チェルシーvsシティの大一番はシティに軍配! チェルシー戦の連敗を「3」でストップ!《プレミアリーグ》

2021.09.25 22:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、チェルシーvsマンチェスター・シティが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-1でアウェイのシティが勝利した。

ここまで4勝1分け無敗で首位を走るチェルシーと、3勝1分け1敗で5位に位置するシティの、優勝候補同士による大注目のビッグマッチ。リーグ戦における直近12試合は、チェルシー5勝、シティ7勝という戦績だが、チェルシーのトゥヘル監督就任後はチェルシーが公式戦3連勝中。その最後の一戦は昨季のチャンピオンズリーグ決勝だ。

チェルシーは前節、トッテナムとの今季最初のロンドン・ダービーを戦った。前半はホームサポーターの熱烈な後押しを受け、躍動感を見せたトッテナムに苦戦。それでも、智将トゥヘルがハーフタイムに施した修正と、MFカンテの投入で一気に流れを変えると、終わってみれば3-0の完勝を収めて、タイトルコンテンダー筆頭に相応しい戦いぶりを見せた。

一方、開幕戦の敗戦以降、レスター・シティ戦を除き公式戦3試合で5ゴール以上を挙げる爆発的な攻撃力を武器に、調子を取り戻しつつあるシティ。だが、前節のサウサンプトン戦では相手の強度の高いプレーと堅守に手を焼き、リーグ戦4試合連続クリーンシートこそ記録したものの、2017年のストーク戦以来の枠内シュート1本という攻撃の停滞によって連勝がストップした。

スタメンに関して、ホームのチェルシーはゴールマウスには守護神メンディが復帰。中盤はジョルジーニョ、カンテ、コバチッチの3人を並べて、ルカクとヴェルナーが2トップを組む[3-5-2]のフォーメーションを採用し、変化をつけた。

対するシティはお馴染みの[4-3-3]の布陣。センターバックはルベン・ディアスとラポルテがコンビを組み、3トップはG・ジェズス、フォーデン、グリーリッシュが並んだ。

立ち上がりは前線からチェルシー守備陣にプレスをかけるアウェイのシティが押し込む展開に。しかし、リーグ戦ではここまでリバプール戦のPKによる1失点のみに抑えているチェルシー自慢の鉄壁を脅かすまでには至らない。また、中盤に3枚並べた守備で、重心はいつもより低くなるものの、スペースを与えず虎視眈眈と反撃の機会を窺う戦い方を見せる。

すると15分、自陣でボールを奪うや否や直ちに前線へ配球。ヴェルナーがスピードを生かして持ち上がり、左からの折り返しにルカクが飛び込む決定機を演出。ホームチームが狙い通りの形を演出して見せた。

その後は攻勢のシティ、耐えるチェルシーという構図が続く中、序盤の相手との接触で足首を痛めていたリーズ・ジェームズが30分手前で続行不可能に。代わりにチアゴ・シウバが投入され、右ウイングバックにはアスピリクエタが回ることになった。

ここまでポゼッションは圧倒的にシティに軍配。7割超の支配率でもって相手を押し込み続けるが、クロスやパスワークはことごとく跳ね返され、肝心のシュート数は伸びない。ただ、カウンター対策も抜かりなく、ボールホルダーを瞬く間に複数人で囲んで、チェルシーの攻撃の芽を摘み取っていく。

結局試合は0-0のまま後半へ。互いに選手交代は行わなかったものの、チェルシーはルカクとヴェルナーの立ち位置を入れ替えるマイナーチェンジを施す。

そんな後半もシティの攻勢は変わらない。48分に味方との連携でボックス左にグリーリッシュが侵入し、その折り返しからチャンスになりかけるが、チェルシーはカンテの守備で事なきを得る。

しかし迎えた53分、シティは左CKの場面でショートコーナーを選択。ボックス手前でパスを受けたカンセロがシュートを放つと、これをボックス中央でジェズスが止めて、相手に囲まれながらも強引に右足を振り抜く。するとこれがチェルシーの選手に当たってゴールイン。さすがのGKメンディも動けず、シティは幸運な形で鉄壁を崩した。

ようやく破れた均衡。リードを奪ったシティはさらにグリーリッシュのシュートで追加点を狙いにいく。対してチェルシーは60分にカンテを下げてハヴァーツを投入し、布陣もいつもの[3-4-2-1]に戻した。

だが、次のチャンスもシティに訪れる。61分、自陣でのボール奪取から左サイドを走るカンセロへ送りカウンターを発動。カンセロのクロスはGKメンディに弾かれるものの、そのセカンドボールをジェズスがシュート。またとない絶好機だったが、ゴールライン上でチアゴ・シウバにブロックされてしまった。

絶体絶命のピンチを切り抜けたチェルシーは、直後にハヴァーツが絡んだプレーからルカクがネットを揺らしたが、ハヴァーツのオフサイドでゴールは認められず。それでも、失点前より確実にゴールチャンスが増えていく。65分にはルカクが受けたファウルでFKのチャンスを得ると、ボックス手前右の好位置からマルコス・アロンソが直接狙う。しかし、ここは壁に阻まれた。

続く71分には、ルカクのポストプレーからコバチッチがゴール前に侵攻。ペナルティアークから右足を振り抜いたが、ルベン・ディアスのブロックに遭った。 その後、2枚目の交代カードを切り、ジョルジーニョとロフタス=チークを入れ替えた。

80分を過ぎて間延びしてきた中、シティは83分に敵陣中央でボールを奪い、フォーデンから前線のグリーリッシュにスルーパス。ボックス中央に侵入したグリーリッシュがフィニッシュまで持ち込んだが、抜群のタイミングで飛び出したGKメンディがビッグセーブを見せた。

終盤にかけてはチェルシーの流れに。しかしながら、最後までゴールを奪うことができず試合終了。今季初黒星を喫した。一方のシティは、対チェルシーの連敗を「3」で止め、大一番をモノにした。

関連ニュース
thumb

チェルシーとクリステンセンの交渉が2カ月ストップか

チェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(25)の交渉が滞っているようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。 トーマス・トゥヘル監督の就任以降、3バックの一角として昨季のチャンピオンズリーグ優勝にも貢献したクリステンセン。まだまだ伸び代十分な25歳には、トゥヘル就任以降、定期的に契約延長に関する交渉が行われていた。 ところが、ここ2カ月は全く交渉が進んでいないという。現在、チームの中でも最低クラスの給与となっているクリステンセンは大幅な昇給を望んでいるが、クラブからのオファーはその希望を満たすものではないようだ。 チェルシーでは、DFアントニオ・リュディガーとの交渉も暗礁に乗り上げており、クリステンセン同様に2022年で満了を迎えるドイツ代表DFには、国外のビッグクラブから魅力的なオファーが届いている模様。両選手とも、このままでは1月には他クラブとの自由交渉が可能になる。 ただ、『アスレティック』によると、チェルシーとクリステンセンは近々交渉を再開させるとのこと。契約更新間近と伝えられるDFトレヴォ・チャロバーと共に、新契約を締結させることはできるだろうか。 2021.10.27 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ語るバロンドールへの想い「夢を見なければサッカーをする意味がない」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが、バロンドールへの想いを語った。 昨季、チェルシーでチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たすと、イタリア代表としてもユーロ2020制覇にも貢献し、UEFA最優秀選手賞に輝いたジョルジーニョ。フランスサッカー専門誌『フランス・フットボール』が8日に発表したバロンドールの候補者30名にもリスト入りし、受賞が大きく期待されている。 そんなジョルジーニョは、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、世界最高の選手に輝くことが幼い頃からの夢だったと明かした。 「バロンドールについては何も知らないし、せいぜい誰が受賞したのかを聞くくらいだろう。正直なところ、誰が本命なのかもわからないけど、夢を見なくなったらサッカーをする意味がない。バロンドール受賞は夢のようなことで、僕と同じ夢を見たことがない人はいないだろうね」 「子供の頃はここまで来るとは思っていなかったけど、夢を見ていたし、これまではその夢を追いかけるために生きてきた。家族に誇りを与えることができて幸せだよ」 また、「別の夢が2022年の冬に叶う可能性があるね」ともコメント。来年のカタール・ワールドカップ(W杯)でも、新たな栄冠を手にしたいようだ。 さらに、所属先のチェルシーについても言及。今季第9節終了時点でプレミアリーグ首位と好調をキープするも、目の前の試合に集中することを強調した。 「僕たちは正しい道を歩んでいて、懸命に努力をしているけど、これを続けていかなければならないね。次の試合のことだけを考えて、計算はしないようにしよう。僕たちには1試合ごとにやり遂げなければならないことがある」 「一緒に試合やトレーニングをするほど、自分が何をしなければならないかを理解できるし、新しい動きを学んで、勝つためのメンタリティを得られる。こういったことが、選手に連帯感と自信を与え、チームとしての成長に繋がるんだ」 2021.10.27 13:41 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷者続出のチェルシー、トゥヘル監督はPK戦でのカップ戦白星に安堵 「難しい試合になることは分かっていた」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、苦しいチーム状態で挙げた勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは26日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)4回戦でサウサンプトンと対戦。先週末のプレミアリーグから多くのメンバーを入れ替えたチームは、前半終了間際にFWカイ・ハヴァーツのゴールで先制するも、後半に追いつかれるとその後スコアは動かずPK戦へ。PK戦ではGKケパ・アリサバラガの活躍もあり4-3で勝利した。 試合後のインタビューに応じたトゥヘル監督は、すでに離脱しているFWロメル・ルカク、FWティモ・ヴェルナー、MFクリスチャン・プリシッチらに加え、試合前日のトレーニングでDFセサル・アスピリクエタ、MFルベン・ロフタス=チーク、DFアンドレス・クリステンセンが負傷する苦しい状況だったとコメント。そのうえで、プレミアリーグのクラブ相手に勝利を収められたことを喜んだ。 「難しい試合になることは分かっていた。昨日のトレーニングでは先発候補の3人が負傷してしまい、土壇場での変更があったからだ。こうした計画は練っておらず、選手を酷使しないためにも選択肢はそれほど多くなかった」 「今回組んだメンバーでは初めてのプレーとなり、プレッシャーをかけてくるチームを相手にそれでは厳しい戦いになると分かっていた。両チームとも良い試合をしていて、本当にタフな試合だったね。最終的にはPK戦で勝てて良かった」 「サウサンプトンとの対戦では何が起こるか理解している。インテンシティとハイプレス、勇気とスピードに満ちたチームであり、それが彼らのアイデンティティだ。我々は厳しい状況を受け入れなければならず、挑戦は常にそこにあった。だからこそ、私はこのパフォーマンスと結果に満足している」 また、トゥヘル監督は8月に行われたUEFAスーパーカップに続き、PK戦で大仕事を成し遂げたケパに言及。自信にあふれた姿を喜んでおり、信頼を強調している。 「彼は何かを生み出してくれる。自信を持っており、こうした試合は何度も経験しているね。一度PK戦で勝ったからといって、また同じことができるとは限らない。だから、今日は彼のおかげだ。PK戦は特別だが、我々が集中して落ち着いていられたのには、ケパの存在が大きかった」 2021.10.27 10:37 Wed
twitterfacebook
thumb

3回戦に続きPK戦でサウサンプトンを下したチェルシーが準々決勝進出を決める!《EFLカップ》

チェルシーは26日、EFLカップ4回戦でサウサンプトンと対戦し1-1で90分が終了。PK戦の末、4-3でチェルシーが勝利した。 3回戦でPK戦の末にアストン・ビラを下したチェルシーは、直近のノリッジ戦から先発を6人変更。マウントやジョルジーニョ、チアゴ・シウバ、GKメンディらに替えてツィエクやサウール、マルコス・アロンソ、GKケパらを先発で起用した。 2シーズンぶりに4回戦へ駒を進めたセインツに対し、チェルシーは開始早々にチャンス。6分、バークリーの右CKを中央のサウールがヘディングで合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKが好セーブ。 さらに26分には、左サイドからドリブルで仕掛けたハヴァーツがボックス左まで持ち上がりシュートを放ったが、これも相手GKに阻まれた。 ハーフタイムにかけてチェルシーはセインツの積極的なプレスに苦しみ、なかなか攻め入ることができない時間帯が続く。それでも44分、ツィエクの左CKをゴール前のハヴァーツが頭で合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半は開始早々にスコアが動く。47分、敵陣でボールをカットしたヴァレリのパスを受けたウォーカー=ピータースがボックス右からシュート。これはGKケパが弾くも、こぼれ球をアダムスが無人のゴールに押し込んだ。 追いつかれたチェルシーは、58分にR・ジェームズがミドルシュート、59分にはボックス右深くまで侵入したバークリーがゴールに迫ったが、共にシュートはGKフォースターのセーブに防がれた。 勝ち越し点を狙うチェルシーは、67分にツィエクとバークリーを下げてマウントとチルウェルを投入。すると74分、味方のパスでボックス左に抜け出したハヴァーツの折り返しからサウールがダイレクトシュートを狙ったが、これはわずかにゴール右に逸れる。 さらにサウールは、直後の75分にもペナルティアーク手前で拾ったこぼれ球からコントロールショットを放ったが、再びGKフォースターの好セーブに阻まれた。 その後は互いにゴールへ迫る場面を見せたが、最後まで追加点は生まれず、1-1で90分が終了。決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では、2人目のウォルコットと4人目のスモールボーンが失敗したセインツに対し、チェルシーは2人目のマウントが失敗するも5人目のR・ジェームズがしっかりと決め、4-3で勝利した。 2021.10.27 06:02 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン戦でのターンオーバーを示唆するトゥヘル監督「いくつかのメンバー変更をする可能性は高い」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がターンオーバーを示唆した。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今季のここまでプレミアリーグ9試合を戦い、7勝1分け1敗で首位を走るチェルシー。23日に行われた第9節ではノリッジ・シティを7-0で下すなど好調をキープするなか、26日のカラバオカップ(EFLカップ)4回戦ではサウサンプトンをホームに迎え撃つ。 そんなチェルシーはこのセインツ戦がここ1週間で3試合目。チームを率いるトゥヘル監督はどの程度かはまだ決めかねているものの、過密日程を戦う中でのメンバー変更を検討しているとコメントした。 「いくつかの(メンバー)変更はあるだろうが、どの程度かはまだわからない。ここまでの良い流れを中断するのか、勢いを維持するためにスタメンを変えないのが良いのか、それとも何人かの選手を休ませるべきなのか、はっきりとした答えがないこともある」 「しかし、コブハムにはこのような決断を下すのに役立つ優れた部門が存在する。分析を行う者、(パフォーマンスの)モニタリングを行う者、選手を治療する者、医療部門、その他のすべての者が手助けしてくれるのだ」 「水曜日にナイトゲーム、土曜日にランチタイムキックオフの試合を戦って、そしてこの火曜日にも試合があることを考慮しなければならない。だから、いくつかの変更をする可能性は高いよ」 また、カラバオカップはここまで出場機会に恵まれていない選手を起用できる場であるとコメント。公平にチャンスを与えるべきだとも語っている。 「カラバオカップでは何人かの選手にプレーする時間を与えることができる。しかし、それは意味があるもので、選手にとっても公平でなければならない。プレー可能なポジションが空いており、ポテンシャルを発揮できる場所があれば、彼らはどんどん良くなっていくだろう」 加えて、「誰が出場しても同じスタイルと強度でプレーできることに満足している」とチームの完成度にも言及。試合のときには最大限の力を発揮する心構えが気に入っているようだ。 「試合の日は自分たちを限界まで追い込むという精神を持っている。このチームの好きなところだ。これは火曜日のサウサンプトン戦でも発揮する」 2021.10.26 17:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly