ユナイテッドが今季リーグ初黒星…2人の負傷者に土壇場PK失敗とOTは“悪夢の劇場”に《プレミアリーグ》

2021.09.25 22:39 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラが25日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのビラが0-1で勝利した。

ユナイテッドは前節、ウェストハムとの接戦をリンガードの恩返し弾とGKデ・ヘアの土壇場PKストップによって競り勝ちリーグ3連勝を達成。その一方で、カップ戦ではチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦に続き、直近のEFLカップではウェストハムにリベンジを許し、今季2度目の公式戦黒星を喫することになった。

29日に昨季ヨーロッパリーグ(EL)決勝のリベンジを狙うビジャレアル戦を控える中、今回のビラ戦ではリーグ前節と全く同じスタメンを採用。ただ、負傷明けのカバーニがベンチに戻ってきた。

試合は立ち上がりからEFLカップ敗戦からのバウンスバックを図るユナイテッドが、アグレッシブな入りを見せる。開始直後の2分には左サイドを突破したショーからの折り返しを、ボックス中央で受けたブルーノ・フェルナンデスが左足のシュートを放つが、これは惜しくも枠を捉え切れず。さらに、5分にはB・フェルナンデスの直接FK、11分にはクリスティアーノ・ロナウドのミドルシュートと、序盤から積極的に足を振っていく。

一方、立ち上がりから押し込まれて[3-5-2]の布陣が[5-3-2]と後ろに重い状況が続くビラだが、相手のミスを突いてビッグチャンスを創出。

まずは16分、GKマルティネスのロングボールをキッカケにキャッシュがDFショーの背後を2度連続で取ってボックス右から決定的なグラウンダーのクロスを供給。だが、ファーに詰めたターゲットの左足シュートは枠を捉え切れない。さらに、22分にはDFマグワイアからGKデ・ヘアへのバックパスの乱れからボックス中央でルーズボールを奪ったワトキンスに絶好機も、ここはデ・ヘアの好守に阻まれた。

以降はビラが前に出てきたことで、試合はよりオープンな展開に。ユナイテッドは序盤と異なり、グリーンウッドを起点としたカウンターで幾度か決定機を作り出すが、その流れの中でアクシデントが発生。筋肉系のトラブルか、ショーがプレー続行不可能となり、34分にダロトのスクランブル投入を余儀なくされた。

その後、試合終盤にかけて再び押し込む形を作り出したユナイテッドは、44分にマグワイア、アディショナルタイム2分にポグバといずれもセットプレーからのヘディングシュートで先制点に迫ったが、GKマルティネスの好守などに阻まれた。

0-0のイーブンで折り返した試合は、ビラペースで進んでいく。球際の強度、背後への意識に優れるアウェイチームは、要所で緩みが見えるユナイテッド相手に鋭い攻めを見せる。58分にはキャッシュの右クロスに反応したワトキンスがボックス内でDFに倒されるが、ここはノーファウルの判定。

一方、前半とは異なり、なかなか良い形で攻撃を見せられないユナイテッドは、再びアクシデントに見舞われる。左足を痛めたマグワイアが一度はプレーに復帰したが、67分にリンデロフとの交代でピッチを後にした。

試合は後半序盤のビラの優勢の流れから徐々にカウンターの応酬が続くオープンな展開に変化。69分にはロングカウンターから相手の背後に抜け出したワトキンスがボックス付近で右にカットインし、強烈なシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKデ・ヘアの好守に遭う。

一方、ビラの運動量の低下によってカウンターチャンスは増えているものの、グリーンウッドの強引な仕掛けが目立って仕留め切れない状況が続くユナイテッド。82分にはマクトミネイを下げて切り札のカバーニをピッチへ送り出した。

しかし、一進一退の攻防を見せた試合終盤に先手を奪ったのはアウェイのビラだった。88分、左CKの場面でキッカーのドウグラス・ルイスが右足で入れた速いボールに対して、マーカーのカバーニを振り切ってニアに飛び込んだホースが巧みにコースを変えた見事なヘディングシュートを流し込んだ。

勝ち点1でも許されない中、ホームで勝ち点0の可能性が濃厚となったユナイテッドだったが、すぐさま絶好の同点機を得る。90分、右サイドでB・フェルナンデスが入れたクロスをカバーニが頭で合わせると、これがDFホースの腕に当たってPKを獲得。ここでキッカーは公式戦3試合連続ゴール中のC・ロナウドではなく正規のキッカーのB・フェルナンデスが務めるが、リーグ屈指の名手はここでシュートをクロスバーの大きく上に外してしまい、痛恨の失敗となった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季リーグ初黒星にショーとマグワイアが負傷したオールド・トラッフォードでの一戦は、まさかの“悪夢の劇場”となった。

関連ニュース
thumb

崖っぷちスールシャール、クビまでの執行猶予は2試合か

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督の進退は、今後2試合にかかっているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 2018年末にジョゼ・モウリーニョ前監督の解任に伴い、暫定監督としてユナイテッドの指揮官に着任したスールシャール監督。翌年3月に正式監督となり、現在では2024年までの契約を結んでいる。 プレミアリーグにおけるここ2シーズンは、3位と2位に導くなど安定した成績を収めているものの、戦術に幅がなく、選手頼みという印象も感じられるため、サポーターから完全に信頼されているとは言い難い。 さらに最近はリーグ戦でレスター・シティに大敗するなど公式戦7試合で4敗を喫しており、明らかにスールシャール監督の首が締まってきている。 すでい解任の憶測も出回る中で、ある情報筋が『サン』に対し「一部の選手には、スールシャールが今後2試合で勝てなければ、解任する可能性があると考えている者もいる」と話しており、チーム内でもネガティブな雰囲気が漂っている様子。 その情報筋もまた、「現在の状況は最悪だ。ユナイテッドがこれらの試合に勝てなければ、スールシャールに未来があるとは思えない」と推測しており、「クラブ上層部はノルウェー人指揮官を信頼している」と主張するメディアもある一方で、解任は現状打破の現実的な解決策と考えられているようだ。 なお、ユナイテッドの今後の日程は、20日にチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦、24日にプレミアリーグ のリバプール戦となっており、ここで連敗でもしてしまうと、いよいよ窮地に立たされることになる。 2021.10.20 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー②】2連敗スタートのバルサ、初勝利なるか

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節の8試合が20日に開催される。ここではE~Hの第3節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆バルサの初勝利は~グループE~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループEではまさかの2連敗スタートとなったバルセロナがグループステージ突破の望みを繫ぐべく初勝利を挙げられるかに注目だ。 バルセロナは3週間前に行われた前節ベンフィカ戦を0-3の完敗で落とした。続くアトレティコ・マドリーとのビッグマッチも落とし、クーマン監督の首が涼しくなっていたが、直近のバレンシア戦では3-1と快勝。この試合では長期離脱から復帰したFWアンス・ファティがレバンテ戦に続くゴールを挙げ、復調をアピール。さらにFWアグエロが移籍後初出場を飾り、コンディション不良が続いていたMFコウチーニョがゴールと、起爆剤になり得る好材料があった中、ディナモ・キエフを下すことはできるか。 グループEもう一試合では、さすがの2連勝スタートとしたバイエルンが、前節バルセロナを下したベンフィカと敵地で対戦する。バイエルンはブンデスリーガの首位攻防戦となった直近のレバークーゼン戦を5-1で完勝。格の違いを見せつけた中、ベンフィカ戦ではMFゴレツカとDFデイビスが欠場となるが、CL3連勝で首位の座を守れるか。 【グループE】 《25:45》 バルセロナvsディナモ・キエフ 《28:00》 ベンフィカvsバイエルン ◆不調ユナイテッドがOTでアタランタと激突~グループF~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループFでは前節ビジャレアルにFWロナウドのラストプレー弾で劇的勝利としたマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点3)が、首位に立つアタランタ(勝ち点4)をオールド・トラフォードに迎える。 初戦のヤング・ボーイズ戦を落としていたユナイテッドにとって前節ビジャレアル戦の劇的勝利は大きな白星となったが、チーム状態は芳しくない。プレミアリーグでは3試合勝利がなく、直近のレスター・シティ戦を2-4で落とした。MFブルーノ・フェルナンデスとFWロナウドに依存が強まっている中、悪い流れを払拭する勝利を手にできるか。 グループFもう一試合では未勝利のビジャレアル(勝ち点1)が生き残りを懸けてヤング・ボーイズ(勝ち点3)とアウェイで対戦する。ラ・リーガでも2勝5分け1敗と勝ちきれない試合が続くが、ヤング・ボーイズを叩けるか。 【グループF】 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッドvsアタランタ ヤング・ボーイズvsビジャレアル ◆混戦を抜け出すのは~グループG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 開幕前から予想が難しかったグループGだが、その予想通りの展開になりつつある。2試合を消化して首位に立つのは1勝1分けのザルツブルク。そのザルツブルクはホームに2引き分けスタートのヴォルフスブルクを迎える。ここで勝利できればザルツブルクとしてはグループステージ突破へかなり有利な状況となるだけに取りたいところ。 一方、前節セビージャ戦を終盤の失点で追い付かれたヴォルフスブルクは、シーズン序盤の好調から一転、公式戦6試合勝利がない。ファン・ボメル監督の首が危うくなってきた中、復調のキッカケを掴めるか。 グループGもう一試合ではセビージャがリールとのアウェイ戦に臨む。2引き分けスタートとなったセビージャは、ラ・リーガでは5勝2分け1敗の3位と好スタートを切っている。その好調さをCLに持ち込んで初勝利としたい。 【グループG】 《25:45》 ザルツブルクvsヴォルフスブルク 《28:00》 リールvsセビージャ ◆2連勝スタートのユーベがゼニトと対戦~グループH~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループHでは前節、ユベントスが欧州王者チェルシーにウノゼロ勝利として2連勝スタートとした。そのユベントスは1勝1敗スタートのゼニトとアウェイで対戦する。シーズン序盤は不安定な戦いが続いていたユベントスだったが、アッレグリ監督が徐々に守備を修正し、持ち前の堅実さが戻ってきたビアンコネロ。チェルシー戦以降、公式戦3試合連続でクリーンシート中だが、ゼニト戦でも堅守を披露できるか。 グループHもう一試合ではチェルシーが2連敗スタートのマルメをホームに迎える。ユベントス戦では守りを固められ、思うように攻撃を展開できなかったチェルシー。そして直近のブレントフォード戦では大いに苦しめられながらも守護神メンディの活躍もあって1-0で勝利とした。格下マルメ相手には確実に勝利を掴みたいところ。 【グループH】 《28:00》 チェルシーvsマルメ ゼニトvsユベントス 2021.10.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

批判高まる状況も、スールシャール監督はコーチ陣称賛「これ以上のスタッフはいないと思っている」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、現在のコーチングスタッフたちへの信頼を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが復帰したほか、イングランド代表FWジェイドン・サンチョ、フランス代表DFラファエル・ヴァランを獲得するなど大型補強を敢行。現体制下でのメジャータイトル獲得を目標としていたが、プレミアリーグでは他の優勝候補と完成度の差が明らかになっており、現在のリーグ順位は6位と上位陣から差をつけられつつある。 ここまで8試合を消化して4勝2分け2敗の成績となっており、16日に行われた第8節のレスター・シティ戦では2-4の大敗。リーグ3試合勝ちなしとなり、スールシャール監督のほか4日に契約延長が発表されたアシスタントコーチのマイク・フェラン氏らコーチ陣への風当たりも日増しに強まっている。 しかし、20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節アタランタ戦の前日会見に出席したスールシャール監督は、コーチングスタッフたちを称賛。どんなチームでも不調に陥る時期はあると語り、復調に向け取り組んでいきたいと意気込んだ。 「どんなチームでも調子の悪い時期はあり、今は我々がその時期に入っている。現在のフォームが悪いことは理解しており、改善しなければならないという意見には心から賛同するよ。とはいえ、どのチームであっても毎年こういう状態には陥るものであり、何度も言っているが我々はより強くなってきている」 「繰り返しになるが、ここにいるコーチングスタッフは本当に素晴らしい。細部にまで気を配り、セッションを行い、準備を行っている。私は、これ以上のスタッフはいないと思っているよ」 「彼らは善良な人々であり、善良なユナイテッドのスタッフだ。チームを向上させ、選手を助け、チームを成長させるという一つの目的を持っている」 「もちろん、我々は一緒に困難な時期を経験している。我々はひとつのグループとして、チームとして、何をする必要があるかについて話し合ったよ。そしてうまくいけば、明日の試合ではその反応が見られるだろう」 2021.10.20 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

スールシャール監督解任を主張するキャラガー氏 「彼がプレミアやCLで優勝することはないだろう」

リバプールのレジェンドである元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏がマンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督の続投を疑問視した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ユナイテッドは今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが復帰したほか、イングランド代表FWジェイドン・サンチョ、フランス代表DFラファエル・ヴァランを獲得するなどの大型補強を敢行。現体制下でいまだ届かずにいるメジャータイトルを目標にシーズンインしたが、プレミアリーグでは他の優勝候補とチーム完成度の差が浮き彫りとなり、順位も6位と上位陣との差は広がりつつある。 以前からスロースターターな印象もあるユナイテッドにしてみれば、ここまで8試合を消化して4勝2分け2敗とまずまずの成績を残す今季序盤だが、16日に行われた第8節のレスター・シティ戦では2-4の大敗。リーグ3試合勝ちなしとなり、スールシャール監督の解任論も再燃している。 それでも、OBであるギャリー・ネビル氏はスールシャール監督を擁護する姿勢を示しているが、キャラガー氏は反対に解任すべきだと主張。ユナイテッドがプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指すのであれば、より優秀な指揮官が必要だと語っている。 「彼のスタイルは何だろうか? オーレがかつてのユナイテッドについて話すのはよく耳にする。カウンター攻撃や素晴らしいゴールなど、まるでユナイテッドの歴史の授業のようだ。彼はその歴史の一部であり、それ自体は素晴らしい。それで、オーレは今何をしている? 彼のアイデアは? 私はそれを見られていない」 「ユルゲン・クロップの最初の試合、アダム・ララナはピッチを後にしたとき彼の腕の中で倒れていた。トーマス・トゥヘルは3バックを採用していて、ジョゼップ・グアルディオラの最初の試合ではサイドバックが中盤にいた。しかし、ユナイテッドは今もあるときは単独でプレスをかけ、あるときは歩き回っている」 「オーレはユナイテッドの監督として、本当に良い仕事をしたと思う。彼は母国での経験とカーディフでの1年間の経験を持ってこの仕事に就いた。ジョゼ・モウリーニョやルイス・ファン・ハールのような人物との比較はできない」 「彼がユナイテッドの監督として、プレミアリーグやCLで優勝することはないだろう。長年の経験を持ち、主要なトロフィーを獲得してきたクロップ、トゥヘル、グアルディオラのようなレベルではない。今もユナイテッドは良いチームだが、もっと良いチームになるはずだ」 「オーレがトロフィーを獲得すれば、この仕事にとどまるべきという考えもある。だが、ユナイテッドはFAカップやヨーロッパリーグでしか勝てないだろう。そして彼がそれを獲得したとしても、ユナイテッドにはもっと優れた監督が必要だ。オーレを批判しているわけではないが、このリーグで他の監督と競争できるような人物が必要なのだ」 「彼自身、ユナイテッドのファンと同様に、自分がプレミアリーグのトップにいる他の監督と同じレベルではないことを理解しているだろう」 2021.10.19 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドは「トップ5に入らない」、カッサーノ氏が最高のサッカー選手5名を挙げる

いつの時代も議論が止まらないのが最高のサッカー選手。これまで数々のスター選手が活躍し、各々の主張がある。 現代サッカー界では長年にわたってトップを走り続けている、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そしてマンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWクリスティアーノ・ロナウドの名前が挙げられるだろう。 そんな中、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏が、元同僚のクリスティアン・ヴィエリ氏のTwitchチャンネル『BOBO TV』で言及したとスペイン『アス』が伝えた。C・ロナウドに対して辛辣な言葉を残した。 「彼はトップ5に入っていない。私にとって、メッシ、ペレ、マラドーナ、クライフ、“フェノメノ”ロナウドは別のレベルにある」 C・ロナウドは、ポルトガル代表でも182試合に出場し115ゴールと世界記録を保持。クラブレベルでも通算679ゴールを記録し、屈指のゴールスコアラーとして活躍。バロンドールも5度獲得し、チャンピオンズリーグで5度の優勝など多くのタイトルを獲得している。 しかし、カッサーノ氏にとってはC・ロナウドは眼中にない様子。サッカー史に名を残すペレ氏、ディエゴ・マラドーナ氏、ヨハン・クライフ氏に加え、ライバルのメッシ、そして元ブラジル代表FWロナウドと、数字以外の部分を大きく重視しているようだ。 また、この配信の中では新世代のゴールマシーンでもあるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドについても言及。どこに移籍するのかについてカッサーノ氏はバイエルンを挙げた。 「気をつけろ。『バイエルンはハーランドとの契約を望んでいる』と言われたことがある。そしてまた、マドリーがレヴァンドフスキをここ2、3年欲しがっていることもある。それは私にとっては理に適っている」 一方で、ヴィエリ氏はレアル・マドリーに行くと聞いていると主張。何れにしても、この先のキャリアは注目を集めることになるだろう。 「とは言え、ハーランドはマドリーに100%行くと言われている。そう言われているけど、本当かどうかは分からないね」 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドがポルトガル代表で決めた数々のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxSW11Y3FrWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.19 12:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly