レーティング:アーセナル 3-1 トッテナム《プレミアリーグ》

2021.09.27 03:26 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、アーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが、26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
32 ラムズデール 6.5
前後半に3度のファインセーブ。加入後初の失点となったが、冷静な飛び出しや安定したハイボール処理で勝利に貢献した

DF
18 冨安健洋 6.5
失点場面のやや不運な対応にケインに完璧に背後を取られる場面もあったが、それを補って余りある空中戦の強さと安定した対人守備で勝利に貢献。マイボール時も堅実なプレーをみせ、印象的なダービーデビューに

4 ホワイト 6.5
直近のバーンリー戦での不出来を払しょくするソリッドなパフォーマンスを90分間披露。持ち味の正確な配球で相手守備に的を絞らせず

6 ガブリエウ 6.5
無理が利く守備でケインら相手も攻撃陣にうまく応対。的確なカバーリングで多くのピンチの芽を摘んだ

3 ティアニー 6.5
攻撃参加の回数こそ普段に比べて少なかったが、的確なサポートで攻撃の起点に。守備でも身体を張ったプレーでデレ・アリやルーカスを抑え込んだ

MF
7 サカ 7.5
1ゴール1アシストの活躍でスミス・ロウと共に勝利の立役者に。ここ数試合、やや大人しいプレーぶりだったが、ダービーで見事に躍動

(→メイトランド=ナイルズ -)

5 トーマス 6.5
前半は中盤のバトルで抜群の存在感。後半は要所を締めるプレーで攻守にチームをよく助けた

8 ウーデゴール 7.0
目に見える結果は残せなかったが、全3ゴールに関与。相手の守備のバランスを崩す巧みなボールの引き出しと丁寧な捌きに加え、守備の強度も非常に高かった

34 ジャカ 6.5
身体を張ったプレーで2点の起点に。3試合出場停止明けの重要なゲームでサポーターの信頼を取り戻そうと、負傷交代するまで気迫のこもったプレーを見せた

(→サンビ・ロコンガ 5.5)
守勢の流れでの投入となったが、無難にプレー

10 スミス・ロウ 7.5
貴重な先制点を含む1ゴール1アシストの活躍。攻撃だけでなく献身的な守備でチームを大いに助けた

(→ヌーノ・タヴァレス -)

FW
14 オーバメヤン 7.0
サカやホワイト同様にここ最近の不振を払しょくする躍動感のあるプレーで勝利に貢献。前ドルトムント時代を含め、対スパーズ戦の通算ゴールは「8」に

監督
アルテタ 7.0
守備に難があるペペではなく生え抜きの2人の起用やジャカの起用で相手のお株を奪う、見事なトランジションやカウンターで完勝

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロリス 5.5
3失点共に責任なし。幾度かの好守でチームを鼓舞し続けた

DF
25 タンガンガ 4.0
守備面を期待されての起用も、相手の勢いのある攻めを止めきれず。課題の攻撃面ではクオリティ不足を露呈

6 D・サンチェス 4.5
ロメロ起用予想が多かった中、対人守備とスプリント能力を買われての起用となったが、相手の攻撃に後手を踏んだ

15 E・ダイアー 4.5
前半の酷いチームパフォーマンスは指揮官の失策の影響が大きいが、ディフェンスリーダーとして周囲をコントロールできていなかったのも事実

3 レギロン 5.0
一矢報いるアシストを記録したが、サカ相手に苦戦。攻撃面では幾度か良さも出したが、全体的には厳しい出来に

MF
20 デレ・アリ 4.0
指揮官による酷使もあり、球際で戦えず。守備面で穴を空けてしまう場面が多かった

(→スキップ 6.0)
チームの攻守のバランスをうまく整えて、生え抜きMFとして意地を見せた

5 ホイビュルク 5.0
得意とするインサイドハーフではなくアンカーで苦戦。前半は多くのタスクを自身に課したことで、全体的に役割が中途半端に。後半はスキップのサポートを受け盛り返す

28 エンドンベレ 4.5
要所で能力の高さを見せたが、指揮官の拙い起用法もあり、チームの歯車としてうまく機能できず。前半は守備面で難しい状況を招いた

(→ブライアン・ヒル 5.5)
一矢報いるゴールの起点に。チームにバイタリティをもたらしたが、決定的な仕事まではいかず

FW
27 ルーカス・モウラ 5.0
相手GKのビッグセーブに阻まれ、一矢報いるゴールを奪えず。負傷明けで局面を打開しようと腐心も、まだまだ本調子ではなかった

10 ケイン 4.5
全体的にハードワークは見せたが、3度あった決定機の内のひとつは決めたかった。3失点目に繋がるボールロストは痛恨

7 ソン・フンミン 5.5
一矢報いる敵地でのダービー初ゴール。冨安らにうまく封じ込まれて期待された個での打開はなかなか見せられず

監督
ヌーノ 4.0
チェルシー戦同様のアグレッシブなアプローチが完全に裏目に。後半は盛り返したが、選手の配置や守備のアプローチで大きな見込み違いがあった前半の酷いパフォーマンスは猛省すべき

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
スミス・ロウ(アーセナル)
同じく1ゴール1アシストのサカの活躍も捨てがたいが、貴重な先制点に加えて、守備の貢献度、攻撃の起点となるプレーでより存在感を示した背番号10をMOMに選出。このままの活躍が続けば、マンチェスター・シティのデ・ブライネやフォーデンのような絶対的な存在に。

アーセナル 3-1 トッテナム
【アーセナル】
スミス・ロウ(前12)
オーバメヤン(前27)
サカ(前34)
【トッテナム】
ソン・フンミン(後34)

関連ニュース
thumb

ダイレクトパスの連続に相手守備陣は何もできず…アーセナル“らしい”崩しのゴールに再脚光

日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナル。ミケル・アルテタ監督の戦い方は、相手に合わせて選手の立ち位置を変え、試合中にもポジショニングを変えて後方からビルドアップしていく手法をとり、守備では前線から選手たちがプレスをかけていくスタイルをとっている。 一方で、アーセナルを大きく飛躍させたのはアーセン・ヴェンゲル監督だ。築き上げたスタイルは当時のプレミアリーグでは珍しく、「パス&ムーブ」のスタイルで少ないタッチ数でボールを素早く繋ぎ、パスの精度を高く、素早くボックスに侵入してチャンスを作る攻撃スタイルで、多くのファンを魅了した。 そのスタイルの真骨頂の1つとも言えるのが、今から8年前の2013年10月19日に行われたプレミアリーグ第8節のノリッジ戦でのゴールだ。 18分、ボールを保持したアーセナルは、敵陣左サイドでボールを持ったMFサンティ・カソルラがMFジャック・ウィルシャーへとパス。ウィルシャーがツータッチでカソルラにリターンすると、カソルラはダイレクトでボックス内のFWオリヴィエ・ジルーへとパスを出す。 ジルーはこれまたダイレクトでウィルシャーへとフリックし、ウィルシャーもやはりダイレクトでリターン。再びジルーがダイレクトで浮かすと、抜け出したウィルシャーがダイレクトで流し込んだ。 ダイレクトパスの連続にノリッジ守備陣は何もできず。わずか3人の6回のタッチで完璧に相手ディフェンスを崩してしまった。頭の中でイメージできたとしてもそれを体現するのはまた別。まるでゲームのような連携に、アーセナルサポーターでなくとも感嘆するゴールだったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】これぞアーセナルの真骨頂!芸術作品のような美しいワンタッチの連続に相手は呆然</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1bTdSRUhPbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.20 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表右SBで辛口評論家のネビル氏が冨安健洋を評価「素晴らしいサポート役の右サイドバック」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏がアーセナルの日本代表DF冨安健洋を評価した。イギリス『HITC』が伝えている。 今夏ボローニャからアーセナルへと加入した冨安は、加入直後から右サイドバックの一番手となると、デビューからここまで5試合連続で先発出場。開幕3連敗だったアーセナルだが、冨安が出場して以降は5試合負けなし、3勝2分けと調子を上げている。 18日に行われたプレミアリーグ第8節でクリスタル・パレス戦では、8分にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがマークした先制弾の起点となる活躍。精彩を欠く場面も見られたものの、ミケル・アルテタ監督は「彼に満足している」とそのパフォーマンスを評価していた。 その冨安に対し、クリスタル・パレス戦直前のイギリス『スカイ・スポーツ』の番組でネビル氏が「冨安が加入した。センターバックとしてもプレーできるから、(ベン・)ホワイトにとって素晴らしいサポート役の右サイドバックだ。冨安はホワイトの近くでサポートしている」と評価した。 また、『HITC』も「冨安はセンターバックをいつ助ければよいか、いつ彼らに仕事してもらうかを理解している」と認めた一方で、「もう少し冒険的に、相手にとってより驚異になる必要がある。彼は4本しかクロスを上げていない」と、攻撃面では注文をつけている。 2021.10.20 20:35 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが本拠地エミレーツの内装を改修、クラブカラーを基調としたモチベーションの高まるデザインに

日本代表DF冨安健洋の所属するアーセナルが、本拠地の一部改修工事を終えた。 リーグ戦では3連敗のち3連勝し、さらに2試合連続のドローで現在12位に付けているアーセナル。9月26日に行われたホームでのトッテナム戦後から代表ウィークを挟んだおよそ3週間のうちに、本拠地であるエミレーツ・スタジアムのマイナーチェンジを行った。 改修されたのはドレッシングルームとピッチへの通用口だ。10月18日のクリスタル・パレス戦を前に改修を終えたその内装が、ついに公開された。 ドレッシングルームの床の中央には巨大なクラブのエンブレムが施され、ロッカーの足元には赤く光るLED照明を効果的に利用。壁には"WE ARE THE ARSENAL"の文字が踊っている。 通用口もクラブカラーの赤と白で装飾され、通路の両脇には更衣室と同様に"WE ARE THE ARSENAL"と、クラブのモットーでもある"VICTORY THROUGH HARMONY"の文字が。ピッチへと向かう選手たちの士気を高めてくれる。 アーセナルは22日にプレミアリーグ第9節のアストン・ビラ戦、26日にはEFLカップ(カラバオカップ)4回戦のリーズ・ユナイテッド戦と、ホームでの2連戦を控えている。装いを新たにしたスタジアムからも力を借り、勝利を手にすることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】クラブカラーを基調としたモチベーションの高まるデザインになったエミレーツスタジアムの内装</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our dressing room has a new look <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/ARSCRY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ARSCRY</a> <a href="https://t.co/jl9tQ72wIK">pic.twitter.com/jl9tQ72wIK</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1450165933578784774?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーが語る「マウントとハヴァーツは次元が違った」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、チェルシーでチームメイトだったイングランド代表MFメイソン・マウントとドイツ代表MFカイ・ハヴァーツの2人は「別クラスの選手だった」と話している。 今夏の移籍市場でチェルシーからミランへ移籍したジルー。チェルシーでは概ねサポート役に回ったものの、各コンペティションで重要なゴールを決める勝負強さを発揮し、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、FAカップと3つのタイトルに貢献した。 そんなジルーがイギリス『Tribal Football』のインタビューで、共にプレーした中で最も才能を感じた選手を挙げた。チェルシーでは現在も中心選手として活躍する2人の若手に特に感銘を受けたようだ。 「アーセナルでプレーしていた時、ベストプレイヤーの一人はサンティ・カソルラだった」 「チェルシーではエデン・アザールがその一人だけど、多くの若いタレントが揃っている。メイソンとカイ・ハヴァーツは別次元の選手だったよ。彼らが成長してトッププレイヤーになるのは楽しみだね」 「メイソンはまだまだ高みへ行くためのクオリティとメンタルを備えている。彼に言ったことがあるよ。絶対に成功する、間違いないとね」 2021.10.20 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サカ負傷時の判定に不服のアルテタ「あの選手がピッチでプレーを続けていたことが信じられない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、悪質なプレーに対してビデオアシスタントレフェリー(VAR)が介入しなかったことに不満を感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第8節でクリスタル・パレスと対戦したアーセナル。試合はFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制したものの、後半に2点を決められ逆転を許す。それでも、試合終了間際にFWアレクサンドル・ラカゼットが劇的な同点ゴールを決めて2-2で終了した。 結果的に勝ち点1を得たアーセナル。しかし、ここまでリーグ戦全試合に出場しているFWブカヨ・サカが43分にクリスタル・パレスのMFジェームズ・マッカーサーにふくらはぎを蹴られて負傷。ハーフタイムでの交代を余儀なくされていた。 一方のマッカーサーは、このファウルでイエローカードの判定。これに納得のいかないアルテタ監督は、悪質なプレーに対してVARが介入せず、同選手がそのまま試合終了までピッチでプレーを続けたことに不満を抱いているようだ。 「もし、試合の流れを変えてしまうような重要な事象を検出したいのであれば、それを調べる必要がある。あの状況は彼らに影響を与えただけでなく、我々は選手を交代させなければならなかったため、2つの意味で影響を与えていた。正しい判断だとは思えない」 「これだけはっきりとしていて、10人でプレーしなければならない可能性があったとすれば、しっかりとした判断が必要だった。ブカヨはプレーを続けることができず、ハーフタイムで退場することになったんだ。私はその様子を見ていたが、あの選手がピッチでプレーを続けていたことが信じられない」 「理解できない。シーズンの初めに説明されたことは、今回起こったことと異なっていて何の意味もない」 <span class="paragraph-title">【画像】これがイエローカード?マッカーサーがサカの軸足を思い切り蹴る瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> &quot;I don&#39;t get it... it doesn&#39;t make any sense&quot;<br><br>Arsenal boss Mikel Arteta was left bemoaning the lack of VAR intervention at the end of the first half as Bukayo Saka was kicked on the back of the calf by James McArthur.</p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1450344964236316672?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.19 20:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly