武藤が移籍後初ゴール!神戸が清水を下して3位浮上【明治安田J1第30節】

2021.09.24 21:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
24日、明治安田生命J1リーグ第30節の清水エスパルスvsヴィッセル神戸がIAIスタジアム日本平で行われ、0-2で神戸が勝利を収めた。

清水は直近のベガルタ仙台戦で、実にリーグ戦9試合ぶりとなる勝利を手にした。しかし、降格圏とはわずか6ポイント差のため、残り9試合で少しでも多く勝ち点を積み上げておきたいところ。

対する神戸は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦で3試合ぶりの白星。今節も勝利すれば、得失点差で名古屋グランパスを追い抜いて3位に浮上できる絶好の機会だ。

試合は9分にアウェイチームがいきなり先制する。左サイドに流れてボールを受けた大迫がボックス左に侵入してクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだのは武藤。豪快なダイビングヘッドで移籍後初ゴールを決めた。

その後は神戸がボールを保持して試合を進める。両サイドバックを高い位置に上げて、中央で大迫、武藤、中坂のポジションチェンジで相手をかく乱し、空いたスペースにイニエスタが侵入する形で何度か相手ゴールを脅かす。

それでも34分に清水が決定機を迎える。右サイドでボールを受けた西澤がクロスを入れて、チアゴ・サンタナがボックス中央でヘディングシュート。ボールはゴール左下に飛んだものの、GK飯倉のファインセーブに遭い、同点弾とはならなかった。

43分にもホームチームにビッグチャンスが訪れる。右サイドの高い位置に上がった原が低いクロスをゴール前に送ると、ニアサイドに飛び込んだのは再びチアゴ・サンタナ。フリーでシュートを打てたが、ゴール上に外してしまった。

1点差で迎えた後半の立ち上がりは、清水が攻勢に出る。タッチライン際まで張り出したサイドバックをビルドアップの出口に設定し、何度もチアゴ・サンタナにクロスを上げて神戸のゴールに迫っていった。

一方、自陣で耐える時間が長くなった神戸だが、縦横にコンパクトな陣形を保ってスペースを圧縮。クロスにもセンターバックが落ち着いて対応し、危険なシーンはほとんど作らせなかった。

終盤に差し掛かっても、ホームチームの戦術は変わらず、ボックス内のチアゴ・サンタナにクロスを上げることを徹底。タイトにマークされながらも競り勝てるチアゴ・サンタナが猛威を振るい続けるものの、なかなかゴールには至らない。

すると、後半は終始ボールを支配され続けた神戸が87分に追加点。ボックス左に侵入した佐々木がマイナスのクロスを上げ、走り込んだ大﨑がダイレクトで左足を振り抜き、終了間際に突き放すことに成功した。

その後スコアは動くことなく、試合は0-2で終了。勝利した神戸が3位に浮上した。一方の清水は、今季初のリーグ戦連勝を逃している。

清水エスパルス 0-2 ヴィッセル神戸
【神戸】
武藤嘉紀(前9)
大﨑玲央(後42)


関連ニュース
thumb

「非常に残念」ウズベク戦中止に広島DF佐々木翔、日本代表には「どこまで生き残れるか」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。サンフレッチェ広島のDF佐々木翔が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 オンライン取材に応じた佐々木は「万全です。すこぶる良いです」と体調についてコメント。オフについては「そこら辺は選んでもらったので、オフの間もしっかりと気を使って生活しましたし、ここに合わせてしっかりトレーニングを行ってきました」と振り返った。 実際に気をつけていたことについては「あまり休みすぎないように気をつけていましたし、オフでも食事はだらけたりはしないので、特に太るタイプではないです。食事を作ってくれる奥さんに感謝です」と支えてくれる家族へ感謝した。 今回はウズベキスタン戦が中止になったが、「非常に残念なことで、目の前の大きな目標は無くなりました」とコメント。ただ、合宿に関しては「やることは変わらないですし、練習でも試合でも見せることは変わらないので、与えられた環境で自分をしっかり表現していきたいです」とし、トレーニングでしっかりとアピールしたいようだ。 最近の日本代表については「起きてしまった結果に対して、自分たちができるだけの準備をして、そこから持ち直して、もう一度良い位置に来れているというのは、プレッシャーがかかったところですがチーム一丸となって選手、スタッフがともにやってこれた結果だと思うので、ここから日本の強さを発揮していければと思います」とコメント。残り試合でしっかりと強さを見せたいと思った。 一方で、クラブがキャンプや新シーズンに向けてチーム作りをしている中で代表活動に参加することになるが、「広島のチームとしても非常に重要な時期というのは間違いないですし、チーム事情としても監督が来れない、若い選手も多いというのがあるので、そこに対して僕がいて、トレーニングをみんなとして作り上げていくことができればさらに良かったかなとも思います」とコメント。「ただチームは僕がいなくてもしっかりやれるので、心配していないです。広島のチームに対してこの期間与えられないことに苦しさを感じます」と語った。 ただ、代表への貢献についても言及。「代表に選ばれたことは光栄ですし、戦えることは嬉しいことです」とコメント。「今後生き残っていくこともそうですが、色々考えると難しいですが、チームは信頼している仲間がいますし、代表ではどこまで生き残れるかに対して考えてやっていきたいです」としっかりとプレーできるためへの意気込みを語った。 2022.01.17 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「プレーの基準を変えないと」東京五輪世代に刺激を受ける名古屋FW相馬勇紀「目に見える結果を増やして行かなければ」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。名古屋グランパスのFW相馬勇紀が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 今回招集された相馬はコンディションについて「ウズベキスタン戦があると思って早めに動いていたので、良いコンディションを持続できているかなと思います」とコメント。アピールについては「もう下から這い上がるだけだと思っているので、練習から武器や特徴を全面に出せればと思います」と、しっかりアピールしたいと意気込んだ。 東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選ばれていた相馬。森保一監督のサッカーは知っているがA代表については「1人1人の個人が戦うフェーズで、五輪後の代表で(三笘)薫や(田中)碧が日本を勝たせているのをみて、悔しさもありましたが、また同じ舞台に立ちたいという思いもあったので、自分の武器で勝たせられることをしたいなと考えています」とコメント。東京五輪メンバーである三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)、田中碧(デュッセルドルフ)の活躍に刺激を受けたとした。 その悔しさについて「五輪が終わった後の代表を見て、自分は選ばれるべき活躍はできていなかったと思います」と、アピールが足りなかったと語る相馬。Jリーグでも2得点8アシストという結果に終わった。 ここからのアピールが大事になるが「今シーズンの目標としては去年は2得点8アシストとゴールが足りなかったので、決定機を決め切るだったり、サイドであればカットインしてシュートのイメージが多いと思います。クロスやボックスに入ってシュートなど、得点にこだわっていきたいと思います」とより数字にこだわりを見せたいと語った。 その相馬はクラブではリーグ戦の他にも、YBCルヴァンカップ、天皇杯、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦い、合計60試合に出場した。 「60試合ですが出場時間が短かったこともあるかは思いますが、疲労は体に溜まっているなと思いました」と相馬は振り返り、「まずは少し休んで、クリスマスまで動いて、年末年始は休んで、年明けから動くというメリハリのあるオフでした」とコメント。「2日から動いていました」と、新年早々に始動したことを明かした。 ゴールが足りないと振り返った相馬だったが、アシストについては「数字としては伸びてきたかなと思いますが、去年はゴールを取りたいと思って挑んだシーズンで、ゴールを目指した結果アシストが増えたかなと思います」とコメント。「二桁を目指したかったのと、やるなら1番になりたいです。今度はゴールを狙ってゴールを決めたいです」とした。 具体的に増えた理由についても「リーグ終盤のアシストはシュートモーションで相手を動かして横にパスというのが、感覚として持てるようになってきたので、ゴールを目指すことから生まれたアシストもあると思います」とし、シュート意識が数字に変化を及ぼしたとした。 ここからの成長については五輪参加が大きく影響しているとのこと。「基準は変わりました。五輪に参加したことによって、世界のトップで戦っている選手と戦うことで、決定力が五輪でメダルを取れなかった時に感じました」とコメント。「選手の動きや体の使い方、ボールの置き所などが違うなと感じましたし、プレーの基準を変えないと思うことがありました」とコメントした。 また「もっともっと得点、アシストという目に見える結果を増やして行かなければと思いました。元々、一対一の仕掛けや背後に動くところが武器だと思っていましたが、少し中に入って首を振りながら周りと連携したり、クロスの質の部分も右左関係なく、細かい部分も大切だなと感じたので、レベルアップできればと思います」と、より攻撃、結果が残せるようになりたいとした。 さらにカタールW杯に関しては「単純に今の自分は昨年一年で成長したとは思っていますが、まだまだ足りないと思います。チームに入るとなったら序列を覆す結果を見せないといけないので、チャレンジャー精神を持って、今シーズンどれだけ変化を見せるかがメンバーに晴れるかどうかを決めると思うので、毎日を大切にどれだけ結果を残せるかだと思います」と強い意気込みを語った。 2022.01.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

前日に続き浦和の選手1名が新型コロナ陽性、17日から沖縄キャンプ

浦和レッズは17日、トップチーム選手の新型コロナウイルス(COVID-19)陽性判定を発表した。 クラブの発表によると、当該選手は16日にPCR検査を実施。17日に陽性判定を受けたとのことだ。 選手本人はノドの痛みの症状を訴えているとのこと。現在は適切な対策の下、療養いるという。 なお、浦和は16日に選手1名が陽性反応を示していた。 浦和は17日から沖縄キャンプを実施。検査を行いながら、陰性者のみで実施するとのことだ。 2022.01.17 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「常に負けられない」誕生日3日違いの久保建英にライバル心の清水MF松岡大起、初代表でW杯最終予選を「体験したい」と意気込み

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。清水エスパルスのMF松岡大起が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 今冬セルティックへと移籍したMF旗手怜央、FW前田大然の2選手が不参加となり、追加招集された松岡がメディアのオンライン取材に応対。初の日本代表へ意気込みを語った。 今回の代表招集でのアピールについては「まずは初選出ですごく嬉しいです。自分が持っているものを全てアピールするということで覚悟を持ってこの合宿にきました」と意気込みを語った。 同世代、3日しか誕生日が違わないMF久保建英(マジョルカ)へのライバル心をかつて口にしていた松岡だが「ステージは上に自分としても進めていると感じていますが、この前も試合で結果を残していましたし、常に負けられないと刺激を持っています」とライバル心はあるとコメント。「海外でやりたいという思いもあるので、そこに向かって1日1日やっていきたいと思います」と、更なるステップアップのために努力すると語った。 2021シーズンは下部組織から過ごしたサガン鳥栖を離れ、清水へと完全移籍。環境が大きく変わる中でプレーした。 1年間の成長については「自分の中で成長した部分は味方に声を掛ける部分、掛け方という部分でも1つ成長というか学んだものがありました」とコメント。「自分が本当に知らないチームの中でプレーすることは初めてだったので、どういう感じかというのはありましたが、周りの方のサポートもあり、自分というものをチームが変わっても出せたと思います」と、新天地でもらしさは出せたと語った。 今回の合宿にあたっての予習については「A代表の試合はずっと見てきたので、目標であるA代表で絶対結果を残そうと思ってきました」とコメント。「自分の中でW杯に出るという目標もありますし、アジア予選にも出るという強い覚悟と気持ちを持ってきました」と、試合出場まで考えていると語った。 また、今回の狙いについては「たくさんの経験ある選手がいるので、本当に全員に話を聞きたいと思います。海外のことも日本のことも聞きたいです」とし、「その中で、取り入れるものを選んでやっていきたいと思っています」と、話を聞いた上で、取捨選択していく考えのようだ。 現在20歳の松岡。しかし、世界的に見れば10代でA代表として活躍している選手もいるため、若手とは言い難い状況だ。 今回の合宿では「選ばれて嬉しいですし、呼ばれただけでなく、自分の特徴である声を出して存在感を示すこと、ボールを奪うところも全て特徴を出したいです」とアピールポイントをコメント。「世界で見ても20歳は若くないと思っています。常に自分でも危機感を持ってやっていますし、もっと上に行きたい気持ちはあるので、この合宿でピッチの中で出していければと思います」と、臆することなくしっかりとやっていきたいとした。 その松岡が目指すW杯までは1年ない状況だ「W杯というものは自分の目標、夢としてやってきたもので、テレビ越しでずっと見てきて、自分んもこの舞台に立ちたいという思いは幼い頃からありました」とコメント。「W杯に出場することは簡単ではないということもすごく感じるものです。同じチームである権田(修一)選手からいろいろな話を聞いて、すごい経験だと感じる部分はあるので、自分自身で体験したいと思います。勝ち取るためにもこの合宿は1日1日を大切にしていきたいと思います」と、まずはW杯最終予選の出場を目指し、経験したいと語った。 今回はチームメイトでもあるFW鈴木唯人と一緒に追加招集となった。クラブへの還元も期待されるところだが「吸収したことをチームでしっかり出すというところは、絶対だと思っています」とコメント。「チームで結果を出したからこそこういう場に呼んでもらえていると思うので、そこは自分もゆいとも、権さん(権田修一)もそうですが、しっかり出したいと思います。トレーニングを一緒にやってきて、常にお互い良い関係で刺激しあってきましたやってやろうという形で、2人で話をしていました」と、2人で強い意気込みを持っていることを明かした。 2022年最初にA代表として活動するシーズン。年末にはW杯が控えているが、2022年については「自分のプロサッカー人生は始まったばかりですが、一番飛躍する年にしたいと思っています」と、強い意欲を持って戦う1年にしたいとした。 2022.01.17 12:34 Mon
twitterfacebook
thumb

「胸に秘めていた」3年ぶり日本代表復帰の神戸FW武藤嘉紀、ロシアでの借りを返す「W杯でしか晴らせない」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 2019年1月のアジアカップ以来3年ぶりの日本代表招集となった武藤がメディアのオンライン取材に応対。自身の状態や久々の日本代表について語った。 リーグ戦でシーズンが終了してから1カ月半ぐらいが経過した武藤。この間に関しては「このキャンプもあるので、しっかりとした休みは取れなかったです」と語り、「正直、取るのが怖かったというのもあって、動き続けていました」と、しっかりとオフを取ることはなかったという。 久々の代表でのアピールについては「ウズベキスタン戦が無くなったことは残念ですが、トレーニングからしっかりパフォーマンスは見られているので、集中して最大限のパフォーマンスをしたいと思います」と、まずは練習からしっかりアピールしていきたいとした。 3年離れていた日本代表。その間、選手の入れ替わりも起こり、当時のアジアカップからはメンバーや戦い方も大きく変わっている。 武藤は森保ジャパンについて「チームが一つになって戦える、連動して戦えるのは良いことです」と良さをコメント。「久々の招集で、僕も入っていって、良いコンビネーションや良いプレーができることを模索しながら、良いところをアピールしてチームと1つになって良いプレーができればと思います」と、チームにまずはしっかりとアジャストしたいと考えているようだ。 その武藤はマインツやニューカッスル、エイバルとヨーロッパに旅立ってから6年ぶりにJリーグへと復帰。神戸に入団する際も日本代表についての想いを語っていた。 改めて日本代表については「日本代表はどのサッカー選手にとっても特別なものですし、自分自身その気持ちを忘れたつもりはないです」とコメント。「日本に戻ってきた時、もう1度日本代表に戻るというビジョンを胸に秘めていたので、今回しっかりと形となって結果として出たことは非常に嬉しいです」と、まずは再招集されたことを喜んだ。 最近の日本代表については「最終予選ということもあって、見ている側もハラハラしていましたけど、ピッチでやっている選手が100%なのもわかりました」とW杯予選を振り返り、「ピッチにいる選手、スタッフが一体となっているなというのは感じていました」と、画面越しでも一体感は感じていたようだ。 また「自分が入ったらどういうプレーができるかは頭の中で考えていました」とシミュレーションもしていたとした。 その武藤は2018年のロシアW杯に出場。悔しい想いを胸にこの3年半を過ごしたという。「前回大会自分自身は本戦で求めていた結果、求められていた結果を出すことができなかったですし、自分自身本当に悔しい思いをしました。これはW杯でしか晴らせないと思うので、まずは神戸の入団会見でも言いましたが、やることをやって、選んでもらえるように良いパフォーマンスを継続することが大事だと思います」と、今一度良いパフォーマンスを見せたいとした。 その武藤が見せたいプレーは「前にいて、相手の脅威になる。ゴールやアシストという目に見える結果を出せる選手じゃなければいけないと思います」と、結果にこだわるプレーをしたいと言い、「前の選手が点を決めれば後ろの選手は楽になってチームとして優位に立てるので、そういうことができる選手にならなければいけないと思います」と、攻撃陣としての役割を果たすことを誓った。 復帰したJリーグでは、半分のシーズンで5ゴール8アシストを記録。13得点に絡んだ。 手応えについては「まだまだ満足していないですし、ゴールはもっと取りたかったです」とコメント。「アシストという部分では1つ課題をクリアしたかなと思いましたが、FWとしてプレーするなら5点は少ないかなと思います」と、ゴールをもっと増やしたいと考えているようだ。 その神戸では、FW大迫勇也とチームメイトとしてプレー。日本を支えるエースとのコンビについては「大迫選手の良さ、僕の良さは互いにわかり合っているので、良いコンビネーションができていると思います」と語り、「日本代表がどういうフォーメーションでやるかわまだわからないので、しっかり適応させていきたいと思います」と、自身の役割を果たして良さを出していきたいとした。 一方で、長いシーズンをヨーロッパで終え、そのままJリーグでプレー。そして、オフがなく日本代表活動と多忙を極める武藤。休みがないことへの不安については「エイバルでの1年間を終えた後はしっかりと休んだので、そこまで疲れが溜まっていたということはないです」と、神戸に移籍する前に休めたと語った。 ただ、「すぐヴィッセルでのシーズンが始まって、100%ジャないところから始まったのでキツかったのはありますが、大きなケガなくやり続けられたことは、自分自身の自信になりました」と、コンディションが難しい部分も当初はあったが、自信につながったとのこと。「今日から練習が始まって21日にウズベキスタン戦があって、そこで良いパフォーマンスをするためには休んでしまうと厳しいなと経験上思ったので、休む休まないで人によってコンディションの差が生まれるところなので、僕は休まないほうが良いかなと思いました」と、結果を出すためにあまり休みすぎないことを意識したと明かした。 2022.01.17 12:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly