応がやや甘かったか

17 ヴェレトゥ 6.0
PKを決め、CKからアシストをマーク

77 ムヒタリアン 5.5
ペッレグリーニに代わってトップ下で先発。やや周りと連係が合っていなかった

92 エル・シャーラウィ 5.5
ザニオーロと共に仕掛けるプレーで打開を図った

(→ショムロドフ 5.5)
枠内シュート1本放つ

FW
9 エイブラハム 5.0
自身初のローマ・ダービーではインパクトを残せず

監督
モウリーニョ 5.5
敗れはしたが、ダービーでエキサイティングな試合を演じた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
インモービレ(ラツィオ)
自身にゴールはなかったが、2アシストで勝利に貢献。スペースを突いてカウンターを発動させた。

ラツィオ 3-2 ローマ
【ラツィオ】
ミリンコビッチ=サビッチ(前10)
ペドロ(前19)
フェリペ・アンデルソン(後18)
【ローマ】
イバニェス(前41)
ヴェレトゥ(後24)【PK】


関連ニュース
thumb

ラツィオDFルイス・フェリペが前代未聞の理由で退場…「冗談のつもりだった」と涙

16日に行われたセリエA第8節のラツィオvsインテルで、ラツィオのブラジル人DFルイス・フェリペが前代未聞の理由で退場を命じられていた。 ラツィオが無敗インテルをホームに迎えた一戦。インテルのシモーネ・インザーギ監督の古巣戦ともあり、今節屈指の注目カードとなった一戦は、開始12分にMFニコロ・バレッラが得たPKをFWイバン・ペリシッチが決めてインテルが先制する立ち上がりに。 その後は互角の攻防が続いた中で後半を迎えると、62分に今度はCKに合わせたDFパトリックのヘディングシュートが相手の手に当たってラツィオがPKを獲得。これをFWチーロ・インモービレが決めて同点とすると、ここから畳みかけたホームチームは81分にMFフェリペ・アンデルソンのゴールで逆転。さらに91分にはFKからMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチがヘッドで叩き込み、3-1でラツィオが勝利を収めた。 問題のシーンが起きたのは試合終了後のこと。逆転勝利に舞い上がったルイス・フェリペは、今夏にシモーネ・インザーギ監督とともにラツィオからインテルに移籍したFWホアキン・コレアに後ろから飛びついてしまった。 元チームメイトのよしみから生まれた行動だったのだろうが、おふざけが過ぎたかホアキン・コレアは激怒。その状況を見ていた主審はルイス・フェリペに一発退場を命じた。『フットボール・イタリア』によると、この時同選手は、「親友との冗談のつもりだった」と涙を浮かべながら弁明していたようだ。 なお、今のところラツィオがこのレッドカードに異議申し立てを行うかどうかは不明だ。 2021.10.17 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 3-1 インテル《セリエA》

セリエA第8節、ラツィオvsインテルが16日に行われ、3-1でラツィオが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211017_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 6.0 安定感あるゴールキーピングを見せた DF 77 マルシッチ 5.5 攻撃参加は自重。ディマルコをマークした 3 ルイス・フェリペ 6.0 アチェルビ不在の中、ディフェンスリーダーを担った 4 パトリック 6.5 アチェルビの代役を全う。PK誘発のヘディングシュートを放った 23 ヒサイ 5.0 PK献上は軽率だった。バレッラの侵攻を許す (→ラッツァーリ -) MF 88 バシッチ 6.0 タイミング良く攻撃に絡んでいた (→L・アルベルト 6.0) FKから3点目をお膳立て 6 ルーカス・レイバ 6.0 前半に際どいシュートを放つ。守備面でも問題なし 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 セットプレーで脅威を与え、最後にダメ押し弾 FW 7 フェリペ・アンデルソン 6.0 2点目を挙げる。チャンスメークも担い、攻撃にアクセントを付けた 17 インモービレ 6.5 PKを沈め、2点目にも絡む 9 ペドロ 5.5 精力的に動いて1stDFの役割を担う (→ザッカーニ -) 監督 サッリ 6.5 ボローニャ戦の完敗を払拭。ローマ・ダービーを彷彿とさせる好内容の試合を演じた ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211017_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.5 3失点も好守が目立った DF 37 シュクリニアル 5.0 3失点目は完全にミリンコビッチ=サビッチに競り負けた 6 デ・フライ 5.5 後半は守備をまとめきれず 95 バストーニ 5.0 概ね安定もPK献上は痛かった (→ダンフリース -) MF 36 ダルミアン 5.5 PKに繋がるラストパスを送るも、攻守にややインパクトが足りず 23 バレッラ 6.0 前半はPK獲得など効果的に攻撃参加ができていたが、後半は尻すぼみだった (→チャルハノール -) 77 ブロゾビッチ 6.0 状況を打開するプレーが度々見られた 5 ガリアルディーニ 5.5 バレッラやブロゾビッチに比べると目立たなかった (→ベシーノ -) 32 ディマルコ 5.5 精度の高い左足のキックで一定のアクセントを付ける FW 9 ジェコ 5.0 思うように攻撃の起点になることはできず (→ラウタロ・マルティネス -) 14 ペリシッチ 6.0 PKで先制ゴール。トップでの起用にまずまず応えた (→ホアキン・コレア -) 監督 S・インザーギ 5.5 コンディション不良の選手たちを考慮し、ペリシッチをトップ起用。最善の仕事はした。古巣対決で初黒星を喫する ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) スペースでボールをうまく引き出していた。2ゴールに絡んでチームを勝利に導く。 ラツィオ 3-1 インテル 【ラツィオ】 インモービレ(後19)【PK】 フェリペ・アンデルソン(後36) ミリンコビッチ=サビッチ(後46) 【インテル】 ペリシッチ(前12)【PK】 2021.10.17 03:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオが後半の3発で逆転勝利、インテルはリーグ初黒星《セリエA》

セリエA第8節、ラツィオvsインテルが16日に行われ、3-1でラツィオが逆転勝利した。 6位ラツィオ(勝ち点11)は前節、ボローニャ相手にまさかの完敗。ローマ・ダービーの勝利が霞んでしまった中、ディフェンスリーダーのアチェルビがボローニャ戦での退場により欠場となった。 対する3位インテル(勝ち点17)は前節、サッスオーロ相手に途中出場ジェコの1ゴールとPK獲得によって逆転勝利を収めた。5勝2分けと無敗を維持する中、S・インザーギ監督の古巣対決に臨んだ。 ジェコとペリシッチの2トップで臨んだインテルに対し、3トップにインモービレ、ペドロ、フェリペ・アンデルソンと並べたラツィオが押し込む入りとなる。 しかし11分、インテルがPKを獲得する。ダルミアンのパスに反応したバレッラがボックス右に侵入したところでヒサイに倒された。このPKをペリシッチが決めてインテルが先制した。 失点したラツィオは24分に同点のチャンス。フェリペ・アンデルソンがボックス右深くまでえぐってクロス。バシッチがシュートに持ち込んだが、GKハンダノビッチの好守に阻まれた。 自陣に引くインテルは34分、ペリシッチのミドルシュートでGKレイナを強襲。41分にバシッチにミドルシュートで牽制されたものの、GKハンダノビッチがセーブし、インテルが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、1点ビハインドのラツィオが押し込む展開で推移すると、62分にPKを獲得する。CKからパトリックのヘディングシュートがバストーニの手に当たった。 このPKをインモービレが決めて試合を振り出しに戻したラツィオは、ルイス・アルベルトを投入。対するインテルはホアキン・コレアやダンフリースら3選手を投入した。 ここからオープンな展開で推移すると、終盤の81分にラツィオが逆転する。ボックス左からインモービレがGKハンダノビッチを強襲するシュートを放つと、ルーズボールをフェリペ・アンデルソンが押し込んだ。 そして追加タイム1分、ラツィオに決定的な3点目が生まれる。右サイドからのルイス・アルベルトのFKをミリンコビッチ=サビッチがヘッドで叩き込んだ。 このまま3-1でラツィオが逆転勝利。インテルにリーグ戦初黒星を付けている。 2021.10.17 03:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第8節プレビュー】ラツィオvsインテル、ユーベvsローマ開催

代表ウィーク前に行われた前節、ミランがアタランタに勝利し、6勝目をマーク。ユベントスがトリノとのダービーを制し、3連勝とした。そしてナポリが開幕7連勝で首位をキープ。インテルとローマがそれぞれ5勝目を挙げた。迎える第8節、ラツィオvsインテル、ユベントスvsローマのビッグマッチ2試合が開催される。 まずは土曜開催のラツィオvsインテル。ラツィオは前節、ボローニャ相手にまさかの完敗。ディフェンスリーダーのアチェルビも退場となり、インテル戦は欠場となる。ローマ・ダービーの勝利を含め、公式戦2連勝で勢いに乗りかけていた矢先での完敗劇となった中、ラツィオはインテル相手にバウンスバックとなるか。 対するインテルは前節、サッスオーロ相手に途中出場FWジェコの1ゴールとPK獲得によって逆転勝利を収めた。5勝2分けと無敗を維持する中、S・インザーギ監督の古巣対決を制し、ここまで旋風を巻き起こしているチャンピオンズリーグ(CL)のシェリフ戦に向かいたい。 続いて日曜開催のユベントスvsローマ。ユベントスは前節、トリノ・ダービーをMFロカテッリの終盤弾で制した。苦しい試合をウノゼロで制し、徐々にユベントス伝統の堅守が戻ってきた様子だが、ローマ相手にも復調の兆しを示せるか。 一方のローマは前節、エンポリ相手に出場停止明けのMFペッレグリーニ弾などで勝利。代表戦で負傷したFWエイブラハムはベンチスタート予想だが、ローマ・ダービーの敗戦を払拭した中、復調気味のユベントスを叩いて上位追走としたい。 唯一の開幕7連勝としたナポリは、トリノとのホーム戦に臨む。ナポリは前節、フィオレンティーナ相手に前半苦戦しながらも、ハーフタイム間際のPK獲得と、後半開始直後のセットプレー弾で逆転勝利とした。チームとしての地力を見せ付けた中、ユベントス相手に善戦しながらも惜敗したトリノを下して8連勝となるか。 そしてそのナポリを2ポイント差で追う2位ミランは、ヴェローナとのホーム戦を戦う。ミランは前節アタランタ戦を3-2で逃げ切り勝利。終盤の2失点で追い上げられたものの、78分までに3-0とリードする余裕の試合運びを見せた。しかしDFテオ・エルナンデスとMFディアスがコロナ感染により欠場が確定。両主軸を欠く中、トゥドール監督就任後、4戦で2勝2分けと負けなしのヴェローナを下してCLポルト戦に向かえるか。 ウディネーゼとの打ち合いを演じたサンプドリアは、カリアリとのアウェイ戦に臨む。ここ3試合で10失点と守備が崩壊しているだけにDF吉田としては汚名を返上したいところだ。 ◆セリエA第8節 ▽10/16(土) 《22:00》 スペツィアvsサレルニターナ 《25:00》 ラツィオvsインテル 《27:45》 ミランvsヴェローナ ▽10/17(日) 《19:30》 カリアリvsサンプドリア 《22:00》 エンポリvsアタランタ ウディネーゼvsボローニャ ジェノアvsサッスオーロ 《25:00》 ナポリvsトリノ 《27:45》 ユベントスvsローマ ▽10/18(月) 《27:45》 ヴェネツィアvsフィオレンティーナ 2021.10.16 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

3シーズンぶりの胸スポンサーは仮想通貨取引所、ラツィオがバイナンスと約40億円の契約

ラツィオは13日、ユニフォームのメインスポンサーが決定したことを発表した。 今回契約を結んだのは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所の『Bnance(バイナンス)』。2年+オプションで1年の3年契約を結び、固定費と変動費を合わせて3年間で3000万ユーロ(約39億3700万円)以上の契約を結んだ。 バイナンスは、世界中に数百万人のユーザーを持つブロックチェーンエコシステムと暗号通貨インフラのリーディングカンパニーだ。 ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は今回の契約に際してコメントしている。 「この新たな国際的なコラボレーションにとても満足している。バイナンスとのパートナーシップにより、我々のデジタルプレゼンスを拡大し、世界中のファンやフォロワーとこれまでになく繋がることができる」 ラツィオは、2018-19シーズンにはオンラインカジノの「Marathonbet」が胸スポンサーについていたが、その後2シーズンはスポンサー無し。久々の胸スポンサーとなる。 また、今回の契約に際し、バイナンスはラツィオのファントークン「LAZIO」を発行するとのこと。サポーターはクラブに参加し、投票企画への参加や選手との電話やサイン入りグッツなども手に入れることができるようだ。 『Binance』のロゴが入ったユニフォームは、16日に行われるセリエA第8節のインテル戦でお披露目される。 <span class="paragraph-title">【写真】3シーズンぶりの胸スポンサー入りのラツィオユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Binance diventa Main Jersey Sponsor della S.S. Lazio<br><br> <a href="https://t.co/DY5QFwLIab">https://t.co/DY5QFwLIab</a> <a href="https://t.co/CzLud3MdJQ">pic.twitter.com/CzLud3MdJQ</a></p>&mdash; S.S.Lazio (@OfficialSSLazio) <a href="https://twitter.com/OfficialSSLazio/status/1448253687353286661?ref_src=twsrc%5Etfw">October 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.14 08:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly