インテルとアタランタはスペクタクルなドロー、終盤にPK失敗&幻のゴール《セリエA》

2021.09.26 03:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第6節、インテルvsアタランタが25日に行われ、2-2で引き分けた。インテルは前節、フィオレンティーナ相手に後半の3発で3-1と逆転勝利。前々節のボローニャ戦に続く快勝劇で勢いを得た中、現状のベストメンバーで臨んだ。

一方のアタランタは前節、サッスオーロに2-1で勝利。こちらも連勝とした中、インテル同様にベストメンバーで挑んだ。

試合は開始5分に動く。右サイドからのバレッラのクロスをラウタロ・マルティネスが華麗なボレーで蹴り込み、インテルが先制した。

失点を受けて前線からのプレスを強めたアタランタは30分に追いつく。ボックス手前左からマリノフスキーの強烈なミドルシュートが突き刺さった。

さらに38分、再びマリノフスキーがミドルシュートでインテルゴールを襲うと、GKハンダノビッチが弾いたルーズボールをトロイが押し込んで、アタランタが逆転に成功する。

迎えた後半もアタランタの攻勢が続くと、51分に3点目に迫る。ボックス左角からのマリノフスキーのFKが右ポストに直撃した。

劣勢のインテルは57分に3枚替えを敢行。ダンフリース、ベシーノ、ディマルコを投入した。すると59分に決定機。左サイドからのアーリークロスをベシーノがヘッド。ゴール至近距離からのシュートだったが、GKムッソのファインセーブに阻まれた。

ここからインテルの攻勢が強まると、アタランタも3枚替えを敢行。イリチッチやピッコリを投入した。

しかし70分、インテルが追いつく。ショートカウンターに転じた流れから、ボックス左に進入したディマルコのシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをジェコが詰めた。

その後もインテルが押し込む流れが続くと、84分にPKを獲得。ダンフリースのクロスに対してデミラルが意図的に手を使ってファウル。しかし、PKキッカーを務めたディマルコのシュートはバーに直撃。勝ち越しとはならない。

助かったアタランタは88分にピッコリがネットを揺らして勝ち越しかと思われたが、VARが入ってノーゴールに。幻のゴール直前のプレーでゴールラインを割っており、CKだったと判定された。

このまま2-2でタイムアップ。スペクタクルな一戦は勝ち点1を分け合う結果となった。

関連ニュース
thumb

ラツィオvsアタランタは膠着ゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第23節、ラツィオvsアタランタが22日に行われ、0-0で引き分けた。 8位ラツィオ(勝ち点35)は前節、最下位サレルニターナにインモービレのドッピエッタで快勝。さらに4日前に行われたコッパ・イタリアでもウディネーゼとの延長戦の末、インモービレの決勝ゴールで勝ち上がった。そのラツィオは現状のベストメンバーで臨んだ。 対する4位アタランタ(勝ち点42)は前節、インテルにゴールレスドロー。GKムッソの再三の好守もあって引き分けに持ち込んだ。ただ、ケガ人を多数抱え、ムリエルやデ・ローン、パシャリッチらが欠場に。前線はピッコリ、ミランチュク、ペッシーナで形成した。 立ち上がりの主導権争いを経てラツィオがボールを握る展開で推移。しかし、シュートに持ち込むシーンは少なく互いに好機を作れない。結局、膠着した前半は互いにシュート2本、枠内0、ゴールレレスで前半を終えた。 迎えた後半も膠着した展開で推移した中、64分に両チーム通じて初めてのビッグチャンスがラツィオに訪れる。右クロスを受けたボックス内のザッカーニがボレー。左ポストに直撃した。 対するアタランタもすかさず反撃に転じ、ミランチュクが立て続けにラツィオゴールに迫るシュートを浴びせていく。 終盤にかけてオープンな展開となる中、74分にラツィオはCKの流れからマルシッチが際どいシュートを放てば、続く77分にはルイス・アルベルトがコントロールシュートで枠内シュートをマーク。 終盤にかけてはラツィオの攻勢が強まったが、ゴールを割るには至らずドロー決着となった。 2022.01.23 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のニューカッスル、アタランタのコロンビア代表FWにオファーか

ニューカッスルがアタランタのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(30)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 昨年10月にサウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を手にしたニューカッスルは、現在19位に沈むプレミアリーグでの挽回を目指し、今冬の移籍市場で積極的な補強に着手。すでにアトレティコ・マドリーからイングランド代表FWキーラン・トリッピアー、バーンリーからニュージーランド代表FWクリス・ウッドを獲得するなど、即戦力の補強に成功している。 そして『デイリー・レコード』によると、ニューカッスルは次なるターゲットとしてD・サパタの獲得に動き始めたようだ。 D・サパタは2018年7月から所属するアタランタで、これまで公式戦152試合出場で78ゴール38アシストを記録。上位争いを繰り広げるチームのエースに君臨しており、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場して12ゴール7アシストを記録している。 ニューカッスルはサパタの移籍金として3000万ユーロ(約39億円)以上の移籍金を提示したとされており、選手本人もクラブ間で合意するようなら、移籍に前向きな姿勢のようだ。 ニューカッスルは現在、プレミアリーグで6ゴールを記録し、チーム内得点王のイングランド代表FWカラム・ウィルソンが負傷で離脱しており、サパタ加入が実現すれば残留に向けて大きな後押しとなる。 2022.01.18 16:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタvsインテルの上位対決は両守護神が活躍しゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第22節、アタランタvsインテルが16日に行われ、0-0で引き分けた。 前節ウディネーゼに6発圧勝とした4位アタランタ(勝ち点41)は、4日前に行われたコッパ・イタリアではヴェネツィアを下して準々決勝進出。そのアタランタはムリエルを最前線に、2シャドーにパシャリッチとペッシーナを起用した。 一方、前節ラツィオ戦を制して8連勝とした首位インテル(勝ち点49)は同じく4日前に行われたスーペル・コッパではユベントスを延長後半追加タイム弾で撃破。好調が続くチームはジェコとユベントス戦決勝ゴールのサンチェスが2トップを形成した。 一進一退の攻防で立ち上がった中、アタランタが徐々に押し込む展開としたものの、インテルは16分にジェコがヘディングシュートで牽制すると、26分にビッグチャンス。ショートカウンターに転じた流れからボックス右に侵入したサンチェスがシュート。しかし、GKムッソのファインセーブに阻まれた。 前半半ば以降もアタランタがやや押し込む展開で推移したものの、インテルも集中した守備で跳ね返し、好機を許さず前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半開始4分、アタランタにビッグチャンス。高い位置でボールを奪った流れからボックス内のペッシーナがシュート。だが、GKハンダノビッチにビッグセーブで阻まれた。 その後半も一進一退の攻防が続き、互いに譲らない展開で推移する中、インテルは67分に3枚替え。ホアキン・コレア、ダンフリース、ビダルを投入した。 そのインテルは71分に決定機。サイド攻撃の流れから、ダンフリースの頭での折り返しをジェコがヘッドで合わせたがシュートは枠の上に外れた。 さらに76分、ビダルのミドルシュートがGKムッソを強襲したインテルに対し、アタランタも反撃。まずは79分、パシャリッチのヘディングシュートでゴールに迫ると、81分にはムリエルがDFをスピードで振り切ってボックス内からシュート。しかし、ここもGKハンダノビッチのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけても互いにゴールに迫るも両守護神が立ちはだかり、ゴールレスで決着。インテルの連勝は8で止まり、上位対決は共に勝ち点1を分け合う結果となった。 2022.01.17 06:37 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第22節プレビュー】アタランタvsインテルの上位対決開催

前節はインテルがラツィオを下して首位をキープ。ユベントスがローマとの打ち合いを制した。迎える第22節、インテルはアタランタとの上位対決に臨む。 今季唯一黒星を付けられたラツィオ相手にDFバストーニの1ゴール1アシストの活躍でリベンジを果たしたインテル(勝ち点49)。消化試合が2位ミランより1試合少ない中、8連勝として首位をキープしたネラッズーリは、水曜に行われたスーペル・コッパではユベントス相手にFWサンチェスの延長後半追加タイム弾で劇的勝利を飾った。好調が続くチームは勢いそのままにアタランタ撃破となるか。 一方のアタランタ(勝ち点41)も新年初戦となった前節、ウディネーゼに6発圧勝として4位をキープ。そして水曜に行われたコッパ・イタリアではヴェネツィアを退け、準々決勝進出を決めた。FWサパタが負傷により引き続き欠場となるが、代わって先発のFWムリエルがここ2試合連続ゴールと好調。インテル相手にもゴールを決め、王者の連勝を止められるか。 DFテオ・エルナンデスの活躍でヴェネツィアに快勝とした2位ミラン(勝ち点48)は、木曜に行われたコッパ・イタリアではジェノア相手に延長戦まで持ち込まれた中、3-1で勝利。そのミランは月曜に16位スペツィア(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。MFトナーリが出場停止で、ケシエがアフリカネーションズカップ参戦中でレギュラーの中盤センター2枚を欠くが、代役を務めるであろうMFバカヨコ、MFクルニッチらの活躍が求められる。 ローマとの打ち合いを制した5位ユベントス(勝ち点38)は、14位ウディネーゼ(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。ローマ戦ではFWキエーザが重傷を負い、1-3と追い込まれた状況から、後半半ば以降の3ゴールで4-3と逆転勝利を飾ったユベントス。ただ、水曜に行われたスーペル・コッパではインテル相手に延長後半追加タイム被弾で敗戦。勢いを削がれてしまったが、切り替えてウディネーゼ撃破となるか。 勝ち点32で並ぶローマ勢では、7位ローマが18位カリアリ(勝ち点16)とのホーム戦を、8位ラツィオが最下位サレルターナ(勝ち点11)とのアウェイ戦に臨む。前節負傷欠場のサンプドリアDF吉田は今節トリノ戦も欠場予想となっている。 ◆セリエA第22節 ▽1/15(土) 《23:00》 サンプドリアvsトリノ 《26:00》 サレルニターナvsラツィオ 《28:45》 ユベントスvsウディネーゼ ▽1/16(日) 《20:30》 サッスオーロvsヴェローナ 《23:00》 ヴェネツィアvsエンポリ 《26:00》 ローマvsカリアリ 《28:45》 アタランタvsインテル ▽1/17(月) 《26:30》 ボローニャvsナポリ ミランvsスペツィア 《28:45》 フィオレンティーナvsジェノア 2022.01.15 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼに6発のアタランタが新年初戦を圧勝《セリエA》

アタランタは9日、セリエA第21節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、6-2で圧勝した。 前節トリノ戦がコロナにより延期となった4位アタランタ(勝ち点38)は、最前線にムリエル、2シャドーにマリノフスキーとパシャリッチを据える[3-4-2-1]で臨んだ。 14位ウディネーゼ(勝ち点20)に対し、立ち上がりからアタランタが押し込むと、17分に先制する。左サイドからのペッツェッラのクロスをパシャリッチが頭で押し込んだ。 さらに22分、アタランタがリードを広げる。マリノフスキーのパスを受けたムリエルが中央をドリブルで突破。ボックス内に侵入し、冷静にDFを外してシュートを流し込んだ。 一方的な展開としたアタランタは43分に3点目。ペッツェッラのシュートのルーズボールをマリノフスキーが蹴り込んだ。 迎えた後半、59分にモリーナのミドルシュートで1点を返されたアタランタだったが、慌てることなく時間を消化していく。 そして76分、ダメ押しの4点目。ミランチュクのパスを受けたムリエルがボックス右に侵入。確実にGKとの一対一を制した。 さらに終盤、メーレとペッシーナにもゴールが生まれたアタランタが6発圧勝。新年初戦を勝利で飾っている。 2022.01.10 02:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly